いつまでも変わらないもの。 Frozen2 アナと雪の女王2:Some Things Never Change(ずっとかわらないもの)歌詞・和訳

【歌詞和訳】アナと雪の女王2 Some Things Never Change

いつまでも変わらないもの

メッセージ060423 小 石 泉 いつまでも変わらない イエス・キリストは、きのうもきょうも、いつまでも、同じです。 ヘブル13:8(新改訳) イエス・キリストは、きのうも、きょうも、いつまでも変ることがない。 (口語訳) イエス・キリストは、きのうも今日も、また永遠に変わることのない方です。 (新共同訳) Jesus Christ is the same yesterday, today, and forever. (NKJV) 上の訳のどれが好きですか? 私は口語訳が好きです。 「変わらない」というのと「同じです」というのではちょっとニューアンスが違いますね。 もっとも英語の場合はsameですから「同じ」でいいわけです。 まあ文学的なセンスの問題ですがね。 ところで「いつまでも変わらない」という言葉は私には不思議に思えます。 変わらないことがどういう価値があるのでしょうか。 なぜ、わざわざ「変わらない」ということを言わなければならなかったのでしょうか。 変わらないからどうだというのでしょうか。 ここでヘブル書の著者(はっきりしないが、恐らくパウロ)は何を言いたかったのでしょうか。 それは次の御言葉に明らかです。 さまざまの異なった教えによって迷わされてはなりません。 13:9 もうすでにこの時からキリスト教は激しい攻撃にさらされていました。 私の少しばかりの愚かさをこらえていただきたいと思います。 いや、あなたがたはこらえているのです。 というのも、私は神の熱心をもって、熱心にあなたがたのことを思っているからです。 私はあなたがたを、清純な処女として、ひとりの人の花嫁に定め、キリストにささげることにしたからです。 しかし、蛇が悪巧みによってエバを欺いたように、万一にもあなたがたの思いが汚されて、キリストに対する真実と貞潔を失うことがあってはと、私は心配しています。 というわけは、ある人が来て、私たちの宣べ伝えなかった別のイエスを宣べ伝えたり、あるいはあなたがたが、前に受けたことのない異なった霊を受けたり、受け入れたことのない異なった福音を受けたりするときも、あなたがたはみごとにこらえているからです。 ヘテロスは全く違うという意味で、その反対は近いという意味のパラです。 キリスト教はその誕生から現在に至るまで惑わしと偽りによって常に攻撃されてきました。 それは真理であることの証明でもあります。 サタンは常に真理を憎むのです。 最近、世間では「ダヴィンチコード」「ユダの福音書」などといった偽りの教えが氾濫しています。 私は馬鹿馬鹿しいので読む気にもなれません。 こういう偽りは今までにも数え切れないほど多く出てきては消えていったのです。 実は私はこのような偽りが出てきた事をむしろ喜んでいます。 クリスチャンがサタンの攻撃に目覚めることが期待されるからです。 本当のクリスチャンはこういう明白な偽りには騙されることはありません。 もし騙されるならばその人は元々クリスチャンではないのです。 私はむしろ惑わしを気にします。 聖霊の器と称して怪しげな方法で多くのクリスチャンを騙す人々が沢山います。 そしてこういう惑わしにはクリスチャンは弱いですね。 キリストには変化というものはありません。 永遠に真理です。 真理は永遠です。 今そこにあったのに、もう違ったところにあるというようなものではありません。 それは父なる神と同じ神だから当然です。 すべての良い贈り物、また、すべての完全な賜物は上から来るのであって、光を造られた父から下るのです。 父には移り変わりや、移り行く影はありません。 ヤコブ1:17(新改訳) あらゆる良い贈り物、あらゆる完全な賜物は、上から、光の父から下って来る。 父には、変化とか回転の影とかいうものはない。 (口語訳) 神は永遠に変わりません。 初めから同じです。 キリストの血の贖いは永遠に変わりません。 キリストが「あなたの罪は許された」と言われたなら、その許しは永遠に変わりません。 キリストが 「ことばは人となって、私たちの間に住まわれた。 私たちはこの方の栄光を見た。 父のみもとから来られたひとり子としての栄光である。 この方は恵みとまことに満ちておられた。 」ヨハネ1:14 ならそれは今も、さらに永遠にそのままです。 今、政治の世界では改革が叫ばれています。 ということは現状が不完全なのです。 人間は何千年も生きてきたのに、未だに完全な政治形態を持ちません。 それはいつも不安定で変わり続けています。 政治だけではなくあらゆるものが不安定で変わり続けています。 この世の中に不変なものはありません。 武田信玄の旗印、風林火山の「動かざること山の如し」という山も地震や噴火によって動き、変形します。 人の交わりも時には変わります。 それが無数の小説やドラマを生み出しています。 長い間、日本人はすべてのことが不安定ではかないものだという観念を持ってきました。 例えば平家物語の冒頭にそれが表れています。 「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。 娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす。 おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。 たけき者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ。 」祇園精舎はインドにあった広大な寺院です。 そこの鐘も、何もかも不変のものはないという響きがあるということです。 沙羅双樹というのは夏椿とも言われ、美しい花を咲かせますが数日で落ちてしまいます。 この辺のお宅に庭によく植えられています。 栄華を極めてもみな滅びてしまうというのです。 また方丈記にも「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。 よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。 世の中にある人とすみかと、またかくにごとし。 」とあります。 うたかたというのは泡のことです。 人間もその作り出す文化文明も泡のようにはかないものだというのです。 これらの思想は旧約聖書の伝道の書とそっくりといえます。 ダビデの子、エルサレムの王である伝道者の言葉。 伝道者は言う、空の空、空の空、いっさいは空である。 日の下で人が労するすべての労苦は、その身になんの益があるか。 世は去り、世はきたる。 しかし地は永遠に変らない。 日はいで、日は没し、その出た所に急ぎ行く。 風は南に吹き、また転じて、北に向かい、めぐりにめぐって、またそのめぐる所に帰る。 川はみな、海に流れ入る、しかし海は満ちることがない。 川はその出てきた所にまた帰って行く。 すべての事は人をうみ疲れさせる、人はこれを言いつくすことができない。 目は見ることに飽きることがなく、耳は聞くことに満足することがない。 先にあったことは、また後にもある、先になされた事は、また後にもなされる。 日の下には新しいものはない。 「見よ、これは新しいものだ」と言われるものがあるか、それはわれわれの前にあった世々に、すでにあったものである。 前の者のことは覚えられることがない、また、きたるべき後の者のことも、後に起る者はこれを覚えることがない。 伝道者であるわたしはエルサレムで、イスラエルの王であった。 わたしは心をつくし、知恵を用いて、天が下に行われるすべてのことを尋ね、また調べた。 これは神が、人の子らに与えて、ほねおらせられる苦しい仕事である。 わたしは日の下で人が行うすべてのわざを見たが、みな空であって風を捕えるようである。 曲ったものは、まっすぐにすることができない、欠けたものは数えることができない。 わたしは心の中に語って言った、「わたしは、わたしより先にエルサレムを治めたすべての者にまさって、多くの知恵を得た。 わたしの心は知恵と知識を多く得た」。 わたしは心をつくして知恵を知り、また狂気と愚痴とを知ろうとしたが、これもまた風を捕えるようなものであると悟った。 それは知恵が多ければ悩みが多く、知識を増す者は憂いを増すからである。 伝道の書1:1〜18(口語訳) この著者のソロモンもこの世の栄誉栄華ははかないものだと言っています。 全ては変化し衰え崩壊します。 それに比べて、イエスキリストは「いつもでも変わらない」のです。 私も初老という時期を迎え、人間の移ろいと言う事を思わずには居られません。 今まで何とも思わないでやってきたことが出来ない。 どうしても人の名前や物事の名前が思い出せない。 階段を登るのが負担に感じる。 こうして人間は弱り、衰えていくのかなあと思います。 先日もスーパーで三歳ぐらいの可愛らしい女の子がいたので微笑みかけるとまるで花のような美しい笑顔で笑い返してくれました。 あまりにも可愛らしいので、思わず「可愛いね」と言ってしまいました。 しかし、その後で、見ず知らずのおじさんにあんな美しい笑顔で返してくれるあの子も、間もなく変わってしまうんだろうなと思うと人間の成長が恨めしくなりました・・・・変かな? いつまでも同じ。 変わらない。 キリストはいつまでも神の子であり、私たちの救い主であり、癒し主であり、王の王、主の主です。 アーメン主イエスよ来たりませ。

次の

好きなものがいつまで経っても変わらない|ナナメドリ|note

いつまでも変わらないもの

视频播放位置 映画「羅曼蒂克消亡史」で俳優・浅野忠信と夫婦役を演じた松峰莉璃さん 激変する中国と、変わりつつある日本人像 留学当時と現在の中国を比べると、「全部変わった」というほど様変わりする姿を目のあたりにしてきた松峰さん。 同時に、中国人の日本人像にも変化が生じているという。 当時、第一線で活躍していた60年代生まれの中国人が思い描く日本人像は高倉健や山口百恵。 松峰さんの世代とは違う日本人のイメージにプレッシャーを感じることも多かったというが、「今仕事を一緒にしているのはほとんど80後(1980年代生まれ)や85後(1985年代生まれ)で、その多くが海外経験があり、私が留学してみたいと思い、実現したのと同じような感覚と年齢で海外に行って、受け入れたものや考え方も似ているので、この世代が大好きです。 彼らにとって日本人はもう高倉健でも山口百恵でもなく、初音ミクなんです。 相手の国籍は関係ないというオーラが感じられ、楽しくて気が合うならいつでもウェルカムというスタンスも私と似ています。 今は仕事も生活も、友人たちとはすごくうまくいっており、日本人だからこうしなきゃいけないというプレッシャーがだいぶ減りました」とその変化について語ってくれた。 笑顔でインタビューに答える松峰莉璃さん 母となって見えてきたもの 「一度仕事を始めてしまうと、他はどうでもよくなってしまうほど今までの私は仕事中毒でした。 でも今は子供ができて、大変だけど、楽しさもいっぱい。 今後は生活をもっと楽しみたいです」と母となったことによる変化の大きさを実感し、まだ子育てと仕事のバランスがうまく取れないとしつつも、「ここ数年続けてきた脚本と演出の仕事のほか、今年は一昨年に書き上げた脚本で映画を撮る予定で、もしかしたら監督もすることになるかもしれません」と子育てに仕事に奮闘する日々となりそうだ。 そんな松峰さんだが、妊娠・出産を経て、特に痛感したのが中国人の優しさだったという。 「妊娠してお腹が目立ってくると、日本ではありえないほど、周りが大事にしてくれて、もう最後の方はなんだか楽しくなっちゃって、このままもっとこの皇帝気分を味わっていたいと思ってしまったくらいです。 出産後も、道を歩いているだけで、見知らぬ人でも子供や私に話しかけてきてくれます。 仕事にしても、日本だと子供がいることを理由として言い出せないような雰囲気がありますが、中国だと家族は大事だから優先すべきというスタンスで、すごくありがたいです。 これは日本にぜひ訴えかけていきたいですね」と力説。 流暢な中国語でインタビューに答える松峰莉璃さん いつまでも変わらないことで伝えるもの 今年は中日国交正常化45周年。 両国の相互理解を進める上で、どのような努力が必要かという質問には、「個人としては国籍にこだわらないスタイルを貫き、私が変わらないようにしようと思います。 一個人なので、社会に対する影響はそれほど大きくないかもしれません。 でも、こういう日本人もいるんだということが、何かの変化のきっかけになればうれしいですね。 また社会としては、日本人にもっと中国に興味を持ってもらえればと思います。 中国人は好奇心旺盛で、エネルギッシュで、興味がわいた国や場所にはどんどん赴きます。 事実、現在多くの中国人が日本を訪れています。 一方の日本人は逆にだんだん外に向かなくなってきているように感じます。 日本の若い世代が中国ともっとつながるようなチャンスを見つけてくだされば、今後もいい関係を築いていけるのではないかと思います」と語った。 (文:玄番登史江) 「人民網日本語版」2017年9月21日.

次の

変わりゆくもの、変わらないもの

いつまでも変わらないもの

「はるくん、おかしいところない?」 春になってあなたは一足早く社会人になったね ピカピカの一年生よ 年齢バレるよ? 年の話はだめよね? だね 「ん。 いつもよりも落ち着いて見えるね。 大丈夫、今日も綺麗だよ」 「あっ!もう、違うでしょ。 綺麗とかじゃなくってね?あっ、もう……ありがとう」 「おかしいところなんてないよ。 苦労したんだよ?』 「用件はなんだ?」 『用?そろそろ私が恋しくなってきたんじゃないかなって思ってね。 私も悪いことしちゃったかなって思ってたんだよ?』 「そうか。 もうどうでもいいから忘れてくれていい。 恋しくなることも会いたいと思うこともない」 『そんな強がらなくてもいいんだよ?そうだ!私ね。 就職したんだよ!だからね、週末会いに行ってあげるよ』 はっきりと伝えたかったんだ 終わってるって? 「くる必要はない。 と、言うかこないでくれ。 お前とは2度と会うつもりはない」 『は?何言ってるの?彼女と会いたくないって—』 「お前とはとっくに終わってるだろう。 それを選択したのはお前だ。 現状はなっちゃんから聞いてる。 戻りたいところがあるなら冬馬のところにでも戻れよ」 「へぇ?春斗までお姉ちゃんなんだ。 みんなしてお姉ちゃんお姉ちゃんって。 いつもいつも私が欲しいものを奪っていく!』 小さい頃から我慢してたみたい あなたと比較されてきたんだね 「自分で手放したんじゃないか。 なっちゃんのせいじゃない」 『春斗だって、私を守ってくれなかったじゃない!私ね襲われたんだよ?冬馬くんに襲われて!写真撮られて!脅されて!春斗は全然助けてくれなかったじゃない!私だけ悪いみたいに言わないでよ!』 「はっ?襲われた?何を言って—」 『春斗にわかるわけないよね?私が悩んでたの、全然知らないよね?それなのに私だけが悪いの?ねぇ春斗、何か言ってよ』 「……そんな、なぜ今更そんなことを言うんだよ。 脅されてたならなんで二股だったんだよ。 何が本当のことかわからないよ!」 「はるくん?」 『私だって昔のことはどうでもいいわよ。 いまさらなんともならないもん。 だから春斗は反省して私のところに戻ってこればいいよ』 「反省?」 『そ、私を守れなかったこと。 それで許してあげるよ。 だから—』 「俺が守るべき人はお前じゃない。 例えお前が言ってることが本当でも元に戻ることはない。 冷たいと、最低と罵ってくれて構わない。 お前とはもうこれっきりだ」 『何言ってるの?私は怒ってないんだよ?だから安心して戻っておいでよ』 「俺の居場所はここなんだよ。 なっちゃんの隣が俺の居場所だ。 お前は自分の居場所を探せよ。 移動になったんだって?」 「そうなんすよ。 4月から元町工場らしいっす」 「お〜、名古屋近くなって良かったな。 お前どこも行くとこがないって嘆いてたもんな」 「波乗りするわけじゃないっすからね。 乗るなら女の上っすね」 「お前、最低だな」 「自覚してるんで。 まあ、それでも女に不自由してないのは人徳っすね」 「まあ、いいさ。 それしかできないから」 過去には戻れないから そうね 「だから、心配しないでよ。 はい、おいで」 「ふふふふ。 よくわかってらっしゃる」 「スーツじゃないからシワにならないでしょ」 いってらっしゃいのハグ 目で訴えてたよね? ……よくわかってらっしゃる あからさまだったよ? 「ご飯遅くなるけどごめんね?」 「俺も簡単なものくらいならできるよ?」 「本当は全部やりたいんだけど、様子みてから相談させてね」 「もちろん。 少しは頼ってね」 「いつも頼りにしてますよ?」 「そう?」 「うん。 じゃあ、行ってくるね」 「はい、いってらっしゃ、んっ!」 「んっ、はぁ〜。 やっぱり我慢できなかった。 どこかでこっそり塗り直します。 じゃあね!」 「まったく」 変わらないね 変わらないよ 好きだから? 愛してるからよ.

次の