黒ずみ 石鹸 おすすめ。 デリケートゾーン専用石鹸おすすめ9選!黒ずみ・におい・かゆみ解消に

デリケートゾーンの黒ずみがひどい!石鹸・クリーム・ワセリンおすすめは?

黒ずみ 石鹸 おすすめ

女性のデリケートゾーンはまさにデリケートで、多くの人がにおいやかゆみ、黒ずみなど様々な悩みを抱えています。 私もデリケートゾーンのにおいや黒ずみに悩んでいました。 どのくらい悩んでいたかと言うと、アソコのニオイをニオイ計測器で測定すると(体質が原因なのか)「203」というかなり高い数値を示すくらいでした。 通常は「5~20」くらいで、納豆が「104」、キムチが「291」です。 つまり私のあそこは生理でもないのに、常に納豆以上でキムチくらいの臭いがしていました。 デリケートゾーンのにおいを計測した計測器はこちら! デリケートゾーンを石鹸で洗う前と洗ったあとのニオイの違いをニオイ計測器で計測した写真を以下のページで公開しました! デリケートゾーン用の石鹸でにおいを何とかしようと試してみたが・・・ 「そんな悩みを解決したい!」とデリケートゾーンの悩みに効果がある石鹸やソープを調査して、探して去年の5月から8月頃まで3ヶ月くらい試してみたものの、中々自分が満足できる石鹸に出会えませんでした。 においの数値も一向に下がらず、使用直後はよくても40分もすれば元のにおいに戻ってしまう有様でした。 こんな状況じゃ、彼氏はいないけど、やっぱり彼氏ほしいし、こんなにおいじゃ付き合ってもすぐにフラれると思って、怖くて気になる人とも仲良くなれませんでした。 素人の考えでデリケートゾーンの石鹸を選んじゃダメだと気づいて そこで、皮膚科の先生に相談したり、自分でデリケートゾーンの悩みや石鹸や、配合されているケア成分に付いて書かれた書籍を読み漁りました。 もう、精神的にかなり追い込まれていて、本だけじゃなく、本の著者の医師の書かれた医学論文まで調べ、読み込みました。 理系の学部を卒業したので、論文は英語じゃなければ理解できるし、本を読むのは嫌いじゃないので、趣味みたいに読んでいました。 そうこうしているうちに、夏が秋になって、気づいたら冬になっていました。 誰にも見られないからムダ毛もはやしっぱなしの女を捨てた状態でした。 転機は12月だった 女を捨てた状態だった私に転機が訪れたのは12月。 ご飯を食べてるときに、妹からクリスマスに彼氏と旅行に行くと聞いた時でした。 もう、なんというか、怒りじゃないけどなんで私はこんなに苦労して悩んで、彼氏を作りたくても作れないのに!と(妹は悪くないのに)妹に怒りを感じました。 「私も絶対に、においも黒ずみも対策して、彼氏を作ってやる!」と決意して、もう一度デリケートゾーン専用ソープや石鹸を試してみることにしました。 もしかしてこの成分がデリケートゾーンのにおいや黒ずみに効果的なのか!? 決意をしてからさらに、 「どんな成分がデリケートゾーンのにおいや黒ずみ、かゆみに良いのか」 「どんな使い方をすれば効果的なのか」 を徹底的に勉強しました。 そして、ネットで買える石鹸21個、薬局やドラッグストアなど市販されている石鹸18個を使ってみて「実際に効果があるのか」を自分に使って調べました。 その結果をこのページで紹介します!まずは、私が使って効果があったおすすめの石鹸をランキング形式で紹介します。 デリケートゾーンのにおいが最も無くなった石鹸は……。 デリケートゾーンの石鹸23個の効果と成分、値段(送料)を比較! デリケートゾーン向けの石鹸やソープを23個買って、デリケートゾーンのにおい・黒ずみ・かゆみへの効果を試してみました。 なかでも私が使って良いと感じたもの、効果があったものをランキングで紹介します。 栄えあるベスト5に輝いたデリケートゾーン専用の石鹸とは・・・!? 商品名 効果 注目成分 値段・返金保証 1位:イビサソープ 1日~1ヶ月半 においとかゆみの即効性があり黒ずみも徐々に美白 ・イソプロピルメチルフェノール ・ビタミンC誘導体 ・グリチルリチン酸ジカリウム 3,470円(税抜)~ 28日間全額返金保証 イビサソープの感想 においへの感想 使ったその日ににおいが治まった。 それからずっと無臭をキープ。 黒ずみへの感想 使用開始1ヵ月半ごろから徐々に美白を実感。 透明感が増していく。 かゆみへの感想 1週間目あたりからかゆみが軽減。 生理中もムレ知らずで快適だった。 使い心地の感想 ポンプを押すだけで上質な泡が出る。 肌刺激もなく使えた。 商品名 効果 注目成分 値段・返金保証 3位シークレットレディ・ジャムウソープ 3日~2ヶ月 自然な消臭力を実感。 軽いシワやたるみ対策にもgood! ・ジャムウ ・プラセンタ ・ワレモコウ 1,955円(税込)~ 全額返金保証無し シークレットレディ・ジャムウソープの感想 においへの感想 3日目ごろからにおいがマシに。 おりものの量も減った。 黒ずみへの感想 美白とまではいかなかったけど透明感はアップした。 ハリも出て来た。 かゆみへの感想 辛かったかゆみも自然と落ち着いた。 夜中に掻きむしらなくなった。 使い心地の感想 低刺激石鹸の泡立ちの悪さが気になった。 泡立てネットは必須。 肌刺激はなかった。 商品名 効果 注目成分 値段・返金保証 4位LCジャムウハーバルソープ 3日~2ヶ月 におい対策に強い。 ムズムズがましになった。 ・ミョウバン ・アロエベラエキス ・甘草 1,895円(税抜) 全額返金保証無し LCジャムウハーバルソープの感想 においへの感想 デリケートゾーン特有のにおいに即効性があった。 黒ずみへの感想 少し美白できたかも?劇的な変化は無かったけど綺麗になった。 かゆみへの感想 生理の時のかゆみが少し軽減された。 ムズムズが無くなった。 使い心地の感想 泡立て方にはコツをつかむ必要あり。 肌に優しい洗い心地だった。 黒ずみ・におい・かゆみと、それぞれの悩みに合わせたケア成分配合の石鹸を選ぶようにしましょう。 においが気になる人は殺菌成分配合の薬用ソープがおすすめです。 使いやすさとケア成分を調査して自分に合った洗浄料を見つけられたら、効率的な悩み解消へと繋がります。 選び方1.あなたの「デリケートゾーンの悩みに合わせた成分」が入っているかチェック デリケートゾーンの専用石鹸を買う前に、成分内容を確認してください。 黒ずみ・におい・かゆみは、それぞれケア成分が違います。 商品パッケージに「医薬部外品」「薬用」と記載された石鹸やソープには、厚生労働省認可の有効成分が配合されています。 その1.デリケートゾーンの黒ずみケア成分 デリケートゾーンの黒ずみの原因はほとんどが摩擦によるものです。 サイズの小さい下着や生理ナプキンなどで肌に摩擦刺激がかかり、性器周辺にメラニン色素が蓄積して起こります。 したがってメラニン色素を排泄する成分、作りにくくする黒ずみ対策成分が入った石鹸を選びましょう。 ターンオーバー促進に関係する、角質除去や潤い力の高い石鹸もおすすめです。 黒ずみをスムーズに排泄しややすくしてくれます。 石鹸に期待できる効果と成分は以下の通りです。 デリケートゾーンの黒ずみは男性から不評!? 「パートナーのデリケートゾーンの黒ずみをどう思いますか?」という質問を男性にした結果、「気にしたことがない」と回答した人が多かったです。 「黒ずみがあるより無い方が良い」と回答する人も多くいました。 しかし、ほとんどの男性は彼女のアソコに黒ずみに気づいているとのことです。 そこまで気にしなくても良いけど、男性は「女性のデリケートゾーンは綺麗に越したことは無い」というのが本音です。 メイクやヘアケアはチカラを入れるように、デリケートゾーンもお手入れした方が印象は良くなります。 アソコが黒くないだけで清潔感がアップするからです。 黒ずみを解消することは、自分だけでなくパートナーにとってもプラスになるのです。 美白クリームと専用石鹸を使えば、家でも簡単に黒ずみはお手入れできるので、気になる人はチャレンジしてみてくださいね。 その2.デリケートゾーンのにおいケア成分 デリケートゾーンのにおいは、「雑菌繁殖」がほとんどの原因です。 雑菌は、汗・経血・おりもの・恥垢などをエサにして繁殖し、においのある老廃物を排泄します。 スソワキガもまたアポクリン汗腺から出る汗をエサに、雑菌繁殖することでにおいが起こります。 とくにデリケートゾーンは、下着やナプキンなどで通気性が悪くなりムレやすい部分です。 雑菌が繁殖しやすい環境なので日々のお手入れが大切です。 これらのデリケートゾーンのニオイケアは、デリケートゾーンの専用石鹸でも対応できます!とくに細菌や汗を減らす成分の入った石鹸がおすすめです。 石鹸に期待できる効果と成分は以下の通りです。 香料の香りでごまかす石鹸はおすすめできない!? 1日の疲れを癒すバスタイムは、自分のお気に入りの香りに包まれながら、デリケートゾーンを洗いたいと思う女性も多いのではないでしょうか。 フローラルやシャボン、柑橘系など色々な香りの石鹸があります。 香り系の石鹸も人気があります。 良い香りのする石鹸を使用するのも良いですが、香料でデリケートゾーンのにおいを消すことはできません。 洗浄後は一時的ににおいがなくなったように感じても、時間が経つとまた体臭がしてしまいます。 香料自体には消臭力はなく、あくまでも香りを楽しむための成分です。 しかもデリケートゾーンのにおいが強い人が香料のある石鹸を使用すると、香りとにおいが混ざって不快なニオイへと変わる恐れもあるので要注意です。 その3.デリケートゾーンのかゆみケア成分 デリケートゾーンのかゆみは肌のバリア機能が低下して、より敏感肌になっている時に起こりやすいです。 汗やムレ、洗いすぎなどが原因でバリア機能は落ちやすくなります。 日常生活で起こるかゆみは、炎症ケアをして、潤いを与えることが重要です。 デリケートゾーンの専用石鹸なら、バリア機能を低下させずに汚れや雑菌を洗浄しやすいのでおすすめです。 石鹸に期待できる効果と成分は以下の通りです。 かゆみケア成分 アレルギーや炎症ケア グリチルリチン酸2K(甘草)など 潤い成分で乾燥を防ぐ ジャムウ、グリセリン、ヒアルロン酸ナトリウムなど 掻きむしった部分は色素沈着が起こり黒ずみになる可能性があるので、早めの対策が重要です。 黒くなる前にかゆみ予防しておきましょうね。 他にもデリケートゾーンの病気(感染症など)でかゆみが起こる可能性もあります。 この場合は早めに婦人科を受診してください。 選び方2.肌刺激の少ない専用石鹸・ソープを選ぶ デリケートゾーンは腕や脚など、他の身体のパーツに比べて皮膚が薄い部分です。 そのため、石鹸は低刺激処方のものを選びましょう。 薬局やドラッグストアにある石鹸やボディソープには、刺激の強い洗浄成分や添加物が配合されている場合があります。 肌刺激を与える成分でデリケートゾーンを洗浄すると、痛みや炎症などの肌トラブルを起こす可能性もあり危険です。 必ず配合成分の安全性もチェックしてから商品を購入するようにしてください。 薬局やドラッグストアの石鹸がデリケートゾーンにおすすめできない本当の理由 デリケートゾーン専用ソープは、薬局・ドラッグストア・量販店でも購入可能です。 値段が安いので色々な種類を試しやすいというメリットがあります。 私も数多くの石鹸やソープを使用してきました。 薬局やドラッグストアとかで売っている石鹸は効果があるのか、肌刺激はないのか調査を深めてみました。 その結果、あまりおすすめ出来ないとわかったのです。 その理由は下記の通りです。 デリケートゾーンのニオイケア成分が入っていない(少ない)• 洗浄力が強くて肌刺激を起こす可能性がある それぞれの理由を詳しく見て行きましょう。 理由1.デリケートゾーンのニオイケア成分が入っていない、少ない 先ほどランキングで紹介した石鹸には、ニオイケア成分が入った商品が多いです。 有効成分の「イソプロメチルフェノール」や、植物由来エキスの「柿エキス」「茶エキス」などが豊富に配合されたアイテムも多いです。 しかしドラッグストアの専用石鹸には、ニオイケア成分が入っていない、入っていても少量しか配合されていないものも販売されているのです。 デリケートゾーンや膣内と同じ性質の弱酸性だからという理由で、「デリケートゾーン用」と称した商品もあります。 実際私も購入経験があるのですが、本来の目的がにおい対策ではないため、消臭効果が薄い石鹸もありました。 理由2.洗浄力が強くて肌刺激を起こす可能性がある 肌刺激にも十分気を付けてください。 ドラッグストアで専用石鹸を探す際、洗浄成分の「ラウレス硫酸Mg」「ラウレス硫酸アンモニウム」「ラウレス硫酸Na」などは要注意です。 成分表示の最初の方に記載されていることが多いのですぐ見つけられます。 これらはシャンプーでも肌刺激が懸念されている有名な成分です。 ある商品パッケージを見て「ラウレス硫酸Mg」などが入っていると知った時は、デリケートゾーン用なのになんで入っているの・・・と思ってしまいました。 「ラウレス」とついた洗浄剤は泡立ちの良さが魅力ですが、乾燥肌を招きやすくするためNGなのです。 デリケートゾーンのにおい・黒ずみ・かゆみの悪化も懸念されているのでおすすめしません。 しかし薬局やドラッグストアにも、「ラウレス」系でない低刺激の石鹸素地を使用した石鹸もあります。 だから一概に市販品が駄目な訳ではありません。 私たち購入者自信で成分内容を確認して商品を選ぶことが大切なのです。 公式サイトからは28日間全額返金保証付きで購入できます 最もオススメのデリケートゾーン石鹸は? デリケートゾーンのにおいや黒ずみ、かゆみと、女子らしからぬコンプレックを持っていた私。 ネットで買えるものから薬局やドラッグストアのものまで、ありとあらゆる石鹸を購入して試しました。 正直商品が多すぎて「どれがいいのかわからない・・・」と思っていました。 多分皆もそうですよね。 でも、ダントツで魅力を感じた商品があります。 それが「イビサソープ」です! 「解消スピードがはやい」 「黒ずみ・におい・かゆみにNo. 1!」 「割引価格で買える」 「28日間の全額返金保証つき」 ここまで総合的にメリットの多い石鹸は他にありませんでした。 私はこの石鹸でデリケートゾーンの悩みがなくなり、友達から「最近よく笑うようになった」と言われるほどです。 彼氏はまだできていないけど自信は出てきましたよ! あの時悩み続けていただけでは何も変わりませんでした。 石鹸を23個も買って使うのは大変だったけどイビサソープが良いとわかったことは大きな収穫です。 だから私と同じように悩みをもつ人たちにもおすすめしたいと思いました。 デリケートゾーンの不快感や肌の悩みをどうにかしたい人は、総合評価ナンバーワンの「イビサソープ」を一度使用してみてくださいね。 石鹸で洗ってもいい?デリケートゾーンの正しい洗い方の基礎知識 よくデリケートゾーンを、ボディタオルや手でゴシゴシと洗っている人がいますが、ハッキリ言います!今日からでもやめてください。 理由は、いくらデリケートゾーンをケアしていても洗いすぎると、スキンケアの効果が弱くなってしまうからです。 効果を弱めるだけでなく、逆効果です・・・。 今回は一歩踏み込んだ、デリケートゾーンの正しい洗い方について紹介します。 せっかくのお手入れを台無しにしないよう、是非参考にしてくださいね。 デリケートゾーン石鹸での正しい洗い方と使用上の注意点 デリケートゾーン石鹸は正しく使うことが重要です。 間違った方法で使うとバリア機能を低下させ、黒ずみやにおいなどのトラブルを悪化させる恐れがあるからです。 反対に、基本の洗い方を身につけ実践し続ければ、デリケートゾーンのトラブルは解消しやすくなる可能性があります。 洗い方はポイントさえ押さえておけば誰でも簡単にできます。 正しい洗い方1.デリケートゾーンのごしごし洗いはOK?NG? デリケートゾーンのにおいや黒ずみが気になる時は「汚れているんじゃないか?」と思うし、ついボディタオルや指でごしごし洗いたくなりますよね。 しかしこれはNGなケア方法です! ボディタオルや指でゴシゴシ洗うのではなく、「泡やオイル」をクッションに洗う意識を持ちましょう。 そしてパックすると尚良しです。 泡タイプなら泡立てる時間が要らないので時短ケアが可能です。 忙しい人や面倒くさがり屋さんにも泡タイプがおすすめです。 膣内には常在菌(善玉菌)によって酸性に保たれています。 これを自浄作用といい、デリケートゾーンを悪玉菌などから守ってくれています。 自浄作用は疲れや疲労、免疫力の低下でも、崩れやすくなるので日々の生活も影響しています。 洗い過ぎもまた自浄作用低下の原因となります。 善玉菌まで洗浄して自浄作用が弱くなると、におい・かゆみ・乾燥・黒ずみなど様々な肌トラブルを起こす可能性があるのです。 そのため、デリケートゾーンは優しく洗浄し、気になる部分は泡パックをして清潔にします。 正しい洗い方2.泡パックで優しく汚れを落とす 泡パックは個人的にもおすすめです。 ゴシゴシと摩擦のチカラで刺激洗浄するのではなく、パックした泡で優しく汚れを浮かす方法だからです。 肌に摩擦刺激をかけないで、においの原因となる雑菌や汚れを吸着して綺麗にします。 自浄作用も残せるので、私の場合は市販で売っている身体用ボディソープとナイロンタオルで洗っていた時よりも、肌トラブルが起こりにくくなりました。 正しい洗い方は、「黒ずみ・におい・かゆみ・乾燥など」ほとんどのデリケートゾーンの悩み対策の基本ケアとなります。 デリケートゾーンに、何らかの肌トラブルで悩みがある女性は、是非正しい洗浄法を実践してください。 デリケートゾーンの泡パックの仕方• デリケートゾーンを洗う時の「5つの注意点」 注意点1:デリケートゾーンの内部や膣内の洗浄はOK? 膣内の洗浄も良くありません。 自浄作用を崩してしまうからです。 自浄作用が弱ると、においやかゆみ、感染などを起こしやすくなります。 膣内側は非常にデリケートな部分なので石鹸で洗わないでください。 あとお風呂上がりにボディクリームを塗る女性も多いと思います。 デリケートゾーンもお風呂上がりは乾燥しやすいので、対策が大切です。 デリケートゾーン専用の保湿ケアクリームなどを塗りましょう。 入浴などで失われたバリア機能を保湿剤で補ってあげます。 そのままにしておくとバリア機能が弱まっているため、摩擦刺激を受けやすくなります。 バリア機能の回復は12時間かかり、回復するまでデリケートゾーンの刺激をゼロにすることは不可能です。 だからお風呂上がりに潤いを与え、摩擦などから肌を守ってあげてくださいね。 注意点2:ボディソープや石鹸で直接デリケートゾーンを洗浄する方法はNG ボディソープを泡立てずに洗ってしまう人がいますが、これはよくある間違いです。 ボディソープタイプを直接使う場合は、デリケートゾーンで泡立たせて使うことになります。 なぜ直接、石鹸を陰部につけたらいけないのかというと、Vラインのアンダーヘアが多い人は、石鹸カスが洗い流せず、肌やアンダーヘアに洗浄成分が残ってしまうからです。 入浴後も陰部の毛穴に、石鹸カスがたまったままになります。 毛穴がつまっていると皮脂や汗も外に出せず、肌の炎症やニキビ、かゆみの原因になってしまいます。 敏感肌の人の場合は、残留した石鹸で肌刺激を受けヒリヒリ感を覚える可能性もあります。 キレイにするはずの石鹸は、使い方次第で肌トラブルの原因にもなりうるので気を付けてください。 注意点3:ボディタオルや手で直接デリケートゾーンを洗うのはダメ ほとんどの人が、ボディタオルや手でデリケートゾーンを洗浄していると思いますが、その洗い方は本当におすすめできません。 私も経験したから口を酸っぱくして言いますね。 生理やおりものが多い日、汗やムレのある時は、陰部が敏感肌に傾きがちです。 どれだけ柔らかいボディタオルで洗浄しても、肌へ刺激を与える可能性が高くなります。 陰部がかゆみや炎症を起こしている時は、手洗いですら刺激を与えてしまいます。 だから肌に負担をかけにくい泡洗浄が、おすすめなのです。 慣れてきたら泡マッサージもやってみてください。 指先ではなく、指のはらですると良いですよ。 生理の時や、おりものが多い日は、どうしても汚れやムズムズ感が気になりますよね。 泡マッサージなら、肌に負担をかけにくいし汚れもスッキリ洗浄しやすくなりおすすめです。 POINT デリケートゾーンの洗い方の重要ポイント! 前から後ろ方向に向け、「手や指の腹」で丁寧に洗浄します。 アンダーヘアのあるVラインからOラインに向かって洗うようにしましょう。 デリケートゾーンは構造が複雑なので、細かい溝の部分に恥垢やおりもの、尿などが残りやすいです。 汗腺も多く分布しているため、洗い残しが無いよう、でも優しく洗浄してください。 注意点4:デリケートゾーンに直接シャワーの水を当てるのはNG あなたはいつも、デリケートゾーンを泡で洗った後どうやって洗い流していますか?シャワーを直接あてて洗い流す女性は多いと思いま増すが、この方法もNGなのです。 とくに、生理中やかゆみがある時は直接シャワーを当てない方が良いです。 皮膚が敏感肌に傾いていて、シャワーの水圧が刺激になるからです。 普段ならそこまで肌刺激の心配はありませんが、水圧がかかるためなるべく直接シャワーですすがない方が良いでしょう。 私もかゆみが酷い時「石鹸のすすぎ残しはよくない」と感じて、思いっきりシャワーですすいだ経験があります。 案の定余計にかゆみが悪化して、炎症を起こしてしまったのです。 しかもジムのシャワーだったので、水圧が強くびっくりするぐらい痛みを伴ってしまいました。 本当に肌ダメージを食らってしまうので、皆さんは止めてくださいね。 そのため、デリケートゾーンに直接シャワーをあてる洗浄方法はおすすめできません。 理想的なデリケートゾーンの泡の流し方はどうするの? 「じゃあ、どうやって泡をすすいだらいいの?」と思いますよね。 そこで、理想の泡の流し方について紹介します。 1.下腹部にシャワーをあてる 2.デリケートゾーンに片手をあてて水を溜める 3.手に溜まった水でデリケートゾーンをすすぐ これが理想的な洗い方です。 水圧を直接受けないので、肌刺激を与えにくく優しくすすげます。 注意点5:シャワーのお湯の温度に注意 シャワーの温度にも注意してください。 いつも何度ぐらいで洗っていますか?温度設定は好みによって分かれると思いますが、身体の場合は40度ぐらいが適温です。 40度が人間の肌にちょうど良いとされています。 しかし、デリケートゾーンはセンシティブな部分なので、40度以下のぬるま湯が適温となります。 「ちょっとぬるいかな?」と感じる温度で良いのです。 熱い温度のシャワーですすぐとデリケートゾーンの皮脂や常在菌まで流れてしまい、バリア機能が弱くなる可能性があります。 乾燥の原因にもなるので気を付けてくださいね。 こんなボディタオルでデリケートゾーンを洗浄するのはやめよう ボディタオルでデリケートゾーンを洗浄している人は、いつもどんなボディタオルを使用していますか?普通のタオルや泡立ちの良いタオルなど、人それぞれ違うと思います。 重要なのはボディタオルの「素材」です!泡立ちと値段の安さが魅力の「合成繊維」は要注意です。 ナイロン素材やポリエステル素材といった合成繊維は、肌を守る皮脂膜に傷をつけてしまう可能性があるためおすすめできません。 おすすめしない素材1.ナイロン 化学繊維といえば、ナイロンといっても過言ではありません。 軽くて頑丈なうえ、速乾性に優れているのでカビにも強いです。 肌触りは、ポリエステルよりもやわめですが、垢すりタオルにも、使われている素材です。 おすすめしない素材2.ポリエステル 生産数ナンバーワンは、ポリエステルです。 熱に強くて伸びにくい性質があります。 ナイロンよりも、しっかりしておりハリやコシがあります。 最近は肌の摩擦を軽くした、特殊のポリエステル素材のタオルもあります。 合成繊維ではない綿素材などのタオルでも、デリケートゾーンはゴシゴシ洗いすぎないように気を付けましょう。 デリケートゾーン専用石鹸は泡立てネットで泡立てて!泡立てネットつきのデリケートゾーンの石鹸3選 髪を洗う時のシャンプーも、泡立ててから使う方が良いと聞いたことはありませんか?その理由は毛穴にシャンプーを詰まらせないためです。 そしてデリケートゾーンでも同じことが言えます。 手で泡立てても良いですが、泡立てネットを使う方法がおすすめです。 きめ細かい泡が、毛穴や細かい隙間に溜まった小さな汚れをキャッチしてくれるからです。 デリケートゾーン専用ソープや石鹸は少量の水やお湯で泡立ちが良くなりやすいです。 泡立たせることで石鹸成分の濃度も薄まり肌への負担も軽くなります。 少量でたくさん泡を作れるようになれば、1回の使用量が減り経済的です。 泡立てネットつきのデリケートゾーン専用石鹸3選 人気のデリケートゾーン専用石鹸には、泡立てネットがセットになっているものもあります。 泡立てネットは、水分を含み雑菌が繁殖しやすいからです。 しっかり洗い水気をきって、吊るして干すようにしましょう。 平置きするのではなく、吸盤のついたフックにかける方法がおすすめです。 泡立てネットを使うと、モコモコ泡が作れて、ワンランク上のお手入れが実現できちゃいます!値段も100円ちょっとでリーズナブルなので、好きなタイプを選んで泡洗浄にチャレンジしてみましょう。 毎日のバスタイムが、楽しくなること間違いなしです。 あと、使い終わったら吊るしてくださいね。 デリケートゾーンの正しい洗い方のまとめ デリケートゾーンの正しい洗浄法は簡単ですが、「いつもと違う洗い方で面倒・・・」と感じた人もいるのではないでしょうか。 私も初めはそう思っていたので、よくわかります。 もちろん私も最初は同じ意見でした。 でも本当に陰部をきれいにしたいと思うなら、手間を惜しまずやってもらいたいです。 VIO脱毛であそこの見た目をきれいにする人もいますが、清潔でないときれいな見た目も台無しになってしまいます。 本当に「きれい」なデリケートゾーンを目指すなら、丁寧に洗ってデリケートゾーンの肌環境を整えてあげることが大切なのです。 目に見えない箇所なのでお手入れのモチベーションが下がりそうな時もあるでしょう。 でも、顔のスキンケアと同じぐらいデリケートゾーンも毎日ケアしてあげてください。 長く続けることが大切です。 合成繊維のボディタオルは避ける• 石鹸やボディソープはよく泡立てる• デリケートゾーンは泡をクッションにして洗う• 流す時は直接シャワーをあてない あとデリケートゾーン専用の石鹸を使うと、尚よしです。 正しくデリケートゾーンを洗浄できるようになると、においやかゆみなどの予防対策も期待できます。 洗い方1つで悩みが軽くなるなら、たやすいと思いませんか?すぐに変化は出ないかもしれませんが、継続して変化を実感できれば、毎日欠かさずできるでしょう。 今まで間違った陰部の洗い方をしていた人は、是非この機会に正しい洗浄法や専用石鹸を試してみてください。 すでにちゃんと洗えている人は、悩み別に応じてもう一歩踏み込んだスキンケアを取り入れるのも良いでしょう。 黒ずみの悩みには美白クリーム、においの悩みにはデオドラント商品がおすすめです。 やればやるほどデリケートゾーンが良い状態になると信じて、頑張っていきましょうね!• 泡タイプ• 固形タイプ• 液体タイプ• オイルタイプ なかでもおすすめなのが「泡タイプ」です。 固形石鹸や液体タイプでも泡は作れますが、低刺激石鹸だと合成界面活性剤フリーの商品があり、泡立ちも悪いと感じやすいです。 そのため泡立たせるのに時間をかけなくてはなりません。 でも、泡タイプなら容器をプッシュすれば簡単に泡が出てきます。 忙しい時もサッと使えるし、泡立てネットの保管方法に神経をすり減らずに済みます。 全身の気になる部分もさっぱりしっとり洗えます。 私は、以前ネットの保管方法が悪くてカビを生やしてしまった経験があります。 だから断然泡タイプが便利でおすすめです! オイルタイプの場合は汚れを浮かすのが特徴です。 極度の乾燥肌なら使いやすいですが、脂性肌や混合肌の人だと、肌の油分が多くなる可能性があります。 それにオイルは洗った感じがしにくく、洗い上がりがスッキリしない点も気になります。 デリケートゾーンの石鹸やソープのタイプで、どれにしようか悩んでいる人はまず、便利な泡タイプから使ってみてくださいね。 こちらで紹介しているものだと、「イビサソープ」や「コラージュフルフル泡石鹸」が該当します。 デリケートゾーン石鹸にまつわるQ&A!わからないことはココで解決 敏感肌でも使えますか? デリケートゾーン専用の石鹸やソープは、敏感肌の人でも使えるように開発されたものが多いです。 薬局やドラッグストアで売っている市販ボディソープに比べると肌刺激も低く、ヒリヒリしにくいのが特徴です。 かぶれたりヒリヒリしませんか? 植物由来の成分がメイン配合された商品が多いので、市販のボディソープよりは肌トラブルを起こしにくいです。 ただし個人差があるので、二の腕など目立たない部分でパッチテストするようにしましょう。 異常を感じたら使用を中断してくださいね。 使ってみて合わないと感じた場合、全額返金保証のある商品なら商品代がキャッシュバックされるので、保証期間内にしっかりお試しすることをおすすめします。 デリケートゾーン専用石鹸なのにしみるのはどうして? 膣内に洗浄剤が侵入するとしみる可能性があります。 その他にも、殺菌成分が強すぎる、デリケートゾーンに傷・かぶれがある、外陰炎を起こしている可能性も考えられます。 デリケートゾーン専用石鹸は基本的に低刺激処方ですが、膣の内側まで洗わないようにしてください。 また傷やかぶれがある時はデリケートゾーン専用の塗り薬を使用してみてください。 それでも症状が落ち着かない時は、婦人科や必尿器科を受診しましょう。 デリケートゾーン以外にも使えますか? 使用OKです。 デリケートゾーンは体の中でも皮膚が薄い部分です。 そんな敏感肌のデリケートゾーンに使えるほど優しい石鹸なので、他の部分も洗浄できます。 黒ずみ・におい・かゆみ、効果が出るまでどれぐらいかかりますか? 個人差はありますが、数日~3ヶ月で効果が出る人が多いです。 デリケートゾーン向けの石鹸には殺菌が望める有効成分配合のものが多く、雑菌の繁殖抑制効果が期待できます。 そのため、においやかゆみには即効性が望めます。 黒ずみ解消には継続的な使用が必要です。 美白成分配合の石鹸やソープもたくさんありますが、最終的にお湯ですすぐため美白成分を肌に留めにくいのが実際のところです。 効果無いと感じた時はすぐに使用をやめず、3ヶ月~半年は様子を見るようにしましょう。 デリケートゾーンの黒ずみには美白クリームは必要? 高い効果が欲しい人は、デリケートゾーン専用の石鹸と一緒に「黒ずみ対策クリーム」を併用してください。 専用の美白クリームには、直接黒ずみの原因となるメラニンにアプローチする美白有効成分が入っています。 デリケートゾーン専用の美白クリームは、保湿ケアも同時に行えるのでターンオーバーの正常化も望めます。 石鹸と違い長時間肌に成分を留めておけるので、より効果を実感する可能性が高いのです。 美白クリームの場合は、3日で効果を実感している人もいます。 石鹸には費用をかけた方が良いですか? 値段が高ければ良いというわけではありません。 なかには安くても効果を実感できるものもあります。 配合成分や製造法、口コミなどをチェックしたうえで総合的に評価の高い商品を見つけることが重要です。 相性もあるので実際使ってみないとわからないこともあります。 デリケートゾーン専用の石鹸やソープは数多く販売されているので、なるべく総合評価が良い商品の中から、気になったものを試して行くと良いでしょう。 生理中や妊娠中でも使えますか? 生理中は使える石鹸が多いです。 商品によっては生理中に使用できないものもあります。 とくに注意点に「妊娠中は使用を控えるように」と書いている商品は多いです。 妊娠時は肌も敏感になりやすいため、どれだけ低刺激の石鹸でも刺激物となる可能性があるからです。 どうしても使いたい場合はかかりつけの医師に相談してから購入するようにしましょう。 ジャムウとは何ですか? デリケートゾーン向けの石鹸には「ジャムウ」という成分が使われた商品が多いですよね。 こちらで紹介した石鹸だと「ジャムウハーバルソープ」「シークレットレディジャムウソープ」などが該当します。 ジャムウ自体は植物やハーブの名前ではなく、インドネシアのハーブや生薬の総称をさします。 現地で古くから伝わるジャムウは身体の悩みに合わせて、植物をブレンドするいわば漢方のようなものです。 天然由来の素材がベースとなるため肌に負担をかけにくいのが特徴です。 そのため「ジャムウ配合」とかかれた石鹸は、植物やハーブが入っていることが多いです。 ジャムウ石鹸はオーガニック成分でできていますか? ジャムウ成分=オーガニック成分ではありません。 ジャムウは、先ほども解説した通り植物やハーブを独自ブレンドする方法です。 一方オーガニックは、農薬や化学肥料をなるべく使用せずに植物を栽培することです。 残留農薬・肥料は少なく、ケミカル成分で肌荒れしやすい人や健康志向の人から人気があります。 ジャムウもオーガニックも、天然由来成分を使用している点は同じですが、全く同じではありません。

次の

ピーリング石鹸のおすすめ9選!足やおしり用も

黒ずみ 石鹸 おすすめ

デリケートゾーンの黒ずみを治すのに、石鹸は効果があるの? 気になる「デリケートゾーンの黒ずみ」。 なんとかして、黒ずみのないきれいな肌になりたいですよね。 世には、多くの「デリケートゾーン用の石鹸」が売られていますが、果たしてこれらの石鹸は、 デリケートゾーンの黒ずみに対して、効果はあるのでしょうか。 まず最初にお伝えしておきますが、どんな石鹸を使ったしても、1回洗っただけで、まるで消しゴムのように黒ずみが消えてなくなる・・・なんてことはあり得ません。 そんな石鹸があったら、喉から手が出るほど欲しいですよね。 しかし、実際には石鹸でそんなことは不可能です。 逆にそんなことができてしまう石鹸があったら怖いです。 どんな成分が入っているのか・・・。 まず、安心してデリケートゾーンの黒ずみに使用できるようなものではないでしょう。 では、デリケートゾーンの黒ずみに、 「石鹸が全く効果がないのでしょうか。 」 また、 「どんな石けんを使っても変わらないのでしょうか。 」 答えは、「ノー」です。 その石鹸を使うことによって、瞬時に黒ずみがなくなることはあり得ませんが、 適切な石鹸を使い続ければ、少しずつ、黒ずみが良くなっていくことは十分考えられることです。 なぜ、適切な石鹸を選ぶと、デリケートゾーンの黒ずみに効果的なのでしょうか。 黒ずみの原因とともに考えていきましょう。 なぜ、デリケートゾーンの黒ずみに石鹸が効果的なのか?黒ずみの原因から考える。 まず、デリケートゾーンの黒ずみの原因は、大きく分けて、以下の5つがあげられます。 下着のサイズが合っていない場合やゴムがきつかったりすると、色素沈着により黒ずみが起こります。 また、お手洗いの時にペーパーで強く拭いたり、特に敏感な生理時は、生理用品の摩擦によっても黒ずみを引き起こします。 強すぎる界面活性剤が使用されている石けんでデリケートゾーンを洗うと、肌のバリア機能が壊れ、メラニンが必要以上に生成されるため、黒ずみとなります。 また、ゴシゴシと洗いすぎることも炎症による黒ずみの原因になります。 乾燥すると肌が炎症を起こしやすくなり、黒ずみの原因になります。 特に乾燥しがちな季節は注意が必要です。 その結果、本来排出されるべきメラニンが肌表面に定着してしまい、黒ずみを引き起こします。 」という原因は、肌に優しい石鹸をしっかり泡立てて、優しく洗うことによって改善できます。 では次に、具体的にどんな石鹸を選ぶとデリケートゾーンの黒ずみに効果的なのか、選び方について見てみましょう。 固形石鹸タイプやアミノ酸系の洗浄成分のもの、オイルで洗浄するタイプも肌負担が少なくおすすめです。 石油系界面活性剤を使用しているものは避けた方が無難でしょう。 デリケートゾーンの黒ずみを解消するには、洗いすぎで乾燥してしまうことはNG。 洗いながら優しく保湿してくれる保湿成分配合のものを選ぶのがおすすめです。 グリセリン、ヒアルロン酸Na、スクワランなどの肌に優しい保湿成分が配合されているものを選びましょう。 泡パックすることにより、ゴシゴシこすらなくても、石鹸の洗浄成分で汚れがとれ、黒ずみの原因である古い角質もすっきり洗い流すことができます。 単に洗うだけより、泡パックができる石鹸の方がよりデリケートゾーンの黒ずみに効果的にアプローチできます。 刺激によってかゆみや肌荒れが起こりやすいデリケートゾーンには、抗炎症効果のある成分が配合されている石鹸を選ぶのをおすすめします。 肌の炎症は黒ずみを引き起こす最も大きな要因です。 具体的には、「グリチルリチン酸2K」や「甘草エキス」などが抗炎症成分の代表的なものです。 体の他の部分では大丈夫でも、デリケートゾーンは刺激に特に敏感です。 刺激が加わると肌荒れやかゆみとなり、黒ずみの原因になります。 石油系界面活性剤・防腐剤などの添加物が極力少ないものを選びましょう。 固形石鹸タイプは、液体のものと比べると腐敗しにくく、防腐剤を配合する必要性が低いので、配合されていないものも多く存在します。 以上の選び方を基準におすすめのデリケートゾーン用石鹸を比較し、ランキング順位を割り出しました。 デリケートゾーンの黒ずみに効果的な石鹸【おすすめランキング3選】 第1位 ラブコスメジャムウハーバルソープ インドネシアに伝わる独自のブレンド方法を元に、日本人の肌質に合わせで、ひとつひとつ手作り。 黒ずみやニオイの元を研究し、古い角質や頑固なたんぱく質にアプローチできるのが特徴です。 固形石鹸ならではの究極にシンプルな全成分も、デリケートゾーンには嬉しいポイント。 3分間の泡パックで、気になる黒ずみとニオイをすっきり洗い流します。 劇的な変化はないですが、1個使い終わるころになんとなくトーンアップしたかな?と実感できました。 デリケートゾーン洗っても刺激はないですし、マイルドな洗い心地で安心して使えます。 (40代) 最初は半信半疑でしたが、使い続けていくとまず、デリケートゾーンの乾燥によるかゆみや、生理中の不快感や匂いが気にならなくなってきました。 その後、黒ずみとくすみにも効果があって、すごくお肌が明るくなりました。 おすすめです。 (20代) 小さな石鹸で高いかなと最初思いましたが、効果が実感できるので満足です。 主にデリケートゾーンのパックとして使っています。 黒ずみとニオイに効果がありました。 おりものや生理中の不快感もやわらぎました。 溶けにくいため、おふろに置いておいても大丈夫でした。 コスパは良いと思います。 (20代) 第2位 ANOCOI(アノコイ)ボタニカルデリケートゾーンソープ 洗い上がりのしっとり感が特徴のクリープソープ。 美容成分を30種類配合し、保湿しながら優しく洗える。 黒ずみ対策として、石鹸としてはめずらしく、ビタミンC誘導体やアルブチンなどの保湿成分も配合されています。 泡立てる手間もないのでパックする際も便利。 バニラの癒される香りも人気の秘密。 ANOCOI(アノコイ)ボタニカルデリケートゾーンソープの全成分 【全成分】 水、PEG-8、BG、ミリスチン酸、ステアリン酸PEG-150、パルミチン酸、ステアリン酸、PEG-20ソルビタンココエート、ジステアリン酸PEG-150、水酸化K、ラウリン酸、カキタンニン、カミツレ花エキス、セージ葉エキス、ローズマリー葉エキス、セイヨウハッカ葉エキス、ビワ葉エキス、ユズ果実エキス、ヨクイニンエキス、チャ葉エキス、豆乳発酵液、ダイズ種子エキス、ハトムギ種子エキス、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、グリチルリチン酸2K、アルブチン、アルムK、イランイラン花油、パイナップル果実エキス、チオグリコール酸Ca、スクワラン、アスコルビルリン酸Na、アルガニアスピノサ核油、ヤシ油、ティーツリー葉油、ユーカリ油、ホホバ種子油、ツバキ種子油、シア脂、オリーブ果実油、香料、炭酸水素Na、炭酸Na、エタノール、パーム核脂肪酸アミドDEA、プロピルパラベン、メチルパラベン、エチドロン酸4Na、粘土、モンモリロナイト、カオリン、マイカ ANOCOI(アノコイ)ボタニカルデリケートゾーンソープの口コミは? 早速デリケートゾーンのパックとして使いました。 しっとりした洗い上がりで黒ずみのあったところも明るくなったような気がしました。 刺激もないので安心して使えます。 (30代) デリケートゾーンを洗っているというより、クリームでスキンケアしているという感覚です。 最初は正直、洗えてるの?と不安になりましたが、ニオイも気にならず、ちゃんと洗えてるんだと実感できました。 今まで使っていた石鹸はヒリヒリしてかゆみもあったのですが、おさまりました。 手の甲で数分パックしたらくすみ抜けを実感できたので、デリケートゾーンのひどい黒ずみにも期待しています。 (40代) 甘い香りがすごく好みです。 贅沢だな、と思いながらもついつい全身の黒ずみの気になるところに使っています。 肌が弱く、色素沈着しやすいのですが、ひじ、ひざ、デリケートゾーンなどの黒ずみが、少しずつですが効果を感じています。 (20代) 第3位 ピーチジョン デリケートウォッシュオイル 純国産・無農薬の自然由来成分を95%以上使用。 「オイルでデリケートゾーンを洗う」という新発想の洗浄剤。 オイルを塗布してしばらくおくだけで汚れが浮き上がるので、デリケートゾーンをこする刺激による黒ずみから肌を守ることができます。 ふんわりとしたほのかな香りがあります。 夜までデリケートゾーンの匂いがしなくなったのですごいです。 重宝しています。 1か月の使用ですが、黒ずみはまだはっきりとした効果はでていないですが、デリケートゾーンの乾燥がなくなり、肌荒れもないので効果が期待できそうです。 (20代) オイルというより化粧水みたいな感じです。 香りはローズの匂いで優雅な気分になります。 黒ずみも少し薄くなったようなような気がします。 ニオイもしなくなったような・・。 いい感じなので、このまま定期購入でつづけていきます。 (30代) あまり期待せず試してみたのですが想像以上に良かったです。 毎日使っていますが、肌がすべすべになりました。 デリケートゾーンの黒ずみが薄くなった気がします。 とても効果があり、量も少しでのびるのでコスパもいいと思います。 (20代) デリケートゾーンの黒ずみ解消には、石鹸とクリームの併用がおすすめ。 デリケートゾーンの黒ずみを治すには、専用の石鹸でやさしく古い角質やメラニンを洗い流すとともに、専用のクリームも併用することがおすすめです。 デリケートゾーンの黒ずみ専用のクリームには、肌に刺激のない美白成分が配合されており、使用し続けることによってメラニンの生成を抑制し、徐々に黒ずみのない透明感のある肌を手に入れることができます。

次の

【どこコーナー?】市販でも買えるおすすめ黒ずみ解消石鹸&クリームランキング

黒ずみ 石鹸 おすすめ

女性のデリケートゾーンはまさにデリケートで、多くの人がにおいやかゆみ、黒ずみなど様々な悩みを抱えています。 私もデリケートゾーンのにおいや黒ずみに悩んでいました。 どのくらい悩んでいたかと言うと、アソコのニオイをニオイ計測器で測定すると(体質が原因なのか)「203」というかなり高い数値を示すくらいでした。 通常は「5~20」くらいで、納豆が「104」、キムチが「291」です。 つまり私のあそこは生理でもないのに、常に納豆以上でキムチくらいの臭いがしていました。 デリケートゾーンのにおいを計測した計測器はこちら! デリケートゾーンを石鹸で洗う前と洗ったあとのニオイの違いをニオイ計測器で計測した写真を以下のページで公開しました! デリケートゾーン用の石鹸でにおいを何とかしようと試してみたが・・・ 「そんな悩みを解決したい!」とデリケートゾーンの悩みに効果がある石鹸やソープを調査して、探して去年の5月から8月頃まで3ヶ月くらい試してみたものの、中々自分が満足できる石鹸に出会えませんでした。 においの数値も一向に下がらず、使用直後はよくても40分もすれば元のにおいに戻ってしまう有様でした。 こんな状況じゃ、彼氏はいないけど、やっぱり彼氏ほしいし、こんなにおいじゃ付き合ってもすぐにフラれると思って、怖くて気になる人とも仲良くなれませんでした。 素人の考えでデリケートゾーンの石鹸を選んじゃダメだと気づいて そこで、皮膚科の先生に相談したり、自分でデリケートゾーンの悩みや石鹸や、配合されているケア成分に付いて書かれた書籍を読み漁りました。 もう、精神的にかなり追い込まれていて、本だけじゃなく、本の著者の医師の書かれた医学論文まで調べ、読み込みました。 理系の学部を卒業したので、論文は英語じゃなければ理解できるし、本を読むのは嫌いじゃないので、趣味みたいに読んでいました。 そうこうしているうちに、夏が秋になって、気づいたら冬になっていました。 誰にも見られないからムダ毛もはやしっぱなしの女を捨てた状態でした。 転機は12月だった 女を捨てた状態だった私に転機が訪れたのは12月。 ご飯を食べてるときに、妹からクリスマスに彼氏と旅行に行くと聞いた時でした。 もう、なんというか、怒りじゃないけどなんで私はこんなに苦労して悩んで、彼氏を作りたくても作れないのに!と(妹は悪くないのに)妹に怒りを感じました。 「私も絶対に、においも黒ずみも対策して、彼氏を作ってやる!」と決意して、もう一度デリケートゾーン専用ソープや石鹸を試してみることにしました。 もしかしてこの成分がデリケートゾーンのにおいや黒ずみに効果的なのか!? 決意をしてからさらに、 「どんな成分がデリケートゾーンのにおいや黒ずみ、かゆみに良いのか」 「どんな使い方をすれば効果的なのか」 を徹底的に勉強しました。 そして、ネットで買える石鹸21個、薬局やドラッグストアなど市販されている石鹸18個を使ってみて「実際に効果があるのか」を自分に使って調べました。 その結果をこのページで紹介します!まずは、私が使って効果があったおすすめの石鹸をランキング形式で紹介します。 デリケートゾーンのにおいが最も無くなった石鹸は……。 デリケートゾーンの石鹸23個の効果と成分、値段(送料)を比較! デリケートゾーン向けの石鹸やソープを23個買って、デリケートゾーンのにおい・黒ずみ・かゆみへの効果を試してみました。 なかでも私が使って良いと感じたもの、効果があったものをランキングで紹介します。 栄えあるベスト5に輝いたデリケートゾーン専用の石鹸とは・・・!? 商品名 効果 注目成分 値段・返金保証 1位:イビサソープ 1日~1ヶ月半 においとかゆみの即効性があり黒ずみも徐々に美白 ・イソプロピルメチルフェノール ・ビタミンC誘導体 ・グリチルリチン酸ジカリウム 3,470円(税抜)~ 28日間全額返金保証 イビサソープの感想 においへの感想 使ったその日ににおいが治まった。 それからずっと無臭をキープ。 黒ずみへの感想 使用開始1ヵ月半ごろから徐々に美白を実感。 透明感が増していく。 かゆみへの感想 1週間目あたりからかゆみが軽減。 生理中もムレ知らずで快適だった。 使い心地の感想 ポンプを押すだけで上質な泡が出る。 肌刺激もなく使えた。 商品名 効果 注目成分 値段・返金保証 3位シークレットレディ・ジャムウソープ 3日~2ヶ月 自然な消臭力を実感。 軽いシワやたるみ対策にもgood! ・ジャムウ ・プラセンタ ・ワレモコウ 1,955円(税込)~ 全額返金保証無し シークレットレディ・ジャムウソープの感想 においへの感想 3日目ごろからにおいがマシに。 おりものの量も減った。 黒ずみへの感想 美白とまではいかなかったけど透明感はアップした。 ハリも出て来た。 かゆみへの感想 辛かったかゆみも自然と落ち着いた。 夜中に掻きむしらなくなった。 使い心地の感想 低刺激石鹸の泡立ちの悪さが気になった。 泡立てネットは必須。 肌刺激はなかった。 商品名 効果 注目成分 値段・返金保証 4位LCジャムウハーバルソープ 3日~2ヶ月 におい対策に強い。 ムズムズがましになった。 ・ミョウバン ・アロエベラエキス ・甘草 1,895円(税抜) 全額返金保証無し LCジャムウハーバルソープの感想 においへの感想 デリケートゾーン特有のにおいに即効性があった。 黒ずみへの感想 少し美白できたかも?劇的な変化は無かったけど綺麗になった。 かゆみへの感想 生理の時のかゆみが少し軽減された。 ムズムズが無くなった。 使い心地の感想 泡立て方にはコツをつかむ必要あり。 肌に優しい洗い心地だった。 黒ずみ・におい・かゆみと、それぞれの悩みに合わせたケア成分配合の石鹸を選ぶようにしましょう。 においが気になる人は殺菌成分配合の薬用ソープがおすすめです。 使いやすさとケア成分を調査して自分に合った洗浄料を見つけられたら、効率的な悩み解消へと繋がります。 選び方1.あなたの「デリケートゾーンの悩みに合わせた成分」が入っているかチェック デリケートゾーンの専用石鹸を買う前に、成分内容を確認してください。 黒ずみ・におい・かゆみは、それぞれケア成分が違います。 商品パッケージに「医薬部外品」「薬用」と記載された石鹸やソープには、厚生労働省認可の有効成分が配合されています。 その1.デリケートゾーンの黒ずみケア成分 デリケートゾーンの黒ずみの原因はほとんどが摩擦によるものです。 サイズの小さい下着や生理ナプキンなどで肌に摩擦刺激がかかり、性器周辺にメラニン色素が蓄積して起こります。 したがってメラニン色素を排泄する成分、作りにくくする黒ずみ対策成分が入った石鹸を選びましょう。 ターンオーバー促進に関係する、角質除去や潤い力の高い石鹸もおすすめです。 黒ずみをスムーズに排泄しややすくしてくれます。 石鹸に期待できる効果と成分は以下の通りです。 デリケートゾーンの黒ずみは男性から不評!? 「パートナーのデリケートゾーンの黒ずみをどう思いますか?」という質問を男性にした結果、「気にしたことがない」と回答した人が多かったです。 「黒ずみがあるより無い方が良い」と回答する人も多くいました。 しかし、ほとんどの男性は彼女のアソコに黒ずみに気づいているとのことです。 そこまで気にしなくても良いけど、男性は「女性のデリケートゾーンは綺麗に越したことは無い」というのが本音です。 メイクやヘアケアはチカラを入れるように、デリケートゾーンもお手入れした方が印象は良くなります。 アソコが黒くないだけで清潔感がアップするからです。 黒ずみを解消することは、自分だけでなくパートナーにとってもプラスになるのです。 美白クリームと専用石鹸を使えば、家でも簡単に黒ずみはお手入れできるので、気になる人はチャレンジしてみてくださいね。 その2.デリケートゾーンのにおいケア成分 デリケートゾーンのにおいは、「雑菌繁殖」がほとんどの原因です。 雑菌は、汗・経血・おりもの・恥垢などをエサにして繁殖し、においのある老廃物を排泄します。 スソワキガもまたアポクリン汗腺から出る汗をエサに、雑菌繁殖することでにおいが起こります。 とくにデリケートゾーンは、下着やナプキンなどで通気性が悪くなりムレやすい部分です。 雑菌が繁殖しやすい環境なので日々のお手入れが大切です。 これらのデリケートゾーンのニオイケアは、デリケートゾーンの専用石鹸でも対応できます!とくに細菌や汗を減らす成分の入った石鹸がおすすめです。 石鹸に期待できる効果と成分は以下の通りです。 香料の香りでごまかす石鹸はおすすめできない!? 1日の疲れを癒すバスタイムは、自分のお気に入りの香りに包まれながら、デリケートゾーンを洗いたいと思う女性も多いのではないでしょうか。 フローラルやシャボン、柑橘系など色々な香りの石鹸があります。 香り系の石鹸も人気があります。 良い香りのする石鹸を使用するのも良いですが、香料でデリケートゾーンのにおいを消すことはできません。 洗浄後は一時的ににおいがなくなったように感じても、時間が経つとまた体臭がしてしまいます。 香料自体には消臭力はなく、あくまでも香りを楽しむための成分です。 しかもデリケートゾーンのにおいが強い人が香料のある石鹸を使用すると、香りとにおいが混ざって不快なニオイへと変わる恐れもあるので要注意です。 その3.デリケートゾーンのかゆみケア成分 デリケートゾーンのかゆみは肌のバリア機能が低下して、より敏感肌になっている時に起こりやすいです。 汗やムレ、洗いすぎなどが原因でバリア機能は落ちやすくなります。 日常生活で起こるかゆみは、炎症ケアをして、潤いを与えることが重要です。 デリケートゾーンの専用石鹸なら、バリア機能を低下させずに汚れや雑菌を洗浄しやすいのでおすすめです。 石鹸に期待できる効果と成分は以下の通りです。 かゆみケア成分 アレルギーや炎症ケア グリチルリチン酸2K(甘草)など 潤い成分で乾燥を防ぐ ジャムウ、グリセリン、ヒアルロン酸ナトリウムなど 掻きむしった部分は色素沈着が起こり黒ずみになる可能性があるので、早めの対策が重要です。 黒くなる前にかゆみ予防しておきましょうね。 他にもデリケートゾーンの病気(感染症など)でかゆみが起こる可能性もあります。 この場合は早めに婦人科を受診してください。 選び方2.肌刺激の少ない専用石鹸・ソープを選ぶ デリケートゾーンは腕や脚など、他の身体のパーツに比べて皮膚が薄い部分です。 そのため、石鹸は低刺激処方のものを選びましょう。 薬局やドラッグストアにある石鹸やボディソープには、刺激の強い洗浄成分や添加物が配合されている場合があります。 肌刺激を与える成分でデリケートゾーンを洗浄すると、痛みや炎症などの肌トラブルを起こす可能性もあり危険です。 必ず配合成分の安全性もチェックしてから商品を購入するようにしてください。 薬局やドラッグストアの石鹸がデリケートゾーンにおすすめできない本当の理由 デリケートゾーン専用ソープは、薬局・ドラッグストア・量販店でも購入可能です。 値段が安いので色々な種類を試しやすいというメリットがあります。 私も数多くの石鹸やソープを使用してきました。 薬局やドラッグストアとかで売っている石鹸は効果があるのか、肌刺激はないのか調査を深めてみました。 その結果、あまりおすすめ出来ないとわかったのです。 その理由は下記の通りです。 デリケートゾーンのニオイケア成分が入っていない(少ない)• 洗浄力が強くて肌刺激を起こす可能性がある それぞれの理由を詳しく見て行きましょう。 理由1.デリケートゾーンのニオイケア成分が入っていない、少ない 先ほどランキングで紹介した石鹸には、ニオイケア成分が入った商品が多いです。 有効成分の「イソプロメチルフェノール」や、植物由来エキスの「柿エキス」「茶エキス」などが豊富に配合されたアイテムも多いです。 しかしドラッグストアの専用石鹸には、ニオイケア成分が入っていない、入っていても少量しか配合されていないものも販売されているのです。 デリケートゾーンや膣内と同じ性質の弱酸性だからという理由で、「デリケートゾーン用」と称した商品もあります。 実際私も購入経験があるのですが、本来の目的がにおい対策ではないため、消臭効果が薄い石鹸もありました。 理由2.洗浄力が強くて肌刺激を起こす可能性がある 肌刺激にも十分気を付けてください。 ドラッグストアで専用石鹸を探す際、洗浄成分の「ラウレス硫酸Mg」「ラウレス硫酸アンモニウム」「ラウレス硫酸Na」などは要注意です。 成分表示の最初の方に記載されていることが多いのですぐ見つけられます。 これらはシャンプーでも肌刺激が懸念されている有名な成分です。 ある商品パッケージを見て「ラウレス硫酸Mg」などが入っていると知った時は、デリケートゾーン用なのになんで入っているの・・・と思ってしまいました。 「ラウレス」とついた洗浄剤は泡立ちの良さが魅力ですが、乾燥肌を招きやすくするためNGなのです。 デリケートゾーンのにおい・黒ずみ・かゆみの悪化も懸念されているのでおすすめしません。 しかし薬局やドラッグストアにも、「ラウレス」系でない低刺激の石鹸素地を使用した石鹸もあります。 だから一概に市販品が駄目な訳ではありません。 私たち購入者自信で成分内容を確認して商品を選ぶことが大切なのです。 公式サイトからは28日間全額返金保証付きで購入できます 最もオススメのデリケートゾーン石鹸は? デリケートゾーンのにおいや黒ずみ、かゆみと、女子らしからぬコンプレックを持っていた私。 ネットで買えるものから薬局やドラッグストアのものまで、ありとあらゆる石鹸を購入して試しました。 正直商品が多すぎて「どれがいいのかわからない・・・」と思っていました。 多分皆もそうですよね。 でも、ダントツで魅力を感じた商品があります。 それが「イビサソープ」です! 「解消スピードがはやい」 「黒ずみ・におい・かゆみにNo. 1!」 「割引価格で買える」 「28日間の全額返金保証つき」 ここまで総合的にメリットの多い石鹸は他にありませんでした。 私はこの石鹸でデリケートゾーンの悩みがなくなり、友達から「最近よく笑うようになった」と言われるほどです。 彼氏はまだできていないけど自信は出てきましたよ! あの時悩み続けていただけでは何も変わりませんでした。 石鹸を23個も買って使うのは大変だったけどイビサソープが良いとわかったことは大きな収穫です。 だから私と同じように悩みをもつ人たちにもおすすめしたいと思いました。 デリケートゾーンの不快感や肌の悩みをどうにかしたい人は、総合評価ナンバーワンの「イビサソープ」を一度使用してみてくださいね。 石鹸で洗ってもいい?デリケートゾーンの正しい洗い方の基礎知識 よくデリケートゾーンを、ボディタオルや手でゴシゴシと洗っている人がいますが、ハッキリ言います!今日からでもやめてください。 理由は、いくらデリケートゾーンをケアしていても洗いすぎると、スキンケアの効果が弱くなってしまうからです。 効果を弱めるだけでなく、逆効果です・・・。 今回は一歩踏み込んだ、デリケートゾーンの正しい洗い方について紹介します。 せっかくのお手入れを台無しにしないよう、是非参考にしてくださいね。 デリケートゾーン石鹸での正しい洗い方と使用上の注意点 デリケートゾーン石鹸は正しく使うことが重要です。 間違った方法で使うとバリア機能を低下させ、黒ずみやにおいなどのトラブルを悪化させる恐れがあるからです。 反対に、基本の洗い方を身につけ実践し続ければ、デリケートゾーンのトラブルは解消しやすくなる可能性があります。 洗い方はポイントさえ押さえておけば誰でも簡単にできます。 正しい洗い方1.デリケートゾーンのごしごし洗いはOK?NG? デリケートゾーンのにおいや黒ずみが気になる時は「汚れているんじゃないか?」と思うし、ついボディタオルや指でごしごし洗いたくなりますよね。 しかしこれはNGなケア方法です! ボディタオルや指でゴシゴシ洗うのではなく、「泡やオイル」をクッションに洗う意識を持ちましょう。 そしてパックすると尚良しです。 泡タイプなら泡立てる時間が要らないので時短ケアが可能です。 忙しい人や面倒くさがり屋さんにも泡タイプがおすすめです。 膣内には常在菌(善玉菌)によって酸性に保たれています。 これを自浄作用といい、デリケートゾーンを悪玉菌などから守ってくれています。 自浄作用は疲れや疲労、免疫力の低下でも、崩れやすくなるので日々の生活も影響しています。 洗い過ぎもまた自浄作用低下の原因となります。 善玉菌まで洗浄して自浄作用が弱くなると、におい・かゆみ・乾燥・黒ずみなど様々な肌トラブルを起こす可能性があるのです。 そのため、デリケートゾーンは優しく洗浄し、気になる部分は泡パックをして清潔にします。 正しい洗い方2.泡パックで優しく汚れを落とす 泡パックは個人的にもおすすめです。 ゴシゴシと摩擦のチカラで刺激洗浄するのではなく、パックした泡で優しく汚れを浮かす方法だからです。 肌に摩擦刺激をかけないで、においの原因となる雑菌や汚れを吸着して綺麗にします。 自浄作用も残せるので、私の場合は市販で売っている身体用ボディソープとナイロンタオルで洗っていた時よりも、肌トラブルが起こりにくくなりました。 正しい洗い方は、「黒ずみ・におい・かゆみ・乾燥など」ほとんどのデリケートゾーンの悩み対策の基本ケアとなります。 デリケートゾーンに、何らかの肌トラブルで悩みがある女性は、是非正しい洗浄法を実践してください。 デリケートゾーンの泡パックの仕方• デリケートゾーンを洗う時の「5つの注意点」 注意点1:デリケートゾーンの内部や膣内の洗浄はOK? 膣内の洗浄も良くありません。 自浄作用を崩してしまうからです。 自浄作用が弱ると、においやかゆみ、感染などを起こしやすくなります。 膣内側は非常にデリケートな部分なので石鹸で洗わないでください。 あとお風呂上がりにボディクリームを塗る女性も多いと思います。 デリケートゾーンもお風呂上がりは乾燥しやすいので、対策が大切です。 デリケートゾーン専用の保湿ケアクリームなどを塗りましょう。 入浴などで失われたバリア機能を保湿剤で補ってあげます。 そのままにしておくとバリア機能が弱まっているため、摩擦刺激を受けやすくなります。 バリア機能の回復は12時間かかり、回復するまでデリケートゾーンの刺激をゼロにすることは不可能です。 だからお風呂上がりに潤いを与え、摩擦などから肌を守ってあげてくださいね。 注意点2:ボディソープや石鹸で直接デリケートゾーンを洗浄する方法はNG ボディソープを泡立てずに洗ってしまう人がいますが、これはよくある間違いです。 ボディソープタイプを直接使う場合は、デリケートゾーンで泡立たせて使うことになります。 なぜ直接、石鹸を陰部につけたらいけないのかというと、Vラインのアンダーヘアが多い人は、石鹸カスが洗い流せず、肌やアンダーヘアに洗浄成分が残ってしまうからです。 入浴後も陰部の毛穴に、石鹸カスがたまったままになります。 毛穴がつまっていると皮脂や汗も外に出せず、肌の炎症やニキビ、かゆみの原因になってしまいます。 敏感肌の人の場合は、残留した石鹸で肌刺激を受けヒリヒリ感を覚える可能性もあります。 キレイにするはずの石鹸は、使い方次第で肌トラブルの原因にもなりうるので気を付けてください。 注意点3:ボディタオルや手で直接デリケートゾーンを洗うのはダメ ほとんどの人が、ボディタオルや手でデリケートゾーンを洗浄していると思いますが、その洗い方は本当におすすめできません。 私も経験したから口を酸っぱくして言いますね。 生理やおりものが多い日、汗やムレのある時は、陰部が敏感肌に傾きがちです。 どれだけ柔らかいボディタオルで洗浄しても、肌へ刺激を与える可能性が高くなります。 陰部がかゆみや炎症を起こしている時は、手洗いですら刺激を与えてしまいます。 だから肌に負担をかけにくい泡洗浄が、おすすめなのです。 慣れてきたら泡マッサージもやってみてください。 指先ではなく、指のはらですると良いですよ。 生理の時や、おりものが多い日は、どうしても汚れやムズムズ感が気になりますよね。 泡マッサージなら、肌に負担をかけにくいし汚れもスッキリ洗浄しやすくなりおすすめです。 POINT デリケートゾーンの洗い方の重要ポイント! 前から後ろ方向に向け、「手や指の腹」で丁寧に洗浄します。 アンダーヘアのあるVラインからOラインに向かって洗うようにしましょう。 デリケートゾーンは構造が複雑なので、細かい溝の部分に恥垢やおりもの、尿などが残りやすいです。 汗腺も多く分布しているため、洗い残しが無いよう、でも優しく洗浄してください。 注意点4:デリケートゾーンに直接シャワーの水を当てるのはNG あなたはいつも、デリケートゾーンを泡で洗った後どうやって洗い流していますか?シャワーを直接あてて洗い流す女性は多いと思いま増すが、この方法もNGなのです。 とくに、生理中やかゆみがある時は直接シャワーを当てない方が良いです。 皮膚が敏感肌に傾いていて、シャワーの水圧が刺激になるからです。 普段ならそこまで肌刺激の心配はありませんが、水圧がかかるためなるべく直接シャワーですすがない方が良いでしょう。 私もかゆみが酷い時「石鹸のすすぎ残しはよくない」と感じて、思いっきりシャワーですすいだ経験があります。 案の定余計にかゆみが悪化して、炎症を起こしてしまったのです。 しかもジムのシャワーだったので、水圧が強くびっくりするぐらい痛みを伴ってしまいました。 本当に肌ダメージを食らってしまうので、皆さんは止めてくださいね。 そのため、デリケートゾーンに直接シャワーをあてる洗浄方法はおすすめできません。 理想的なデリケートゾーンの泡の流し方はどうするの? 「じゃあ、どうやって泡をすすいだらいいの?」と思いますよね。 そこで、理想の泡の流し方について紹介します。 1.下腹部にシャワーをあてる 2.デリケートゾーンに片手をあてて水を溜める 3.手に溜まった水でデリケートゾーンをすすぐ これが理想的な洗い方です。 水圧を直接受けないので、肌刺激を与えにくく優しくすすげます。 注意点5:シャワーのお湯の温度に注意 シャワーの温度にも注意してください。 いつも何度ぐらいで洗っていますか?温度設定は好みによって分かれると思いますが、身体の場合は40度ぐらいが適温です。 40度が人間の肌にちょうど良いとされています。 しかし、デリケートゾーンはセンシティブな部分なので、40度以下のぬるま湯が適温となります。 「ちょっとぬるいかな?」と感じる温度で良いのです。 熱い温度のシャワーですすぐとデリケートゾーンの皮脂や常在菌まで流れてしまい、バリア機能が弱くなる可能性があります。 乾燥の原因にもなるので気を付けてくださいね。 こんなボディタオルでデリケートゾーンを洗浄するのはやめよう ボディタオルでデリケートゾーンを洗浄している人は、いつもどんなボディタオルを使用していますか?普通のタオルや泡立ちの良いタオルなど、人それぞれ違うと思います。 重要なのはボディタオルの「素材」です!泡立ちと値段の安さが魅力の「合成繊維」は要注意です。 ナイロン素材やポリエステル素材といった合成繊維は、肌を守る皮脂膜に傷をつけてしまう可能性があるためおすすめできません。 おすすめしない素材1.ナイロン 化学繊維といえば、ナイロンといっても過言ではありません。 軽くて頑丈なうえ、速乾性に優れているのでカビにも強いです。 肌触りは、ポリエステルよりもやわめですが、垢すりタオルにも、使われている素材です。 おすすめしない素材2.ポリエステル 生産数ナンバーワンは、ポリエステルです。 熱に強くて伸びにくい性質があります。 ナイロンよりも、しっかりしておりハリやコシがあります。 最近は肌の摩擦を軽くした、特殊のポリエステル素材のタオルもあります。 合成繊維ではない綿素材などのタオルでも、デリケートゾーンはゴシゴシ洗いすぎないように気を付けましょう。 デリケートゾーン専用石鹸は泡立てネットで泡立てて!泡立てネットつきのデリケートゾーンの石鹸3選 髪を洗う時のシャンプーも、泡立ててから使う方が良いと聞いたことはありませんか?その理由は毛穴にシャンプーを詰まらせないためです。 そしてデリケートゾーンでも同じことが言えます。 手で泡立てても良いですが、泡立てネットを使う方法がおすすめです。 きめ細かい泡が、毛穴や細かい隙間に溜まった小さな汚れをキャッチしてくれるからです。 デリケートゾーン専用ソープや石鹸は少量の水やお湯で泡立ちが良くなりやすいです。 泡立たせることで石鹸成分の濃度も薄まり肌への負担も軽くなります。 少量でたくさん泡を作れるようになれば、1回の使用量が減り経済的です。 泡立てネットつきのデリケートゾーン専用石鹸3選 人気のデリケートゾーン専用石鹸には、泡立てネットがセットになっているものもあります。 泡立てネットは、水分を含み雑菌が繁殖しやすいからです。 しっかり洗い水気をきって、吊るして干すようにしましょう。 平置きするのではなく、吸盤のついたフックにかける方法がおすすめです。 泡立てネットを使うと、モコモコ泡が作れて、ワンランク上のお手入れが実現できちゃいます!値段も100円ちょっとでリーズナブルなので、好きなタイプを選んで泡洗浄にチャレンジしてみましょう。 毎日のバスタイムが、楽しくなること間違いなしです。 あと、使い終わったら吊るしてくださいね。 デリケートゾーンの正しい洗い方のまとめ デリケートゾーンの正しい洗浄法は簡単ですが、「いつもと違う洗い方で面倒・・・」と感じた人もいるのではないでしょうか。 私も初めはそう思っていたので、よくわかります。 もちろん私も最初は同じ意見でした。 でも本当に陰部をきれいにしたいと思うなら、手間を惜しまずやってもらいたいです。 VIO脱毛であそこの見た目をきれいにする人もいますが、清潔でないときれいな見た目も台無しになってしまいます。 本当に「きれい」なデリケートゾーンを目指すなら、丁寧に洗ってデリケートゾーンの肌環境を整えてあげることが大切なのです。 目に見えない箇所なのでお手入れのモチベーションが下がりそうな時もあるでしょう。 でも、顔のスキンケアと同じぐらいデリケートゾーンも毎日ケアしてあげてください。 長く続けることが大切です。 合成繊維のボディタオルは避ける• 石鹸やボディソープはよく泡立てる• デリケートゾーンは泡をクッションにして洗う• 流す時は直接シャワーをあてない あとデリケートゾーン専用の石鹸を使うと、尚よしです。 正しくデリケートゾーンを洗浄できるようになると、においやかゆみなどの予防対策も期待できます。 洗い方1つで悩みが軽くなるなら、たやすいと思いませんか?すぐに変化は出ないかもしれませんが、継続して変化を実感できれば、毎日欠かさずできるでしょう。 今まで間違った陰部の洗い方をしていた人は、是非この機会に正しい洗浄法や専用石鹸を試してみてください。 すでにちゃんと洗えている人は、悩み別に応じてもう一歩踏み込んだスキンケアを取り入れるのも良いでしょう。 黒ずみの悩みには美白クリーム、においの悩みにはデオドラント商品がおすすめです。 やればやるほどデリケートゾーンが良い状態になると信じて、頑張っていきましょうね!• 泡タイプ• 固形タイプ• 液体タイプ• オイルタイプ なかでもおすすめなのが「泡タイプ」です。 固形石鹸や液体タイプでも泡は作れますが、低刺激石鹸だと合成界面活性剤フリーの商品があり、泡立ちも悪いと感じやすいです。 そのため泡立たせるのに時間をかけなくてはなりません。 でも、泡タイプなら容器をプッシュすれば簡単に泡が出てきます。 忙しい時もサッと使えるし、泡立てネットの保管方法に神経をすり減らずに済みます。 全身の気になる部分もさっぱりしっとり洗えます。 私は、以前ネットの保管方法が悪くてカビを生やしてしまった経験があります。 だから断然泡タイプが便利でおすすめです! オイルタイプの場合は汚れを浮かすのが特徴です。 極度の乾燥肌なら使いやすいですが、脂性肌や混合肌の人だと、肌の油分が多くなる可能性があります。 それにオイルは洗った感じがしにくく、洗い上がりがスッキリしない点も気になります。 デリケートゾーンの石鹸やソープのタイプで、どれにしようか悩んでいる人はまず、便利な泡タイプから使ってみてくださいね。 こちらで紹介しているものだと、「イビサソープ」や「コラージュフルフル泡石鹸」が該当します。 デリケートゾーン石鹸にまつわるQ&A!わからないことはココで解決 敏感肌でも使えますか? デリケートゾーン専用の石鹸やソープは、敏感肌の人でも使えるように開発されたものが多いです。 薬局やドラッグストアで売っている市販ボディソープに比べると肌刺激も低く、ヒリヒリしにくいのが特徴です。 かぶれたりヒリヒリしませんか? 植物由来の成分がメイン配合された商品が多いので、市販のボディソープよりは肌トラブルを起こしにくいです。 ただし個人差があるので、二の腕など目立たない部分でパッチテストするようにしましょう。 異常を感じたら使用を中断してくださいね。 使ってみて合わないと感じた場合、全額返金保証のある商品なら商品代がキャッシュバックされるので、保証期間内にしっかりお試しすることをおすすめします。 デリケートゾーン専用石鹸なのにしみるのはどうして? 膣内に洗浄剤が侵入するとしみる可能性があります。 その他にも、殺菌成分が強すぎる、デリケートゾーンに傷・かぶれがある、外陰炎を起こしている可能性も考えられます。 デリケートゾーン専用石鹸は基本的に低刺激処方ですが、膣の内側まで洗わないようにしてください。 また傷やかぶれがある時はデリケートゾーン専用の塗り薬を使用してみてください。 それでも症状が落ち着かない時は、婦人科や必尿器科を受診しましょう。 デリケートゾーン以外にも使えますか? 使用OKです。 デリケートゾーンは体の中でも皮膚が薄い部分です。 そんな敏感肌のデリケートゾーンに使えるほど優しい石鹸なので、他の部分も洗浄できます。 黒ずみ・におい・かゆみ、効果が出るまでどれぐらいかかりますか? 個人差はありますが、数日~3ヶ月で効果が出る人が多いです。 デリケートゾーン向けの石鹸には殺菌が望める有効成分配合のものが多く、雑菌の繁殖抑制効果が期待できます。 そのため、においやかゆみには即効性が望めます。 黒ずみ解消には継続的な使用が必要です。 美白成分配合の石鹸やソープもたくさんありますが、最終的にお湯ですすぐため美白成分を肌に留めにくいのが実際のところです。 効果無いと感じた時はすぐに使用をやめず、3ヶ月~半年は様子を見るようにしましょう。 デリケートゾーンの黒ずみには美白クリームは必要? 高い効果が欲しい人は、デリケートゾーン専用の石鹸と一緒に「黒ずみ対策クリーム」を併用してください。 専用の美白クリームには、直接黒ずみの原因となるメラニンにアプローチする美白有効成分が入っています。 デリケートゾーン専用の美白クリームは、保湿ケアも同時に行えるのでターンオーバーの正常化も望めます。 石鹸と違い長時間肌に成分を留めておけるので、より効果を実感する可能性が高いのです。 美白クリームの場合は、3日で効果を実感している人もいます。 石鹸には費用をかけた方が良いですか? 値段が高ければ良いというわけではありません。 なかには安くても効果を実感できるものもあります。 配合成分や製造法、口コミなどをチェックしたうえで総合的に評価の高い商品を見つけることが重要です。 相性もあるので実際使ってみないとわからないこともあります。 デリケートゾーン専用の石鹸やソープは数多く販売されているので、なるべく総合評価が良い商品の中から、気になったものを試して行くと良いでしょう。 生理中や妊娠中でも使えますか? 生理中は使える石鹸が多いです。 商品によっては生理中に使用できないものもあります。 とくに注意点に「妊娠中は使用を控えるように」と書いている商品は多いです。 妊娠時は肌も敏感になりやすいため、どれだけ低刺激の石鹸でも刺激物となる可能性があるからです。 どうしても使いたい場合はかかりつけの医師に相談してから購入するようにしましょう。 ジャムウとは何ですか? デリケートゾーン向けの石鹸には「ジャムウ」という成分が使われた商品が多いですよね。 こちらで紹介した石鹸だと「ジャムウハーバルソープ」「シークレットレディジャムウソープ」などが該当します。 ジャムウ自体は植物やハーブの名前ではなく、インドネシアのハーブや生薬の総称をさします。 現地で古くから伝わるジャムウは身体の悩みに合わせて、植物をブレンドするいわば漢方のようなものです。 天然由来の素材がベースとなるため肌に負担をかけにくいのが特徴です。 そのため「ジャムウ配合」とかかれた石鹸は、植物やハーブが入っていることが多いです。 ジャムウ石鹸はオーガニック成分でできていますか? ジャムウ成分=オーガニック成分ではありません。 ジャムウは、先ほども解説した通り植物やハーブを独自ブレンドする方法です。 一方オーガニックは、農薬や化学肥料をなるべく使用せずに植物を栽培することです。 残留農薬・肥料は少なく、ケミカル成分で肌荒れしやすい人や健康志向の人から人気があります。 ジャムウもオーガニックも、天然由来成分を使用している点は同じですが、全く同じではありません。

次の