刀 描き方。 20 Japanese

刀の柄糸の巻き方(表側)

刀 描き方

毛の長さ、生える向き、質感などを考えてみましょう。 やわらかな毛は細くて一本一本が見えにくく、 硬い毛は太くて見えやすいことから、描き方も変わってきます。 横方向に流れる毛だけではなく、 放射状に突き出る生え方もあります。 遠近法により、 こちらに向かって生える毛は短く見えます。 また、動物は毛の長さが生えている部位により異なります。 長い毛は毛束になってなびくように見えたりしますが、 短い毛は毛束になりにくく根元から放射状に立っているか、肌に密着するようになっていることが多いです。 まずはリアル調の厚塗りのモフモフです。 線画は部分的に閉じず、 毛が一本一本の生えているように表現しておくと馴染みやすいです。 ベースに柔らかく陰影を入れ、 陰影のグラデーションを削るようにベースや影の色を使い、毛を描き込みます。 最初は太めのブラシで、 全体がまとまってから細いブラシでさらに描き込んでいきます。 毛の方向に注意して、 長いストロークと短いストロークを使い分けましょう。 立体を強調したい部分にだけ、 毛並みに沿ってハイライトを入れます。 最後に 輪郭をマスクで削り、 毛先を透かし、整えて完成です! アニメ塗りのモフモフ感は、影が重要です。 線画は厚塗りと同じものを使いますが、 太い線の方が映えるので太さを変更しています。 大まかに影を置いて、 毛の流れを意識して毛束を太くまとめるように形を整えます。 ハイライトは毛の細さをイメージしながら要所に。 はっきり 描き込みすぎるとテカテカしてしまうので注意しましょう。 仕上げに やわらかいブラシでグラデーションを加えるとモフ感がUPします。 基本はアニメ塗りと同じ工程です。 細い線だと浮いてしまうので太い線で、 大胆に毛の凹凸をつけましょう。 毛先を丸めて描くとやわらかく見えます。 少ない凹凸でよりモフモフ見せるために、 影の境界を隣り合う色と馴染ませます。 ハイライトは毛先の丸みに合わせてしずく型で描き込みます。 さらに追加するハイライトはほとんど見えないほど控えめですが、意外と毛の存在感を出してくれます。 長くまとまる毛束ほど 先端に行くと細く尖る傾向があります。 また、 短い毛束やまとまらずに広がった毛は毛先が丸く見えることもあります。 毛先が鋭利で硬そうな印象になってしまったら、 毛先を気持ち丸めてみるとやわらかくなるかもしれません。 「もふもふ=軽く重力に負けない毛」ではないでしょうか。 軽さを演出するには細い線が有効ですが、細い線で一本ずつ描き込むのは大変ですし違和感が出てしまいます。 カメラに近く目立つ部分に細い毛を描き込むだけでも質感は伝わります。 自然にもふもふさせるには、ハイライトを強く入れないことが大切です。 ハイライトが強いとトゲのように硬く見えてしまいます。 肌(土台)や毛が密集した根元は光を通さず毛の 先端は密度が低く光が透けるので、逆光では毛先が明るくなります。 また、毛の生える 土台を曲げると曲げた外側の毛は放射状に広がって隙間ができたり、条件によって見え方が異なることも。 動物や服飾などを見て、毛の流れ、重なり方で見え方・描き方がどう変わるのかを観察してみてください。 著・画 山羊ヤマ WEB: 筋肉と獣人と少女が好きなフリーのイラストレーター。 PBWやソーシャルゲームでモンスター・人外・筋肉・男性を中心に描かせていただいております。

次の

鬼滅の刃 日輪刀一覧【刃の色や名前・呼吸法との相関図・作り方】など

刀 描き方

(H,HB,Bを推奨) 人物の目からばばっと描き始める人もい るのですが、 私は目から描くとたいていバランスが悪く なったり、入れたいところまで入れら れずに見切れてしまったりするので、 「あたり」をつける作業から始めます。 あたりをつける箇所は ・顔の大きさ ・体の大きさ ・足の位置 など大まかにざっくり描きます。 次に顔の中での ・目の位置 ・鼻の位置 ・口の位置 ・首の位置 などだんだん細かく分けます。 ・炭治郎の着物の位置 ・手の位置 ・着物の柄 ・刀の長さ などだんだん細かくしていきます。 あたりをつけ終わったら、細かく描き始 めます。 完成を意識して清書するような感じで しっかり描きます。 着物の柄や、影なども入れておいてくだ さい。 いつもHBの鉛筆で全部下書きをしてます が、ここで2Bなど柔らかめの鉛筆に変え てもいいと思います。 最終的にこの鉛筆の跡は消すので、あと の残りにくいものがおすすめ。 アニメ調の場合は0. 5くらいの太めのペ ン先がおすすめ 漫画調にしたい場合は描きたい漫画にも よりますが、もっと細めや筆ペンがおす すめ。 完成を意識して描いたであろう鉛筆の下 書きを丁寧になぞっていきます。 最初は黒や茶、濃い色で影の部分から塗っ ていきます。 ちなみに水彩の場合は反対ですね 薄いところから塗ります。 影の部分が塗り終わったら いったん鉛筆で描いたところは ぜんぶ消しましょう~! この時、鉛筆で描いた影の部分はのこし てください。 鉛筆の下書きを消さないまま色を塗ると 薄い色は残ってしまいます。 あとから消そうと思ってもなかなか消え ないし紙が破けたりしちゃうので、しっ かり消しましょう。 いよいよ色を入れていきます。 今回の色塗りはあっさりとした簡単な方 法です。 顔の部分は陰になってるところだけうす だいだい(肌色)で塗ります。 着物はベースは薄い緑(黄緑)影の部分 は濃い緑色で塗ります。 市松模様の黒い部分はベースは中間の トーンのグレーで塗り、影の部分は黒です。 学ラン部分は茶色ベースで影の部分は黒 で塗っていきます。

次の

刀の描き方講座!日本刀を持つポーズや構造を解説|お絵かき講座パルミー

刀 描き方

(H,HB,Bを推奨) 人物の目からばばっと描き始める人もい るのですが、 私は目から描くとたいていバランスが悪く なったり、入れたいところまで入れら れずに見切れてしまったりするので、 「あたり」をつける作業から始めます。 あたりをつける箇所は ・顔の大きさ ・体の大きさ ・足の位置 など大まかにざっくり描きます。 次に顔の中での ・目の位置 ・鼻の位置 ・口の位置 ・首の位置 などだんだん細かく分けます。 ・炭治郎の着物の位置 ・手の位置 ・着物の柄 ・刀の長さ などだんだん細かくしていきます。 あたりをつけ終わったら、細かく描き始 めます。 完成を意識して清書するような感じで しっかり描きます。 着物の柄や、影なども入れておいてくだ さい。 いつもHBの鉛筆で全部下書きをしてます が、ここで2Bなど柔らかめの鉛筆に変え てもいいと思います。 最終的にこの鉛筆の跡は消すので、あと の残りにくいものがおすすめ。 アニメ調の場合は0. 5くらいの太めのペ ン先がおすすめ 漫画調にしたい場合は描きたい漫画にも よりますが、もっと細めや筆ペンがおす すめ。 完成を意識して描いたであろう鉛筆の下 書きを丁寧になぞっていきます。 最初は黒や茶、濃い色で影の部分から塗っ ていきます。 ちなみに水彩の場合は反対ですね 薄いところから塗ります。 影の部分が塗り終わったら いったん鉛筆で描いたところは ぜんぶ消しましょう~! この時、鉛筆で描いた影の部分はのこし てください。 鉛筆の下書きを消さないまま色を塗ると 薄い色は残ってしまいます。 あとから消そうと思ってもなかなか消え ないし紙が破けたりしちゃうので、しっ かり消しましょう。 いよいよ色を入れていきます。 今回の色塗りはあっさりとした簡単な方 法です。 顔の部分は陰になってるところだけうす だいだい(肌色)で塗ります。 着物はベースは薄い緑(黄緑)影の部分 は濃い緑色で塗ります。 市松模様の黒い部分はベースは中間の トーンのグレーで塗り、影の部分は黒です。 学ラン部分は茶色ベースで影の部分は黒 で塗っていきます。

次の