多摩 市 コロナ 感染。 「新型コロナウイルス感染症」についての相談・受診の目安

【多摩市・稲城市】2020年4月13日発表、東京都の新型コロナウイルス感染者発生状況と区市町村別感染者数情報(号外NET)

多摩 市 コロナ 感染

各位 4月2日、当社コンタクトセンター拠点、MCMセンター多摩(東京都多摩市)で業務を行う協力会社の従業員1名に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことが確認されました。 当該従業員は、協力会社から当社拠点に3月23日に配属され、25日まで研修を受講していましたが、26日に発熱し自宅待機となり、4月2日に新型コロナウイルス感染症の検査で陽性となったことが確認されました。 現在、医療機関に入院しており、軽症とのことです。 濃厚接触者を特定し、全員自宅待機および健康状態の確認を指示しております。 また、保健所の指導を受け、専門業者による消毒等を実施しました。 なお、拠点内において現時点で当該従業員以外の新型コロナウイルス感染症の症状が出ている者はおりません。 社内外への感染拡大の防止と従業員の安全確保を最優先に、所管保健所はじめ関係各所と連携し、対応してまいります。 4月14日追記 この度の新型コロナウイルス感染者発生に関し、当該施設に入居されているテナント各位、周辺にお住まいの方々ならびにその他関係各位に、多大なご心配をおかけし、衷心より深くお詫び申し上げます。 以下の通り、MCMセンター多摩の拠点と従業員について、全体の確実な安全が確認できましたので、業務運営を再開しております。 業務を行う執務室ならびに休憩時・出退勤時に使用する共有部のすべてについて専門業者による消毒が完了しております。 4月2日に新型コロナウイルス感染症の検査で陽性となったことが確認された従業員1名は引き続き、医療機関に入院しており、軽症とのことです。 保健所の指導のもと行っておりました濃厚接触者の健康観察は、感染者の最終出勤日の翌日となる3月26日から4月8日までの14日間で完了し、全員問題なく、4月9日より勤務可能であるとの判断をいただいています。 拠点内において現時点で当該従業員以外の新型コロナウイルス感染症の症状が出ている者はおりません。 当社は、以下をあらためて徹底し、社内外への感染拡大の防止と従業員の安全確保を最優先に努めてまいります。 出社前の検温、咳や発熱等の風邪症状、嗅覚・味覚障害が生じた場合の出社自粛の徹底• 基本的な感染症対策(マスク、手洗い、咳エチケット)の徹底• 事業所内の清掃・消毒の徹底• クラスター(集団感染)発生防止の徹底(集団での懇親会、歓送迎会等への参加中止の徹底).

次の

【多摩市・稲城市】感染者数が多摩市37名 稲城市11名へ/5月14日発表の東京都の新型コロナウイルス感染者発生状況

多摩 市 コロナ 感染

」 「本市を管轄する東京都南多摩保健所が、当該事業所の濃厚接触者等の調査を行い、その対応に当たるとともに、当該事業所に対し感染拡大防止の指導を行っています。 」 「市民の皆さんにおかれましても、引き続き緊急事態宣言のもと不要不急の外出をお控え頂くとともに、大切な命と健康を守るための行動をお願いします。 」等とコメントしています。 そして、デイケア施設によると当該利用者の発熱等による体調悪化が判明した4月10日(金曜日)より当該施設は休止しているとのことでした。 によると、稲城市の感染者数は昨日同様4名、多摩市は感染者数5名です。 (2020年4月11日時点) 多摩地域では初感染のあった多摩市を始め、八王子市・立川市・武蔵野市・三鷹市・青梅市・府中市・調布市・町田市・日野市・狛江市・西東京市で感染者の増加がありました。 2020年4月12日の 東京都の患者発生者数は 166名(昨日197名) そのうち 感染経路が不明の方が 64名(昨日152名) これまでの 都内感染者総数は 2068名(昨日1902名) この日 東京都の患者発生者数は166名で、このうち87人が、東京 中野区にある病院の入院患者や医師などだということで、都は院内での集団感染の可能性が高いとみて調べているそうです。 そして東京都の小池都知事は会見で「きょうも商店街などにずいぶん人が出ていた。 このことによって大丈夫だ、と思われるのはやめていただきたい。 あすからの職場への出勤も7、8割落とすことをしっかり守っていただきたい」とコメントをしています。

次の

都立多摩総合医療センター職員の新型コロナウイルス感染について|東京都のプレスリリース

多摩 市 コロナ 感染

令和2年4月24日 4月11日に市内介護保険事業所の利用者1名が新型コロナウイルス感染症に感染していることが判明して以後、最新の数値で、この施設の利用者及び職員の方の感染者数は12名(うち市外在住2名)となりました。 この施設については、既に休業をしてから2週間がたっており、昨日をもって濃厚接触者の観察期間が終了したことから、これ以上の拡大はないものと思いますが、改めてこのウイルスの感染力の強さを痛感しています。 都内でも連日、100人を超える感染者が報告されています。 「誰が感染していてもおかしくない」。 そのような状況に、今我々は直面しているのです。 この事業所を含めて、各介護保険事業所の皆さんは、日々、利用者やご自身の感染リスクと向き合いながら、細心の注意を払って、必要なケアをしていただいています。 ご利用者の皆さんも、体調不良があれば、利用を控えてくださっています。 それでも、感染がおこりうるのが、この感染症の怖さです。 特に高齢者や基礎疾患のある方では重症化するリスクが高いことも報告されており、市民の皆様におかれましてはご心配のことと存じますが、引き続き緊急事態宣言のもと不要不急の外出をお控えいただくとともに、手洗い、咳エチケットなどの予防行動を実践し、ソーシャルディスタンス(社会的距離)を守るなど、大切な命と健康を守るための行動をお願いします。 多摩市長 阿 部 裕 行 市内介護保険事業所利用者の新型コロナウイルス感染について(第3報) 令和2年4月18日 本市を管轄する東京都南多摩保健所が外出自粛の要請を行い、健康観察を行っていた濃厚接触者のうち、令和2年4月18日(土曜日)に、新たに利用者3名(累計4名)、職員1名(累計2名)が陽性であると確認されました。 なお、今回陽性と確認された利用者のうち1名、職員1名は、市外に居住の方です。 当該事業所は現在休止中で、引き続き、東京都南多摩保健所が濃厚接触者等の健康観察を含めた感染拡大を防止するための調査を進め、対応を行っています。 特に高齢者や基礎疾患のある方では重症化するリスクが高いことも報告されており、市民の皆様におかれましてはご心配のことと存じますが、引き続き緊急事態宣言のもと不要不急の外出をお控えいただくとともに、手洗い、咳エチケットなどの予防行動を実践し、ソーシャルディスタンス(社会的距離)を守るなど、大切な命と健康を守るための行動をお願いします。 また、不確かな情報に惑わされて、感染された方やそのご家族、事業所関係者の人権侵害につながることのないようご協力いただきますとともに、個人情報の保護に、最大限のご配慮をお願いします。 市内介護保険事業所利用者の新型コロナウイルス感染について(第2報) 令和2年4月16日 本市を管轄する東京都南多摩保健所が外出自粛の要請を行い、健康観察を行っていた濃厚接触者のうち、利用者1名、職員1名がPCR検査の結果、令和2年4月15日(水曜日)、陽性であると確認されました。 当該事業所は現在休止中で、引き続き、東京都南多摩保健所が濃厚接触者等の健康観察を含めた感染拡大を防止するための調査を進め、対応を行っています。 市内介護保険事業所の感染で、市民の皆様におかれましてはご心配のことと存じますが、引き続き緊急事態宣言のもと不要不急の外出をお控えいただくとともに、大切な命と健康を守るための行動をお願いします。 また、感染された方やそのご家族、事業所関係者の人権尊重と個人情報の保護に、最大限のご協力・ご配慮をお願いします。 市内介護保険事業所利用者の新型コロナウイルス感染について(第1報) 令和2年4月12日 令和2年4月11日(土曜日)、市内介護保険事業所の利用者1名が新型コロナウィルス感染症に感染していることが判明しました。 本市を管轄する東京都南多摩保健所が、当該事業所の濃厚接触者等の調査を行い、その対応に当たるとともに、当該事業所に対し感染拡大防止の指導を行っています。 市民の皆さまにおかれましては、引き続き緊急事態宣言のもと不要不急の外出をお控えいただくとともに、大切な命と健康を守るための行動をお願いします。 また、いつどこで感染が起こるか分からない事態となっています。 市民の皆さまの冷静な対応と感染された方やそのご家族、事業所関係者の人権尊重と個人情報の保護に、最大限のご協力・ご配慮をお願いします。 多摩市長 阿部裕行.

次の