さっきゅう と そう きゅう の 違い は。 「相殺」の読み方はそうさい?そうさつ?【使い方と意味を解説】

早急の読み方と意味、「そうきゅう」と「さっきゅう」正しいのは?

さっきゅう と そう きゅう の 違い は

早急な対処をしてくれ。 かしこまりました。 あの話の進捗状況を教えてくれ。 報告させていただきます。 現段階では、こちらの意向は伝え先方様の回答待ちです。 そうか、取締役会前には決が欲しい。 かしこまりました。 早急に。 お部屋の担当者と客室課長フロントマネージャー。 支配人は早急な対応を頼む。 今日は少し変わった授業にします。 教科書はしまって良いですよ。 慣用読み。 慣用音。 って言葉を解りますか。 では、質問です。 「消耗」これは?なんと読みますか? 「しょうもう」。 そうですね。 では、辞典で調べて下さい。 「しょうこう」とも書いてあります。 そうです。 同じ漢字を別な読み方が主流になった言葉を慣用音と言います。 辞典の読みの横に【慣】と書いてありませんか? はい。 あります。 では、もうひとつ質問です。 「早急」これは? 「そうきゅう?かなあ?」 疑問を持ちましたか。 それが、学ことです。 調べてみてください。 「さっきゅう」と「そうきゅう」【慣】と書いてあります。 そうですね。 正しいのは「さっきゅう」です。 長くなってしまいましたが、このような使い方があります。

次の

「遡及(そきゅう)」とは?意味や使い方をわかりやすく解説

さっきゅう と そう きゅう の 違い は

そして、この「早(さ)」が促音化して、「早急(サッキュウ)に」、「早却(サッキャク)にて」、「早速(サッソク)に」と発音されるようになったのだが、後の世に至り、その字面だけみれば中国式の読み方としては不自然だとして、「ソウキュウ」「ソウオク」などと呼び習わす向きも出てきたのではないでしょうか。 ちなみに「早急(さっきゅう)」の中国語訳は「火速/火急/緊急(=そうきゅう)」(「日漢大辞典」机械工業出版社)となっています。 早急は如何なる場合でも「さっきゅう」で何ら問題ないですし、今どきは「ソウキュウ」でも気にしませんが、もし「ソウキュウ」しか認めないという向きがあれば、そちらには本場の「緊急/火急」をばおおススメいたします。 投稿日時 - 2011-10-23 15:51:22 ご回答を賜りまして、誠にありがとうございます。 >早急は如何なる場合でも「さっきゅう」で何ら問題ないですし、今どきは「ソウキュウ」でも気にしませんが、もし「ソウキュウ」しか認めないという向きがあれば、そちらには本場の「緊急/火急」をばおおススメいたします。 14159程度までは覚えさせられていたのが、何時の間にか3.14にて十分になり、現代では3で計算すると言うニュースもありました。 実生活では余り影響がないのでしょうが、少し寂しく「昭和は遠く成りにける」の心境です。 <団塊世代のおっちゃんの独り言> 投稿日時 - 2011-10-23 16:12:27 どちらでもいいのでは? 「ソウキュウ」と読んでも現代なら通じますよね。 ひと昔前なら無学と思われても仕方なかったけれど。 「サ(ッ)」の読みの方が古いのだと思う。 早苗、早乙女など和語で使うことが多い。 「早急」は漢語だから 「ソウキュウ」と読んでも違和感が少ないため、 いわゆる「誤用」が定着したのだと思う。 他の方がおっしゃるように、 本来は「ソウキュウ」なのかもしれない。 結局、使い分け方はないと思う。 今、調べて見たら、たしかに慣用読みとして、 「言質ゲンシツ」「遡及サッキュウ」 という読みは存在するらしい。 でもどうなんだろう、、、 さすがに現代でも、 「言質をとる」を「ゲンシツヲトル」と読んだり、 「遡及的に」を「サッキュウテキニ」と読むのは、 無学のレッテルを貼られても仕方ないと思うのだが、、、 まあ、そういう私も無学者なんですけどね。 投稿日時 - 2011-10-23 14:42:08 ご回答を賜りまして、誠にありがとうございます。 >どちらでもいいのでは? 「早急」は漢語だから 「ソウキュウ」と読んでも違和感が少ないため、 いわゆる「誤用」 が定着したのだと思う。 美しい日本語、正しい日本語と声高に難しい問題提起をする積りはありませんが、個人レベルでもラブレターを書き、詩や論文を手書きし推敲していた頃にはなかった、これもデジタル化の中の便利さの裏返し、弊害・副作用かも? 投稿日時 - 2011-10-23 15:55:01 ご回答を賜りまして、誠にありがとうございます。 「さっきゅう」が正しい読み方。 使い分けは関係ない=間違いであれば、分かり易いのですが・・・ どうも、そうではありません、テレビやラジオのアナウンサーも、人によって両方の読み方を使われているので、疑問が解決せず今回質問してみました。 ~質問の背景~ 1 どちらも辞書に掲載され、実際に使用されている。 2 火急・至急・緊急等の類似語も含めると、使用区分・意味合いのニュアンスが一層ややこしい。 3 個人的には、「早急=さっきゅう」と読み使用していますが・・・ 言質が「げんち」でも「げんしつ」でも良くなったように、日常で使われている実態を反映なのか?とも考えます。 投稿日時 - 2011-10-23 13:17:59.

次の

早急と書いて「そうきゅう」 「さっきゅう」どちらが正しいのでしょうか?

さっきゅう と そう きゅう の 違い は

早急な対処をしてくれ。 かしこまりました。 あの話の進捗状況を教えてくれ。 報告させていただきます。 現段階では、こちらの意向は伝え先方様の回答待ちです。 そうか、取締役会前には決が欲しい。 かしこまりました。 早急に。 お部屋の担当者と客室課長フロントマネージャー。 支配人は早急な対応を頼む。 今日は少し変わった授業にします。 教科書はしまって良いですよ。 慣用読み。 慣用音。 って言葉を解りますか。 では、質問です。 「消耗」これは?なんと読みますか? 「しょうもう」。 そうですね。 では、辞典で調べて下さい。 「しょうこう」とも書いてあります。 そうです。 同じ漢字を別な読み方が主流になった言葉を慣用音と言います。 辞典の読みの横に【慣】と書いてありませんか? はい。 あります。 では、もうひとつ質問です。 「早急」これは? 「そうきゅう?かなあ?」 疑問を持ちましたか。 それが、学ことです。 調べてみてください。 「さっきゅう」と「そうきゅう」【慣】と書いてあります。 そうですね。 正しいのは「さっきゅう」です。 長くなってしまいましたが、このような使い方があります。

次の