かまぼこ隊画像。 鬼滅の刃14話感想 なにこの三馬鹿トリオ超絶好き【かまぼこ隊!】&ぜんねず(尊)

かまぼこ隊 (かまぼこたい)とは【ピクシブ百科事典】

かまぼこ隊画像

歴史 [ ] 古くは材料をの棒に筒状に巻いて作った。 その形が(がま)の穂に似ていることから、「蒲鉾」と呼ばれるようになったとされる。 この最初期の蒲鉾は現在のようなではなく、主にのを原料としていた。 竹を抜き去ると現在のの形になる。 後に板の上に成形した「板蒲鉾」が登場し、区別のために「竹輪蒲鉾」と呼び分けていたが、元祖の方は「蒲鉾」が脱落して単に「ちくわ」となり、板蒲鉾の方は逆に板が外れて「蒲鉾」になった。 の『』にはが永久3年(1115年)に祝いにを開いた時のを刺したかまぼこが載っている。 これを確認できる最古の文献上のかまぼこであるとして、業界団体がその数字をとってを蒲鉾の日としている。 白身の魚は高価であり、蒲鉾もご馳走と考えられた。 時にとして用いられ、にも利用される。 の大好物であったと伝えられ、でのの最後の晩餐にも供された。 なお、かまぼこが商品として販売されるようになったのは以降、食品工業的な生産が行われるのは明治以降とされる。 武家のではがとして欠かせなかったが、経済的に用意できない場合は絵や模造品を持ってこれに代えた。 その一つが細工蒲鉾(飾り蒲鉾)であり、次第にの結婚式にも縁起物として出されるようになった。 については比較的歴史が新しく、がを支配するようになった以降に沖縄の「チキアギ(「つけ揚げ」の薩摩弁 」が伝来し、「」、あるいは「てんぷら」の名で全国に広まったと考えられている。 江戸時代の『』二十八では、かまぼこについて、「今製は図の如く三都ともに杉板面に魚肉を推し蒸す蓋し京坂には蒸したるままをしらいたと云ふ板の焦ざる故也多くは蒸して後焼きて売る江戸にては焼きて売ること無レ[返り点]之皆蒸したるのみを売る」「江戸は百文百四十八文二百文二百四十八文を常とす蓋し二百文以上多くは櫛形の未レ[返り点]焼物也」「三都とも精製は鯛ひらめ等を専らとすまた京坂は鱧製を良とす江戸は虎きすを良とす凡製のものは三都とも鮫の類を専らとす鮫の頭数種あり名を略す」といい、『』で北八は「ときにさかなはははアかまぼこも白板ださめじやアあんめへ」とよろこんでいる。 製法 [ ] 原料魚は主に、、、、類、、、、、などである。 板付き蒲鉾では白身魚の白身の部分のみを使用し、やは用いない。 捌いた魚の身をに晒し、身のやを取り除く。 この身をなどですり潰し、、、、を加えて練り合わせる(本来、塩を加えて練ることで自然に粘り気が生じるのだが、後の整形をしやすくするためになどのを加えることもある)。 板付き蒲鉾は、練り合わせた身を「手付包丁(附庖丁、つけぼうちょう)」という状の特殊なを用い、「かまぼこ板」に半円状に盛りつけてゆく。 機械で盛りつけたり、型抜きで成形されることもある。 成形後、またはことによってを通す。 加熱方法の違いにより「蒸しかまぼこ」と「焼き抜きかまぼこ」に大別されるが、一般に「焼きかまぼこ」と呼ばれるものの多くは表面に焼き目をつけた蒸しかまぼこである。 板に盛りつけず、そのまま成形加熱したものもある(リテーナ成形かまぼこ)。 蒸し・焼きの他に茹で・揚げ等で加熱されるものがある。 茹でたものがやに、揚げたものが(では、つけあげと呼び、ではチキアギ、東日本では、西日本では天ぷらとも呼ばれる)などとなる。 これら練り製品も広義の蒲鉾の一つであり、沖縄などでは単にかまぼこと言えば揚げかまぼこを指す場合が多い。 かまぼこの歯応えは「足(あし)」と呼ばれ、かまぼこの商品価値を左右する。 この「足」は、魚肉のを構成するの()が、関与している。 また歯ごたえを出すために多くのかまぼこでは澱粉などの添加も行われる。 分類 [ ] 以下の分類はに基づく品質表示基準による。 蒸しかまぼこ類:練りつぶし魚肉又はこれに種ものを加えたものを成形し、蒸煮してたんぱくを凝固させたものをいう。 板付きかまぼこ - 板に盛付成形したもの。 表面の一部に焼目等をつけたものを含む。 蒸焼きかまぼこ - 蒸しあげた後、全表面を焼いたもの。 蒸しかまぼこ - 板付きかまぼこ及び蒸焼きかまぼこ以外のもの。 昆布巻かまぼこなど)• 焼抜きかまぼこ類:練りつぶし魚肉又はこれに種ものを加えたものを成形し、焙焼して、たんぱくを凝固させたものをいう。 板付焼抜きかまぼこ - 板に盛付成形し、生の状態から炙り焼きにしたもの。 (焼き通しかまぼこ、白焼かまぼこ)• 焼抜きかまぼこ - 竹、木、金等の串に巻きつけて成形したもの。 特殊包装かまぼこ類:練りつぶし魚肉またはこれに種ものを加えたものをケーシングに充填し、またはフィルムで包装した後、加熱してたんぱくを凝固させたものをいう。 ケーシング詰かまぼこ - 練りつぶし魚肉をケーシング(肉をつめる袋)に充填し、密封した後、加熱したもの。 リテーナ成形かまぼこ - 練りつぶし魚肉をフィルム包装した後、型枠に入れて加熱したもの。 風味かまぼこ類:練りつぶし魚肉を細断して繊維状にしたもの。 又はこれを棒状等に成形し、加熱してたんぱくを凝固させたもの。 その形状・香味及び食感がかに肉、ほたて貝柱等に類似したものをいう。 形態 [ ] 全国的に板(蒲鉾板、あるいは空板(からいた)と呼ばれる)の上に半円形にすり身を盛り付けて作った「板蒲鉾」が一般的であるが、地方によって特色がある。 板蒲鉾 板(蒲鉾板、あるいは空板(からいた)と呼ばれる)の上に半円形にすり身を盛り付けて作る。 細工蒲鉾 細工蒲鉾(鯛蒲鉾) やなどの形に蒲鉾を整形したもので、 蒲鉾細工ともいう。 の引出物など冠婚葬祭の引出物として作られている。 本格的なものは、鯛型で実物大程度の大きさがある。 また、の形にし、縁起物としても作られている。 島根県のを中心に古くから作り伝えられてきた細工蒲鉾は、婚礼(披露宴)の引出物として有名である。 他に富山県や京都府のものが知られる。 の影響を受けた飾りなので、長崎県などでは鯛ではなく、をかたどったという。 富山で種類は様々で、大きいもので体長60センチほどの尾頭付きのタイや、、や、、、などが描かれたものもある。 巻かまぼこ 富山県で一般的な板無しかまぼこ。 板状にしたすり身をのように巻いて作った物。 断面にのような模様ができるのが特徴。 もともとを巻き込んだ「(こぶまき)」を作るための製法で、昆布の代わりに焼き締めた蒲鉾で巻く「赤巻」「青巻」「白巻」などもある。 同県や隣県の石川県では定番の食材で、両県で店舗で供される・等には入っている事が多く、他地域からの旅行者からは同様のと誤解される事がある。 対照的に全国で一般的な板付の蒲鉾は富山県ではほとんど作られていないし、地元のスーパーではあまり売られていない。 ちなみにでは「はべん」と呼ばれることもある。 笹かまぼこ 「竹に雀」 製法は、笹形の木枠あるいは製枠にすり身を入れておおよそを成型し、贈答品などではその後手で細かな成形をする工程を入れて、竹串に刺して焼いて作られる。 明治初期に仙台での大漁が続いた際、保存するためすり身にして蒲鉾を作りさらに焼いたが、その時にの葉の形にしたのが始まりとされる。 それ以後仙台の魚屋では自家製の笹かまぼこを売るようになったという。 当初は「のかまぼこ」「のひらかまぼこ」「平かまぼこ」「かまぼこ」などと呼ばれていたが、に1935年(10年)創業したにおいて、旧主の「竹に雀」の笹にちなんで「笹かまぼこ」と呼ぶようになってから、旧仙台藩地域で次第に名称が統一されていった。 なお、阿部蒲鉾との違いを出すため、現在も「手のひらかまぼこ」の商品名を用いる企業もある。 焼きかまぼこ で一般的なかまぼこ。 蒸しかまぼこの表面に、みりんなどを塗り焼き目を付けたもの。 「焼き板かまぼこ」とも言う。 外見は焼き通しかまぼこに似ているが、実際には蒸しかまぼこである。 焼き通しかまぼこ などの一部で作られる。 ハモなどのすり身を原料とし、生の状態から焼き上げて作る。 「焼き抜きかまぼこ」とも。 蒸しかまぼことは異なる歯ごたえと香ばしさ、濃厚な旨味を持つが、歩留まりが悪く手間がかかるため高価である。 白焼かまぼこ 山口県の特産。 「焼き通しかまぼこ」と同様の板付きの焼き抜きかまぼこであるが、すり身の面をほとんど加熱しない(基本的に板の下から間接的に加熱する)ため表面に焼き目はつかず、焼き上げ後に常温で冷却するため表面に縮緬上のしわが出来るのが特徴。 削りかまぼこ 愛媛県周辺などで食べられている。 戦前、日持ちの悪かった蒲鉾を乾燥させ日持ちさせたものを削り食したことから由来。 簀巻きかまぼこ 中国・四国地方に多く見られる。 文字通り、すり身を(もしくはプラスチックの)で状に巻き付けて蒸したもの。 「つと巻」とも。 食べ方 [ ] 板わさ() 加熱済み食品であるため、そのまま食べることができる。 素材の味を楽しむには最も良い方法である。 そば屋などでは と呼び、おろしを添えて提供される。 その他焼いたり炙ったり炒めたり、煮物の具材に用いたり、素揚げや、などあらゆる料理に適する。 薄く切ってややなど汁の実とすることも一般的である。 福井県周辺の食堂には、かまぼこをメインのおかずとした「かまぼこ定食」というメニューがある。 産業 [ ] 蒲鉾の業界で首位は、である。 その他や、が後に続く。 [ ] 産地 [ ] 魚が豊富にとれる日本各地の漁港近隣が産地となっている。 蒲鉾は同様、当地で多く収穫される魚を使用される事が多く、地域色がありそれが特徴。 - 主原料のの主産地でもある。 冷凍すり身の発祥地。 かつては高級蒲鉾の原料であったの主産地でもあった。 岩手県 - 揚げかまぼこ• 新潟県 や• 宮城県・・・・・・ - 揚げ蒲鉾・笹かまぼこ• 福島県 - は板かまぼこ生産量日本一• 神奈川県 -• 静岡県 - 鳴門巻き等• 愛知県• 三重県 - 伊勢かまぼこ• 富山県 - 巻かまぼこ、やわらか、祝儀用細工かまぼこ• 福井県 - 味醂かまぼこ• 和歌山県・ - 南蛮焼 ごぼう巻• 京都府• 兵庫県 - 焼き通しかまぼこ()、あなご蒲鉾、野菜フライ• 岡山県• 広島県• 広島県• - あなご竹輪、かに風味蒲鉾• - さしみかまぼこ• 鳥取県 - とうふ竹輪• 島根県 - 野焼• 山口県・・・• 愛媛県• - 板かまぼこ、じゃこ天• 高知県• 徳島県 - 皮ちくわ(ハモ・タイ)、• 熊本県• 長崎県・-黄金竹輪(ごんちく)、いわし蒲鉾、まくら蒲鉾、イワシバーグ• 鹿児島県 - さつま揚げ• 沖縄県-チキアギ、カステラかまぼこ 関連用語 [ ]• 一般に「板かまぼこ」をその長手方向と直交する方向に切断した際の断面形状を「かまぼこ型」と呼ぶ。 俗にいう「かまとと(カマトト)」または「かまとと振り」とは「かまぼこのことを『これは魚(とと)か』と聞く」ということから、無知・世間知らずを装ってかわいらしく見せる人(特に女性)を指す。 にが世間知らずを装うため、蒲鉾を指してこれが魚なのかと問うたことにするといわれる。 「かまぼこ」とはので、をさぼることを意味する。 に上がらず稽古場の板塀にもたれたまま休んでいる様子を、「背中が板に張り付いている」蒲鉾に例えたもの。 が周囲より高い場所または低い場所に設けられたは、極端に盛り上がったり窪んだ形状になるため、「かまぼこ型踏切」といわれる。 また、線路と周囲の高さがほぼ同一でも、カーブの途中に設けられた踏切はを乗り越える必要があることから、同様に「かまぼこ型踏切」といわれる。 の等に設置されたのことを、その形状から「かまぼこ型兵舎」と呼ぶ場合がある。 オーディオにおいて、低音域と高音域が小さく、中音域が強調された音づくりをさして「カマボコ型」という。 いわゆるの反対である。 警察ののこと。 初期の車は板蒲鉾状だったことから。 でレーンオイルの乗り方が、レーン中央が厚め(滑りやすい)で左右が薄め(滑りにくい)の状態のことを「カマボコ型」と呼ぶ。 のに対する側のの一種であるも「かまぼこ」と称されることがある。 かつてが製造していたバス車両「42MC」はその形状からバスファンを中心に「カマボコ(型)」という愛称で呼ばれている。 参考画像 [ ]• 住江金之監修「原色食品図鑑」KENPAKUSYA p. 住江金之監修「原色食品図鑑」KENPAKUSYA p. 88 (かまぼこの項)• 清水亘、「」 『調理科学』 1982年 15巻 4号 p. 196-199, :• フジテレビトリビア普及委員会『トリビアの泉〜へぇの本〜 1』講談社、2003年。 168-172, :• 小田原蒲鉾協同組合. 2013年6月11日閲覧。 鉄道ジャーナル社「」2002年春の号No. 136の「タビテツ探検隊」では、の「白山そば」で供された天ぷらそばに乗っていた赤巻を記者がナルトと誤解して記述している。 NIKKEI STYLE 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 に関連の辞書項目があります。

次の

鬼滅の刃14話感想 なにこの三馬鹿トリオ超絶好き【かまぼこ隊!】&ぜんねず(尊)

かまぼこ隊画像

あらすじ 死闘の末、響凱との戦いに勝った炭治郎。 屋敷の外へ出ると、先に脱出していた善逸と出会う。 出典: かまぼこ隊が揃う! 伊之助が炭治郎の名前を間違えて「かまぼこ郎」と呼んだことが由来だったんだね!!! もうさー、二次創作のイラストとか見てると、やけにみんな「かまぼこ隊かまぼこ隊」言ってて、マジで「???????????????」て感じだったんだけど、やっと理解でしました!!! かまぼこ隊最高ーーーゥ!! 好きーーーー!!!こういう三人組超タイプ!好き!!良き良き~!!! とにもかくにも、三人が全く違うタイプなのが良いよねw こんなに個性がバラバラになることある??っつって。 つーかまともな奴が一人もいないとかwww 炭治郎も善逸も伊之助もみんなちょっとおかしいwwww お互いがお互いを「こいつらちょっと変」って思ってるとことかいいよね~たぶんお互いに「自分が一番まとも」って思ってるんだろうなーってねwww 伊之助がさぁ~、前回女の子踏んづけたり善逸ぼこぼこにしてたりしてて、「私このキャラ好きになれんのかな~」とか思ってたんだけど、 全然余裕で好きになれたわ!!!!(早) 好きになれたのは炭治郎のおかげだな~炭治郎の長男パワーに敵わない伊之助がとっても良かったと思います!!!!! てか、今回一番個性が発揮されていたのは炭治郎な気がする。 ずっと炭治郎はまともで、あまり個性がないのかなって思ってたけど(個性がないは言い過ぎだけど)、善逸、伊之助という個性の塊みたいなやつらに囲まれたことにより、逆に個性が浮き彫りになったというか。 「長男」という個性がこんなにも色濃く輝くとは思ってなかった。 好き(断言)。 善逸は善逸だったw相変わらず好き。 この三人がこれほどまでの化学反応を起こすとは思わなかったなぁ・・・。 全然お互いの個性が潰れてないところが凄い・・・。 炭治郎がツッコミに回ることが多いけど、長男力が高すぎて苦労人っぽくないのが良いよねw すごいだろ俺は!すごいだろ俺は!!(二回言った) 炭治郎VS伊之助は動きがぬるぬるしてて良かったね~。 刀で戦うのも好きだけど、体術も好き!かっこいい!! 最後は炭治郎の頭突き(石頭)で、伊之助が脳しんとう起こして倒れてしまいました。 炭治郎の石頭設定、健在でしたね!!!頭骨割れてない~!!?? 2話くらいで出てきてたよね確か・・・。 亡くなった人を埋葬するかしないかもめてる時、みんな良かった。 「生き物の死骸なんて埋めて何の意味がある!」とか言っちゃう伊之助と、 「傷が痛むから出来ないんだな・・・」とかずれた勘違いしてる炭治郎と、 「ダメだこいつら・・・どっちもおかしいわ」って言ってるおまいう善逸。 個性豊か過ぎない?!?!? 藤の家紋の屋敷 やっとこさ炭治郎たちに休息が・・・ もういい加減休まないとと思ってました。 みんなしてあばら折れてたからね・・・。 ボロボロの状態で戦うのは見てて痛々しいので、早く休んで欲しかった・・・。 この屋敷でのかまぼこ隊のやりとりめちゃくちゃ好き。 全部好き。 一字一句好き。 善逸が泊めてくれてるおばあさんに怯えて「化けもの!」とか「おばけ!」とか言うたびに叱りつける炭治郎マジ長男。 食べ物取られても布団の場所取られても「いいぞ」つって全然伊之助の挑発に乗らない炭治郎マジ長男。 善逸と伊之助の、「謝れ」「断る」のやりとりも好きなんだけど、間間に入ってくる炭治郎の「謝るんだ!」と「そうだぞ」も良い味出してて好きw 善逸の「ご飯はみんなで一緒に食べると美味しい」発言めちゃくちゃ好き。 炭治郎の、伊之助の出生を聞いた後の「そうか・・・そうか・・・」がすごい好きw (さっきから好きしか言ってない。 語彙力の喪失が見えますね。 手遅れです。 ) 炭治郎「最初からわかってたよ。 善逸が優しいのも、強いのも。 」 ついに善逸が、炭治郎に聞きます。 なぜ鬼を連れているのか・・・。 聞きづらかっただろうねぇ。 なんか私はもう炭治郎が鬼を連れているのが当たり前だから何も感じなかったけど、確かに善逸や伊之助にしてみたら、これは聞いとかなきゃいけない事実ですよねぇ。 てか善逸はさぁ、鬼を狩る仕事をしている訳だから、「鬼とわかっていたのに炭治郎の箱を守った」って、相当優しくないと出来ないよね。 いくら炭治郎から優しい音がしたとしても・・・善逸自身が優しくないと、伊之助にボコボコにされながら鬼を守るなんて出来ないよねぇ。 善逸が炭治郎にありがとう言われて照れてゴロゴロしてるとこほんと可愛い!!! 出会ったぞ!!善逸とねず子が出会ったぞ!!!!! これは次回に期待ーーーー!!!!!! ぜんねず!!!ぜんねず!!!!!!!!!!!!(うるせぇ) もう絶対私好みのリングだと思ってたんだ善逸とねず子!!! てか我慢できなくてぜんねず関連の公式画像探し回って二次創作見まくって、まんまとぜんねずにはまった女がここにーーーーーー!!!!!! もう普通に好きーーーーーーー!!!!!(叫) ねーーーーお花渡すシーンはいつですかーーーーーー!!!!!!! 今回は炭治郎の彼女と勘違いしてたんで、次回きっと初っぱなからぜんねずなんじゃないかな?!?!?! 尊死!!!!!!!!!!!!!! はーーーーーーーーーーーー死ぬ。 はーーーーーーーーーーーーーー生きてて良かった!!!あーーーーーーーー私の二次元における恋愛脳ばんざい!!!! かまぼこ隊の会話で好きなところ 善逸「気持ち悪い奴だな。 ムキムキしてるのに女の子みたいな顔が乗っかってる」 炭治郎「君の顔に文句はない!こぢんまりしていて、色白でいいんじゃないかと思う!」 伊之助「殺すぞてめぇ!!」 伊之助 「おいでこっぱち!俺の名を教えてやる!嘴平伊之助だぁ!覚えておけ!」 炭治郎「どういう字を書くんだ!」 伊之助「字?!じ・・・俺は読み書きが出来ねぇんだよ!名前は、ふんどしに書いてあるけd」 善逸「お前、俺に謝れよな。 痛かったんだぞ。 ボカスカボカスカ叩きやがって。 」 伊之助「断る」 善逸「謝れよ!」 伊之助「断る!」 炭治郎「謝るんだ!」 善逸「そんなんじゃ、もうご飯を一緒に食べてやんないぞ」 伊之助「はぁ?なんだそりゃ」 善逸「ご飯はみんなで一緒に食べた方が美味しいんだぞ」 炭治郎「そうだぞ」 伊之助「お前等、あたま大丈夫か?」 善逸「お前に言われたくねー!」 可愛すぎない・・・????!!!!!!! 一言感想 ・後ろでしっかり正一たちとお兄ちゃんが涙の再会しててほっこりした・・・(泣)藤の花のお守り、大切にね! ・伊之助「今この刹那の愉悦に勝るもの無し!!!」 「オヤジの栄光時代はいつだよ…全日本の時か? オレは………オレは今なんだよ!」 を思い出した。 今回も楽しかったです! キャターの個性がわかるような回ってすごく好きだから、私的には一押しの回でした。 来週も楽しみです! あわせて是非 次話 15話感想 前話 13話感想 buretsu33yume.

次の

かまぼこ隊 (かまぼこたい)とは【ピクシブ百科事典】

かまぼこ隊画像

下記クリックで好きな項目にジャンプ• 【かまぼこ隊】長男・次男・三男は誰?三兄弟の順番! 冒頭でも触れましたが、鬼滅の刃の炭治郎、善逸、伊之助は「長男・次男・三男」に例えられ、親しみを込めて 「かまぼこ三兄弟」と呼ばれています。 三兄弟の中で1番責任感が強く面倒見が良いので、 「炭治郎が2人のまとめ役」になることも多いです。 また炭治郎の優しさに溢れた言動が、2人の心の支えになっていたり、安心感を与えているのも印象的です。 善逸が炭治郎のことを「泣きたくなるくらい優しい」と言っていましたが、その意味が本当に分かりますよね~。 実際に炭治郎は6人兄弟 炭治郎を含めて の長男なので、「長男の気質がかまぼこ隊でも前面に出ている」感じです。 てか、人が良すぎない?真人間でしょ。 いつもはワガママで泣き虫な善逸ですが、伊之助と2人のときは意外と兄貴肌な一面も見せています。 作中でも伊之助の言動は本当に予想外で、 「手の掛かる弟感」が半端ではありません。 炭治郎 長男 善逸 次男 伊之助 三男 伊之助のやんちゃっぷりかわいいの同意 — AA aa899734 炭治郎 長男 善逸 次男 伊之助 三男 伊之助のやんちゃっぷりかわいいの同意 — AA aa899734 また、いつもは破天荒な性格の伊之助ですが、実は落ち込んだりビビったりする性格も持ち合わせており、 ときに守ってあげたくなる一面も持っています。 長男の優しさに触れてほわほわしたりするシーンも可愛いですし、空気を読まないで刀を石で刃こぼれさせるところも自由な三男って感じで良いですよね! 関連: 関連: 関連: 【かまぼこ隊】三兄弟と禰豆子 ねずこ との関係は? かまぼこ隊といえば、三兄弟だけではなく「禰豆子も入っている」ことをご存知でしようか? 上述した三兄弟の中にこの禰豆子を加えると、 どのような位置づけになるのか気になりますよね! 年齢的にいうと禰豆子が1番下なので、三兄弟からすると妹的な位置づけになります。 伊之助と禰豆子ちゃんかわいすぎ…かまぼこ末っ子組って感じかわいい — unk axxxizk ファンの中には、 「伊之助の前に禰豆子が長女という位置付けでくるのでは?」という意見も多いです。 かまぼこ組って炭治郎が長男で善逸脱が次男でその間に禰豆子がいてその下の末っ子に伊之助みたいな感じだと思ってるの。 可愛い。 そんな伊之助がストーカーにあってる話を見たいんだよ…絶対可愛い。 ここでは作中で見て取れる描写から、三兄弟と禰豆子の関係をまとめて見ました! 炭治郎と禰豆子の関係は本当の妹! 炭治郎と禰豆子の関係性は言うまでもなく兄弟です。 鬼滅の刃は妹の禰豆子の鬼化を治すための物語ですので当然ですねw 炭治郎の家族・妹への愛は本当に凄くて、 禰豆子を心から大事にしているのが炭治郎の言動からも凄く伝わってきます。 なぜか炭治郎が禰豆子に向ける妹愛って嫌味がないんですよね~。 本当に心からの優しさが表現されているからでしょうか? 鬼の禰豆子も兄の炭治郎を守ったりして、「お互い本当に大切にし合っているんだな」と思わせてくれますね! 善逸にとって禰豆子は嫁・彼女候補? 善逸にとって禰豆子は妹というよりも、 完璧に嫁や彼女候補として見ています。 基本的に女の子には惚れやすい善逸ですが、 禰豆子にはとくに惚れているようすで、とても優しいです。 原作漫画では、善逸が禰豆子に優しくしているシーンがちょくちょく描かれています。 関連: 関連: 伊之助と禰豆子の関係は親分 おやぷん と子分?w 三兄弟の三男の位置付けである伊之助は、 禰豆子のことを子分だと思っているようです。 作中の描写やそれぞれの性格を見ても、とてもマッチしているように思えますね! かまぼこ隊には禰豆子もいますが、三兄弟にとっては「本当の妹・結婚候補・子分」など、それぞれ 禰豆子への思いや関係性は違うようです。

次の