ほんとう に 怖い さくら の レンタル サーバー。 「さくらのレンタルサーバ」批判記事、Qiitaで公開止められ炎上 さくらは「事実確認中」

Qiita運営、「さくらの専用サーバー」サポートの悪さ暴露した記事を非公開に

ほんとう に 怖い さくら の レンタル サーバー

ホスティングサービスでのトラブル サーバーのホスティングサービスを提供することについて、事業者側の大変さは経験上分かっています。 分かったうえで、この文書のことを考えてみます。 さくらで専用サーバーを10年ほど利用しています。 単体のハードを利用するもので、外部からの操作はsshでログインすることしかできないものです。 作業時間を必死に捻出して、こつこつと長期間システムを開発して何とか動作するものを作り上げていました。 さくらのレンタルサーバーを利用することは、ほんとうに危険で怖いことだとおもいます。 自分が体験したトラブルをレンタルサーバーの利用を検討している方々に共有させていただきたく初めて記事を書いてみました。 この文書がノンフィクションかどうかはわからないですが、ホスティングサービスには契約があり契約書があります。 この状況について契約的にはどういうことが言えるかを考えてみたくなりました。 ユーザー側にもベンダー側にも立つつもりはなく、ただただ契約書をながめてみたいのです。 考察 「さくらの専用サーバー」の契約書は以下に置いてあります。 契約書を読まないで契約することは良くあることだと思います。 Apple MusicだAmazon Primeだありますが、あれらもながーい契約書が表示され「同意する」を押しているはずです。 見ないで。 でもサーバーホスティングなど仕事が絡むものについては注意深く読んだ方がいいと思います。 問題が発生したときには確実に契約書がすべてになります。 日本人は情意に任せて「けしからん」「倫理的/道義的には」と言いがちですがそれより先だって契約書が先に立ちます。 さて、今回の問題で該当するポイントは基本約款の下記部分でしょう。 第23条(提供の中断) 1.当社は、次に掲げる事由がある場合は、本サービスの一部または全部の提供を中断することがあります。 サーバ設備または電気通信設備等の保守、工事、移設等のため必要である場合 ii. 電気通信事業法第8条の規定に基づき、天災その他の非常事態が発生し、または そのおそれがあるため、公共の利益のため緊急を要する通信を優先させる必要が ある場合 iii. 電気通信事業者等が、電気通信サービスの提供を中断した場合 iv. 日本又は日本以外の国の公権力(公的機関を含みます。 以下、「公的機関等」とい います)による命令、処分、要請等があった場合 v. 第三者の行為(不作為を含みます)により当社のサーバ設備または電気通信設備等に支障が生じ、またはそのおそれがある等、当社の業務の遂行に支障が生じると当社が認めた場合 2.当社は、前項に基づき本サービスの提供を中断する場合には、各利用者に対して、事前にその旨ならびに理由および期間を通知します。 ただし、緊急を要する場合はこの限りではありません。 3.当社は、第1項に基づき本サービスの提供を中断する場合、当該中断の目的達成のために必要な範囲で、サーバ設備または電気通信設備等を移設等することができるものとします。 4.当社は、第1項に基づき本サービスの提供を中断する場合に当該中断または前項に基づく移設等により各利用者が被った損害について、賠償する責任を負いません。 5.当社が第1項に基づき本サービスの提供を中断した場合であっても、利用者は、当該中断期間における本サービスの利用料金を支払うものとします。 赤字にした部分が今回のケースを説明してくれているように見えます。 専有サーバーの移設をすることそのものは23の1にはっきり書いてあり、その際は事前通知するとあります。 また事業者が移設することができると23の3にあります。 そのうえ23の4に「移設等により各利用者が被った損害について、賠償する責任を負いません。 」と記載されています。 結構はっきり書いたな、という印象です。 保守や移設は事業者側の権利だと置いたうえで、それに伴う損害は賠償しない、と。 一方、損害賠償については下記の記載があります。 第31条(損害賠償の制限) 1. 当社の責めに帰すべき事由により、利用者が本サービス(一定の期間継続して提供されるものに限ります)を全く利用できない状態に陥った場合、当社は、当社が当該利用者における利用不能を知った時刻から起算して24時間以上その状態が継続した場合に限り、当該本サービスの基本サービスの利用料金1ヶ月分相当額の30分の1に利用不能の日数を乗じた額(円未満切り捨て)を限度として、利用者の請求により利用者に現実に発生した損害の賠償に応じます。 当社の責め、つまり事業者側の責任に帰するのならユーザーに賠償する、とあります。 ただし今回は移設と保守に伴うため責任はないよ、というのが事業者側のサポートが繰り返し言っていることだと思います(表現はともかく)。 一方で、基本契約には移設や保守の内容を具体的に説明しているものではありません。 本文中にはマザーボードの障害による物理的な変更が伴っていました。 そのためにハードディスクの区画認識に差異がありOSが起動しなくなったとという事象です。 障害復旧についての記載が基本契約にではなく、専用サーバサービス約款にありました。 第9節 障害復旧(以下、本節において「本オプションサービス」といいます) 第23条(作業) 1.本オプションサービスにおける 当社の義務は、当社所定の運用手順書に従って作業を行うことに限られるものとし、 当社が当該障害を解消する等の義務を負うものではありません。 2.前項に規定する運用手順書に従った作業によって対象利用者サーバ設備が復旧しない場合、当社は、利用者に対して状況の報告を電子メールによって行うものとします マザーボード障害については交換する、というのが運用手順なのでしょう。 さて、その後のコンソール作業によって、さらに問題が悪化したくだりですが・・。 第12節 コンソール作業(以下、本節において「本オプションサービス」といいます) 第28条(保証) 1.本オプションサービスは、障害原因の特定および障害の復旧の実現をいかなる意味でも何ら保証するものではありません。 2.本オプションサービスにおいて実施された作業により利用者に損害等が発生した場合 であっても、当社はその理由の如何を問わず、一切の責任を負わないものとします。 うん、はっきり書いてあります。 サーバーホスティングで考えるべき運用設計 今主流の、仮想サーバーを借りる方式(Amazon EC2など)は良くできていると思うんですよね。 OS以上を抽象化しているので、物理サーバー(ハードウェア)で何が起こっても事業者側がオンラインで切り離すことができる。 でもユーザー側にはわからない。 また物理サーバー側の部品が変わったとしても、仮想サーバーの構成は一切変わらない。 これが物理サーバー(今はベアメタルサーバーと呼ばれる傾向にある)は、どうしてもハードウェアとの結びつきは分離できません。 ハードウェアの構成が変更された場合は、OSまで影響する可能性がある。 最善策とすれば、物理サーバーで動かしているものについて、データ部分は確実にバックアップを取っておくこと。 そして仮にOSが動かなくなった場合は、別の物理サーバーで自力でリカバリーできる準備をしておくことです。 まっさらなOSに、ミドルウェアを導入し、データをリカバリーすれば、復活できるようにする。 したがってDNSやメールサーバーなど、永続的に使いたいサービスについてはそれこそ、仮想サーバーで動かすことをお勧めします。 これもハードウェア保守とは切り離してサービスレベルが担保されます。 物理サーバーのほうが、ハードウェアのリソースをそのまま使えるのでパフォーマンスが良いのは自明です。 一方で、ハードウェアの破損によって引きずられて一緒にOSまで破損しやすいのは受け入れてサービスを使った方が良いと思います。 また、VPSについてもコメントしておきます。 物理サーバー上のOSにアカウント権限によって分離して、共用で使わせるサービスです。 この形式で激安サービスがたくさんあるのを知っています。 このVPSについては物理サーバーと同じ次元でハードウェアトラブルが発生するのですが、VPS自体を復旧させる過程でベンダーがOSの起動までは責任持ってくれるはずです。 というのは、VPSユーザーにはOS設定を変更する権限はないからです。 今回で言えば、マザーボード変更でハードディスクの区画変更が行なわれたとしたら、その対応までVPSの保守の一環で実施するでしょう。 これはVPSと物理サーバーの大きな違いだと思います。 ・・・というふうに、まずは利用開始前に契約をよく読むこと。 そのうえで、自分の利用方法に基づいて適したサービスを選ぶこと。 このあたりがインフラエンジニアの職域なのですが、今もって重要性は変わっていないと思います。

次の

ほんとうに怖い。さくらのレンタルサーバー : newsokur

ほんとう に 怖い さくら の レンタル サーバー

こちらもCHECK さくらのレンタルサーバとは? とは、SAKURA internetが提供するレンタルサーバーです。 さくらのドメイン・さくらのクラウド・データセンターなど、 インターネット関連事業を幅広く運営する企業ですね。 オウンドメディアによるユーザー向けの情報発信も盛んで、 利用者の数がめちゃくちゃ多いサービスでもあります。 今までに炎上した過去が... さくらのレンタルサーバは、2019年12月にネットで炎上した過去があります。 いったい何が起こったのでしょうか? 炎上の流れと原因 2019年12月12日、エンジニア向けのコミュニティサイト「Qiita」にて、 さくらのレンタルサーバ運営に不適切な対応を受けたとした記事が投稿されました。 投稿したユーザーは、さくらインターネット側からの申し出で、サーバーの場所を移動することになりました。 「移動後は今まで通りの動作が保証される」と説明されたものの、作業直後からサーバーに接続できないなどのトラブルが発生し、その後も不適切な対応を受けたことを時系列にまとめていました。 これに対してQiitaの運営は、 さくらインターネットへの業務妨害であるとして記事を非公開にしましたが、ネット上では 「さくらインターネットからの要請があったのではないか」という憶測が飛び交いました。 Qiitaの運営はこうした憶測を批判する声明を出し、さくらインターネットは事実確認を進めて行きましたが、12月27日に さくらインターネットは事実であることを認めました。 さくらインターネット公式からの謝罪 以下、さくらインターネット公式からの謝罪を全文引用します。 2019年12月27日 お客さま各位 当社サーバーサービスに関する技術情報共有サイトへの投稿につきまして、当社サービスをご利用いただいているお客さまやお取引をいただいているお客さまをはじめ関係者の方々にご心配、ご迷惑をお掛けしていることを心よりお詫び申し上げます。 2012年に新規提供を終了させていただいております「専用サーバ」サービスにおきまして、2017年にサーバーの物理移設を含むメンテナンスを実施させていただいておりました。 その対応の中で、投稿記事に書かれている内容に合致するハードウェア故障とオペレーションミスに起因するサーバー停止が発生し、謝罪とともに障害報告書と再発防止策をご提示していたケースがございました。 投稿記事は2017年当時の当社の対応に関する内容で、現在までのお客さまに対するご案内やサポート対応がご期待に十分に沿うものではなかったと真摯に反省し、ご指摘を重く受け止めております。 今後につきましては、記事を書かれたと思われるお客さまと誠実に対話を進めていくとともに、ご安心・ご満足いただけるサービスとサポートを第一に取り組んでまいります。 参考情報 技術情報共有サイトへの投稿記事では「さくらのレンタルサーバー」と記されていますが、ご指摘の内容から「専用サーバ」サービスであろうことを確認しております。 当該サービスは2012年2月に新規提供を終了しており、現行サービスである「さくらの専用サーバ」とは異なるサービスです。 引用: さくらのレンタルサーバ炎上のまとめ さくらのレンタルサーバの炎上は次のようにまとめられます。 正確には「さくらのレンタルサーバ」ではなく「専用サーバー」という別サービスだった• 2017年に終了したサービスなので現在は関係ない• 告発された内容はほぼ事実だった さくらレンタルサーバの評判・口コミまとめ 炎上問題もあったさくらのレンタルサーバですが、ここからは自体について見ていきましょう! まずはネット上での評判・口コミをまとめてみました! 良い評判 低価格帯のレンタルサーバーなら「さくらのレンタルサーバ」が一番おすすめかな。 安いけど表示速度も安定してるし、初心者にも使いやすい親切設計 — 檸檬らいち 🍤🐬🍡🦋 iorirircam 個人的には、さくらのレンタルサーバのプレミアムプランがコスパ最強だと思う。 — 檸檬らいち 🍤🐬🍡🦋 iorirircam 良い評判を見ると、 プレミアムプランのコストパフォーマンスの良さが人気でした! プレミアムプランは、価格に対して機能が優れているので、ユーザーに満足されているようです! 悪い評判 さくらのレンタルサーバにWordPress置いてるけど、そんなに重かったかなぁ・・・。 phpだったかのバージョン上げて対応してないプラグイン削除したら軽くなった気が・・・うーん?🤔 — 秋月 錬@小倉智昭(マープ) rennakiduki サーバは、とりあえずさくらレンタルサーバにしようかなと考え中。 でも更新速度とかできるだけ早いやつでストレスフリーにいきたいとか思うなら別のサーバ使った方が良かったりするんだろうか。 ううむむ。 (その辺もまだ悩んでたりする — ひらばるまなぶ(平原学)@もの書き・ドラガリアン chocolatesity 一方、悪い評判では、 サイト速度が遅いという声が多く見られました。 契約プランにもよるので、一概には言えませんが、同価格帯のほかのレンタルサーバーと比べると、サイト速度が遅い可能性はあります。 私もに変えてから爆速になりましたが、ワードプレスだと特に顕著ですね。 さくらのレンタルサーバのメリット ここでは、のメリットを10個まとめてみました!• コストパフォーマンスが良い• 基本的に安定して稼働する• 処理速度が改善されている• WordPress簡単インストール• 無料SSL化• バックアップとステージング• 転送量の上限が多い• 全プランでフリーダイヤルの電話サポート完備• ネットの情報が多い• 2週間の無料お試し期間 コストパフォーマンスが良い さくらのレンタルサーバは、かなりコストパフォーマンスが良いです。 WordPressが使える最安プランのスタンダードが月額524円。 一番人気のプレミアムプランが月額1,541円。 簡単なサイトならスタンダードプラン、事業用サイトならプレミアムプランで十分です! 同じくらいのスペックの他社サーバーの方が、数百円高いので、かなりコスパが良いと言えます。 さらに 年額一括払いにすると、およそ2ヶ月分が割引になります! 基本的に安定して稼働する さくらのレンタルサーバは、 停電や災害に対応するために、国内にデータセンターを作っています。 急激なアクセス集中がなければ、サイト速度も遅くならないので、十分安定するといえるでしょう。 ただし、 サイト速度やサーバーが安定して稼働するかは、契約するプランによります。 一番安いライトプランだと、サイト速度はかなり遅いです。 確実な安定稼働を求めるなら、プレミアムプラン以上にした方が良いですね。 処理速度が改善されている 過去にさくらのレンタルサーバーは、「処理速度が遅い」と評価されていました。 しかし 2018年にスタンダードプラン以上でサイト高速化ができるようになったので、処理速度が大幅に改善されました。 その秘密は、PHP7や高速サーバーの導入です! なんと 最大で16倍も高速化できるようになり、決して遅いサーバーではなくなりました! WordPress簡単インストール スタンダードプラン以上なら、 WordPressの簡単インストールが利用できます。 通常WordPressは、専門的な作業で設定しないと導入できません。 しかし簡単インストール機能を使えば、 数回のクリックでWordPressが使える状態になります! WordPress以外にも、 ネットショップ作成のEC-CUBE・ハイスペックなWebサイト作成のconcrete5を簡単インストールすることもできます! 無料SSL化 さくらのレンタルサーバでは、 全プランで無料SSL化ができます! SSL化とは、 サイト情報を暗号化するセキュリティです。 SSL化することで、ハッキングや重要な情報の抜き取りからサイトを守ることができます。 閲覧者が安心してサイトを利用できるようにするためにも、SSL化は必須です。 また、 SEOにも効果があるので、SSL化しておいて損することはないでしょう。 バックアップとステージング さくらのレンタルサーバでは、サイト情報のバックアップとステージングを大容量で利用することができます! ステージングとは、サイトのテストページを作る機能です。 サイトデザインが正常に機能するかどうか、リニューアルしたときの検証など、あらゆるテストの際に役立ちます。 さくらのレンタルサーバでは、バックアップとステージングを「スナップショット」という単位で管理します。 1スナップショットは30GB、 最大8スナップショットまで保存できるので、かなりの大容量です! さらにスナップショットは、 契約したサーバーの容量とは別に利用できるので、サーバーの容量を使うこともありません! 転送量の上限が多い さくらのレンタルサーバは、他社サーバーと比べると 転送量の上限が多いことが特徴です。 初めてサイト運営をする方や、特殊なトラブルが発生した場合には、電話サポートが重要になるので、積極的に活用しましょう! ネットの情報が多い ネットの情報が多いと、公式への問い合わせの返答を待つ時間を節約できます! さくらのレンタルサーバは、2000年代から運営される老舗のサービスです。 そのため利用者が多く、使い方やトラブルの対処法を個人ブログで解説している方も多くいます。 基本的な使い方から特殊なトラブルまで、かなり幅広く解説されているので、 だいたいの問題ならネットの情報で解決できるでしょう。 まずはネットで検索してみて、それでもわからない場合は公式に問い合わせると良いですね。 2週間の無料お試し期間 さくらのレンタルサーバでは、 マネージドサーバプラン以外で2週間の無料お試しが利用できます! 自分のサイトがこのプランで処理できるのか? どのプランが自分にとって最適なのか? 自分にとって最もコスパの良いプランは、実際に使ってみないとわかりません。 2週間の無料お試し期間を使って、さくらのレンタルサーバのプランはもちろん、他社サーバーともじっくり比較してみましょう! さくらのレンタルサーバのデメリット 一方、には、デメリットもあります。 ここでは デメリットへの対処法も一緒に解説しますね! プラン変更ができない さくらのレンタルサーバでは、プラン変更ができません。 プランを変更するには、 一度解約して、新たに契約する必要があります。 これに対処するには、無料お試しができる他社サーバーを使いましょう!• さくらのレンタルサーバから他社サーバーに引っ越す• 他社サーバーの無料お試し期間中に、さくらのレンタルサーバを解約• さくらのレンタルサーバの新しいプランを契約• 他社サーバーから再度引っ越す 少し手間がかかるので、できれば最初のプラン選びを入念に行いたいですね。 サポート体制に批判がある さくらのレンタルサーバが過去に炎上したときも、サポート体制への批判が大きな原因でした。 メールや電話の応対が悪いといった口コミも複数見られます。 サポートに不満がある場合は、ネットの情報で対処できないか調べてみましょう! それでもできない場合は、 サポートとのやりとりを記録しておいてください。 万が一トラブルが大きな問題になった際に、やりとりの記録があると役立ちます。 大量アクセス時に動作が安定しない場合がある 急激な大量アクセス時に動作が安定しないときは、さくらのレンタルサーバの問題というよりも、 契約したプランが問題です。 サイトの容量・転送量に耐えきれないプランだと、急激な大量アクセスでダウンする可能性が高まります。 この対処法は、 ワンランク上位のプランを契約することです。 常に余裕のある容量・転送量を保つことで、急激な大量アクセスにも対応できるでしょう。 過去に炎上したこともありますが、現在は提供されていないプランでの問題であり、公式も事実を認めて謝罪をしているので、現在の契約には問題ないと言えるでしょう。 各プランは、 料金に対してスペック・機能ともに優秀なので、検討する価値はあります。 もし迷ってしまったら、プレミアムプランを選べば間違いありません。 ぜひ各プラン・他社サーバーと比較しながら、最適なプランを選んでみてください!.

次の

Qiita運営、「さくらの専用サーバー」サポートの悪さ暴露した記事を非公開に

ほんとう に 怖い さくら の レンタル サーバー

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます ほんとうに怖い。 さくらのレンタルサーバー - Qiitaはてなブックマーク - ほんとうに怖い。 さくらのレンタルサーバー - Qiita プレビュー ほんとうに怖い。 さくらのレンタルサーバー - Qiita Help us understand the problem. What going h article? で専用を10年... 続きを表示 Help us understand the problem. What going h article? で専用を10年ほど利用してい。 単体のを利用するで、外部のはですることできないです。 をに捻出して、こつこつとを開発して何とかするを作り上げていました。 のを利用することは、ほんとうにで怖いことだとおもい。 がしたをの利用をしている方々に共有させてたく初めてを書いてみました。 二年ほど前、さんがのを移動したいという申し出があり快くした。 その時のごでは、を移動するだけでの変更は一切行いませんというで、今まで通りのがされるというこ• ブックマークしたユーザー•

次の