鬼滅 どうま 伊之助。 【鬼滅の刃】「嘴平伊之助」の強さ・魅力まとめ|母親についても考察

伊之助が絶対好きになる名言10選を徹底紹介!│鬼滅の刃をねずこ推しが考察するブログ

鬼滅 どうま 伊之助

コンテンツ• 鬼滅の刃しのぶと伊之助の関係は? 『ふたりは親子ではない』 しのぶと伊之助の間に 特別な関係はありません。 彼が一方的に、 母親なのではないかと感じていました。 では、なぜそう思ったのでしょうか? 次は、そのことについて解説していきます。 伊之助は、この習得に苦戦しました。 その様子を知ったしのぶは、慰めながら嫌味を口にします。 「できて当然ですが、できなくても仕方ない」 伊之助の頭に血が上りました。 対抗心からやる気を出します。 しのぶに暴言をはきながらも、言葉のおかげで技を習得したのです。 伊之助は、 無敵だと喜びます。 この動物は、 怖い者知らずで有名で、ギネスブックにも載っていました。 分厚い皮膚を持ち、ライオンなどの鋭い爪やキバもある程度耐性があるとされています。 また毒へびに噛まれても、生き残るといわれていました。 伊之助も 特殊な皮膚を持ち、毒にもある程度耐性があります。 そこがしのぶは似ていると感じたのでしょう。 伊之助の母親ポイント3 『しのぶとの指切りげんまん』 しのぶと、 指切りげんまんをしたときでした。 伊之助は、ほわほわした気持ちになります。 しのぶの 優しい笑顔と、指切りに母親の面影を感じました。 伊之助の本当の母親については そのため、本人に確認しようとしていました。 しかし、しのぶは亡くなってしまいます。 鬼滅の刃 伊之助がしのぶを母親と間違えた理由 伊之助の母親がしてくれた指切りを、しのぶもします。 温かい気持ちになり、ほわほわしました。 その 感覚が、母親に似ていたのです。 彼の母親はよく、指切り歌を歌っていました。 幼いながらも、それを覚えていたのです。 したがって、指切りは伊之助にとって、 母親をつなぐ重要な手がかリでした。 また同じ 黒髪だったのも、理由のひとつではないかなと感じています。 スポンサーリンク 鬼滅の刃しのぶと伊之助の関係は?考察 『母親にしてはしのぶは若すぎる?』 伊之助はおそらく しのぶの年齢を知らないはずです。 そのため、 直感だけで母親かもしれないと感じたのでしょう。 伊之助の母親は17歳でした。 彼が生まれて1年も経たずに、亡くなります。 そのため、伊之助の中での母親は17歳で止まっていました。 ちなみにしのぶは18歳です。 このことから、 年の近い彼女を母親と勘違いしたのではないでしょうか。 伊之助の性格から、自分が成長すると母親も年を取ることが抜けているような気がします。 鬼滅の刃を無料で視聴する方法を紹介! 視聴されていた方は多いでしょう。 そんな中で、何話か見逃していませんか? または、最初から見たいなと感じていませんか? そこでおすすめなのが、 「U-NEXT31日間無料トライアル」です。 31日間、 無料でお試しできる動画配信サービスです。 UーNEXTにはレンタル作品と見放題作品があります。 レンタル作品は、別途お金がかかります。 しかし鬼滅の刃は、全話見放題作品なので、 追加料金はかかりません。 また、期間内に解約すれば無料です。 実際に試してみましたが、本当に期間内は無料でした。 解約方法も実に3分ほどで終わります。 鬼滅の刃しのぶと伊之助の関係は?『まとめ』.

次の

鬼滅の刃~嘴平伊之助の素顔は?猪に育てられたかわいい野生児を調査! | 8ラボ(はちらぼ)

鬼滅 どうま 伊之助

この記事の目次• 主要キャラクターの現在状況一覧 最新の動き 最新話の考察はこちら 平和な世界で暮らす子孫が描かれ完結! 舞台は現代東京。 そこでは炭治郎や禰豆子、善逸伊之助たちの子孫が平和に暮らしていました。 戦いで死亡した者たちも転生を果たし、おばみつや胡蝶姉妹も再会。 そして伊之助とアオイの子孫により、ついに 青い彼岸花が全て消滅します。 邪悪な鬼が生まれない、真に平和な世界が訪れたのでした。 204話で物語は戦いの3ヶ月後へ 最終決戦から3ヶ月後、炭治郎は蝶屋敷にて治療を受けていました。 炭治郎の退院が近く、愈史郎や宇髄、煉獄家、義勇や実弥など多くの人が駆けつけます。 一方で産屋敷邸では最後の柱合会議が行われ、鬼殺隊の解散が決定。 解散後に炭治郎・禰豆子・善逸・伊之助の4人は、炭治郎の実家で暮らすことに。 そして最後には、物語が高層ビルの立ち並ぶ現代へと移ります。 鬼化で一時回復するも、どちらも機能停止に。 3ヶ月間治療を受けた後、禰豆子・善逸・伊之助と共に 雲取山の実家で暮らし始める。 生存 鬼化した炭治郎を説得する際に傷を負ったが、大きな後遺症もなく回復。 炭治郎・善逸・伊之助と共に 雲取山の実家で暮らし始める。 生存 無惨戦で左足を負傷していたが完治。 育手である桑島の遺骨を持って、炭治郎・禰豆子・伊之助と共に 炭治郎の実家で暮らし始める。 生存 無惨戦で全身を負傷していたが完治。 蝶屋敷にてアオイの優しさに気づくが、炭治郎・禰豆子・善逸と共に 炭治郎の実家で暮らし始める。 生存 鬼化した炭治郎を救う際に負傷したが、その時の傷は完治し視力も無事。 実弥から鏑丸を譲り受け、鏑丸と共に暮らすことに。 死亡 上弦の壱・黒死牟戦にて、身体を両断され瀕死。 最期には鬼のように身体が崩れていき消滅。 精神世界で炭治郎の背中を支え、人間に戻すことに貢献する。 生存 無惨戦で右腕を欠損。 以前より短髪になっている。 最後の柱合会議で鬼殺隊解散を了承した後、 炭治郎を見舞いに来訪する。 死亡 無限列車編にて、猗窩座と戦い死亡。 炭治郎や善逸、伊之助たちに成長を促す言葉を遺し、大きな影響を与える。 精神世界で炭治郎の背中を支え、人間に戻すことに貢献。 生存 上弦の陸との戦いで、左目と左手を欠損。 3人の嫁とともに、 炭治郎を見舞いに来訪し、再会を心から喜ぶ。 死亡 上弦の壱・黒死牟戦で、胴体を両断され死亡。 最後まで黒死牟を食い止め、勝利の立役者に。 精神世界で炭治郎の背中を支え、人間に戻すことに貢献する。 死亡 上弦の弐・童磨戦にて喰われて死亡。 しかし自身に仕込んだ毒を見舞い、童磨を瀕死に追い込む。 カナヲに人間戻りの薬を託し、精神世界では炭治郎の背中を支え、人間に戻すことに貢献する。 死亡 無惨戦で致命傷を負い、最期の時を伊黒と共に過ごす。 精神世界で炭治郎の背中を支え、人間に戻すことに貢献。 死亡 無惨戦で両目を失明し致命傷を負い、最期の時を甘露寺と共に過ごす。 精神世界で炭治郎の背中を支え、人間に戻すことに貢献。 生存 無惨戦で右手の指を欠損。 最後の柱合会議で鬼殺隊解散を了承した後、カナヲに鏑丸を譲り渡し、 再会した禰豆子に元気で生きるよう伝える。 死亡 左足を欠損しつつも無惨の逃亡を幾度となく阻止。 激戦の末死亡するが、 精神世界で炭治郎の背中を支え、人間に戻すことに貢献する。 死亡 産屋敷を襲撃した鬼舞辻無惨を巻き込んで、屋敷ごと自爆し死亡。 死亡 産屋敷を襲撃した無惨へ、人間に戻る薬を投入して抑え込む。 無惨に頭を潰されて死亡するが、 実は老化する薬も加えており、死亡してなお無惨に一矢報いる。 生存 茶々丸とともに炭治郎の見舞いに訪れ、珠世の後を追おうとしていたことに勘付かれる。 その後、行方はわからなくなるが現代編では……? 生存 炭治郎が退院する前日、蝶屋敷に来訪。 炭治郎・禰豆子との再会を心から喜ぶ。 鋼鐵塚蛍 生存 刀鍛冶の里で重症を負うが生存。 炭治郎を見舞いに訪れる。 産屋敷輝利哉 生存 鬼が消えたことに伴い、鬼殺隊の解散を決定。 命を懸けて戦った義勇と実弥に、 深々と頭を下げて感謝の言葉を伝える。 死亡 太陽に灼かれ完全に消滅。 しかし日光に焼かれる前に、炭治郎を鬼化させる。 精神世界で炭治郎の支配を目論むが、失敗に終わり 精神世界に取り残されることに。 死亡 悲鳴嶼、不死川兄弟、時透との戦いで頸を落とされる。 なおも再生するが、自分のおぞましい姿に絶望し、亡き弟・縁壱を想いながら消滅する。 死亡 毒を仕込んだしのぶを喰らったことで弱体化し、最後にはカナヲと伊之助により頸を斬られ死亡。 死亡 義勇と炭治郎と戦い頸を斬られるが復活。 しかし大切な人との回想を経て、自ら消滅することを選び朽ちる。 死亡 半天狗の補填として、現上弦の肆になる。 愈史郎が乗っ取り無限城を操作するが、防ごうとする無惨によって処理される。 死亡 刀鍛冶の里を襲撃するが、炭治郎たちに討伐され死亡。 死亡 半天狗と共に刀鍛冶の里を襲撃するが、時透により討伐され死亡。 死亡 堕姫の補填として、現上弦の陸となる。 無惨の屋敷で鬼殺隊の前に立ちはだかるが、激昂した善逸によりあっという間に討伐される。 死亡 遊郭を調査しに来た、宇髄天元と炭治郎たちにより討伐され死亡。 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。

次の

鬼滅の刃160話ネタバレ!童磨 (どうま)は伊之助の母の仇!|酷い過去の回想

鬼滅 どうま 伊之助

そして、中をのぞきこんだ途端、こぞって悲鳴をあげた。 「何ですか、これ? 人面魚ですかぁ?」 怖すぎますぅ、呪われそうですぅ、と泣きながら訴える三人に、伊之助が胸を張る。 「知らねえのか、チビども。 それだけ聞けば、大層、心温まる話なのだが……。 炭治郎作の鯉のぼりは二本の腕と人間のような鼻が生えているし、善逸のものに至っては、最早、原型をとどめていないほどおどろおどろしい。 わざとだろうかとすら思えるひどさだが、善逸はともかく、あの炭治郎である。 そんなことをするはずがない。 おそらくは、ただ単純に絵が下手なのだろう。 「あのぅ……伊之助さん。 鯉のぼりが何かわかってらっしゃいますか?」 「妖怪だろ」 すみの問いにきっぱりと伊之助が答える。 やはりそうかと天を仰いだ少女たちは、おずおずと口を開いた……。 いいお湯だったよ」 「ねえ。 なんか、伊之助のバカが『お前らに本物を持って来てやる! 俺は親分だからな!!』とかわけのわかんないこと言って走ってったけど、アレ、何? 何のこと?」 湯を浴び、部屋に戻ってきた炭治郎と善逸に尋ねられ、三人はこぞって眉尻を下げた。 「私たち、鯉のぼりの由来についてお話したんです。 そしたら、伊之助さん、飛び出して行ってしまって……」 「え? じゃあ、伊之助は俺たちが本物の鯉のぼりを見たことがないと思って、取りに行ったってこと?」 「盗りに行ったんだろ」 炭治郎のつぶやきを律儀に訂正した善逸が「あのバカ」と頭を抱える。 「すぐに追いかけて止めよう」 「えー!? 折角、暗くなってきたし、禰豆子ちゃんの顔を見ようと思ったのにさあ」 「行くぞ、善逸」 炭治郎に急かされ善逸がしぶしぶ従う。 そんな二人の背中を、三人は当初、オロオロと見送ったが、やがて、誰ともなく笑いだした。 そして、仲良し三人娘は、なんだかんだ言いながらも仲の良い三人組の為に、いそいそとお湯を沸かし始めた。

次の