アルキメデスの大戦 220。 アルキメデスの大戦|試写会|TOSテレビ大分

ヨドバシ.com

アルキメデスの大戦 220

2020年6月8日発売の週刊ヤングマガジン2020年28号で、『アルキメデスの大戦』第220話が掲載されました。 『アルキメデスの大戦』第220話は、東條の演説が議場を席巻します。 戦艦「大和」売却による利益で日本の未来を豊かにしましょうと訴える櫂。 それに対して東條は本当の豊かさとは金で買うものではないと断言。 健全な精神あっての豊かさだと主張した結果、評議員の大半が東條寄りとなってしまいます。 物や仕組みが先であると考える櫂には、東條らの考えがどうしても理解できません。 アルキメデスの大戦220話のあらすじネタバレ 櫂は戦艦「大和」を売却し、その利益を使って未来の日本を豊かにしましょうと訴えました。 政府側はその話に興味を持ち、概ね賛成の意向を表していましたが東條がそれに待ったをかけます。 ここぞとばかりに東條が熱弁。 そもそも日本人の根本となすべきは崇高なる心であって経済的豊かさではないと断言。 さらに戦艦は陛下よりお預かりした伝家の宝刀。 ならばそれを敵国に売るなどはまさに反逆行為であり、言語道断。 櫂に同調し、米国との合意を認めるならば我らも反逆者。 腹を切って陛下と国民に詫びるほかはない。 各々はその覚悟があるのかと政府側に詰め寄りました。 政府側の実質的リーダーである近衛は、自分の考えがどうであれ、その場の空気で強いほうに流れる日和見主義なところがありました。 東條の圧に呑まれた近衛は意見を翻し、陛下の御心に背くとあらば大和売却案を容認しかねると発言。 東條はまるで進行役のように次に海軍側、陸軍側と意見を求めました。 陸軍大臣・畑は最初から合意案が潰れることを願っていたので当然 売却案を拒否。 海軍大臣・吉田も山本同様の意見であったのでもちろん拒否。 焦った櫂は一度は容認しかけた政府側に今一度考え直して欲しいと訴えます。 陛下の御心と近衛はいったが、米国と戦争になると本当に陛下に報告ができますかと。 横で聞いていた東條は、陛下とてご理解くださると一喝。 理由はたとえ戦争になったとしても、日本は必ず勝利するからだと。 櫂は東條に勝利の根拠を求めますが、そんなものはいらんと一蹴されてしまいます。 日本人は精神力で敵を倒すのだと凄む東條。 過去にあった外敵との戦いも不屈の精神で戦い、神風を吹かせ、神に守られ勝利してきたのだと言い放ちます。 櫂は東條の精神論、神頼みに猛然と反論。 現代の戦争は科学技術と物量の激突であり、精神力はあくまで付帯的条件に過ぎないと断言。 戦争とは究極の危機管理であり、勝利をもたらすのは精神力ではなく、仕組みと制度が決め手となると訴えます。 これには山本が反論。 仕組みも制度も人の気概と覚悟によってこそ機能するものであり、人の意思がなければ役に立たない。 人は心で動き、心のない者に人は賛同しないと櫂に告げました。 そして櫂個人に対し、何でも理屈で解決しようとするが、正論だけでは通用しないこともあると諭します。 しかし櫂にとって原理原則に基づいた合理的根拠こそが全て。 合理的説明のつかない考えには納得ができません。 その時、すっかり場の空気に呑まれた近衛が口を開き、ポツリと呟きます。 世の中、原理原則だけでは動かないものでもある。 国民全員が教養があるわけではないし、大衆を理解させるのは難しい。 国民を動かすには心を掴むことが大事であると。 この呟きで頼みの政府側の評議員全員が東條の意見に賛成を表明。 櫂の理屈一辺倒が裏目に出てしまったのです。 それは、時折見せる櫂の人の感情を無視する言動がこの結果を招いてしまったともいえました。 評議員全員が大和売却案を拒否したかにみえた議場でしたが、ただ一人、意志を明らかにしていない人物が。 それは海軍の嶋田でした。 山本らに同意を求められた嶋田でしたがこれを拒否し、なんと大和を売っても良いのではないかと話し始めたのです… アルキメデスの大戦220話の感想と考察 報告会議が始まってから、やけに櫂が山本らの感情に鈍感すぎだったのは今回のためのフリでした。 サブタイトルに作者自らが「櫂の弱点」と付けただけあって、今回は櫂のちょっと冷酷とも取れる部分を明確に炙り出していました。 ただ、櫂は決して冷酷なのではなく、フォローする言葉が足りないだけなのです。 これまで理詰めで損得を説明し、人を動かしてきた櫂でしたが、どちらかというと周りが櫂の気持ちを推し量って動くことが多かった気がします。 櫂は何一つ間違ったことは言っていませんが、自分を尺度に他人に語る傾向があります。 時と場合、人によって話し方、説明の仕方を考慮すべきだったのかもしれません。 にしても、何でも反対の東條はともかく、山本が売却に反対する根拠がちっぽけな精神論によるものなのが残念でなりません。 そしてラストに大和売却に同意した嶋田ですが… ただ単に、自身の出世を睨んでの発言ような気がします。 山本と同意見ではこの先、山本の上に立つことは出来ないと考えたのではないでしょうか。 山本を出世争いから追い落とす好機と考え、櫂に同調する道に懸けたのかもしれません。 櫂としては、売却の意味を理解していないかもしれない嶋田を味方につけても本心からは喜べないでしょう。 背に腹は代えられないと考えるのか、弱りに目に祟り目だと考えるのか、次回が楽しみです。

次の

ヨドバシ.com

アルキメデスの大戦 220

「アルキメデスの大戦:220話」のネタバレ 大和魂 大和売却において東條の猛反撃が始まる。 そもそも戦艦は陛下から預かった伝家の宝刀であり、それを易々と売り払うということは腹を切る覚悟あるのかと熱弁する。 言っていることが目茶苦茶であることは一同承知の沙汰だ。 しかし心情に訴える東條の策略は反対に成功をおさめようともしている。 櫂は改めて尋ねる。 アメリカと戦争になることを陛下に報告できるのかと。 東條は聞くまでもないと返し、日本人は心で戦い精神力で敵を倒すと宣言する。 東條のいう精神力も大和魂、神、その力説すべてがなにひとつ難問に対する具体的打開策が示せていないと櫂は呆れる。 嶋田の真意 精神力と論理的思考で対抗するなか、山本が割って入る。 櫂に向かってなんでも理屈で解決するところが悪いところだと告げる。 さらに山本は、人は心で動くものであり、心のない者に賛同はしないと言う。 しかし櫂は聞き入れない。 理屈を理解してもらえるまで説明を続け、原理原則に従った合理的根拠で納得してもらえるよう尽くすとする。 ところが政府側もついに東條らに賛同し始めた。 丹原は櫂の理屈一辺倒が裏目に出たと悟る。 こうして大和売却が却下となろうとしたとき、これまで反対の意を示していた嶋田が櫂に賛同し始めるのだった。

次の

pl.metrostav.cz: アルキメデスの大戦: 音楽

アルキメデスの大戦 220

それでも売却は認めるのが最良と言う嶋田に対し、あくまで協議は打ち切るべしという東條。 嶋田は今回の日米交渉の際に、アメリカ大統領との直接交渉で合意に至ったことを特筆すべきだと言います。 国家の最高権力者が自ら外交交渉に臨んで成立させたことを重く謙虚に受け止め、これを破棄したと知らされたら大統領の心中はどうだろうと参加者に問います。 逆転 嶋田が牟田口に聞くと、牟田口は大統領のメンツをつぶしたことになるので激怒するでしょうと答えます。 嶋田が牟田口を味方につけたことによって会議の流れが一気に変わったことを櫂は感じ、さらに櫂は嶋田を見ると自分に任せろという顔をしていたので、何が目的か分からないがここは嶋田に任せようと考えます。 嶋田は戦艦が30億ドルで売れるなら国に大きな貢献になることと、条約の内容ではなく日本がアメリカとの国交を断絶できるかどうかの問題であると話します。 それを聞いて近衛はアメリカとの国交断絶は避けるべきであり、国益優先で結論を出したいと言います。 吉田は反対しようとするも、嶋田は たかが戦艦一隻なんて替えはいくらでもあると言い、さらに日米和平合意は仮調印の段階であり、最終決着はまだ先の話であるから、ここは承認しておいてアメリカに球を投げ返すほうが賢い選択だと言います。 それを聞いた吉田は納得するも、山本は大和に匹敵する戦力は必要だとあくまで反対の意向を示すも、そこは保証するから任せろと嶋田が言います。 そして東條が止めようとするも、嶋田は話はこれで決まったと言って日米和平協定を受諾することで終わりを迎えるのでした。

次の