髪の毛 を 抜く 行為。 髪を抜いてしまう癖

髪の毛を抜く癖を子供がやめない原因や対処方法!脱毛症の病気チェック方法も紹介!

髪の毛 を 抜く 行為

髪を抜いてしまう原因 髪を抜いてしまうという行為が単なる癖ではなく、抜毛症という病気を発症している可能性もあるのです。 抜毛癖とも呼ばれる 抜毛症は、老若男女関係なく発症します。 無意識にしてしまうことが多い抜毛症の正しい知識を持ち、対策もチェックしておきましょう。 ここでは髪を抜く癖「 抜毛症」についてご説明します。 抜毛症とは 抜毛症とは、 健康な自分の体毛を自分で引きぬいてしまう病気です。 髪の毛を抜くという行為をやめられない、やめたいのに繰り返してしまうという 精神疾患です。 抜いてしまう毛は、髪の毛に留まらず、まつ毛、眉毛、ヒゲ、手足の毛、脇の毛、陰毛とあらゆる毛が対象となります。 そもそも幼児や小学生などの子供や中高生の思春期の女の子や成人した女性といった比較的女性に多い症状とされていましたが、最近では、男性でも同様の症状に悩む人が出てきています。 抜毛症を発症している人の割合は、成人の約1~2パーセントで、発症率は男性より女性の方が10倍ほど高いという特徴があります。 発祥する年齢は思春期以降である場合が多く、そのきっかけは、 不安な気持ちや緊張感を和らげる、退屈を紛らわせるなどの為に、無意識のうちに髪の毛を引っ張ったり、抜いたりし始めることで、自分では自覚がない場合が多くあります。 髪の毛を抜く行為が、繰り返されるようになると、その行為によって安堵感を覚えるようになり、反対に髪を抜かないと緊張の高まりを制御できなくなったりします。 言葉にうまくできない 不満や不安といったストレスを抱えることで、自然と健康な毛を抜いてしまうのです。 髪を抜く事による影響 ヘアサイクルに沿った自然な抜け毛やストレスによる抜け毛などではなく、自分の意思で抜いてしまった場合、髪や頭皮にいったいどれだけのダメージを与えてしまっているのでしょうか。 髪を抜くことによる影響は大きく2つあります。 これは毛根部分や頭皮に少なからずダメージを与えてしまっている証拠なんです。 1本1本感じる痛みはそれほどでも無いかもしれませんが、 確実に頭皮(肌)を傷つけてしまっているのです。 傷ついた頭皮には雑菌が侵入しやすくなり、フケや赤み、炎症といったトラブルの原因にもなります。 髪や頭皮を労わりたいと思っているなら、髪を抜く行為はしないようにしましょう。 そもそも、髪の毛が抜けた跡の部分が目立つようになってしまうので、見栄えが悪くなります。 男性の場合は思い切って坊主頭にするのも良いと思います。 ヘアアレンジは楽しめなくなってしまいますが、簡単に髪を抜くことができないので頭皮や髪へのダメージは抑えられます。 髪の毛を抜くという行為を、人に知られたくないという思いから、始めうちは髪の毛を抜いてしまった部分を隠す為に、ヘアスタイルを工夫したりするのですが、症状がひどくなると次第に学校や仕事に行くこと、人目のある場所に出ていくことを避けるようになります。 それと同時に、 髪を抜くのをやめようとする自分との戦いがストレスになり、より髪を抜くという行為の頻度が上がってしまうという悪循環が起こってしまいます。 抜毛症の原因 抜毛症は 心の病気と深く関係しており、家庭環境や人間関係で悩んでいる方に発症しやすいとされています。 白髪や枝毛が気になって抜くのとは違い、抜毛症の場合は健康な毛髪さえも次々と抜いてしまいます。 ゴッソリ抜いてしまう場合もあるので抜いた部分が目立ち、まるで部分ハゲのようになってしまうこともあります。 髪を触る癖がある方も場合によっては抜毛症になる可能性があるので注意が必要です。 抜毛症の原因はストレスや不安、欲求不満なので特効薬というものは存在しません。 かといって不治の病でもありません。 没頭できる趣味を探す、思い切って生活環境を変えるなど自分自身で解決策を見つけることが重要となります。 抜毛症の特徴 この髪を抜くという行為は、 意識しない状態で行う場合と、 自分で抜くのをやめようと思っているのに辞められず気がつくと抜いてしまっているというパターンがあります。 いずれにしても、自分で髪を抜くと言う行為をコントロールすることが難しい状況にあるのです。 また、抜毛症をもっている人の中には、爪を噛む、口の中を噛む、身体を掻きむしると言ったBFRBS、いわゆる繰り返し同じ行為を自分の身体に繰り返す傾向があると言われています。 しかし自分を傷つける為にこの行為を行っているのではなく、 髪を抜くという行為をする事で自分の不安や気持ちを落ち着かせる為に行っているのです。 抜毛症になりやすい人 抜毛症は、 ストレスをためやすく、それをうまく自分で解消できない人が多くかかっています。 引き金となる事は人それぞれ違いますが、自分に近い人との別離や裏切りといったことも原因となります。 大変繊細で自分の気持ちや不安などをうまく言葉で表現し、誰かと共有することが苦手な人が多いようです。 髪を抜く癖をやめる方法 髪を抜く癖の頻度が多くない時 髪を抜かないようにするにはまず、 意識する事が大事です。 白髪であれば抜くより面倒かもしれませんが、白髪染めを活用する、枝毛や切れ毛が気になる場合も、こまめに美容院に通うといった対策を取るようにしてください。 髪を抜く癖の頻度が多い時 抜毛症は、 精神科で治療を受ける必要があります。 日本では、まだあまり周知されていない病気ですので、周囲の理解も必要です。 精神科で受けられる治療法には 認知行動療法と 薬物療法があります。 認知行動療法とは、 本人が気づくことができない癖や考え方を気づかせることを目的とする精神療法の一つで、髪の毛を抜いていることを意識させること、髪の毛を抜いている時の気分や感覚と普段の感覚の違いを絵や文章で認識させることがおこなわれます。 また、髪の毛を抜きたいという欲求がおこった時に、それに代わる手を握る、ペンなどを握るというような行動をする為の訓練をします。 これらの治療を受けていく上で、非常に大切なことは、周囲の人の理解と応援ですので、自分が抜毛症であるとわかった時には、 家族に応援を求めることがこの病気を治す為の重要なポイントです。 まとめ 抜毛症の程度にもよりますが、 自分で髪を抜いていることを意識しているのであれば、それを止めるように意識することです。 そして何が不安、不満でそういうことをしてしまっているのかを自分でも自覚する必要があります。 基本的に気持などを溜めこむ傾向にある人が多いので、小さなことでも誰か信頼できる人に小出しに口に出していくといいでしょう。 また、お子さんなどがそのような症状にかかった場合は、毛を抜いてしまう事を責めるのではなく、子供に向き合ってあげ話をしやすくなる環境を作ってあげましょう。 どうしても毛を抜くことが辞められない、気が付いたら抜いてしまっていると言う方は、 早めに医療機関などで精神的なケアを受けるようにしてください。 1人でため込まない事が大切ですよ!.

次の

自分の髪を抜いてしまう子どもが親に発している「SOS」の正体

髪の毛 を 抜く 行為

髪の毛を抜く癖がやめられなくなる「抜毛症」。 重症化すると自分で治すことは難しいため、適切な治療を受けることが大切です 人はそれぞれ、何かしら「癖」を持っています。 緊張すると思わず頭をかいてしまう人、貧乏ゆすりをしてしまう人、目を固く閉じて10まで数えないと落ち着かないという人……。 もちろん、これらの癖には精神医学的には何の問題もなく、ただ「そういう癖がある」というだけのことです。 しかし場合によっては、エスカレートした癖をやめたいのにやめられず、最初はただの癖だったものが、心の病気に近い状態になってしまうものもあります。 その一つが髪の毛を抜く癖がエスカレートした「抜毛症」です。 頭皮の一部の髪がすっかりなくなってしまうほど重症化した場合、適切な治療を考える必要があります。 今回は「抜毛症」になりやすい人の傾向、症状、原因、治療法にについて詳しく解説します。 <目次>• 女性に多い抜毛症の症状と心理的ストレスなどの原因 抜毛症は、かつては文献などで病態を知るような稀な疾患だと考えられていましたが、現在では意外に多い疾患であることが分かっています。 その発症率は大まかに0. 6~3. 4%程度。 そして、本人が両親の第一子であるケースが多いことも分かっています。 また、女性が男性の約9倍と大部分を占めているものの、男性は女性と比べてその癖を隠したがる傾向が強いため、男性の発症率が実際よりもかなり低く把握されている可能性も考えられています。 抜毛症は通常、20代までの若い年代に始まります。 抜毛症の症状は、日常生活で何らかの困難に直面し、心理的ストレスが強くなってくることで増悪する傾向があります。 髪の毛を抜く行為自体は言わば強迫的。 通常、その直前に何とも言えない不安がこみ上げてきて、その不安に対処するように髪の毛を抜いてしまうことが多いようです。 実際、髪の毛を抜くと気持ちがすっきりするなど、一時的とはいえ、気持ちは楽になります。 そのため、不安が再び強まってくると、また髪の毛を抜いてしまうことを繰り返してしまうのです。 行為がエスカレートしていく可能性には注意が必要です。 強迫性障害と抜毛症の類似点・違い 抜毛症は、本人も髪の毛を抜く癖を恥ずかしく思っていることが少なくなく、また、それをどうしてもやめられない自分に嫌悪感を抱いていることもあります。 また、髪の毛を強迫的に抜き続ける行為自体の非合理性も本人が充分認識できている場合が多く、抜毛症は強迫性障害と重なる部分が多い疾患と見ることもできます。 しかし抜毛症は、強迫性障害と比べると強迫観念は明確でなく、また、強迫行為自体も髪の毛を抜く行為に限定されています。 とはいえ、抜毛症があることで日常生活に生じる支障も、強迫性障害のレベルではなく気にしなくてよいかといえば、決してそうではありません。 たとえ、強迫行為が髪の毛を抜くという一つの行為に限定されていても、それがエスカレートしてしまえば、日常生活上の支障は大きくなります。 また、仮に異性に好意を持った場合などでも、抜毛癖を相手に知られるのを恐れるあまり距離を置いてしまう……といった問題が出てくることもあり、仮にそうならば、かなり深刻な問題です。 さらに、抜毛症では抜いた髪の毛を口にしてしまうケースも少なからずあります。 抜毛行為がエスカレートしてしまえば、その、口から体に入った大量の髪の毛のために消化不良なども起こりやすく、場合によっては胃腸障害が深刻化してしまう可能性もあります。 抜毛症の対処・治療法……薬物療法・心理療法も 抜毛行為にコントロールが利かなくなって来ると、頭皮の一部の髪の毛がなくなってしまうなど、他人から見ても抜毛症の癖が分かる状態になることもあります。 一方でかつらを付けるなどして抜毛症を悟られないようにしていることも少なくなく、友人のみならず一緒に暮らしている家族も長期間気づかないというケースもあります。 しかし、たとえ周囲の人に気づかれなくても、抜毛行為が自制しきれなくなっている場合、上記のように様々な問題点が現れやすくなります。 もしそのレベルになっていれば、自力でこの癖をやめるのは大変困難です。 というのも、髪の毛を抜くという行為が気持ちを楽にする手段になっていることはもちろん、脳内環境が病的になっている可能性もあるからです。 髪の毛を抜き続ける行為にストップをかけるには、通常、専門家の力を借りることが望ましいです。 具体的な治療法は個々の状況によりますが、一般的には病的になってしまった脳内環境を是正するために、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)などによる薬物療法が必要です。 また、抜毛癖に拍車をかけている何らかの心理的問題に対しては、心理療法などによって対処が可能です。 また、もしも髪の毛を抜き続けたことによって頭皮に炎症が起きているような場合、皮膚科的治療も必要になってきます。 髪の毛を抜くという癖も、場合によっては心の病気として適切な治療が必要になることもあります。 もっとも、気持ちが落ち着かなったときに髪をつい1~2本抜いてしまう程度ならば、いわゆる癖のレベルで過剰な心配は無用です。 ただし、もしも髪の毛を数十分以上抜き続けるような状態になっていたら、抜毛症に近くなっている可能性も出ています。 抜毛症に限らず、一般に心の病気の予後を良好にするポイントは、できるだけ早期に治療を開始すること。 まずは「抜毛症」は治療が必要な病気であることを認識し、もしこの病気が疑われる場合は精神科(神経科)を受診し、自身の心理的問題なども含めて相談すべきことを、ぜひ覚えておいてください。 【関連記事】•

次の

髪の毛を抜いてしまう癖があります…

髪の毛 を 抜く 行為

髪の毛を抜く癖がやめられなくなる「抜毛症」。 重症化すると自分で治すことは難しいため、適切な治療を受けることが大切です 人はそれぞれ、何かしら「癖」を持っています。 緊張すると思わず頭をかいてしまう人、貧乏ゆすりをしてしまう人、目を固く閉じて10まで数えないと落ち着かないという人……。 もちろん、これらの癖には精神医学的には何の問題もなく、ただ「そういう癖がある」というだけのことです。 しかし場合によっては、エスカレートした癖をやめたいのにやめられず、最初はただの癖だったものが、心の病気に近い状態になってしまうものもあります。 その一つが髪の毛を抜く癖がエスカレートした「抜毛症」です。 頭皮の一部の髪がすっかりなくなってしまうほど重症化した場合、適切な治療を考える必要があります。 今回は「抜毛症」になりやすい人の傾向、症状、原因、治療法にについて詳しく解説します。 <目次>• 女性に多い抜毛症の症状と心理的ストレスなどの原因 抜毛症は、かつては文献などで病態を知るような稀な疾患だと考えられていましたが、現在では意外に多い疾患であることが分かっています。 その発症率は大まかに0. 6~3. 4%程度。 そして、本人が両親の第一子であるケースが多いことも分かっています。 また、女性が男性の約9倍と大部分を占めているものの、男性は女性と比べてその癖を隠したがる傾向が強いため、男性の発症率が実際よりもかなり低く把握されている可能性も考えられています。 抜毛症は通常、20代までの若い年代に始まります。 抜毛症の症状は、日常生活で何らかの困難に直面し、心理的ストレスが強くなってくることで増悪する傾向があります。 髪の毛を抜く行為自体は言わば強迫的。 通常、その直前に何とも言えない不安がこみ上げてきて、その不安に対処するように髪の毛を抜いてしまうことが多いようです。 実際、髪の毛を抜くと気持ちがすっきりするなど、一時的とはいえ、気持ちは楽になります。 そのため、不安が再び強まってくると、また髪の毛を抜いてしまうことを繰り返してしまうのです。 行為がエスカレートしていく可能性には注意が必要です。 強迫性障害と抜毛症の類似点・違い 抜毛症は、本人も髪の毛を抜く癖を恥ずかしく思っていることが少なくなく、また、それをどうしてもやめられない自分に嫌悪感を抱いていることもあります。 また、髪の毛を強迫的に抜き続ける行為自体の非合理性も本人が充分認識できている場合が多く、抜毛症は強迫性障害と重なる部分が多い疾患と見ることもできます。 しかし抜毛症は、強迫性障害と比べると強迫観念は明確でなく、また、強迫行為自体も髪の毛を抜く行為に限定されています。 とはいえ、抜毛症があることで日常生活に生じる支障も、強迫性障害のレベルではなく気にしなくてよいかといえば、決してそうではありません。 たとえ、強迫行為が髪の毛を抜くという一つの行為に限定されていても、それがエスカレートしてしまえば、日常生活上の支障は大きくなります。 また、仮に異性に好意を持った場合などでも、抜毛癖を相手に知られるのを恐れるあまり距離を置いてしまう……といった問題が出てくることもあり、仮にそうならば、かなり深刻な問題です。 さらに、抜毛症では抜いた髪の毛を口にしてしまうケースも少なからずあります。 抜毛行為がエスカレートしてしまえば、その、口から体に入った大量の髪の毛のために消化不良なども起こりやすく、場合によっては胃腸障害が深刻化してしまう可能性もあります。 抜毛症の対処・治療法……薬物療法・心理療法も 抜毛行為にコントロールが利かなくなって来ると、頭皮の一部の髪の毛がなくなってしまうなど、他人から見ても抜毛症の癖が分かる状態になることもあります。 一方でかつらを付けるなどして抜毛症を悟られないようにしていることも少なくなく、友人のみならず一緒に暮らしている家族も長期間気づかないというケースもあります。 しかし、たとえ周囲の人に気づかれなくても、抜毛行為が自制しきれなくなっている場合、上記のように様々な問題点が現れやすくなります。 もしそのレベルになっていれば、自力でこの癖をやめるのは大変困難です。 というのも、髪の毛を抜くという行為が気持ちを楽にする手段になっていることはもちろん、脳内環境が病的になっている可能性もあるからです。 髪の毛を抜き続ける行為にストップをかけるには、通常、専門家の力を借りることが望ましいです。 具体的な治療法は個々の状況によりますが、一般的には病的になってしまった脳内環境を是正するために、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)などによる薬物療法が必要です。 また、抜毛癖に拍車をかけている何らかの心理的問題に対しては、心理療法などによって対処が可能です。 また、もしも髪の毛を抜き続けたことによって頭皮に炎症が起きているような場合、皮膚科的治療も必要になってきます。 髪の毛を抜くという癖も、場合によっては心の病気として適切な治療が必要になることもあります。 もっとも、気持ちが落ち着かなったときに髪をつい1~2本抜いてしまう程度ならば、いわゆる癖のレベルで過剰な心配は無用です。 ただし、もしも髪の毛を数十分以上抜き続けるような状態になっていたら、抜毛症に近くなっている可能性も出ています。 抜毛症に限らず、一般に心の病気の予後を良好にするポイントは、できるだけ早期に治療を開始すること。 まずは「抜毛症」は治療が必要な病気であることを認識し、もしこの病気が疑われる場合は精神科(神経科)を受診し、自身の心理的問題なども含めて相談すべきことを、ぜひ覚えておいてください。 【関連記事】•

次の