京都 観光 現在。 【京都の現状】 純度100パーセントの観光地を取材して見えてきた人々の「本気度」

中国人の消えた京都に日本人が殺到!「観光」が最強の産業である理由

京都 観光 現在

の影響で、京都の客が激減している。 京都在住のジャーナリスト・僧侶の鵜飼秀徳氏は「かつて冬の京都は閑散としていた。 だから昔に戻っただけともいえる。 この騒ぎを逆手にとって、本来の落ち着きのある京都を堪能しに来てもらいたい」という--。 四季を問わず、常にごった返している右京区嵯峨の「竹林の小径(こみち)」。 春節が終わった直後の今週(2月2日〜)、観光客の姿が嘘 うそ のように消えていた。 特に中国人(あるいは台湾人)や韓国人が見当たらない。 昨年来、続いている国家間の関係悪化によって、まず韓国人がいなくなった。 そして今回の新型コロナウイルスの感染拡大騒ぎである。 中国政府が団体旅行の禁止措置にでたのが先月27日のこと。 それでも春節期間中(1月24日〜30日)は、個人旅行客らでそれなりに賑 にぎ わっているように感じたが、それも終わると中国人旅行者が一気に消えた。 竹林の小径では、個人旅行の欧米人や、ヒジャブ(ムスリム女性が頭部などを覆う布)を着用したイスラム圏からの旅行者が、美しい竹林を背景にシャッターに収まっていた。 地元民の私も、思わずスマホのカメラで一枚。 だから掲載の写真は、かなりレアな一枚だと思っていただきたい。 本稿では「コロナ騒動」の前(主に2018年夏)と現在(2020年2月)にそれぞれ筆者が撮影した嵯峨・嵐山の様子を見比べながら、読み進めていただきたい。 だが、その後、国内外の観光客数が飛躍的に伸びた。 近年では6年連続で年間観光客数5000万人を突破。 過剰に増える京都の観光客、特にインバウンド増で生じている観光公害については、昨年12月12日に本連載で「外国人を集め日本人に敬遠される京都の未来」として述べたとおりである。 渡月橋を中心とする嵐山周辺を、私はほぼ毎日散策しているが、観光客は目に見えて減っている。 渡月橋の近くに、常に行列のできる有名なコーヒーショップがある。 行楽シーズンでは、30分待ちはざらだ。 しかし、私が訪れた時(2月6日、7日)は客が誰もいなかった。 臨時休業かと思って店内をのぞくと、「やっていますよ」との店員の声。 撮影=鵜飼秀徳 嵐山のメインストリート(2018年夏)と現在(2020年2月) - 撮影=鵜飼秀徳 「先週(1月最終週)から徐々に観光客が少なくなり、今週(2月2日以降)に入って客足がピタッと止まりましたね。 中国と韓国の人が常に多かったですから、その両方がいなくなった感じです。 普段の何十分の一の客数でしょうかね」 京都市の外国人宿泊客数のトップは中国(117万人、2018年)で、4位が韓国(30万人、同年)である。 新型コロナウイルス騒ぎが、今後、京都の観光にどのように影響を与えるだろうか。 つい先日、京都で2人目のウイルス感染者が出た。 感染者は、観光客を相手にした接客業の人だった。 そのニュースも影響したのだろう。 たとえば「試飲」「試食」が、スルーされている。 京都の土産といえば「漬物」「抹茶のお菓子」「八つ橋」などである。 いずれも、試食してから購入するのがお決まりだ。 だが、コロナ騒ぎで心理的に躊躇 ちゅうちょ してしまうのも致し方ないところかもしれない。 つらいところだ。 京都の嵐山や東山に展開する人力車の車夫も、暇を持て余しているよう。 「本来、京都の冬(閑散期)はこんなものでしたからね」と、自虐的にさらりと話す。 そんな閑散とした京都だが、普段は気づかない発見があったのも確かだ。 寺社仏閣や土産店を散策する修学旅行生が目についたことである。 海外旅行者の総数がぐっと減ったせいで、修学旅行の学生の存在が際立っているのだ。 相対的に、本来の日本人旅行者の割合が増している。 四半世紀前の京都にタイムスリップしたような気分になった。 商売をしている人には申し訳ないが、やはりこの10年の京都は、異常なバブル騒ぎだったと思う。 バブルは必ずはじけるもの。 このタイミングで一度、冷静になって観光と市民生活の共存こそを考えるべきだろう。 今なら本来の「落ち着きのある京都」を堪能できる 2月2日に投開票が行われた京都市長選挙も、争点はまさに「観光公害」であった。 与野党相乗りで推薦し、4選を目指す現職にたいし、共産党とれいわ新撰組が推薦する候補とのがっぷり四つの対決かと思われた。 だが、蓋 ふた をあければ5万票もの差で現職の門川大作氏が当選を果たした。 京都のインバウンド政策は、これまで門川市長が熱心に推し進めてきた。 しかし、過剰なインバウンド増が市民生活に大きな影響を及ぼしはじめると、門川氏は「観光によって、地域コミュニティが押しつぶされてしまうことがあってはならない」と、方針転換する。 撮影=鵜飼秀徳 竹林の小径(2018年夏)と現在(2020年2月) - 撮影=鵜飼秀徳 対立候補もホテルの建設規制を訴えるなど、選挙戦では現職・新人候補ともに観光政策の違いが見えてこなかった。 そのことも影響して、結果的に現職有利に働いた。 門川氏は、当選後のインタビューでも「京都は観光のためにできた街ではない。 何よりも市民生活が大事」と述べた。 要は、大事なのは市民生活と観光振興とのバランスだ。 「市民生活あっての京都」でもあるが、「観光あっての京都」でもある。 インバウンド戦略はコントロールが効かないことを、この数年で京都は学んだ。 今後は、観光で生まれた税収などをいかに、市民生活の安定ために配分していくか。 それが4期目の市長に、問われていることだと思う。 最後に一言。 いまの京都は、日本人が観光する好機である。 宿泊サイトで調べたら、多くのホテルで空室があり、料金も安くなっている。 シーズン中と比べれば半額から3分の1くらいの印象だ。 誤解を恐れずにいえば、コロナ騒ぎを逆手にとって、ぜひとも、本来の「落ち着きのある京都」を堪能しに来てもらいたいものである。 ---------- 鵜飼 秀徳(うかい・ひでのり) 浄土宗僧侶/ジャーナリスト 1974年生まれ。 成城大学卒業。 新聞記者、経済誌記者などを経て独立。 「現代社会と宗教」をテーマに取材、発信を続ける。 著書に『仏教抹殺』(文春新書)など多数。 近著に『ビジネスに活かす教養としての仏教』(PHP研究所)。 佛教大学・東京農業大学非常勤講師、(一社)良いお寺研究会代表理事。 ---------- (浄土宗僧侶/ジャーナリスト 鵜飼 秀徳) 外部サイト.

次の

京都のお寺は現在、観光で行けるのでしょうか?金閣寺、銀閣寺、清...

京都 観光 現在

世界遺産「清水寺」をめぐる王道コース【1日】 まずは京都旅行に欠かせない定番スポット「清水寺」を軸にしたコース。 終了予定2020年3月 世界遺産にも登録され、京都に旅行に行く多くの人が訪れる「清水寺」。 有名な清水の舞台、高さ約31メートルの三重塔、見どころ多数の本堂と、重要な文化財が多数見られるので、まだ行ったことが無い人にはぜひ訪れてもらいたいスポットです。 また、春の桜、夏の緑、秋の紅葉、冬の雪と、四季折々の景色で迎えてくれるのも魅力。 特にオススメは、ライトアップが行われ、通常では閉門となる18時以降も過ごすことができる夜間特別拝観(春・夏・秋の限られた期間に開催)。 さらに息をのむような美しい絶景を楽しむことができます。 八坂神社 「美の神様」も祀られているパワースポット 京都の人たちから「祇園さん」と呼ばれ親しまれる八坂神社は、全国にある八坂神社約2300社の総本社。 京都を代表するお祭り「祇園祭」は八坂神社の祭礼であることも有名です。 まずは重要文化財のご本殿や西楼門を見て周りましょう。 どちらもスケール感のある建物なので、写真の撮影にもおすすめです。 そして、ぜひ寄りたいのが、美の神様を祀っている「美御前(うつくしごぜん)社」。 おかずや いしかわ 風情ある隠れ家の「おばんざい」でホッと寛ぐ時間を おばんざいとは、京都の日常で食べるお惣菜のこと。 上品な味わいでヘルシーなメニューが多いのが特長で、京都に来たからには外せないグルメです。 「おかずや いしかわ」は、細い道の奥に佇む隠れ家のような料理店。 写真の「九条葱とイカのてっぱえ」(650円)のように、京都産にこだわった食材をおばんざいに仕上げて提供してくれます。 白いご飯にもお酒にもよくあうメニューが100種類ほど揃っているとのこと。 店内は、実家に帰ってきたかのような気持ちになれる、どこか懐かしい雰囲気。 京都観光をした一日の締めくくりにはぴったりです。 平安京の煌びやかな時代にタイムスリップしたかのような、京都の歴史に思いをはせることのできるスポットです。 四季折々に風光明媚な趣を見せる「平安神宮神苑」も必見。 明治時代の代表的な日本庭園で豊かな自然に触れてください。 毎年10月22日に行われる時代祭をはじめ、季節によってさまざまな行事が開催されるので、事前に確認しておきたいところ。 事前にHPの確認を [アクセス]【電車】JR「京都駅」からバス乗り換え「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車徒歩5分【車】名神高速道路「京都東IC」から約20分 [駐車場]あり 平安神宮の次は銀閣寺…の前に、京うどんの名店でお昼にしましょう。 麺は自家製で、注文を受けてからゆがくので常に出来たてを味わうことができます。 写真は「きつねうどん」(850円)。 京うどんの命ともいえる「出汁」は、天然の利尻昆布のみを使用し、風味豊か。 京野菜の九条ネギに地元豆腐店のおあげさんと、素材選びにもこだわった逸品です。 京都の町家を改装した和モダンな空間は、職人の技が光る唐紙のインテリアなどが美しいデザイン。 ゆっくりと、観光スポット巡りで疲れた体を癒してください。 南禅寺 高さ約22mの三門から眺める絶景は大迫力 出典:南禅寺 「絶景かな、絶景かな」有名な大盗賊・石川五右衛門の名セリフを聞いたことがある人も多いと思います。 このセリフは、南禅寺の「三門」楼上から発せられたそう。 高さ約22mからの景色は、あなたも思わず「絶景かな」と言いたくなるほど見事なものです。 もうひとつ、下写真の「水路閣」も見逃せないスポット。 もともとは琵琶湖から京都市内へ引水するための水路でした。 春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、そして冬は時には雪景色…どの季節にいっても、それぞれの楽しみ方ができます。 紅葉の名所「常寂光寺」~和の趣たっぷりな「竹林の小径」~世界遺産「天龍寺」~嵐山のシンボル「渡月橋」の順で周るとスムーズです。

次の

もはや観光地 京都最大の花街『島原』はこんな所

京都 観光 現在

窪田順生 [ノンフィクションライター] くぼた・まさき/テレビ情報番組制作、週刊誌記者、新聞記者、月刊誌編集者を経て現在はノンフィクションライターとして週刊誌や月刊誌へ寄稿する傍ら、報道対策アドバイザーとしても活動。 これまで200件以上の広報コンサルティングやメディアトレーニング(取材対応トレーニング)を行う。 情報戦の裏側 できれば起きてほしくない「不祥事」だが、起きてしまった後でも正しい広報戦略さえ取れば、傷を最小限に済ませることができる。 企業不祥事はもちろん、政治家の選挙戦略、芸能人の不倫ネタまで、あらゆる事象の背後にある「情報戦」を読み解く。 祇園や二寧坂は今、日本人観光客で賑わっている。 観光地としての魅力を磨いていれば、一時的な落ち込みはあっても、深刻になる必要はないのだ Photo:PIXTA 先日、祇園や二寧坂など京都の有名観光地が、日本人観光客で賑わっている写真がSNSで話題になった。 ご存じのように、ここ最近の京都は、右も左も外国人観光客がごった返し、地元住民の日常生活にまで支障が出る「観光公害」が問題となっていて、国内の観光客から敬遠されていた。 それが、新型コロナの影響で中国人観光客が消えたことで、「そうだ、京都に行こう」と思い立つ日本人が増えているというのだ。 実際、この話題を受けて、SNSでは「俺も同じことを考えていた」「今がチャンスかも」なんて声が上がっている。 ちょっと前、嵐山周辺の商店主らが、新型コロナでの閑散ぶりを逆手にとって、「スイてます嵐山」「人間よりサルの方が多いとか、久しぶり」という自虐PRを仕掛けたことがニュースになったが、まさしくそのような方向性がドハマりしているのだ。 今回、京都で見られたこの現象は、「観光立国」を目指す日本に非常に大きな「教訓」を与えてくれている、と個人的には考えている。 それはザックリと言うと、こんな感じだ。 「どこかの国からの観光客が消えても、観光地としての魅力を磨いていれば必ずリカバリーできるので、そこまでパニックになることではない」 日本では「観光業」というと、どうしても「客の事情に左右される不安定なサービス業」というイメージが強い。 景気、天候、災害などの影響をモロに受けるため、長い間、国や自治体の基幹産業にはなりえないと思われていた。 しかし、これは大きな誤りだ。 本来の観光業というのは、どこかのひとつの地域からの客が減ったら、「いまは空いているから狙い目かも」と、別の地域の人々が訪れるというように、「世界」を相手に商売ができるという強みがあるので、実はかなり手堅い産業なのだ。 実際、京都と同様のことがタイ屈指の観光地・パタヤでも起きている。 地元有力メディア「The Pattaya News」では、2月21日に撮影されたという、欧米からの観光客で賑わうパタヤビーチの写真を掲載し、新型コロナで中国人観光客や韓国人観光客がまったく来なくなって観光業者が打撃を受けている一方で、「欧米人観光客やインド人観光客はむしろ増加しており、全体としては思ったほど観光業への悪影響は大きくならないかもしれません」(The Pattaya Newsの日本語版を配信しているPJAニュース 2月25日)というのだ。

次の