ホトトギス 植物。 杜鵑草(ホトトギス)

日本産ホトトギス

ホトトギス 植物

ホトトギスとは?学名や原産国、英名は? 学名 Tricyrtis hirta 科・属名 ユリ科・ホトトギス属 英名 Japanese toad lily 原産地 日本、台湾、朝鮮半島(東アジア) 開花期 7~10月 花の色 紫、白、黄色、ピンク 別名 ホトトギス(杜鵑草、時鳥草、時鳥、杜鵑) ユテンソウ(油点草) トードリリー ホトトギスとはユリ科・ホトトギス属に分類される多年草のことです。 日本固有の花で、夏の終わりから秋にかけて斑点模様の花を咲かせます。 誰もが一度は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。 主に岩場の斜面などのように湿った環境を好んだり、他の植物との競争に弱いため園芸では鉢植えなどで親しまれています。 鳥類のホトトギスが「霊長」とされていたことにちなんで、花のホトトギスもまた格調高い花として茶花や生け花に古くからよく用いられてきました。 名前の由来 ユテンソウ(油点草)という別名は、若葉に油じみのような斑点が入ることからつけられました。 また、学名の Tricyrtis treis は、ギリシャ語のtreis(3つ)とkyrtos(曲)で、「3枚の外花被」という花の基部が曲がっていることに由来しています。 ホトトギスはどんな花を咲かせる? ホトトギスは細い茎をすっと伸ばした先に、濃い紫色の斑点が入った小さな白い花を上向きに咲かせます。 草丈は1m以下で、1つの枝から1〜3輪ほど分岐して開花する性質があります。 ホトトギスの種類と品種は? ホトトギスは、現在までに19種ほどが確認されており、そのうち10種は日本だけで育っているものです。 原産国も日本や台湾などアジアの花のイメージが強いホトトギスですが、様々な色や模様を持った品種があるのでご紹介します。 シロホトトギス ホトトギスの特徴である斑点がない白い花を咲かせる品種です。 日本固有種の1つで、北海道から九州の広い地域に分布しています。 ヤマジノホトトギス 北海道から九州まで広く分布し、山野の林内に生育することから「山路の(ヤマジノ)」と名付けられました。 花色は白く、紫の斑点は少なめで、6枚の花びらを水平に開くのが特徴です。 ヤマホトトギス ヤマジノホトトギスとよく似た品種で、下向きに強く反り返った花びらが特徴です。 キバナホトトギス 九州南東部に分布しており、鮮やかな黄色の花に赤紫色の斑点が入る品種です。 環境省のレッドデーラブックで絶滅危惧種に指定されています。 タカクマホトトギス 淡い黄色の大輪の花を咲かせる品種です。 キバナホトトギスに似た花を咲かせます。 ジョウロウホトトギス 茎が下向きに垂れ下がっており、内側に赤紫色の斑点が入った厚めの黄色い花を咲かせます。 四国の太平洋側の地域に特産する種類です。 タマガワホトトギス 北海道~九州までの冷温地域に分布している日本固有の品種で、黄色の花びらと赤紫色の斑点が特徴です。 セトウチホトトギス 白い花に紫色の斑点が入る品種です。 基部に黄色い模様が入る花を咲かせます。 タイワンホトトギス 台湾原産の品種です。 ホトトギスの中では日光にもやや耐性があり、丈夫な性質から交配によって多くの品種を作り出しています。 植物のホトトギスを探してみよう ホトトギスは、ひっそりとした佇まいと涼しげな印象のある山野草で、夏から秋に向けて鑑賞や切り花に楽しむことができます。 また、日本固有種を楽しみたい場合は、ピクニックにでかけると、たくさんの種類のホトトギスに出会うことができますよ。 ぜひ色々な種類のホトトギスを楽しんでみてくださいね。

次の

ホトトギスの花の名前の由来と種類が興味深い!|ガーデニング|趣味時間

ホトトギス 植物

静岡県 2019年11月 () : 階級なし : 階級なし : : : : : ホトトギス T. hirta Tricyrtis hirta• Tricyrtis hirta Thunb. Hook. var. minor• Tricyrtis hirta Thunb. Hook. atropurpurea• Tricyrtis hirta Thunb. Hook. var. saxicola Honda ホトトギス(杜鵑草) ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ホトトギス(杜鵑草、学名: Tricyrtis hirta)はの。 特徴 [ ] は直立するか、崖地では垂れ下がり、長さは40-80cmになる。 は左右に互生し、葉身は長楕円形から披針形で、長さ8-20cmになり、先端はしだいにとがり、基部は円く茎を抱く。 葉の両面に軟毛が生える。 茎には斜上する褐色の毛が密に生える。 花期は8-10月。 葉腋に2-3個のを上向きにつける。 花にがあり、花は漏斗状鐘形で径約25mmになる。 は6個で、長さ約25mmあり、斜め上向きに開き、外側に毛が生え、内側には白色地に紫色の斑点が多くあり、下部に黄色の斑点がある。 3個の内花被片と3個の外花被片があり、外花被片の基部に袋状のふくらみがある。 は6個で、花糸は互いに寄り添って束状に立ち、上部で反り返って先端に葯を外向きつける。 の先は3つに分かれて球状の突起があり、各枝の先はさらに2裂する。 は線状長楕円体ので3稜があり、長さ30mm前後になり、熟すと胞間裂開する。 は小円形で淡褐色をしている。 分布と生育環境 [ ]。 北海道南西部、本州の関東地方以西・福井県以南、四国、九州に分布し、山地の半日陰地に生育する。 観賞用に栽培もされる。 花被片の紫色の斑点の大小、多少は個体によって変異が大きい。 名前の由来 [ ] ホトトギスは、「杜鵑草」の意で、花の紫色の斑点のようすを鳥の(杜鵑)の胸にある斑点に見立てたことによる。 (種形容語) hirta は、「短い剛毛のある」の意味。 ギャラリー [ ]• 175-176• 228• 159• 『新分類 牧野日本植物図鑑』p. 1496• 加藤雅啓・海老原淳編著『日本の固有植物』、2011年、東海大学出版会• 門田裕一監修、永田芳男写真、畔上能力編『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』、2013年、山と溪谷社• 大橋広好・門田裕一・木原浩他編『改訂新版 日本の野生植物 1』2015年、平凡社• 牧野富太郎原著、邑田仁・米倉浩司編集『新分類 牧野日本植物図鑑』、2017年、北隆館• この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

ホトトギスの苗〜開花までの育て方!栽培時期や病害虫の対策など|育て方Labo(育て方ラボ)

ホトトギス 植物

栽培環境・日当たり・置き場 鉢植え、庭植えとも、よく風の通る明るい日陰が最適です。 葉を傷めないように空中湿度を50~60%に保ちます。 乾燥しやすい場所では風を防ぎ、周囲に人工芝を敷いて、打ち水をするとよいでしょう。 庭植えの場合、少し土を盛り上げて植えるとよいでしょう。 ホトトギスとタイワンホトトギス以外の種類は、鉢植え用の用土に入れ替えて植えます。 水やり 鉢植えは、表土が乾いたら十分に与えます。 庭植えにした場合は、よほど晴天が続かないかぎり不要です。 肥料 植え替えるときに、元肥としてリン酸の多い緩効性化成肥料を、3~4号鉢で一つまみ施します。 3月から5月に親指大の固形油かすを3~4号鉢で月に1個施し、6月から10月にリン酸が多めの液体肥料を週1回、2000倍に薄めて施します。 キバナノホトトギスなどの小型種は、この分量の半分あれば十分です。 庭植えの場合も鉢植えに準じますが、これより少なめでも問題ありません。 病気と害虫 病気:白絹病 5月から9月に発生します。 放置すると毎年発生するようになります。 害虫:ナメクジ、カタツムリ ナメクジ、カタツムリとも、柔らかい若葉や新芽を食べます。 鉢裏などを見回って捕殺します。 用土(鉢植え) ホトトギス、タイワンホトトギス、およびその交配種は、水はけさえよければ、用土にあまりこだわりません。 市販の草花用培養土か、赤玉土小粒に腐葉土とパーライトをそれぞれ3割混ぜたもので植えます。 それ以外の種類は、桐生砂小粒(または赤玉土小粒)、軽石小粒、硬質鹿沼土小粒を等量に混ぜ合わせたもので植えます。 少し乾きすぎるようなら、軽石の配分を減らすか、山ゴケかヤシ殻チップの細かいものを用土に混ぜます。 植えつけ、 植え替え 植え替えは2月から3月に行います。 鉢植えの場合は毎年または1年おきに植え替えます。 庭植えの場合は3年に1回掘り上げて、株を整理し、植え直します。 ふやし方 株分け:植え替えの際に、自然に分かれている部分で分けます。 大きな芽であれば1本にしても大丈夫です。 さし木:5月から6月に、茎を3~5節つけて切り、清潔な用土(川砂、赤玉土、鹿沼土、バーミキューライトなど)にさします。 タネまき:タネは11月から12月上旬にとり、乾燥させて保存し、2月から3月にまきます。 用土は親株のものと同じで問題ありません。 順調に成長すると、タネをまいた年の秋に開花させることができます。 園芸品種では親株よりよい花は期待できません。 主な作業 打ち水、葉水:7月から9月の暑く乾燥する時期に湿度を保つため、1日に2~3回、株の周囲に打ち水をし、霧吹きで株全体に水をかけます。 支柱立て:ホトトギスは5月から6月に支柱を添えます。 茎が丈夫なタイワンホトトギスや、その系統の園芸品種は、支柱を立てなくても問題ありません。 特徴 ホトトギスは日本の特産種で主に太平洋側に自生する多年草です。 日陰のやや湿った斜面や崖、岩場に見られ、葉のわきに、直径2~3cmで紫色の斑点のある花を1~3輪上向きに咲かせます。 茎はふつう枝分かれせず、まっすぐか斜めに伸び、場所や地域によって...

次の