デスノート 読切。 デスノート(新作読切ネーム)のネタバレと感想!デュークが選んだ後継者!|たのしかおもしろか

『デスノート』新作読切<aキラ編>の感想とか考察メモ|HAL’s Blog

デスノート 読切

2019年7月13日(土)公開、小畑健先生によるマンガ「DEATH NOTE(デスノート)」の最新作読切ネームのあらすじネタバレをご紹介します。 読み切りネームは、全87ページが無料で公開されていますので、今回はその内容をまとめてみました。 ネームとは、鉛筆書きの簡単な絵とセリフでできている漫画ができる前の下書き、ラフ画のようなもののことです。 ネタバレを読みたくないという方、間違ってこのページにきてしまったという方お戻りください。 広告 では、「DEATH NOTE 新作読切ネーム(小畑版)」をご覧ください。 「DEATH NOTE 新作読切ネーム(小畑版)」あらすじ ・リュークが人間界に再びやってくる ・リュークは田中実という青年にノートを触らせる ・実「久しぶりリューク」記憶を取り戻す実。 予定通りの様子。 ・話は2年前にさかのぼる。 ・高校生の田中実は、学力は平凡だが、IQが全国1位という。 ・それを聞いたリュークは、実にデスノートを渡す ・困惑する実。 自分はいわゆる「頭が良い」訳じゃない。 簡単に言うと、IQが高いというのは、クイズとかなぞなぞが得意ということだと説明。 ・夜神月はIQも頭も良かったが、IQの方がデスノートには向いている気がするとリュークは言う ・リュークは「デスノートの使い方」「キラ事件」についての知っていることを全て実に話す。 ・それを聞いた実。 今は時代が変わって、前よりもデスノートは使いにくいように法律やインフラが整備されていると話す。 つまり、使うのかむずかしくなっているということ。 ・実は2つの質問をする。 ・1つ、リュークが見える人間が他に存在するか。 リューク「存在する。 ノートを触ったことがある人間」 ・2つ、ノートの所有権がある人間からどれくらいの距離をリュークは離れることができるのか。 リューク「わからない」実「じゃあ決めてくれ」リューク「14km」 ・実は考えた結果、計画を決め、一度ノートを手放して、2年後にまた来るように指示。 広告 ・2年後、計画を実行する。 計画は「デスノートを売ること」 ・オークションで売るという。 自分では出品しない。 テレビを使って、ツイッターで金額を提示させるという、方法。 ・リュークにサクラTVまで行かせる。 実の家から11km離れている。 ・リュークがテレビの生中継に登場。 テレビ局に置いてあった紙とペンで「遠隔で人を殺せるキラの力を競りにかけて売ります。 買いたい方はtwitterに kiranochikraでアメリカドルで金額を提示してください」と書いた紙を持って登場。 ・普通の人には紙が宙に浮いているように見える。 ・警視庁で松田がこの番組を確認し焦る。 ・アメリカではニアも情報を聞きつける。 ・ニアは、「死神の顔認証システム」を作ろうとしていた。 ・死神は所有者から離れられないから、絶対日本にいると確信。 殺人兵器を売買することは罪ではないから。 ・ニアは警視庁へ連絡。 リュークが床から出てきて帰りも床から地面に潜っていったことを聞き、これでは「死神顔認証システム」は役に立たないので開発を諦める。 ・実は入札の期限を1週間だと追加で発表する。 ・その放送中に、松田が登場「こんな力を買ってはいけない」と力説。 ・それが返って信ぴょう性を高めることになってしまい、一気に入札は過熱。 個人間の争いから国同士の争いへ。 ・実は再び追加で条件を設定。 ツイッターを辞め、国の政治の代表者がメディアを通して金額を正式に発表するようにさせる。 ・平和のためなどと力説しながら各国が金額を発表し始める。 ・実は「金額以外のことは言うな」と追加で指示。 ・最終的に金額は1000兆円を超える。 ・落札国が決定。 広告 ・実はリュークにこの後の段取りを説明。 ・ニアは考える。 なぜなら、死の前の23日間の行動を操れば、オークションなどやらずに金を受け取れるから。 ・そのころ、リュークのところへ別の死神がやってくる。 ・死神大王がリュークを呼んでいるので死神界にいったん戻るように伝える。 ・リュークとりあえず落札国を発表。 ・落札国はアメリカ。 ・金の受け渡し方法は「1000兆円をヨツバ銀行に普通口座を持つ東京都内に戸籍のある2019年5月24日までで60歳以下に 等分し、同年5月27日までに振り込む」 ・100万人で山分けと仮定すると、単純計算で一人10億円を手にすることになる。 ・都内の人は歓喜。 ヨツバ銀行に人が講座を作らせろと押し寄せパニック。 Lになってから初めて負けた」 ・実はアメリカのヨツバ銀行への支払いを確認しリュークにデスノートを渡す。 そして二度と自分の前に現れないように約束させる。 ・リュークはアメリカ大統領にノートを触らせる。 ・リューク「死神大王にノートの売買を怒られた。 ゆえに新しいルールが加わった」 ・ノートを売買したものは死ぬ。 売った人間は金を受け取った時。 買った人間はノートを受け取った時。 ・アメリカ大統領はノートを受け取らない代わりに生き延びる。 ・一方、新ルールを知らない実は、金を受け取った瞬間に死ぬ。 ・リューク「計画完璧だったが、ノートを使った人間は使い方どうあれ不幸になるってことだな。 またこのノート長く使ってくれる人間いないかな」 完 広告 「DEATH NOTE 新作読切ネーム(小畑版)」ツイッター感想 DEATH NOTE、100回は読んだし、リアルタイムでジャンプ読んでいるときは楽しみすぎて死ぬかと思っていたけど、そんな熱狂的なファンでも、最高と思える出来。 新作が公開されるというだけでもすごいのに、それをネームとはいえ、無料で公開してしまうという。 これは集英社、出版社の新しいビジネスモデルが出来上がりつつあるということでしょうか。 広告 tetsutylor.

次の

デスノートの読み切りVer.があるって聞いたんですけど……あの長編がどんな風に読...

デスノート 読切

同時に2008年掲載の読み切り<cキラ編>も公開されています。 どちらも期間限定とのことです。 正直<cキラ編>は本編に比べて当時イマイチな印象だったのですが、<aキラ編>は本編に負けず劣らずの出来でめちゃくちゃ面白かったです! ラッキーマン風の大場先生版のネームも見てみたいですね。 連載当時、誰しもが「もし自分がデスノートを持ったら」という妄想をしたと思いますが、今作は「もし新作読切の内容が実際に起こったら」という妄想が捗る作品となってます。 色々考えてたら頭の中がごちゃごちゃしてきたので、整理するために 自分用のメモとしてまとめておきます。 ちなみに、私は連載・単行本・アニメ・映画(邦画)を見たくらいの一般的な知識しかなくルールの詳細等はで調べました。 デスノートガチ勢からするとお粗末な内容かもしれません。 また、あくまで ネーム版の描写に基づいた考察なので原稿になったら変わってるかもしれません。 1.時系列 <掲載年>と物語中の年を記載。 <本誌連載:2003~2006年> L編:2003~2004年 ニア編:2009~2010年、キラ崇拝描写2011年 <本誌掲載読切:2008年> cキラ編:2013年 <新作読切ネーム:2019年><SQ掲載読切:2020年> aキラ編:2019年 FBIと対決した2003年から16年も経過している。 確かに今となっては不可能な方法も多そう。 2.見どころ ・誰もが妄想したであろう「デスノートを使っての金儲け」を人を殺さずに実現している。 ・100%バレない方法で「デスノートを売ることに成功」している。 ・L(ニア)が初めて負けた。 ・デスノートに新ルールが追加される際の描写。 ・令和ネタが盛り込まれてる。 ・相変わらずリュークが可愛い。 ただ、作中のデスノートの売買は「キラが存在した世界」だからできたものなので、現実に売買するには本物であることを示すための殺人は避けられない気がする。 ちなみに私自身は途中で仮想通貨を使っての入金を予想してたが外れた。 デスノートはリンゴ13個と交換で死神大王がくれるらしい。 安すぎ汗 死神がデスノートを使ったお金儲けを人間に教えてリンゴを稼ぐということをしないのだろうか。 また、学校で行われる知能テストはあくまでも「年齢に対する発達度合」を見るためのもののはず。 つまり、学校の知能テストで全国1位だったとしても母数が少ない上に、それがそのまま頭がいいということにはならない。 wiki記載ルール。 所有権を持たない状態でデスノートの記憶を取り戻すには、使用したことのあるデスノートに触れるしかない。 ただしふたたび所有権を得ない場合は、ノートを離すとふたたび記憶を失う。 2019年にデスノートが触れた瞬間にミノルの記憶が戻ったがデスノートはリュークが持っている=死神が持っていてもデスノートに触れただけでミノルに所有権が移った。 しかし、大統領も同様にリュークが持った状態でデスノートに触れている=所有権が大統領に移らないとおかしい。 「受け取らない」が所有権の放棄かと思ったが大統領の記憶はそのままで矛盾している。 この期間に口座を作ったというのはありかもしれないが、中学3年生でもどこかしらの口座を持ってるはずで、持ってる銀行口座に合わせた対象者の絞り込みをすればいいだけ。 有力なのは、ミノルが「死神がちゃんと約束を守るのか試した」というところか。 が、世間からLのコメントを求める描写がなかったのは気になった。 また、「アメリカに住んでるから」という理由でアメリカ政府からのデスノート奪還を断ったのがよく分からなかった。 アメリカ敵対国に住んでるならともかくアメリカに住んでるからデスノートの脅威はないということか。 等分するのはアメリカなのだから「東京都内に戸籍のある人」の判別は困難。 まあこれは厳格なルールではないので、おそらくヨツバ銀行(及び日本政府)に協力してもらいデータベースで「最新住所が東京都内の人」で判断したと推測。 とはいえ、たった数日で対象者に等分振込するのは無理な気がするが。。 この場合、「2019年5月24日に61歳になった人」と「東京に住んでるのに県外で口座開設して住所変更してない人」から大量のクレームが発生しただろう。 10兆ドルで落札されたから一人10億円となったが、1兆ドルだった場合は当然一人1億円になる。 参考までにヨツバ銀行のモデルであろう三菱UFJ銀行の国内個人の口座数は4000万口座。 07=280万口座。 6=約170万口座。 ミノルは「60歳以下」ありきではなく「一人10億円」を狙ったと考えるのが自然なので、落札金額次第では受け取り対象を絞った可能性が高かったと思われる。 当然その場合特定されるリスクが上昇する。 対して国家間の場合どうなるのか分からない。 日本(ヨツバ銀行)の残高が10兆ドル増えるのはOK。 アメリカ側は連邦準備銀行の残高が10兆ドル減ったと考えるのが自然か。 参考までにが載っていた。 物理的な紙幣の送付ではないと思われる。 単純計算で10兆ドルの半分である550兆円超が税金として日本に納められる。 これによりしばらくは社会保障が充実することだろう。 中高生が贈与税にまで頭が回るのか微妙な所なのでミノルにとって贈与税は計算外だったと思う。 しかも手元に残る4億5千万円もバブルにより価値が下がるので生涯賃金以下になりそう。 また、以下の流れで大幅なインフレが発生する。 バブル=給与も物価も上がるものなので「令和バブル」「キラバブル」の一言で一応は説明されている。 4兆ドル。 デスノート購入により約2年分の予算が吹き飛んだことになる。 金額が大きすぎて正直分からないところではあるが、おそらく公共事業は全て停止され、最低限の社会保障だけの運用となり一時的な不景気が訪れるものと思われる。 とはいえ、デスノート所持国として(実際は持ってないが)各国と有利な取引ができるようになるので、すぐにいつものアメリカ経済に戻るだろう。 特に日本に大しては強気で出てくると想定。 また、他の国からアメリカに対する抗議のような声が上がる描写が欲しかったところ。 同様にアメリカを崇拝する人も出てくるはず。 が、実際は「オークション成立直前」に別の死神ジャスティンが来て「死神大王が呼んでる」と伝えているのでルール追加はその際には行われてると考えるのが妥当。 死神からすれば人間の都合なんてどうでもいいという描写でもある。 とはいえ、死神大王はジャスティンに新ルールの伝言を頼むくらいすればよかったとは思う。 人間界でデスノートの売買をした者は死ぬ 売った人間は金を受け取った時 買った人間はノートを受け取った時とする 「ノートを受け取った時」は明確。 「金を受け取った時」というのが曖昧で、ミノルはATMから引き出したとき=現金を手にしたときにリュークに名前を書かれて死亡した。 この描写からすると口座残高が増えただけではお金を受け取ってないことになり、クレジットカードや電子マネーでの使用は問題ないように思われる。 また、お金ではなく「金塊等との物々交換」や「何かしらの権利との交換」は問題ないということにもなる。 とはいえ、売買判断はおそらくリューク(取り憑いてる死神)がやっているので、リュークがお金を受け取ったと判断したら名前を書かれるのだろう。 とりあえず思いついたことを適当に書き出しただけなので構成まとまってません。 そのうち綺麗にするかもしれません。 明言されてないので推測ですが、おそらくデスノート世界における死は「寿命(事故等含む)」か「デスノート」によるものしかなくそれ以外の描写はありません。 なので、「デスノートの売買をしたら死ぬ」というルールは「死神が守るべきルール」であって、最後はリュークが名前を書いたために死んでしまったものと理解しました。 まあ詳細が解説されてないので個人の一考察と受け取ってください。 これはその通りですね。 ただ、受け取らないのに記憶が残ってるのは矛盾かなと思いました。 コメントする.

次の

『DEATH NOTE 特別読切』のネタバレ&最新話!デスノート復活!?

デスノート 読切

2019年7月13日(土)公開、小畑健先生によるマンガ「DEATH NOTE(デスノート)」の最新作読切ネームのあらすじネタバレをご紹介します。 読み切りネームは、全87ページが無料で公開されていますので、今回はその内容をまとめてみました。 ネームとは、鉛筆書きの簡単な絵とセリフでできている漫画ができる前の下書き、ラフ画のようなもののことです。 ネタバレを読みたくないという方、間違ってこのページにきてしまったという方お戻りください。 広告 では、「DEATH NOTE 新作読切ネーム(小畑版)」をご覧ください。 「DEATH NOTE 新作読切ネーム(小畑版)」あらすじ ・リュークが人間界に再びやってくる ・リュークは田中実という青年にノートを触らせる ・実「久しぶりリューク」記憶を取り戻す実。 予定通りの様子。 ・話は2年前にさかのぼる。 ・高校生の田中実は、学力は平凡だが、IQが全国1位という。 ・それを聞いたリュークは、実にデスノートを渡す ・困惑する実。 自分はいわゆる「頭が良い」訳じゃない。 簡単に言うと、IQが高いというのは、クイズとかなぞなぞが得意ということだと説明。 ・夜神月はIQも頭も良かったが、IQの方がデスノートには向いている気がするとリュークは言う ・リュークは「デスノートの使い方」「キラ事件」についての知っていることを全て実に話す。 ・それを聞いた実。 今は時代が変わって、前よりもデスノートは使いにくいように法律やインフラが整備されていると話す。 つまり、使うのかむずかしくなっているということ。 ・実は2つの質問をする。 ・1つ、リュークが見える人間が他に存在するか。 リューク「存在する。 ノートを触ったことがある人間」 ・2つ、ノートの所有権がある人間からどれくらいの距離をリュークは離れることができるのか。 リューク「わからない」実「じゃあ決めてくれ」リューク「14km」 ・実は考えた結果、計画を決め、一度ノートを手放して、2年後にまた来るように指示。 広告 ・2年後、計画を実行する。 計画は「デスノートを売ること」 ・オークションで売るという。 自分では出品しない。 テレビを使って、ツイッターで金額を提示させるという、方法。 ・リュークにサクラTVまで行かせる。 実の家から11km離れている。 ・リュークがテレビの生中継に登場。 テレビ局に置いてあった紙とペンで「遠隔で人を殺せるキラの力を競りにかけて売ります。 買いたい方はtwitterに kiranochikraでアメリカドルで金額を提示してください」と書いた紙を持って登場。 ・普通の人には紙が宙に浮いているように見える。 ・警視庁で松田がこの番組を確認し焦る。 ・アメリカではニアも情報を聞きつける。 ・ニアは、「死神の顔認証システム」を作ろうとしていた。 ・死神は所有者から離れられないから、絶対日本にいると確信。 殺人兵器を売買することは罪ではないから。 ・ニアは警視庁へ連絡。 リュークが床から出てきて帰りも床から地面に潜っていったことを聞き、これでは「死神顔認証システム」は役に立たないので開発を諦める。 ・実は入札の期限を1週間だと追加で発表する。 ・その放送中に、松田が登場「こんな力を買ってはいけない」と力説。 ・それが返って信ぴょう性を高めることになってしまい、一気に入札は過熱。 個人間の争いから国同士の争いへ。 ・実は再び追加で条件を設定。 ツイッターを辞め、国の政治の代表者がメディアを通して金額を正式に発表するようにさせる。 ・平和のためなどと力説しながら各国が金額を発表し始める。 ・実は「金額以外のことは言うな」と追加で指示。 ・最終的に金額は1000兆円を超える。 ・落札国が決定。 広告 ・実はリュークにこの後の段取りを説明。 ・ニアは考える。 なぜなら、死の前の23日間の行動を操れば、オークションなどやらずに金を受け取れるから。 ・そのころ、リュークのところへ別の死神がやってくる。 ・死神大王がリュークを呼んでいるので死神界にいったん戻るように伝える。 ・リュークとりあえず落札国を発表。 ・落札国はアメリカ。 ・金の受け渡し方法は「1000兆円をヨツバ銀行に普通口座を持つ東京都内に戸籍のある2019年5月24日までで60歳以下に 等分し、同年5月27日までに振り込む」 ・100万人で山分けと仮定すると、単純計算で一人10億円を手にすることになる。 ・都内の人は歓喜。 ヨツバ銀行に人が講座を作らせろと押し寄せパニック。 Lになってから初めて負けた」 ・実はアメリカのヨツバ銀行への支払いを確認しリュークにデスノートを渡す。 そして二度と自分の前に現れないように約束させる。 ・リュークはアメリカ大統領にノートを触らせる。 ・リューク「死神大王にノートの売買を怒られた。 ゆえに新しいルールが加わった」 ・ノートを売買したものは死ぬ。 売った人間は金を受け取った時。 買った人間はノートを受け取った時。 ・アメリカ大統領はノートを受け取らない代わりに生き延びる。 ・一方、新ルールを知らない実は、金を受け取った瞬間に死ぬ。 ・リューク「計画完璧だったが、ノートを使った人間は使い方どうあれ不幸になるってことだな。 またこのノート長く使ってくれる人間いないかな」 完 広告 「DEATH NOTE 新作読切ネーム(小畑版)」ツイッター感想 DEATH NOTE、100回は読んだし、リアルタイムでジャンプ読んでいるときは楽しみすぎて死ぬかと思っていたけど、そんな熱狂的なファンでも、最高と思える出来。 新作が公開されるというだけでもすごいのに、それをネームとはいえ、無料で公開してしまうという。 これは集英社、出版社の新しいビジネスモデルが出来上がりつつあるということでしょうか。 広告 tetsutylor.

次の