千と千尋の神隠し ラストシーン。 【ジブリ都市伝説#1】千と千尋の神隠しの幻のラストシーンについて!?映画館で観た人続出!?

千と千尋の神隠しの幻ののラストシーンについてです…自分もこれを...

千と千尋の神隠し ラストシーン

Contents• 千と千尋の神隠しラストは時間がどれくらい経っていた? 千と千尋の神隠しのラストって、車汚れていたよね。 あちらの世界と現実の世界の時間が違うと示している。 2001年7月に公開されたこの作品は、308億円もの興行収入を叩きだし、「タイタニック」や「アナと雪の女王」、「君の名は」などを抑え、今も 日本歴代興行収入堂々の第一位の記録をキープしています。 監督を務めた宮崎駿は「 もののけ姫」までにやりたいことをやり切り、この作品からかなり作風を変えたのだとか。 それまでの宮崎駿作品はメッセージ性のしっかりしたものばかりでしたが、確かに「千と千尋の神隠し」では明確なメッセージはないように感じます。 とはいえ、興行収入やテレビ放送時の視聴率などを診れば、世間からの評価は一目瞭然でしょう。 そんな「千と千尋の神隠し」について様々な考察を行っていますが、今回は 千と千尋の世界での時間の流れについて見ていきたいと思います。 トンネルに入ってから色々なことがあったものの、そこまで長い時間が経っているようには思えないのに、ラストシーンでは現実世界でかなりの時間が経っているような描写もされていますよね。 では、千尋たち家族がトンネルに入り、また出てくるまでに現実世界ではどれくらいの時間が経過していたのでしょうか? 宮崎駿監督へのあるインタビューによると、 現実世界で経過した時間は2か月だそうです。 冒頭のシーンとラストシーンでの車周辺の変化を見てみると• 木の生い茂り方が違う(成長している)• 車の上に葉っぱが積もっている• 車の中がホコリだらけになっている• トンネルの壁が朱色からただの石垣になっている(魔法が解けたという描写?) などがありました。 お父さんもビックリしていましたよね。 この変化から、たった数日の出来事ではないことがわかります。 ではなぜ2か月なのか・・・?• エンジンが問題なくかかる• 半袖でも寒くなさそう だからです。 まだ気候が激しく変化していない頃で、しかも車の中に埃が溜まるくらいの期間ということでだいたい2か月くらい経過している、ということで間違いなさそうです! ちなみに 車のバッテリーは一般的に、1年くらい放置すると上がってしまうため、数か月に1度はエンジンをかける必要があります。 ということは、戻ってきたのが1年後の夏ということは考えにくいですよね。 では、経過した月日は半年くらいでは?という意見もありましたが、そうすると季節は真冬。 とてもじゃないですが、半袖ではいられないでしょう。 やはり 現実世界で経過した時間は2か月くらいが妥当だと考えられます。 湯屋で千尋は何日過ごした? 千と千尋の神隠しで千尋は湯屋「油屋」にいったい何日過ごしたのだろ.. 帰ったとき、車に草やツタが被っていたけど、もし一年以上いたら相当苦労してたよね。 既に何日か経ってるのか?ってわけじゃないか — 米著功 yonecyoko 現実では2か月くらい経過していましたが、千尋は湯屋(トンネルの中)で何日くらい過ごしたのでしょうか? トンネルの中での出来事を時系列でまとめてみました。 トンネルを抜けてくる(昼)• 湯婆婆と契約する(夜)• 湯屋で働き始める・両親(豚)と対面する(昼)• 「お腐れ様」の接待をする(夜)• 瀕死のハクを救う• カオナシが暴れる(昼)• 電車で銭婆の所へ行く(夜)• ハクの名前を思い出す(昼)• 両親を助けて湯婆婆との契約を解除する。 現実世界へ(昼) これらの出来事がコンスタントに起こったと考えると、湯屋で過ごしたのは 約4日。 あっという間の滞在だったといえます。 しかし! 4日よりもっと長い間滞在していたのではないか?という意見もたくさんあり・・・ その理由の1つが一緒に働いているリンと千尋が「 今日から大湯番だ」と言われること。 また、この話では最初と最後で千尋の心の強さが全く違いますよね。 千尋は様々な出来事を通し、恐れていた湯婆婆にも「おばあちゃん」などと言ってしまうくらい、すごく芯のある強い人間に成長しています。 話し方や目つきも別人のようです。 子どもの成長はすごい!とはいえ、たった3,4日でここまで変われるものでしょうか? ある程度の間湯屋で過ごし色々な経験を積む中で、千尋は成長したと考える方が自然な気がします。 とはいえ現実世界とは時間の流れ方が異なるという前提があるので、湯屋にいたのは2か月よりも短い間。 総合すると、千尋が湯屋にいたのは短くて1週間ほど、長くて1か月くらいかな~と思うので、間を取って 約2週間だと予想しました! 2週間なら、これだけの出来事が起こっても自然ですし、千尋も親のいない特殊な環境の中で強く成長できるでしょう。 まとめ ジブリ映画「千と千尋の神隠し」の 時間の経過について考察しました! 物語の中で経過した時間は、車周辺の環境の変化、湯屋での出来事、千尋の成長などから• 現実世界・・・約2か月• 湯屋の世界・・・約2週間 と予想しました! トンネルの中と外では時の流れ方が違うだろうと思うので、ハクも早く湯婆婆とケリをつけて現実世界に戻って来られるといいですね>< ぜひ細かい描写の中から千と千尋の世界の時間の流れを感じつつ、作品を楽しんでください!.

次の

【千と千尋の神隠し】ラストシーンで豚の中に両親がいないと分かった理由【考察】|水銀くん|note

千と千尋の神隠し ラストシーン

自分の名前を取り戻した千尋は、ハクと別れてトンネルを抜けようと足を進めます。 ハクが口にしていた「決して振り向いてはいけない」という教えを守り歩みを進めますが、途中で振り向きそうになってしまいます。 ですが髪留めがキラリと光ったことで踏みとどまり、トンネルを無事にわたりきることができました。 乗ってきた車は長い時間が経過したかのように埃まみれに。 両親と合流した千尋は、抜けてきたトンネルを無言で見つめ続けます。 両親に呼ばれた千尋は家族と一緒に車に乗り、新しい生活へと出発していきました。 これが私たちの知っているエンディングですね。 ですが、ネットではこのエンディングの後に続きがあったと言われています。 千尋が車に乗り込むと、髪留めが銭婆からもらった髪留めに変わったことに気づく。 千尋はなぜだか覚えていないため、不思議に思う。 新居に向かう途中で丘から引っ越し業者が到着しているのが見える。 千尋の母が「もう業者さん来ちゃってるじゃないの〜」と父親に怒る。 新居に到着後、引っ越し業者の1人から「遅れられると困りますよ〜」と注意される。 千尋が1人で新居の周りを歩いていると、短い橋の架かった緑ある小川があることに気付く。 橋から川を眺めていると、千尋は一瞬ハッと悟ったかのような表情。 この川がハクの生まれ変わりであることに気付いた?かのような余韻を残して物語が終わる。 さらに、 ハクが八つ裂きになったことにも言及したシーンがあるなんて噂もあります。 なんだか見たことがあるような、ないような… 私自身、小学生の頃に映画館に見に行って絵本も買っていますが、正直このラストは正直記憶にはありません! ただ、髪留めのくだりは記憶の隅にあるような気がします。 1週間限定・一部の映画館で上映された? ネット上に幻のエンディングが拡散されると「見たことある!」という声が多く上がりました。 しかし、テレビ上映される際などはいずれも通常のエンディングで終了しています。 幻のエンディングについては、 1週間限定で一部劇場でのみ公開されていた とも言われています。 そんなことある…?? まあ普通に考えたら、上映劇場ごとに内容が違うなんてことはありえないかと思います。 ジブリ美術館で限定公開とかの方がまだ信じられますね。 なんで? — たたみ ん tatami33 千と千尋の神隠しさ、エンディングに引越し業者が「困りますよ〜」みたいな事言ってて、千尋が川見てるシーンみたいなのなかった? 鮮明に覚えてるから気のせいとも違う気がして — 古都子 KnockYourHeart 今日は千と千尋の神隠しか〜 ノーカットって言ってるけど、都市伝説と言われるラストシーンどうかのかな?めっちゃちっちゃい頃にすごいぼんやり見た記憶あるんだよね、ググると一致するんだよね — 💜ちゃそ🖤 ゲーム垢 dfy1023 千と千尋の神隠しの劇場だけで流れたっていう都市伝説のシーン、劇場行ったけどひとつも見た記憶がない — ひたき💩 hitaki89 ネットを見てみると、幻のエンディングが 自分の記憶の中にあるシーンと一致するという声がかなり多く上がっていました。 まさか…本当に上映されていたのでしょうか? 幻のエンディングはただの都市伝説? 『千と千尋の神隠し』の幻のエンディングについて調べてみると、• 見た記憶がある• 勘違いでしょ この2つの意見で真っ二つとなっていました。 ここでは幻のエンディングについて実際に存在するのかどうかを検証をしていきたいと思います。 2ちゃんねる発祥のデマ? 幻のエンディングの噂の出所は、どうやら2ちゃんねるの書き込みだったようです。 2014年11月21日に、2ちゃんねるの「ニュース速報(VIP)板」に立てられたスレッドがこちら。 当時の書き込みではほとんど同意されずにあしらわれていました。 しかしながら、書き込みされた日が『千と千尋の神隠し』のテレビ放送当日だったことから、Twitterなどで一気にこの情報が拡散されることに。 その後に「1週間限定公開されていた」という情報も後付けされ、テレビ放送がされるたびに話題が取り上げられるようになりました。 似てるシーンからくる記憶違い? 『千と千尋の神隠し』が公開されたのは、2001年。 劇場へ見に行った方の記憶も、20年近く前のものとなります。 そのため、 記憶違いが起きている可能性も高いです。 幻のエンディングについては、 本編中に酷似したシーンが複数存在しています。 本編では、• 最後に一家がトンネルを抜ける際に千尋の母親が「引越しのトラック、もう着いちゃってるわよ」と発言• ハクが琥珀川の生まれ変わりと告げた時に川の描写があり、千尋がハッとした表情をする などとといったシーンがあります。 こうした作品内での断片的な記憶が記憶されていたため、幻のエンディングを聞いた時に「見たことある!」という気持ちになったんだと考えられます。 しかし、テレビ放送はDVDでは通常のエンディングが放送されるため、幻のエンディングを見ることはできません。 画像や動画も一切出回っていないため、自分の頭の中で幻のエンディングを思い浮かべるしかありません。 テレビ放送だったりネットで情報に何度も触れる度に脚色した記憶を呼び起こすため「実際に見た」と脳が勘違いをしている可能性が高いでしょう。 1週間限定公開説は東宝が否定 実際に上映されたかどうかは、配給会社に聞くのが一番早いでしょう。 『千と千尋の神隠し』の配給を担当したのは 東宝です。 東宝の担当者は、劇場公開で一部で別バージョンの内容が限定公開されたかいう質問には 「そのような別バージョンの興行があったという話は聞いたことがない」 と、完全否定していました。 1週間限定で一部で劇場公開されたという説はこれで完全になくなりました。 ジブリは幻のエンディングに言及せず 配給会社が否定したとしたら、ジブリはどうでしょうか。 ジブリは過去に『となりのトトロ』の都市伝説について否定したこともありますが、今回はどうでしょう? 幻のエンディングについてのジブリ側の回答は… 「ファンの解釈にかかわってくるものもあるため、基本的に内容について発表することはしていない」 とのことでした。 客観的に見ると、幻のエンディングはやっぱり記憶違いだったのかなと感じてしまいますが、ジブリは受け取り側の余白を残してくれたようです。 また、個人的には幻のエンディングがつくと 「説明しすぎ感」が出るような気もします。 ジブリ作品はこうした説明は少ないことが多く「ある程度は観た人の感情に委ねる」というスタンスが強いと感じます。 幻のエンディングがないからこそ色々な解釈ができる、これぞジブリのセンスだと思います。 ただ、明確な否定はしていませんので、信じるか信じないかはこちらの自由、と言えますね。 千と千尋の神隠しの幻のエンディングまとめ 『千と千尋の神隠し』の幻のエンディングについての情報をお届けしました。 ネットでは通常のエンディングに加えて、ある描写があったことが話題になっていました。 「同じシーンを見たことがある」という声も多数上がっており、信憑性がある情報かと思われましたが、東宝によると一部で違うバージョンを上映したという事実はないそうです。 上映が20年近くも前ということで、それぞれ酷似したシーンなどが頭の中で混ざって、存在しない幻を作り上げてしまったのかもしれません。

次の

千と千尋の神隠しのあらすじ(ネタバレ)感想、ラスト結末は?リンの声って誰?

千と千尋の神隠し ラストシーン

この記事で分かること• 湯女の都市伝説!千と千尋の神隠しのテーマは「夜の店」… 人気映画だけに、色々と憶測や都市伝説が多い「 千と千尋の神隠し」。 数々の都市伝説の中に、人間界から別の世界に紛れ込んだ千尋が働く世界は「夜の店」であったというものがあります。 表面上では、千尋が働く「油屋」はその世界の魔女である湯婆婆が作った神々のための温泉施設という設定。 千尋は「 湯女(ゆな)」という立場で働くことになりますが、この湯女とは江戸時代にも存在した 夜のお店の女性を指すのです。 また千尋は、湯婆婆に名前を取られて「千」という名前になりますが、それは夜の店で言う「 源氏名」のようなものと考える人も少なくありません。 湯婆婆、銭婆は「悪役」の設定だったという都市伝説 口が悪く横暴な性格ながらも、スタッフ想いの 湯婆婆。 その姉で湯婆婆よりは聞き分けがよく、フランクな性格の 銭婆。 彼女たちも千と千尋の神隠しにおいて重要な役割を担っているのは言うまでもないことでしょう。 そんな2人ですが、なんと初期構想では「完全な悪役」として登場する予定だったのです。 そして 千尋によって倒される設定だったとの都市伝説があります。 まず湯婆婆を倒し、物語の黒幕的存在だった銭婆も倒すというストーリー展開。 当初はこのまま映画製作を進める流れだったのですが、これでは感動的なストーリーと言うよりもむしろアクション映画になってしまう… そんな懸念に加えて、このプロセスを採用すると 上映時間が3時間を超えてしまうということで、泣く泣く現在の形に落ち着いたとのこと。 また、ここでカオナシを登場させたことにより物語の変更が容易になったとも言われています。 結局は幻となった、初期構想での「 アクション版」。 とは言え、現在のストーリーでなければあれほどの感動作にはならなかったのかもしれません。 Sponsored Link 最初は「千と千尋の神隠し」ではなく「千とちさとの神隠し」だった? 今でこそ「千と千尋の神隠し」という名前で定着しているものの、実はこの映画。 当初のタイトルは「 千とちさとの神隠し」になる予定だったとされています。 その「 ちさと」ちゃんとは宮崎駿の知人の娘さんのことで、家族ぐるみで親交が深かったようです。 そんな流れから映画名は「千とちさとの神隠し」にしようという流れになりました。 が、作品のモチーフ的に問題アリということで、あえなく「千尋」に変更されたという話。 こんな経緯からも「夜のお店」が描かれていたという信憑性は高そうですね。 千と千尋の神隠しに登場する「2人の母親」 実は「無気力な少女」の成長物語という側面を持った、千と千尋の神隠し。 周りへの関心が薄く消極的な千尋を観察すると、確かに 現代の子供に通じるものがあります。 「 このままでは未来に期待できない」といったジブリ側からの暗黙のメッセージが聞こえてきそうです。 しかしこの状況を作った原因は子供だけでなく、保護者である両親にもあるのではといった示唆も含まれている様子。 都市伝説によると、千と千尋の神隠しは「 2タイプの母親」を登場させて現代社会に警鐘を鳴らしていると言います。 まず1つは、 千尋の母。 夫とはしっかりコミュニケーションを取ってはいるものの、娘の千尋には極めて冷淡な態度で接することから「一種のネグレクト 無視 ではないか」と揶揄されています。 それとは対照的に、 坊の母親である湯婆婆。 彼女はこれでもかと言うくらい息子の坊を甘やかしています。 映画の終盤で坊は親離れを果たしますが、それ以前の性格はまるで正反対でしたよね。 子供の発育や自我の発達にそれぞれ影響を与えた、2人の母親。 彼らを登場させることで「 これでは将来、子供が大変なことになってしまう」と、スタジオジブリは「千と千尋の神隠し」を通じて伝えたかったのではないでしょうか。 Sponsored Link 「電車の乗客」はなぜ黒い?リアルすぎる都市伝説 ハクが盗んだ契約印を返し、彼を許してもらうために千尋はカオナシや坊たちを連れて銭婆のもとへ向かいます。 そこに行くまでは 電車を使うのですが、その電車や乗客は少し異様でしたよね… 鉄道自体に行きはあっても帰りのルートはなく、乗客の体は真っ黒で顔が分かりません。 都市伝説によると、この電車を利用する乗客は「 人間界で自殺を考えている人間たち」だと言われています。 途中に駅があって乗客が降りるのは「 自殺を思いとどまって再び生きることを決意した」という意味に取れるようです。 あくまでも都市伝説ですが、使命感を心に持ちながら電車に乗る千尋の周りでそんなことが起きていたとは…何だか驚いてしまいます。 千と千尋の神隠しには「幻のラストシーン」が存在する? さて、千と千尋の神隠しの「 ラストシーン」と言えば何を思い出しますか? 家族揃って人間界に戻り、葉っぱで荒らされた車を片付けて引越し先の新居に向かうというシーンはおなじみですよね。 ところが、映画公開の直後。 千と千尋の神隠しを観たジブリファンたちは「 別のシーンがあった」と主張しているのです。 彼らに言わせると、千尋の母が父に「もう引越し業者さん来てるわよ」と文句を言い、引越し業者からも「時間に遅れると後で困る」と叱られていたとのこと。 そして千尋は近所を一人さまよい、ハクが神様となっている川をぼんやりと見つめていた…そんなラストがあったと言うのです。 さらには「千尋が転校した学校に ハクらしき少年がいた」「確かにこの目で見た」といった視聴談が相次ぎ、都市伝説になっているほど… そんな「幻のラストシーン」ですが、残念ながらDVDやロードショーでは観られないため裏話として尾ひれが付いていったのです。 以上、千と千尋の神隠しの都市伝説をお届けしました。 これだけの都市伝説や憶測が寄せられるとはさすが話題作。 今度は都市伝説を楽しみながら映画を観たいものです。

次の