ウエスト くびれ を 作る。 【くびれ】の作り方おススメ11選!短期間で引き締まったウエストに!

くびれを作る6つの簡単ダイエット方法のコツとは?

ウエスト くびれ を 作る

モデルさんを見ていると、ウエストがきゅっと引き締まっていて、「綺麗だなあ」と思いますよね。 モデルのような、くびれを作るために「とりあえず腹筋をやってみたけど、なかなかくびれができない」という人はかなり多いようです。 残念ながら、普通の腹筋では、モデルさんのような綺麗なくびれを作るのは難しいでしょう。 いわゆる横になって上半身を上げたり倒したりする腹筋では、「腹直筋」というお腹の正面の縦に伸びている筋肉が鍛えられるので、くびれはできません。 くびれの作り方としては、脇腹周辺にある「腹横筋」と「腹斜筋」を鍛える必要があります。 またくびれには姿勢や、骨盤も大きく関わってくるので、そういった点も含めて、一週間でウエストを細くして、短期間でできるくびれの作り方を紹介していきます。 ハードな方法から、簡単な方法まで、たった一週間でくびれを作ることのできる方法を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。 ウエストがくびれていかないのにも理由があります。 まず、くびれの作り方を説明する前に、くびれない理由を説明していくので、確実にチェックしていきましょう。 1、体脂肪が多い くびれは無駄な脂肪がなく、程よく筋肉が付いている状態なので、体脂肪が多いとくびれはできません。 今回くびれの作り方を紹介していきますが、お腹につまめるレベルでお肉がついている人は体脂肪を減らすこともやっていかないと、くびれは作れないでしょう。 内臓脂肪が多いなどといった場合もくびれを作るのは難しく、お腹だけポッコリ出た状態になってしまいます。 食事制限や、運動、サプリなどで体脂肪も減らしましょう。 2、骨盤がゆがんでいる 骨盤がゆがんでいる場合も、くびれを作るのが難しいです。 骨盤がゆがむということは、骨盤が広がってしまっているということなので、脂肪がついていなくても太く見えますし、内臓が下がってきて下腹が出てしまいます。 骨盤が歪む原因となること• 片方の肩でばかりカバンを持つ• 良く足を組む• 姿勢が悪い• 座りっぱなし立ちっぱなしが多い• 出産 このようなことが原因で骨盤は簡単にゆがんでしまうので、出産以外の改善できる部分は改善をして、骨盤を正常な位置に戻すということが大切です。 3、姿勢が悪い 姿勢が悪いと、正しく筋肉が使われなかったり代謝が悪くなってしまったりし、お腹周りに脂肪を溜めてしまう原因になります。 また姿勢が悪いと骨盤もゆがんでしまうので、ウエストからヒップにかけてのラインがどうしても悪くなってしまうでしょう。 姿勢はどうしても崩れてしまいがちですが、体幹を鍛えていくことで姿勢は正していけます。 くびれの作り方としても体幹を鍛えて姿勢を良くしていく方法も紹介していくので、姿勢が気になる人はやってみてください。 4、普通の腹筋運動をしている 最初でも言いましたが本当にありがちなのが、ウエストを細くしてくびれを作りたいのに、普通の腹筋運動をしていることです。 普通に腹筋運動していても、ウエストはあまり細くなっていきません。 最初にも言いましたが、くびれの作り方としては、「腹横筋」と「腹斜筋」を鍛えていく必要があります。 くびれを作りたいのであれば、普通の腹筋はやめて、ここで紹介する方法をやってみてください。 くびれがあるメリット くびれを作っていくためにある程度頑張っていかなくてはならないので、くびれができたらどうなっていくか考えることも大切です。 ここではくびれがあるメリットを紹介していくので、モチベーションを保つために確認しましょう。 スタイルが良く見える くびれがあるとスタイルが良く見えます。 細いことも大切ですが、スタイルが良いと言われる人はバランスが良く、ウエストや手足が細く、ヒップやバストは出ていることが多いです。 多少肉がついていたとしても、くびれがあるだけでだいぶスタイルが良く見えるでしょう。 7」なので、ここを目指してウエストを細くしてくびれを作っていくと良いです。 姿勢が良くなる くびれを作るために、お腹周りの筋肉を鍛えていくので、姿勢を良くしていくことができます。 また自分の体型に自信がないから猫背気味になり、姿勢が悪くなっていってしまうという人もいるので、くびれができ自信を持てると姿勢が良くなるでしょう。 そして姿勢が良くなると、また痩せやすくなり、スタイルが良くなっていくので良い循環が生まれます。 いち早く、くびれを作って、スタイルアップしていきましょう。 胸が大きく見える くびれができると、細くなった分バストが大きく見えるようになります。 同じサイズでも、大きく見える人と小さく見える人がいるのは、ウエストの影響が大きいのです。 くびれの作り方にバストアップの効果があるわけではないですが、出るとこは出て、引っ込むとこは引っ込んだ、綺麗なスタイルになっていけるでしょう。 一週間の短期間でできるくびれの作り方 プランクは体幹を鍛えることができ、姿勢を良くしていったり、お腹に直接効いていくので、くびれの作り方としておすすめです。 体幹が鍛えられると代謝も良くなり痩せやすくなるので、プランクはくびれの作り方にはもちろん、ダイエット全体に効果的でしょう。 ここでは普通のプランクではなく、よりくびれが作れるプランクを紹介していきます。 くびれ作りに効果的な「プランク」のやり方 腕立ての体勢から腕を曲げ肘をつく• 1、腕は体と平行になるようにし肩幅より少し狭いくらいの幅をあける• 2、プランクの状態から片足を浮かせる• 3、浮かせた足の太ももと体が垂直になるところまで動かす• 4、すぐに戻す 一週間でくびれを作るためには10回3セットを両足でやっていくと良いです。 最初はちょっと大変ですが、自宅で簡単にできることなので、しっかりやっていきましょう。 サイドブリッジはくびれを作るのに必要な「腹横筋」「腹斜筋」が効率よく鍛えられるので、おすすめの筋トレです。 くびれ作りに効果的な「サイドブリッジ」のやり方• 1、横向きに転がる• 2、腕を曲げて肘を地面につけ、肘と足だけで体を支える• 3、体はピンとまっすぐにし、肘から先は体と垂直にする• 4、この体制でできるところまでキープ• 5、逆向きになり同じことをする• 6、これを出来るところまでキープを3セットやりましょう。 できるだけ体をまっすぐにして、脇腹に力が入っているのを確認していくと、くびれの作り方として効果的です。 くびれに直接関係のある筋肉が鍛えられるので、ぜひ取り入れてほしいトレーニングになっています。 あまり運動をしていない人だと10秒ほどしかできないと思いますが、徐々に出来るようになっていくので、限界まで続けていくと良いです。 腹筋運動の応用ですが、左右にねじるツイストをしていくことで腹斜筋を鍛えることができ、くびれが作れます。 くびれ作りに効果的な「ツイスト」のやり方• 1、体育座りをする• 2、上半身を地面につかない程度に倒す• 結構きついですが、短期間でかなり効く筋トレなので、くびれの作り方として非常におすすめです。 余裕のある人は地面すれすれまで上半身を下げ、つらい人はちょっと下げるだけでも効果はあるので、自分のできる範囲で上半身を下ろしていきましょう。 またよりストイックにやっていきたい人は、ダンベルや水の入ったペットボトルを持ってやるのもおすすめです。 ドローインとは息を吸ったり吐いたりすることで、ドローインだけをやっていってもいいですし、筋トレをしながら息を意識しても効果アップが期待できます。 くびれを作る「ドローイン」の方法• 1、タオルを2枚用意する• 2、仰向けに横になり足を腰幅に開き膝を立てる• 3、腰の下にタオルを敷く• 4、お腹にタオルを置く• 5、お腹を凹ませながらゆっくり息を吐く• 6、息を吐ききったら今度はゆっくり吸ってお腹を戻す お腹以外力が入らないようにできるだけリラックスして行いましょう。 息の使い方なので、筋トレの合間に入れたりしてやっていくと良いです。 また立ってやっても効果が見込めるので、できるときにできるだけやっていくと良いでしょう。 少なくとも毎日吸って吐いてを5回はやるようにしていくと、くびれを作るのに効果的です。 お金は掛かるけど簡単に「くびれ」を作る方法 今チャットを利用して、わざわざジムに行かずともあなたに合ったトレーニングや食事法を専門家に教えてもらえるサービスがあります。 こうなっていきたいということを専門家に伝え、それに対するアドバイスをもらえるので、くびれを作ることも効果的にできるでしょう。 またチャットでいつでも相談もできて、やったことを報告していくので、ダイエットのモチベーションを保ちやすいということもあります。 わざわざ外に出なくても専門家の意見を聞くことができ、モチベーションも保ちやすいので、かなり続けやすいダイエット法と言えるでしょう。 「今までくびれの作り方を色々試してみたけど、上手くいったことがない」という人は、ぜひ専門家の力も借りて、やってみてください。 ここまでくびれの作り方について説明していきましたが、注意しなくてはならないこともあります。 ここではくびれの作り方の注意点を説明していくので、気をつけていきましょう。 やりすぎると腰を痛める くびれの作り方ではお腹周りを鍛えていくので、あまりやりすぎると腰を痛めてしまう可能性があります。 また座りっぱなしの人などは腰にダメージを負っている可能性もあるので、痛みはもちろん違和感を覚えたらやめましょう。 腰は一度痛めると長い間腰痛と付き合っていかなくてはならないので、気をつけましょう。 一つを徹底的にやるのではなく、体幹を鍛える、骨盤の位置を戻す、姿勢を良くするといったように色んな方法で、色んな所を鍛えていくと良いです。 脂肪がつきすぎていると短期間くびれ作りは無理 鍛えることで筋肉を引き締めてくびれを作れますが、運動で脂肪を部分的に無くすことはできないので、脂肪を全体的に減らすことも必要になってきます。 ある程度痩せていて、くびれを作っていくのであれば、上の方法のみでも大丈夫ですが、ぽっちゃりしている人は、有酸素運動やサプリを使って脂肪を落とすことも進めていきましょう。 筋トレと有酸素運動は一緒にやると相乗効果を見込めるので、上で紹介した方法をやってから有酸素運動をしていくなどもいいです。 くびれの作り方として、脂肪を落とすことと、筋肉をつけて引き締めることを意識していきましょう。 1週間以内の短期間で綺麗なくびれを作る.

次の

くびれが左右非対称になる原因は?キレイなくびれを作る方法!

ウエスト くびれ を 作る

くびれが非対称になる原因って? 一応、くびれはある。 でも右だけ、片方だけに偏っていたらすごく気になりますよね。 せっかくダイエットしたのに何でこんなことに…?と落ち込んでしまうこともあるかと思います。 実はくびれが左右非対称になってしまう原因は、体の歪みにあったのです。 体の歪みとは、筋肉の緊張や骨盤の歪みからくるもの。 日頃の姿勢や筋肉の偏り、出産などで筋肉や骨盤に左右差ができてしまうのです。 くびれには骨盤が関係している ウエストのくびれには骨盤が大きく関係しています。 骨盤と胴体、骨盤と足を結ぶ筋肉などの柔軟性・筋力のバランスが片脚ずつ偏ってしまうと骨盤は傾いてしまいます。 骨盤が傾くと全身が歪み、肩こりや腰痛の原因にもなるのです。 更にそれだけでなく、足の血流が悪くなり新陳代謝が低下。 それによって冷え性になり太りやすい体になるといった様々な問題が発生します。 スポンサーリンク 歪むのは実は仕方ないことでもある。 でも… ここまで読んだ方は、体の歪みって恐ろしい!と感じるかと思います。 しかし、体が歪むのは仕方のないことでもあるのです。 人間の体は骨格こそ左右対称ではありますが、体の中身である内臓の位置を見ると左右は非対称ですよね? 内臓の重さをカバーするためにバランスを取っているので必ずしも左右対称になるというわけではないことは頭の片隅に置いておきましょう。 しかし、脊椎側湾症という、背骨が左右に曲がってしまう手術が必要な病気も存在します。 筋肉や骨盤の歪みでウエストのくびれが非対称になっていることもありますが、病気が原因だったということもあり得ます。 首を左右に曲げてみる• 両手を天井に向けて上げる• 前屈する これらをして、どちらか一方につっぱる感覚がある場合は、そのつっぱている側の筋肉が縮んでいることになります。 右がつっぱる場合は右側を。 左の場合は左側の骨盤でストレッチしていきます。 ゆっくり元の姿勢に戻す。 壁さえあればすぐにできるストレッチ。 腰痛にもいいそうです。 椅子に座りながらできる筋肉をゆるめるストレッチ.

次の

ウエストのくびれを作る筋膜リリースダイエットの方法

ウエスト くびれ を 作る

春も終わりに近付き、夏が目前に迫ってきましたね。 楽しいイベントが盛り沢山の季節ですが、夏といえば薄着のシーズンでもあります。 そこで今から間に合う、美しいくびれを作る方法をお伝えします。 目指せお腹痩せ!夏までにウエスト・くびれを作る!腹筋トレーニング方法を教えて! とても簡単!プランクツイストがおすすめ! 夏までに美しいくびれを作りたいあなたにおすすめなのが、プランクツイスト。 綺麗なくびれを作るのに大切なのは、お腹の正面だけでなく体幹を鍛えつつ、腹斜筋と呼ばれるお腹の横の筋肉もしっかりと鍛えることです。 プランクツイストは、この腹斜筋を刺激しつつ、体幹や二の腕まで鍛えてくれる一石二鳥なエクササイズです。 やり方はとても簡単。 プランクポーズのまま腰を左右にひねる動作を繰り返すだけ。 まずは一日30回を目安にして続けてみましょう。 くびれを作る腹斜筋に直接働きかけるため、目に見える効果がすぐに現れてくれます。 プランクツイストを行った翌日には、薄っすらと縦に割れる腹筋が見えるはず!効果が現れないとモチベーションを保つのが難しくなるため、続けていけないのがトレーニングのデメリットですよね。 しかしこのプランクツイストならそんなことはありません。 トレーニングする度に作られる美しいウエストを見て、やる気もモチベーションもアップすること間違いなしです。 もちろんそれも素晴らしいボディーではありますが、出来れば女性らしい柔らかさを残したまま鍛えたいものです。 プランクツイストは、そんな方にとてもおすすめ。 このトレーニングは腹斜筋に働きかけるため、お腹に縦の線が出来ます。 11字腹筋とも呼ばれるもので、K-POPアイドルなどにも美しい11字腹筋の持ち主が多いです。 しっかりとくびれを作りつつ、鍛えられた腹筋を作ることができるので女性におすすめのトレーニングです。

次の