エマ トンプソン。 いつか晴れた日に

エマ・トンプソンの若い頃や結婚・夫、子供のこと

エマ トンプソン

名前:エマ・トンプソン(Emma Thompson) 生年月日:1959年4月15日 年齢:61歳 出身地:イギリス・ロンドン・パディントン 身長:173 cm イギリス・ロンドン・パディントンにて母は女優のフィリダ・ロー、父は俳優・舞台監督のエリック・トンプソンの家庭に生まれたエマ・トンプソン。 幼少期には祖父母が住むスコットランドでも多くの時間を過ごしたそうです。 ケンブリッジ大学ニューナム・カレッジで英文学を専攻。 赤い髪にバイクを乗り回すパンクロッカーな見た目をしていたそう。 在学中に多くの俳優やコメディアンを出したことで有名なケンブリッジ大学フットライツ・ドラマティック・クラブに招待され、初めての女性会員となりました。 仲間には俳優のスティーヴン・フライやドラマの「Dr. HOUSE」で知られるヒュー・ローリーがおり、エマ・トンプソンはヒュー・ローリーと付き合っていたそうです。 emmathompson138 Instagram 1993年の映画「日の名残り」ではアカデミー主演女優賞ノミネート、「父の祈りを」ではアカデミー助演女優賞ノミネート、1995年の脚本も務めた主演映画「いつか晴れた日に」ではアカデミー脚色賞受賞など一躍イギリスを代表する有名女優となりました。 他に有名な出演作としてハリーポッターシリーズ、ラブ・アクチュアリー(2003年)、ナニー・マクフィーの魔法のステッキ(2005年)、主人公は僕だった(2006年)、新しい人生のはじめかた(2008年)、メン・イン・ブラック3(2012年)、メリダとおそろしの森(2012年)、美女と野獣(2017年)などがあります。 2018年6月に女優としてのキャリアが評価され、大英帝国勲章第2位DBEを叙勲し、女性の騎士号Dame(デイム)を冠することを許されました。 (2015年) キャサリン・ブライソン役 二ツ星の料理人(2015年) ロッシルド医師役 ヒトラーへの285枚の葉書(2016年) アンナ・クヴァンゲル役 ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期(2016年) ドクター・ローリングス役 美女と野獣(2017年) ポット夫人役 ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲(2018年) イギリス首相 エマ・トンプソンの映画出演最新作は映画「ラスト・クリスマス」「メン・イン・ブラック:インターナショナル」 MenInBlackJP Facebook 地球上に潜伏するエイリアンの監視・取り締まりを任務とする黒いサングラスと黒いスーツがトレードマークの秘密組織MIBエージェントの活躍を描いた大人気シリーズ「メン・イン・ブラック」の第4作。 舞台はNYから世界各地へ広がり、地球規模で任務が展開する。 本作でチームを組むのは、『マイティ・ソー』のソー役で人気を博したクリス・ヘムズワースと、『クリード チャンプを継ぐ男』のテッサ・トンプソン。 また、MIBのロンドンオフィスのエージェント役でリーアム・ニーソンが出演。 エマ・トンプソンが『メン・イン・ブラック3』に続いてエージェントOを演じている。 監督は、『ワイルド・スピード ICE BREAK』のF・ゲイリー・グレイ。 major-j. php? エマ・トンプソンは「メン・イン・ブラック3」に引き続き出演。 エージェントOを演じます。 hellomagazine. 同じエマなので名前だけ聞くと一瞬どっちがどっちかわからなくなることありますよね(笑) そんな2人ですが、が今まで出会った中で、最も美しいと思った女性にエマ・トンプソンをあげるなど女優としてもかなり尊敬しているようです。 エマ・ワトソンが、今まで出会った中で、最も美しいと思った女性は、エマ・トンプソン、パティ・スミス、そしてソフィア・コッポラ監督だそうだ。 「美しい人と言われて、すぐに思い浮かぶのは、『ハリポタ』シリーズで共演したエマ・トンプソンで、とても素敵な女性だと思います。 walkerplus.

次の

エマ・トンプソンの新作映画&おすすめ映画!実力派女優の半生に迫る!

エマ トンプソン

エマ・トンプソンの新作映画&おすすめ映画!実力派女優の半生に迫る! 大英帝国勲章を叙勲する程の演技のキャリアを積み、今や世界が認める実力派女優となったエマ・トンプソン。 芸能一家に育ち、若い頃には才女にありがちな長い苦労の時代を過ごしつつ直向きに芸と向き合ってきた彼女。 優れた学力を持ち、ケンブリッジ大学に学びながら演技にも情熱を注ぎ、卒業するやいなや活躍の場所を広げてまさに順風満帆を絵に描いたような女優人生を歩む筈が、苦節を味わうことに...。 それはプライベートでも同じで、青春時代から苦楽を共にしてきた名俳優との恋愛・結婚・離婚を経験し、女性としての幸せと転落も味わいながらポジティブに乗り越える強さも持っています。 演技にも円熟味が出てきた彼女のプライベート事情から新作映画までたっぷり紹介していきます! エマ・トンプソンは沢山の舞台に立って経験を踏み、大学卒業後9年経ってついに1989年公開『彼が素敵な理由』で映画デビューを果たします。 その時既に30歳。 1991年、話題のサスペンス映画『愛と死の間で』では二役で、輪廻転生しながら別人として一人の男性を愛する運命の女性を演じ、1992年に出演した映画『ハワーズ・エンド』ではオスカー女優の栄冠を手に入れました! 翌年には『日の名残り』で再度オスカー受賞! 同時に『父に祈りを』で助演女優賞ノミネートと、ダブルで喜びを噛み締めます。 1995年は『いつか晴れた晴れた日』でオスカーにノミネート&脚色賞受賞!と快進撃を繰り広げました。 2003年には『ラブ・アクチュアリー』に出演すると、ゴールデングローブ賞の助演女優賞にノミネートされ、その翌年からは『ハリーポッター』シリーズにも出演。 『メン・イン・ブラック3』で、エージェントOとして登場したことも話題になりました。

次の

エマ・トンプソン/Emma Thompson プロフィール・ニュース・動画・写真

エマ トンプソン

来歴 [編集 ] 生い立ち [編集 ] 、の出身。 父親は俳優・舞台監督の エリック・トンプソン ()、母親は出身女優の フィリダ・ロウ ()、妹も女優の ソフィー・トンプソン ()という芸能一家である。 ニューナム・カレッジでを専攻。 大学在学中に、、、トニー・スラッタリーと共に劇団を結成したり、女性だけのレビューWoman's Hourを手掛け、注目を集める。 大学卒業前にエージェントと契約し、1980年に大学を卒業。 キャリア [編集 ] 率いるルネッサンス・シアター・カンパニーに参加。 ラジオやコメディ・ツアーに参加し、数多くの舞台に立った。 1989年に『彼がステキな理由』で映画デビュー。 1993年に『』でを受賞。 翌年公開の『』で同主演女優賞に、『』で同助演女優賞にノミネートされた。 1995年公開の『』で同主演女優賞にノミネートされ、を受賞。 『』シリーズでは役で起用された。 2018年6月に女優としてのキャリアが評価され、第2位 DBEを叙勲し、女性の騎士号 Dame()を冠することを許される。 私生活 [編集 ] 1989年8月20日にと結婚したが、1995年10月に離婚。 その後『』で共演した俳優の グレッグ・ワイズ ()と交際し、1999年に長女(ガイア・ロミリー)を出産、2003年に再婚。 また同年には当時16歳の人の少年(ティンジェブワ・アバガ)を養子に迎えた。 ウォーリー夫人 1983 Alfresco 様々なキャラクター 1984年まで放送 1984 The Young Ones モーリー=スターリング夫人 1987 Tutti Frutti スージー・ケットルズ 戦火燃ゆる時 Fortunes of War ハリエット・プリングル 1988 Thompson 様々なキャラクター 1999 Look Back in Anger アリソン・ポーター テレビ映画 1990 The Winslow Boy シャーロット・ウィンスロウ テレビ映画 1992 ナネット・グズマン 1994 The Blue Boy マリー・ボナー テレビ映画 1997 Ellen 本人 ゲスト女優賞 コメディシリーズ部門 受賞 Hospital! ロバート・E・シャーウッド 1946• 1947• 1948• 1949• 1950• チャールズ・シュニー 1952• ダニエル・タラダッシュ 1953• 1954• 1955• 1958• 1959• 1960 1961—1980• 英国 , 外国 1952• 英国 , 外国 1953• イヴォンヌ・ミッチェル 英国 , コーネル・ボーチャーズ 外国 1954• ケティ・ジョンソン 英国 , ベッツィ・ブレア 外国 1955• 英国 , 外国 1956• ヘザー・シアーズ 英国 , 外国 1957• アイリーン・ワース 英国 , 外国 1958• 英国 , 外国 1959• レイチェル・ロバーツ 英国 , 外国 1960• ドラ・ブライアン 英国 , 外国 1961• 英国 , 外国 1962• レイチェル・ロバーツ 英国 , 外国 1963• 英国 , 外国 1964• 英国 , 外国 1965• 英国 , 外国 1966• イーディス・エヴァンス 英国 , 外国 1967 1968-現在• 1968• 1969• 1970• 1971• 1972• 1973• 1974• 1975• 1976• 1977• 1978• 1979• 1980• 1981• 1982• 1983• 1984• 1985• 1986• 1987• 1988• ポーリーン・コリンズ 1989• 1990• 1991• 1992• 1993• 1994• 1995• 1996• 1997• 1998• 1999• 2000• 2001• 2002• 2003• 2004• 2005• 2006• 2007• 2008• 2009• 2010• 2011• 2012• 2013• 2014• 2015• 2016• 2017• 2018• 2019• シルヴィ 1966• 1967• 1968• 1969• 1970• 1971• 1972• 1973• 1974• 1975• 1976• 1977• 1978• 1979• 1980• マリリア・ペーラ 1981• 1982• 1983• 1984• 1985• 1986• 1987• 1988• 1989• 1990• アリソン・ステッドマン 1991• 1992• 1993• 1994• 1995• 1996• 1997• 1998• 1999• 2000• 2001• 2002• 2003• 2005• 2006• 2007• 2008• 2009• 2010• 2011• 2012• 2013• 2014• 2015• 2016• 2017• 2018.

次の