ミディアム グレー スーツ。 地味なグレースーツをお洒落にする、たった3つのテク

防シワ 3P 段返り3B ミディアムグレー グレンチェック スーツ 10month

ミディアム グレー スーツ

グレースーツを着こなすには? グレースーツは、無地でも少しアクセントを取り入れたい!周りと差をつけたいなら、 グレースーツにシャツやネクタイなどの小物で色味をプラスして、ワンランク上のスタイルに。 例えば・・・黒ネクタイで落ち着いた大人の印象に。 グレースーツは、知的でクールな印象を醸し出すことができます。 また、青・ピンク系といった幅広いカラーリングに対応しているので、結婚式やパーティーなどでも活躍してくれます。 そこで今回は、グレースーツの着こなしポイントが分かる! 『グレースーツの色と生地が与える印象』『グレースーツと合わせるネクタイ・シャツ・靴』『3つのシーンで見るグレースーツの着こなし』について見ていきながら、 グレースーツのコーディネートポイントをご紹介していきます。 < 目次 > -クリックすると各内容へ飛びます- 1. 2-1. 2-2. 3-1. 3-2. グレースーツの色と生地が与える印象 グレースーツは、選ぶ色・生地によって見た目の印象がガラリと変わってきます。 その理由の1つに、ネイビーやブラックよりも色味が明るいことにあります。 もちろんグレーにもダークグレーなど色の濃いモノもありますが、ストライプやチェックの柄が入るとスーツの印象が変わります。 また、生地の光沢感・ボリューム感によって与える印象が変わります。 上質な大人の高級感を出したい方は、 光沢のあるグレー。 頼りがいのある大人のこなれ感を演出したい方は、 ボリュームのあるグレー。 着用したい季節に合わせてスタイルを変えるのも良いでしょう。 グレースーツは、色の強さがネイビー・ブラックよりは弱い為、あらゆる色の変化に対応し活躍してくれます。 ここからは、グレースーツと合わせたい【ネクタイ】【シャツ】【靴】の組み合わせを見ていきます。 グレースーツと合わせたい定番のネクタイは、ネイビーやブラック。 スーツの着こなし方の1つ同色系のグレーのネクタイを合わせるワントーンコーディネートオススメです。 チャコールグレーなど色の濃いスーツには、ブラックやニットタイでシックな着こなしも様になります。 近年、トレンド柄として人気のグレーのチェック柄のスーツには、 赤ネクタイがお洒落に決まります。 赤は積極性に富んだカラーとしてビジネスシーンにもよく選ばれます。 もちろん、シンプルな無地のグレースーツにも合います。 定番と言いつつ、3つのカラー全てとの相性が良い為、毎日スーツを着るビジネスマンにとって組み合わせに困らない汎用性の高いスーツとしてあります。 サックスブルーのシャツは、グレースーツに涼し気な雰囲気を与えてくれます。 ネクタイをグレーカラーとの相性が良い黒白のモノトーンを選んだことで、上から下まで目移りすることのない、スッキリとした統一感あるコーディネートに仕上がっています。 主張しすぎない、薄さのピンクがさりげないオシャレさのポイントです。 ネクタイのドット柄の大きさを細かくすることで、色と柄のバランスをきれいにまとめることができます。 ナロータイとの合わせもオシャレ。 黒のシャツとネクタイで合わせることで、シャープさが増しエレガントな雰囲気になります。 また、黒のシャツにストライプのネクタイを合わせることで、遊び心を感じさせるグラマラスな男らしさ演出。 ポイントは、グレーのネクタイ。 全体的な色味のグラデーションを少なく統一感のあるグレースーツスタイルを演出。 また、黒シャツはグレーカラーのパンツとの相性が良く、季節問わず合わせることができます。 pinterest. siyaram. 靴の定番色といえばブラックですが、グレースーツに合わせるシューズとして人気なのがブラウン。 さらに最近では、ライトブラウンといった少し明るめの色が人気です。 少し華やかな印象になるため、明るめのグレースーツと組み合わせる方も多くなっています。 ビジネスシーンでのグレースーツは、無地やシャドーストライプ柄がオススメ。 色は控えめなミディアムグレーやチャコールグレーが良いでしょう。 合わせるシャツは白やサックスブルー。 英国紳士風なスリーピースは、上品さのある見た目がお洒落な雰囲気になります。 ビジネス時のグレースーツとのギャップを楽しみたい方は、ラインの色に特徴のある柄がオススメ。 カジュアルな雰囲気の会場や二次会などでは、華やかな柄モノや蝶ネクタイなどで着飾るのも良いでしょう。 落ち着いたトーンのチャコールグレーは、フォーマルな席にも対応してくれます。 ビジネスシーンに人気のネイビーとは違った、大人のお洒落さを楽しめます。

次の

グレースーツで大事なのは「仕立て」「トーン」「生地感」

ミディアム グレー スーツ

グレースーツはレディーススーツの中でも幅広い職種、年齢層の人が着用できる使い勝手の良いスーツです。 けれど濃淡で印象が変わるなど、意外に選び方や着こなしが難しいと感じている人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、グレースーツの種類や着こなしのコツをご紹介していきます。 グレーのレディーススーツはどんなイメージを持たれやすい? レディーススーツのベーシックなカラーと言えば、黒、紺、そしてグレーが挙げられます。 この中でグレーは最も落ち着いた、大人っぽい印象を与える色なのではないでしょうか。 黒は基本色ですが、冠婚葬祭や就活生のイメージもあって、キャリアを重ねた女性などは案外、よく着るという人は少ないかもしれません。 紺はきちんと感のあるビジネススーツとして人気がありますが、定番すぎて無難な選択という印象もあります。 これらに比べると、グレーは落ち着いたイメージでビジネスシーンにマッチしやすく、それでいて工夫しだいでおしゃれに着こなすこともできる色です。 ほかにベージュやキャメルも考えられますが、これらは少々目立ちすぎて着るシーンや職種、業界が限られます。 「少し個性を主張するならグレー」という認識は多くの女性が持っているはずです。 グレーのレディーススーツはどんな場面で着用するのが良い? 濃いグレーのレディーススーツであれば、基本的にお客様と相対する時や大事な商談などオフィシャルなシーンで着用しても問題ないでしょう。 ただ、業界や職種によっては、よりベーシックなネイビースーツの着用を求められることもあるかもしれません。 ミディアムグレーやライトグレーなどの淡く明るめのグレースーツは少しカジュアルな雰囲気になります。 オフィス内に勤務する場合や、社内限定のイベント時などに活躍することが多いでしょう。 グレースーツの種類 色の濃淡でかなりイメージが変わるのもグレースーツの特徴です。 黒に近い濃いグレーと白に近い淡いグレーとでは、別の色として考えたほうが良いほど与える印象が異なります。 チャコールグレーと呼ばれる黒に近いグレーは、男性向けスーツでもよく使用される色です。 ダークな色合いのグレースーツにはクラシカル、知的、誠実な雰囲気が漂います。 男性が多いシーンで女性がチャコールグレーのスーツを着ていると、違和感なくそのシチュエーションに溶け込めるという利点もあります。 これに対し、淡く明るいライトグレーは男性向けのスーツではそれほど多くない色合いです。 そのこともあってライトグレースーツは女性的な雰囲気を感じさせます。 軽やかで、都会的で、おしゃれな印象も演出できるでしょう。 濃いグレーと淡いグレーの中間のミディアムグレーのスーツもあります。 ほどよく上品、ほどよく軽快感のある着こなしが可能です。 ほかにも少し青が入ったグレーのスーツ、ストライプやチェック柄のグレースーツなどがあります。 グレースーツを着こなすときのアイテムの選び方 グレースーツと組み合わせる時のブラウスやパンプスの選び方も気になるところです。 アイテム別に、選ぶ際のポイントを見てみましょう。 ブラウス・カットソー 最もベーシックで無難なインナーの色は白です。 濃いグレーのスーツにシンプルなシャツタイプの白ブラウスやカットソーを選べば、それだけで上品で清潔感のあるコーディネートにまとまるでしょう。 ややカジュアルに着崩すなら、フェミニンなピンク系やクールなブルー系のインナーで華やかさをプラスすることもできます。 グレースーツにはフリルやドレープ、リボンのついたブラウスも合わせやすいでしょう。 ベルト パンツスーツの場合はベルトも大事です。 汎用性が高く引き締まった印象になるのは黒のベルトです。 ほかには、白は洗練されたおしゃれな印象に、同系色のグレーは無難な雰囲気にまとまるでしょう。 パンプス パンツスーツの場合、パンプスはベルトと色をそろえると統一感のあるコーディネートになります。 パンツスーツ、スカートスーツを問わず定番はやはり黒で、シーンを選ばず使えます。 また、軽やかな印象にしたい時は白やグレー、ベージュも選択肢に加えてみてください。 バッグ バッグはパンプスと色をそろえるのがセオリーです。 例えばグレーのスーツにパンプスは白と紺のツートーン、バッグは紺といった組み合わせ方も考えられます。 グレースーツに合わせる場合は黒の小物でまとめると統一感が生まれます。 これがおすすめ! グレースーツのコーディネート ~レディース編~ 最後に、グレースーツの着こなしのポイントをおすすめのコーディネート例を見ながらご紹介します。 チャコールグレースーツスタイル チャコールグレーのスーツに、同じくグレーのクレリックシャツ(衿とカフスのみが白いシャツ)を合わせたスタイルです。 ベルトやパンプスを含めて全体をモノトーンにすることで、知的で落ち着いた印象を最大限に演出。 堅くなりがちなモノトーンコーデですが、丸衿のシャツにすることで適度に緊張感を和らげて女性らしさを添えました。 ライトグレースーツスタイル やや明るめのグレースーツに、白を効果的に効かせたスタイルです。 白のインナーに合わせて、バッグやパンプスも白で統一。 春夏におすすめの涼しげで軽やかなコーディネートです。 ややタイトなシルエットのスカートを選ぶことで、カジュアルになりがちな明るめの色のスタイルをほどよく引き締めています。 グレー&チェック柄スーツスタイル 膨張して見えがちなグレー&チェック柄のスーツですが、ニットやパンプスに引き締め効果のある濃色のものを取り入れることでスタイリッシュに仕上がります。 他にも、柄物のスーツが派手に見えすぎるのを防ぐため、チェック柄の青とニットの紺に色の関連性を持たせるテクニックも有効です。 さりげなく個性的な着こなしができて、一着持っていると便利なグレースーツ。 上記を参考にコーディネートを考えてみてはいかがでしょうか。 関連リンクはこちら.

次の

グレージャケットのメンズおすすめコーデと着こなし方のコツ3点

ミディアム グレー スーツ

グレースーツはレディーススーツの中でも幅広い職種、年齢層の人が着用できる使い勝手の良いスーツです。 けれど濃淡で印象が変わるなど、意外に選び方や着こなしが難しいと感じている人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、グレースーツの種類や着こなしのコツをご紹介していきます。 グレーのレディーススーツはどんなイメージを持たれやすい? レディーススーツのベーシックなカラーと言えば、黒、紺、そしてグレーが挙げられます。 この中でグレーは最も落ち着いた、大人っぽい印象を与える色なのではないでしょうか。 黒は基本色ですが、冠婚葬祭や就活生のイメージもあって、キャリアを重ねた女性などは案外、よく着るという人は少ないかもしれません。 紺はきちんと感のあるビジネススーツとして人気がありますが、定番すぎて無難な選択という印象もあります。 これらに比べると、グレーは落ち着いたイメージでビジネスシーンにマッチしやすく、それでいて工夫しだいでおしゃれに着こなすこともできる色です。 ほかにベージュやキャメルも考えられますが、これらは少々目立ちすぎて着るシーンや職種、業界が限られます。 「少し個性を主張するならグレー」という認識は多くの女性が持っているはずです。 グレーのレディーススーツはどんな場面で着用するのが良い? 濃いグレーのレディーススーツであれば、基本的にお客様と相対する時や大事な商談などオフィシャルなシーンで着用しても問題ないでしょう。 ただ、業界や職種によっては、よりベーシックなネイビースーツの着用を求められることもあるかもしれません。 ミディアムグレーやライトグレーなどの淡く明るめのグレースーツは少しカジュアルな雰囲気になります。 オフィス内に勤務する場合や、社内限定のイベント時などに活躍することが多いでしょう。 グレースーツの種類 色の濃淡でかなりイメージが変わるのもグレースーツの特徴です。 黒に近い濃いグレーと白に近い淡いグレーとでは、別の色として考えたほうが良いほど与える印象が異なります。 チャコールグレーと呼ばれる黒に近いグレーは、男性向けスーツでもよく使用される色です。 ダークな色合いのグレースーツにはクラシカル、知的、誠実な雰囲気が漂います。 男性が多いシーンで女性がチャコールグレーのスーツを着ていると、違和感なくそのシチュエーションに溶け込めるという利点もあります。 これに対し、淡く明るいライトグレーは男性向けのスーツではそれほど多くない色合いです。 そのこともあってライトグレースーツは女性的な雰囲気を感じさせます。 軽やかで、都会的で、おしゃれな印象も演出できるでしょう。 濃いグレーと淡いグレーの中間のミディアムグレーのスーツもあります。 ほどよく上品、ほどよく軽快感のある着こなしが可能です。 ほかにも少し青が入ったグレーのスーツ、ストライプやチェック柄のグレースーツなどがあります。 グレースーツを着こなすときのアイテムの選び方 グレースーツと組み合わせる時のブラウスやパンプスの選び方も気になるところです。 アイテム別に、選ぶ際のポイントを見てみましょう。 ブラウス・カットソー 最もベーシックで無難なインナーの色は白です。 濃いグレーのスーツにシンプルなシャツタイプの白ブラウスやカットソーを選べば、それだけで上品で清潔感のあるコーディネートにまとまるでしょう。 ややカジュアルに着崩すなら、フェミニンなピンク系やクールなブルー系のインナーで華やかさをプラスすることもできます。 グレースーツにはフリルやドレープ、リボンのついたブラウスも合わせやすいでしょう。 ベルト パンツスーツの場合はベルトも大事です。 汎用性が高く引き締まった印象になるのは黒のベルトです。 ほかには、白は洗練されたおしゃれな印象に、同系色のグレーは無難な雰囲気にまとまるでしょう。 パンプス パンツスーツの場合、パンプスはベルトと色をそろえると統一感のあるコーディネートになります。 パンツスーツ、スカートスーツを問わず定番はやはり黒で、シーンを選ばず使えます。 また、軽やかな印象にしたい時は白やグレー、ベージュも選択肢に加えてみてください。 バッグ バッグはパンプスと色をそろえるのがセオリーです。 例えばグレーのスーツにパンプスは白と紺のツートーン、バッグは紺といった組み合わせ方も考えられます。 グレースーツに合わせる場合は黒の小物でまとめると統一感が生まれます。 これがおすすめ! グレースーツのコーディネート ~レディース編~ 最後に、グレースーツの着こなしのポイントをおすすめのコーディネート例を見ながらご紹介します。 チャコールグレースーツスタイル チャコールグレーのスーツに、同じくグレーのクレリックシャツ(衿とカフスのみが白いシャツ)を合わせたスタイルです。 ベルトやパンプスを含めて全体をモノトーンにすることで、知的で落ち着いた印象を最大限に演出。 堅くなりがちなモノトーンコーデですが、丸衿のシャツにすることで適度に緊張感を和らげて女性らしさを添えました。 ライトグレースーツスタイル やや明るめのグレースーツに、白を効果的に効かせたスタイルです。 白のインナーに合わせて、バッグやパンプスも白で統一。 春夏におすすめの涼しげで軽やかなコーディネートです。 ややタイトなシルエットのスカートを選ぶことで、カジュアルになりがちな明るめの色のスタイルをほどよく引き締めています。 グレー&チェック柄スーツスタイル 膨張して見えがちなグレー&チェック柄のスーツですが、ニットやパンプスに引き締め効果のある濃色のものを取り入れることでスタイリッシュに仕上がります。 他にも、柄物のスーツが派手に見えすぎるのを防ぐため、チェック柄の青とニットの紺に色の関連性を持たせるテクニックも有効です。 さりげなく個性的な着こなしができて、一着持っていると便利なグレースーツ。 上記を参考にコーディネートを考えてみてはいかがでしょうか。 関連リンクはこちら.

次の