星野源夏帆ラブシーン。 箱入り息子の恋 : 作品情報

箱入り息子の恋のレビュー・感想・評価

星野源夏帆ラブシーン

スポンサーリンク 新曲が出れば必ずiTunesランキングで常に上位にランクインする星野源さん。 当然業界内でもファンは多く下世話な話ですがさぞかしモテるでしょうね。 それが証拠にこれまでに熱愛情報があがった元カノたちは美人揃いの様です。 aikoさんとの復縁の噂が上がっていますがその真相に迫る前にまずは星野源さんと噂になった彼女たちを順番に見ていきましょう! 星野源の歴代彼女は美人ぞろい! 星野源さんの熱愛の第一方が入ってきたのが女優の夏帆さん。 しかしながら、二人の熱愛デート現場などがスクープされたわけではなく、2013年6月8日公開の映画「箱入り息子の恋」で共演したことで噂になったようですね。 記者会見で星野源さんが 「とりあえず今日、夏帆さんと結婚します。 僕の嫁です。 」 とリップサービスしたのが歪曲して熱愛の噂になってしまった様子。 人気芸能人となると、その発言の一言一句気をつけないととんでもないことになりますね…。 星野源さんが2人目に噂になった方が、NHKチーフアナウンサーの有働由美子さんです。 こちらもNHKで星野源さんが出演しているバラエティー番組LIFEの番組内で、 「有働由美子さんとデートをしたい」 との発言から噂になりました。 有働由美子さん自身もブログで、星野源さんの発言に対して好意的な返答をしており今後の展開を期待させる雰囲気があったのが熱愛の噂に発展した様子。 こちらも密会していたなどの情報はあがってきていませんので、噂止まりと言ったところでしょう。 星野源さんが3人目に噂になったのが二階堂ふみさんです。 星野源さんと二階堂ふみさんは夏帆さんのときと同様に2013年9月28日公開の映画「地獄でなぜ悪い」で共演したころから噂になっていました。 しかし実際の交際のスタートは2015年7月に公開された「資生堂 マキアージュ Snow Beauty」のネットムービーで共演したことで交際がスタートしたとされています。 二階堂ふみさんの所属事務所からは「仲の良い友達だと聞いています」とのコメントを発表しているところからしても二人が交際していた可能性は充分に考えられますね。 ただ、二階堂ふみさんも色々と恋多き女性なので、誰が本命なのかはちょっと分かりませんが… そして、星野源さんが4人目に噂になったのがaikoさん。 二人の熱愛情報については、これまでに上がった人たちとは違ってデート現場を週刊誌がバッチリスクープされています。 こちらは疑い様がないですね! 星野源さんとaikoさんは2011年に交際がスタート。 二人のなれ初めは星野源さんが出演したイベントで知人にaikoさんを紹介されたのがきっかけで親密になっていたとの事です。 ただ報道や噂が錯綜しており、実は2009年にaikoさんが熱愛報道された一般人が星野源さんで交際期間は4年なのではないか?という話もあります。 星野源さんは、2012年に大病を患い芸能活動を休止しており、その間もaikoさんは星野源さんのサポートをし続けたといいます。 その関係からなのか、aikoさんはデビュー以来年に1曲以上はシングル曲をリリースしているのですが、2012年だけは唯一、一曲もシングルを発表していないんですよね。 そんな状況からも二人の交際は事実だと考えられますね。 しかし二人は破局してしまいます。 というのも、先ほどご紹介した二階堂ふみさんとの熱愛報道が2015年10月27日の日刊スポーツでされているんですよね。 しかしながら、星野源さんと二階堂ふみさんの熱愛情報は疑問が残る点が多々あるんです。 これについてはこの記事の最後の部分でお伝えするとして、現在も星野源さんとaikoさんの交際は続いているという噂が上がっています。 その理由は、二人のとある番組での共通すぎる行動が原因のようですね。 いったいどんな行動だったのでしょうか?二人の熱愛状況に迫ります! 星野源の現在の彼女はaiko?Mステでの疑惑画像 2015年12月25日に2人が出演した「ミュージックステーション スーパーライブ」で2人が同じポーズをする場面があり、世間から「破局してないのでは?」と話題になりました。 1つ目の共通点は片足を上げてのダブルピースです! ここ二人のポーズ、間違いなく合わせてますね。 特に演出上必要のないポーズですし、お2人は芸人さんではないので決めポーズも決まっていないはず。 ここまで酷似していると言い逃れできませんよね。 2つ目の共通点は歌っている時に両手をパーにするポーズ。 これはもう、2人の合図としか言いようがありませんね! 番組を使って二人の交際がバレるかバレないかのスレスレのラインで遊んでいるのでしょうね。 二階堂ふみさんとの熱愛報道後の2人のアクションですから、もしかすると星野源さんがaikoさんに対して浮気を謝罪?もしくは身の潔白を証明するために取った行動なのかもしれませんね。 友人同士で意味深な行動をするにはデカ過ぎる番組ですから、間違いなく交際は続いていると考えるのが妥当ではないでしょうか? そもそもお2人は何かとお揃いにするのが好きなようで、ライブグッズやSNSに投稿する画像などをお揃いにして楽しんでいます。 ここまで来ると、番組内の行動もラブラブの証であり交際してることは疑い様がないですね。 2016年は週刊誌などでの報道はありませんが、2015年の年末にラブラブな姿が確認されていますので交際は順調の可能性が高いです。 これだけ二人共通のことができるなんてきっと性格もピッタリ合っているんでしょうねっ! さて、星野源さんはaikoさんとの交際中に二階堂ふみさんと熱愛報道が出ました。 これについては星野源さんのいっときの心の緩みなのかはたまた噂止まりなのか?真相を追求していきます。 後半に続きます! スポンサーリンク 星野源と二階堂ふみは破局したの? 星野源さんと二階堂ふみさんは2015年10月28日に熱愛報道がありましたが、実際に証拠となる写真などはなく紙面での報道のみでした。 二人は2013年に映画で共演し、2015年7月に「スノービューティー」と言うショートムービーで再共演した後の熱愛報道だった為、おそらくただの番宣として熱愛を利用したのではないかと思われます。 ドラマの放映中に共演者同士が、フライデーなどで熱愛報道されて実際は何もないケースって多々ありますからね。 あくまで自身が望んでいるわけではなく、大きな力がそうさせる事もあるわけですから星野源さんも巻き込まれたのではないでしょうか? ということで、星野源さんと二階堂ふみさんは破局したのではなく、元々二人の交際は単なる噂止まりだったのではないかと考えられます。 最近は信憑性のない報道も売上の為に報道してしまったり、ネットニュースもステマなどがあり、世間の人々をメディア経由で事実とは反する方向に誘導できたりしますから怖いですよね。 星野源さんとaikoさんは普通にお似合いのカップルと思います。 お互い忙しく中々会えないかもしれませんが、お2人の関係の発展を期待しています。

次の

映画「箱入り息子の恋」で初共演! 星野 源×夏帆の恋愛観とは!?|ウォーカープラス

星野源夏帆ラブシーン

期待しないで見ました。 最初、逃げ恥のような感じだなと思いました。 ヒロインの夏帆さんが盲目の役を見事に演じきっていて、素晴らしい女優だと思いました。 不器用だがまっすぐな健太郎と、願っていた気の合う男性に巡りあい、自分の気持ちに正直になろうとする菜穂子に感動しました。 ラストは、菜穂子の父親が折れてベタなハッピーエンドで良いと思いました。 まあ、黒木瞳さん演じる菜穂子の母親が、二人の味方なのでいずれ二人は結ばれると思います。 菜穂子がもし盲目でなかったら、裕福な家、容姿端麗なお嬢様として別の人格形成がなされていたと思います。 二人の人生が重なる為には、障害も必要だったと思うと複雑ですが、それでも菜穂子の笑顔を見て応援に似た感情で見ていました。 最後に、点字でラブレターを書く健太郎と、それを読み笑顔を見せる菜穂子が最後に見れて救われました。 もし、ベランダから落ちた時に命を落としていたら、菜穂子は一生心を閉ざしたとさえ思うからです。 星5個にしたのは、夏帆さん演じる菜穂子があまりに可愛いからです。 夏帆さんが素晴らしい女優だと気づかせてくれたこの作品が僕は好きです。 夏帆さんには、ずっと活躍してほしいです。 35歳童貞、コミュ障、趣味は貯金とTVゲームとカエルの飼育という、全くイケていない健太郎と、 盲目だが、社長の娘で、学歴や職業ではなく人柄で相手を選びたい、美しい菜穂子の 小さな出会いと最悪のお見合いから始まるラブストーリー。 「逃げ恥」で、星野源さんは、ものすごく人気者になりましたが、その3年前の映画初主演作です。 頼りない、イケてない男を演じさせたら、源さん、ほんとに上手いです。 最近、どうもイケてる源さんが、マスメディアに多く流れていますが(著書も含め)、 個人的には、こういう源さんをやっぱり観たいです。 また、純粋な菜穂子を演じ切った夏帆さんも好演です。 ストーリーは、まぁ映画的展開ですが、笑えて、ちょっと泣ける感じが、いい。 菜穂子がひとりで吉野家で泣きながら牛丼を食べる(健太郎がカウンター越しにいる)シーンは、ちょっとキュンとします。 カッコ悪い男のひたすらな姿が、源さんにはピッタリはまります。 良作だと思います。 とても良い作品です。 物語の進行のテンポが良く、登場人物すべての方の演技が素晴らしかったです。 場面の撮り方、映り方は若干ぼんやりとした写真集のような画で優しく、見やすいです。 深く感情移入して見入ってしまいました。 胸がギュッとなったり、緩んだり、感情を揺さぶられました。 個人的評価は80点。 星4つです。 本当は5にしたいところですが、そうでないのは後述します。 ほかの方のレビューを読んでいると、終盤あたりについての話題が多いようですね。 不器用な彼を見事に描ききっている名場面だと思いました。 勤務先から早退しようとするだけで大騒ぎ。 早退するなら、上司の許可をきちっと貰わないといけないという彼らしい性格が出ています。 中盤の公園のシーンで、そんな健太郎は奈穂子の父親から彼女に会う『許可』は絶対に貰えないというトラウマを抱えてしまいます。 奈穂子に会いに行く道のりも、そのトラウマのせいで常識では考えられないルートを選択します。 私から見ると、なんだそのルートはー!!!と突っ込みどころ満載なのですが、それが彼にとっては最短距離、真っすぐな道だったのでしょう。 エンディングでは手紙を指で辿る、奈穂子の笑顔を見ることができ安心しました。 さて星がひとつ減った理由は、ふたりのその後まで見たかったー!!という、ただのわがままな思いです。 大好きな映画のひとつになりました。 これからもまた、何度も観ると思います。 映画とはエンターテイメントであり、ドキュメントではない。 この映画の肝は、 内部で傷つきやすい真面目な男が 愛想がなく人と話すが苦手な故にいい大学へ行ってお役所勤めという良い経歴にもかかわらず 恋愛の機会も漬付き合いの機会もなしに家と役所の往復という生活をし 唯一の友がカエルとゲームという生活をしていた中で ある日見かけた美しい女性が夕立に降られて困っていたのを見返りを求めずに傘を渡してあげた、 その瞬間に 彼の人生に光が差し 彼女との出会いから灰色だった彼の生活に 眠っていたやる気や秘めた優しさ、そして人を大事に包み込む大きな愛を開花させたことだ。 人付き合いが苦手ということもあり、 その後の顛末も全て一途すぎて不器用すぎて ありえない、と思うこともやってしまうが 一途な二人の様子は本当に美しくかわいい。 見逃してはならないのは、 目が見えないと知った後の、なおこに対する言動の数々だ。 視覚障害のある人に寄り添って 変な先入観なく、今必要なことをサポートしてあげることが自然にできる優しさ。 それからなおこに歩くとき手を引いてくれと言われて 母に連れ出していいか、手を握ってもいいかと 確認しに行った紳士な態度。 奥ゆかしくて本当に優しい人というのは こういう人なんだなと思いました。 まあ、ラストは思いが先走りすぎて やってしまいましたが 思いのままに寄り添う二人の美しさは格別でした。 ラスト、 いい幕切れでしたね。 やっと親に認められてお付き合いを始めて これから徐々に距離を縮めてゆくんだなと 思いました。 面白かった。 映画としてのテンポも最高! だらだら幸せな生活を描くより、ちゃんとテーマに沿って描き切った良作。 レビューが良かったので星野源だし、と思いみてみた。 なんじゃこりゃ、レベルのB級マンガのような脚本。 出演者は悪くない。 製作側の問題。 素人が作ったインディーズみたい。 他のレビューにもあるようにセリフがとにかく非常識なものが多く一般からずれすぎてて不愉快になってくる。 演じた両者の両親役の役者も違和感感じて演技したでしょうね…。 なんかみんないつもより演技が棒読みで下手だったし。 パッケージの爽やかそうで初々しそうなイメージと違い、展開がマンガのようで陳腐。 セリフまわしも陳腐で違和感ある。 特に両者の親たちの夫婦の会話とかぎこちない言い回しで脚本家の語彙のなさ、経験のなさが垣間見えてシラケてきた。 頑張って最後までみて、時間の無駄だった…と確信、夜更かしを後悔した。

次の

至急!親に頼まれて(今大活躍の星野源さんが主演のため)テレビ放送で...

星野源夏帆ラブシーン

「テトリスでいう長い棒を待っている感じ 笑 の お芝居をしました」 星野 『箱入り息子の恋』 星野源、夏帆インタビュー 俳優、音楽家、文筆家と幅広く活躍する星野源が映画初主演を果たし、夏帆がヒロイン役を務める恋愛ドラマ『箱入り息子の恋』が6月8日 土 より、テアトル梅田ほかにて公開に。 ぴあフィルムフェスティバルでグランプリを受賞した『無防備』で注目を集める若手監督、市井昌秀が初めて人を好きになった男の初恋物語を描き出す。 原案は『トウキョウソナタ』の脚本を手がけたマックス・マニックスによるものだ。 そこで公開を前に来阪した主演のおふたりに話を訊いた。 ファンタジーのような設定でもありますが、ちゃんとラブシーンも描いていて正直だし、リアルな部分もあって面白い映画だと思いました。 夏帆:すごく面白いと思いました。 最初にいただいた本から現場で足されたシーンもありますし、最後の奈穂子の家でのシーンも現場でかなり変わりましたが、とにかく健太郎と奈穂子が可愛くていいなと思いました。 ある意味、彼は自立していると思うんです。 ちゃんと仕事もしているし、慣れ合わないし、親に迷惑もかけないし。 そこから人の迷惑をかえりみずぶつかっていくことを覚えていく。 それまでのギューッと自分のポリシーに閉じこもっていた感じからの開放感が大事だなと思いました。 夏帆:この役を演じるに当たって、彼女と同じような盲目のかたに何人かお会いしたんですが、わたしがお会いした方はみなさん自立されていました。 待ち合わせ場所にもひとりでいらっしゃいますし、ひとり暮らししているという方もおられました。 お仕事をされていた方もいますし、何でも自分で出来るんです。 そういった意味では、奈穂子は親元にいて自立していませんね。 途中ひとりで外に出るシーンもありますが、ほとんどひとりで外に出たことがない中で、健太郎との出会いで変わっていく。 そこの変化が奈穂子を演じる上ですごく大事だなという気持ちで演じました。 見えてないように演じようとしても、まぶしかったら目を閉じてしまいますし。 だけど今回は奈穂子が「目が見えない」ことに捉われ過ぎるのも良くないなと気をつけていました。 どうしても目が見えないお芝居を意識してしまって自分の頭がそっちに行ってしまいがちになったんですが、健太郎との関係性や気持ちの面を大事にしようと。 もちろん盲目の女性の役をきっちり演じるのも大事ですが、そこだけではないと思い演じました。 健太郎はダメなやつでは全然ないんですよね。 彼自身は筋が通っている人だけど外側から否定されてしまっている。 中と外でズレがある主人公なんですよね。 だから気持ち悪い演技で笑わせようとかはせず、筋が通っている真面目な人が崩れていくというような順番で役を作っていきました。 実は、役者としての印象の方が強いです。 今回、御一緒出来て本当に嬉しく思います。 星野:そのバラエティ番組の時はそんなにお話出来なくて、しっかりお話しするのは今回が初めてでした。 夏帆さんは、テレビとか映画とかで観ていたイメージ通りな面ももちろんお持ちなんですが、現場では堂々とされていて佇まいが媚びてない。 どこかどっしりとカッコイイというイメージに変わりました。 本当に楽しい方でした。 森山さんも優しくて、いい両親だなあって思いました(笑)。 夏帆:わたしは黒木さんの娘役が3度目なので、撮影の合間に話を聞いていただいたりしてました。 黒木さんが現場にいらっしゃるとホッとするというか、何でも預けられる感じがしました。 だから現場ではあまりなかったかもしれません。 順撮りではないので、気持ちのバランス加減については少し監督と話しました。 どこか想像の余地を残して、気持ちに少し隙間を作ってお芝居しているような感じでした。 テトリスでいう長い棒を待っている感じ 笑。 だから完成した映画を観た時は気持ち良かったです 笑。 去年1年は音楽でもそうなんですが、とにかく殻を破るというのがテーマで、違う自分になると言うか。 今までは自分と役に共通点をなるべくみつけて自分の中から絞り出すという作業が多かったんですが、そうじゃない今までやってないことをしたいなと思って。 自分の思いみたいなものは入れず役をどう作っていくか、役に体を貸すというか。 そういう感じに出来ればいいなと思っていたので。 すごく集中して健太郎像を作って入れ込んで演じました。 星野:僕も影響されると思います。 大なり小なり。 なるべく変わりたくないとは思いますけどね。 子を持つと親の気持ちも分かりますもんね。 僕はどうしても健太郎と奈穂子の話に意識が向いてしまいますが、幅広い世代に楽しんでいただけると思います。 よろしくお願いします。 夏帆:よろしくお願いします! (2013年6月 7日更新).

次の