引越し 料金 見積り。 訪問見積りをお願いして引越し料金を安くする

引越しの料金が一目でわかる!引越し料金早見表|引越し賢者

引越し 料金 見積り

単身引越し、夫婦2人やカップルの引越し、家族3人以上の引越しの3つのタイプに分けて紹介しています。 通常期と繁忙期で料金は大きく異なりますので、予算と照らし合わせながら引越しの時期についても検討していきましょう。 通常期(5月〜1月)の場合 価格帯 平均額 単身 27,900〜154,000円 57,000円 2人 32,900〜187,000円 68,000円 家族 52,900〜230,000円 91,000円 繁忙期(2月〜4月)の場合 価格帯 平均額 単身 28,400〜308,000円 112,000円 2人 34,800〜344,000円 134,000円 家族 59,900〜460,000円 173,000円 平均額は少し高めに感じるかもしれませんが、価格帯で見ると、 2万円代〜の低価格で引越しできるのが分かります。 時期やタイミングなどの季節要因以外にも、どの業者を選ぶか、どのようなプランを選ぶかで引越し料金は大きく異なってきます。 ここからは、引越し料金を少しでも安くするための効果的な方法について紹介していきます。 実践できるものがある場合は、是非試してみてくださいね。 実際の料金はいくら?一括見積りサイトなら相場より確実に安くできる! 実際の引越し料金を知るためには、業者へ見積もり依頼を出さなくてはいけません。 そこでおすすめなのが、 「引越し料金一括見積りサイト」。 一度の入力で 最大10社へ見積もり依頼を出すことが出来ます。 また、一括見積りサイトを使うと、 業者同士で値引き競争をしてくれるので、通常の見積もりよりも遥かに安い金額で引越しが出来ます。 一括見積りサイトの利用は無料です。 見積もり依頼の他にも色々なサービスを利用できますが、すべて無料です。 当サイトのおすすめは、 「SUUMO引越し」という一括見積りサイト。 SUUMO引越しは、一括見積もりサイトの中で唯一、 電話番号なしで見積もり依頼が出来るサイト です。 メールアドレスだけで見積もり依頼が出せるので、• 業者からは電話が掛かってこない• 全てメールでやり取りできる などのメリットがあります。 電話が苦手な方、自分の都合の良いタイミングで業者選びをしたい方におすすめです。 1業者• 1位、サカイ引越センター サカイ引越センターは、全国の売り上げランキングで 4年連続の1位を獲得した大手業者です。 単身引越しから家族の引越しまで、全てのタイプに対応できるプランが揃っており、特に ファミリー向けの引越しに非常に人気です。 近年は、単身専用のコース「小口引越便コース」も始まり、 単身引越しの利用者もどんどん増えています。 どの業者にしようか迷ったら、まずはサカイ引越センターをチェックしておきましょう。 おすすめコースまとめ コース名 内容 せつやくコース 小物類の梱包・荷解きを自分で行うコース。 節約したい方、単身向け。 小口引越便コース 専用ボックスを使った単身専用コース。 荷物が少ない人に最適。 らくらくCコース 大型家財と食器類の作業を依頼できるコース。 ご一緒便コース 混載便を使った格安コース。 らくらくBコース 荷解き作業のみ自分で行うコース。 新居での整理は自分で行いたい方に。 そうですね。 CMでも単身パックがフューチャーされており、多くの利用者が単身パックを選んでいます。 単身パックは、荷物の量に合わせて3つのサイズから最適なものを選ぶことができます。 料金はサイズと移動距離に応じて固定されているので、追加料金等の心配もありません。 大手業者に単身引越しを依頼したい方は、日通からチェックしていきましょう。 おすすめ単身パック パック名 内容 単身パックS Sサイズの専用ボックスを使うパック。 荷物少なめに最適。 15,000円〜。 単身パックL Lサイズの専用ボックスを使うパック。 一般的な単身引越しならコレ。 16,000円〜。 単身パックX 専用コンテナを使うパック。 自転車やベッドも運びたい場合に。 51,000円〜。 単身パック積んでみる 1. 5㎥のスペースに荷物を積み上げておくだけ。 訪問見積もり不要。 15,000円〜。 近距離のミニ引越しと合わせて、 JRの鉄道輸送を利用した長距離引越しコースがアリさんマークの引越社の特徴です。 おすすめは、「 長距離エコリーズナブルパック」。 JRのコンテナを使って荷物の輸送を行うプランで、トラックを使わずにコンテナごと移動させます。 余分な経費を可能な限りカットした格安料金による長距離引越しが可能です。 おすすめ長距離専用コース コース名 内容 長距離エコリーズナブルパック JRのコンテナ便を使った長距離便。 徹底的なコストカットで格安を実現。 長距離エコ便 JRの貨物列車を使うプラン。 低コスト&エコを優先。 長距離スペシャル便 トラックによるチャーター便。 料金よりも自由度優先。 愛知県内や東海地方でも非常に人気のある業者で、大阪から東海地方への引越にも多く利用されています。 単身引越し、夫婦やカップルなど2人の引越し、3人以上の家族の引越しの3つの異なるタイプの引越しに、それぞれ専用のプランが用意されているのは、アーク引越センターだけ。 特に、 2人の引越専用のプランは、他の業者にはないユニークかつ便利なプランなので、是非チェックしてみましょう。 おすすめプラン プラン名 内容 ミニ引越し長距離プラン 1R〜1LDK規模の引越し専用の長距離プラン。 荷物多め単身プラン 荷物が多めの単身引越しに最適なプラン。 長距離プラン 2DK〜2LDK規模の引越に最適な長距離プラン。 2人の引越しに。 これから新生活プラン 2ヶ所から荷物を運び出し、新居へ同時に搬入するプラン。 新婚さんに最適。 節約プラン 小物類の荷造り・荷解きを自分で行うプラン。 家族向け。 通常プラン 小物の荷解きのみ自分で行うプラン。 荷物多めの家族向け。 すべてお任せフルフルプラン 全ての作業をアークにお任せできるプラン。 関西地方から東海地方への引越しにも多く利用されており、 引越し料金の安さで単身引越しの方に多く選ばれています。 3つのサイズから選べる単身パックは、 最安値が8,000円〜となっています。 S・M・Lの3つのサイズから、荷物の量に合わせて最適なパックを選びましょう。 単身向けおすすめプラン プラン名 内容 単身Sパック ダンボール10個まで、軽トラ&スタッフ1名で8,000円〜。 単身Mパック 1K・1R向け。 軽トラ&スタッフ2名で15,000円〜。 単身Lパック 1DK向け。 2tトラック&スタッフ2名で22,000円〜。 2人の引越にも。 大阪府内の引越しはもちろん、全国への長距離引越しにも対応しています。 引越のドリームの特徴は、 単身パックに盗聴器発見調査が無料で付いていること。 新居での盗聴器発見調査のサービスは、一般的には有料のオプションサービスとなっていることが多いので、利用を考えている方は要チェックです。 一人暮らしの女性には特におすすめの業者で、学生さんやOLの方に最適です。 おすすめプラン プラン名 内容 単身パック 一番人気の単身専用パック。 盗聴器発見調査が無料。 レンタルパック トラックと運転手だけを依頼できるプラン。 作業は自分でできる方に。 便利パック 貴重品・プライベート品のみ自分で梱包・荷解きをするプラン。 家族向け。 生活スタイルや忙しさなどによって実践できるものと出来ないものがあるかもしれませんが、どの方法も確実に料金を安くできることは間違いありません。 できるだけ多くの方法を実践して引越し料金を限界まで安くしましょう。 土日は厳禁!夕方以降で格安に! まずは、引越しの日時について必ず知っていてほしいことがあります。 引越し料金は、需要が高まる土日や祝日は、平日に比べてかなり料金が高くなります。 どうしても土日にしか引越し出来ないという方も多く、業者からすると稼ぎ時ですので、料金は必然的に高くなってしまいます。 もし土日以外の平日で引越しをできるのであれば料金も割安になります。 業者によっては 平日の料金が半額程度に値引きされるキャンペーンなども行っていますので必ずチェックしましょう。 また、何月に引越しをするのかも慎重に選びましょう。 引越しは、は2月・3月・4月の春の時期に最も盛んになります。 そのため、5月~1月にかけての通常期と呼ばれる時期に比べると、繁忙期である2月~4月の料金は2倍近くかそれ以上の高額な料金となることも少なくありません。 費用を節約したいのであれば、特に 3月下旬から4月初旬にかけての時期は避けるようにしましょう。 また、時間帯についても同じことが言えます。 1日の中で最も予約が殺到するのが、午前中に作業をスタートする午前便です。 次いでお昼からの午後便となります。 この2つの時間帯については、 時間指定の料金が加算されるので割高になります。 もし時間指定の必要がないという場合は、 「時間指定なし」のプランで見積もりを取ってみましょう。 時間指定なしの場合は、午前と午後の作業が終わり次第のスタートとなるので、作業開始が何時になるのか直前まで分かりません。 しかし、その分の対価として引越し料金はかなり安くなります。 料金を安くしたい場合は、• なるべく平日• 2月~4月以外だと格安• 時間指定なしのプラン を選ぶようにしましょう。 どうしても3月や4月に引越しをしなければいけない場合も、時間指定なしのプランを選んだり、平日に作業をお願いすることで、通常料金よりは遥かに安い金額で引越しが出来ます。 実践できるものは是非試してみてください。 オプションサービスと追加料金を知る。 それ無料?それとも有料? 続いては、業者ごとに異なるオプションサービスについてです。 気を付けたいのは、 引越し当日に発生する思いがけない追加料金です。 見積もり金額は安かったのに、引越しの当日に色んなオプション料金が加算されて、気が付けば予算を大きくオーバーしてしまっていたということもよくある話です。 思いもよらない追加料金を防ぐためには、見積もり依頼をした時に、内容についてもしっかりと確認しておくことが大切です。 例えば、保険の内容が十分でなかったり、不用品の引取りが有料になっていたり、洗濯機や冷蔵庫などの設置も実は高額なオプション料金が必要になる業者などもあります。 見積もり金額だけで判断してしまうと、当日にならないと分からない、当日になって初めて気付く、依頼しなければいけなかったオプションサービスを見落としてしまいます。 業者の見積もり金額の概要を確認したら、当日に何か別料金が発生するようなことがないかをしっかりと確認しましょう。 また、オプションサービスは、業者によって無料のものと有料のものがあります。 特に、安さが売りの中小業者などは、 家電の設置や配線、盗聴器の発見調査などが無料のサービスとなっているところもあります。 同じ条件で見積もりを取っても、オプションサービスが有料か無料の違いで最終的な金額に大きな差が生まれることもあります。 気になる業者が見つかったら、必ずオプション料金についてもきちんと事前確認をしておきましょう。 一括見積もりサイトで格安業者を見つける 最後は、一括見積りサイトを使って格安業者を見つけることです。 そもそも大手業者は価格が高めで、中小業者は格安料金となっている場合がほとんどです。 ただ、季節によっては大手業者でも中小業者並みの格安料金で引越しできることもあります。 大切なのは、 1社のみへの見積もり金額ですべてを判断しないこと。 必ず最低でも3社~5社の見積もり金額を比較して決めましょう。 1社や2社だと、その金額が本当に妥当なものかどうかを適切に判断することが出来ません。 たまたまその金額がすでに格安料金であった場合ならまだよいですが、もしかしたらもっと安い金額を提示してくれる業者があるかもしれないし、その金額が相場料金の倍以上の価格である可能性もあります。 複数の業者へ見積もりを取り、それらを比較することが一番大切です。 一括見積りをしたら、料金だけはなくサービス内容やオプションサービスなどもすべて含めて比較しましょう。 契約後にオプション料金が加算されていっては比較した意味がありません。 必ずサービス内容や見積もり金額で本当に確定なのかなどをそれぞれの業者へしっかりと確認しましょう。 一括見積りサイトを使うと、一 度の入力で最大10社へ一括で見積もり依頼が出来ます。 大幅な手間と時間の節約が可能です。 サービスはすべて無料ですので、安心して使いましょう。 また、一括見積りを利用すると、単に料金を比較するだけでなく、見積もり金額が通常よりも確実に安くなります。 その理由について少し説明していきたいと思います。 一括見積りで料金が確実に安くなるたった1つの理由 一括見積りサイトを使うと、個別に複数の業者へ見積もりをした場合よりも、引越し料金は確実に安くなります。 一括見積りサイトを使って見積もりをすると、すべての業者はそれが一括見積りサイト経由の依頼であることを知っています。 そのため、ライバル業者となる他社に負けないように、最初から見積もり金額を下げてくれるのです。 一括見積りサイトくを使うと、あなたが値引きの交渉をする前に、すでに割引された金額を知ることができるのです。 もちろん、その後個別に交渉をすることで、見積もり金額をさらに安く値引きしてくれる業者もあります。 管理人プロフィール 名前:アキ 年齢:32 趣味:サッカー、筋トレ、音楽 視力:0. 02 家族:嫁さん、子供2人 大学卒業後、就職したくないことをモチベーションに、インターネットで稼ぐ方法を探索。 5年程バイトで食い繋ぎ、現在はWEBライティングやアフィリエイトなどで生計を立てている。 大阪在住中の引越しアルバイト経験を元に、引越し専門のサイトを立ち上げる。 アシスタント 名前:メイ 好きな芸能人:唐沢寿明 年齢:27 担当:サイト作成、情報収集 当サイトの運営アシスタント。 引越しに関する情報収集やサイト作成を担当している。 サイト内では、アキと一緒にコンテンツを紹介する役割も担っている。 趣味はバスケ。

次の

【大阪〜愛知(名古屋)】の引越し料金相場は?費用を安くする3つの方法と人気&安い引越し業者7選

引越し 料金 見積り

見積もりを取る前に、実際に使った人の声を聞くことも引越し業者選定に必要。 自分で金額やサービス内容を比べても、本当に大丈夫かな?と不安になりますよね。 そんな時は、実際に引越しをされたユーザー様からの情報を引っ越す前に事前にチェックしてみましょう。 この評価・口コミでは、最終的にどんな理由でその引越業者に決めたのか、丁寧さや値段など、どんな点が良かったのか・悪かったのかが掲載されています!さらに、初回に見積もりをお願いした際の金額がどのくらいで、最終的な実際の料金がいくらであるのかも掲載されているので、ご自身の検討されている引越条件と合わせて初期段階で概算の金額感の把握もできるので、これから引っ越そうと考えている方には便利です! 一括見積もりサービス 複数の業者からお見積もりをとって比較・検討したい方• 複数の業者へ見積もり依頼をする• 比較・検討をする• 契約・お引越し 一括見積もりサービスイメージ Web予約サービス Webで料金・サービスを比較してそのまま申込みたい方• 予約可能な業者で比較• 予約申込み• 契約・お引越し Web予約サービスイメージ• 提携引越し業者のLIFULL引越し見積もり限定割引特典や無料の段ボール等でお得に。 一般に休日より平日の引越しの方が、料金が割引になります。 時間を引越し業者の都合に合わせることで、割引になるケースもあります。 3~4月は繁忙期でご予約が取りづらくなるため引越し相談はお早めに! LIFULL引越し見積もり・予約では、引越業者のオススメプラン(単身パックやファミリープランなど)から引越し見積もりのポイントである相場情報まで、利用者の皆様に適したお得な情報を網羅しております。 引っ越しの比較ができる引越し屋さんの数は全国100社以上。 宅急便でお馴染みのヤマトの引越しやCMでお馴染みのアートさんやサカイさんなどの大手の会社から、赤帽さんなどの地場の会社に、インターネット(オンライン)で一括見積もりや予約ができます。 そのため1社1社に見積もり依頼をする手間や時間を省くことが出来ます。 引越し業者ランキングで比較したり、引越しポータルサイトだから出来る口コミや相場を元にした見積もり費用の平均を確認することが出来ます。 学生や単身赴任などの小さな引越しから海外へのお引越しまで幅広くサポートしております。 引越しをゆっくり検討したい方は一括見積もり、即日で決めたい方はネット予約やお電話で申し込みができます。 LIFULL引越し見積もり・予約では引越しに関する疑問、準備・手続き情報も充実!「」「」といった様々な疑問やトラブル解消方法も掲載していますので、この機会にノウハウを身につけてください。 お見積もり・予約を簡単お得にするポイント 引っ越そうと思い立ってから初めての方だと色々準備や手続きなど覚えておくことが沢山あります。 特に学生や新社会人で初めてお引っ越しをするかたや海外赴任や転勤などが急遽決まり、忙しくて引越しのことがないがしろになりがちです。 急な引越しで困る前にしっかりとしたチェックをすることで成功・失敗が大きく変わります。 引っ越しのお見積りや予約をする前に知っておくと便利なことや、見積書のチェックポイントなど、知っておけばお得な情報を掲載しております。 LIFULL引越し見積もりだけの割安になるポイントもあるのでしっかりチェックしておきましょう。 LIFULL引越し見積もり・予約では、引越し業者や引越し準備に関わる業者に直接インタビュー!会社の良さや引越し体験エピソード、整理・収納のコツ、家具・家電等の不用品処分方法など普段は見られない裏話や引越しの荷物に関するお役立ち情報をご紹介しています。 引越し業者の新たな一面を発見したり、引越し業者を決める比較ポイントが見つけられるかも!?引っ越しを成功させるためにも、業者の本音をぜひ参考にして下さい。 アリさんマークの引越社 業界の中でも数少ない「引越し専門」だからこそできるのが、「お客様本位」のサービスで多くのお客様から愛され続けている「アリさんマークの引越社」。 今回は、徹底したお客様目線についてお客様に対して心がけていることや引越しを安くするアドバイスについてお聞きしました。

次の

引越し料金の内訳をまるはだか! 引越し見積りの構成はこうなっている

引越し 料金 見積り

引越しの準備をする上でやはり気になるのが見積もり費用に関することだと思います。 実際にも下記のようなお悩みをお持ちの方も多いのではないかと思います。 こちらの記事では引越しの見積りに関する下記の内容をお伝えします。 一点、本題に行く前にとても重要なことをお伝えさせてください。 「引越しは必ず正しい方法で引越し見積りを行ってください」 何をいきなり言っているんだと思う方も多いと思いますが、理由はいたってシンプルで誤った依頼方法をしてしまうと 「引越しの費用がとても高くなるから」です。 こちらの記事では「引越しの見積り」に関する全てのことをお伝えすると共に、「正しい引越し見積りの方法」もお伝えしますので是非参考にしてみてください。 見積り方法によって引越し費用は半額以下に 本題と少しずれていますが、大変重要なことを最初にお伝えさせてください。 引越しをする場合に 必ず必要になるのが見積り依頼になります。 ただこの見積り依頼、正しい方法で行うと下記の口コミのように費用が2倍以上安くなります。 😨 引越業者はいくつか比較をすると安くなるイメージです。 以前一人暮し近所での引越でしたが、6万の見積が他者さんで3万になりました。 — さおりん saly77 逆に 間違った方法だと知らずのうちに高額な費用を支払うことになります。 では正しい見積り依頼方法とはどのようなものなのでしょうか? いきなり結論をお伝えしますが、 「引越業者に直接 見積りをとってはいけません。 必ず見積りサイトを使いましょう。 」 理由はいたってシンプルで、 費用が格段に安くなるからです。 驚きかも知れませんが、実は引越し費用の全てが引越業者の言い値で決まっています。 そんな引越し費用を安くするためには、引越業者との比較・交渉が必要です。 比較・交渉には、必ず その他の引越業者の安い見積もりが必要になります。 安い見積もりがあれば「サカイさんの見積もりは5万円ですけど、アートさんは4万円にできませんか?」と交渉することができるのです。 ちなみに安い見積りを取るための方法は2020年03月時点で下記2つが考えられ、あなたの要望に会う方を選ぶようにしましょう。 引越しをする際にとても大切になるのが、見積りになります。 ただその引越しの見積りに対して下記のようなお悩みをお持ちの方も多いのではないと思います。 こちらの記事では引越しの見積りに関する下記の内容をお... では本題である引越し費用に関する内容を下記にお伝えします。 引越し見積もり費用の平均相場はいくら? こちらでは引越費用の平均相場を紹介します。 是非参考にしていただき、あなたが実際にもらった見積りの目安にしていただければと思います。 引越し見積もり費用の確認方法 まず引越し費用の相場と言っても、それぞれに置かれている状況によって費用は大きく異なります。 下記3つの要素によって大きく変わります。 距離 ではそれぞれの詳細を簡単に説明します。 人数:一人暮らし・単身・2人・家族 人数によって引越し費用は大きく異なります。 引越しでは主に単身・2人・2人以上の家族で計算されるのがほとんどです。 時期:繁忙期・通常期 引越しには繁忙期と通常期があり、費用も大きく異なります。 新生活の時期である3月と4月が繁忙期で、その他5月から2月までが通常期になります。 距離:県内・都内・市内・県外・長距離・近距離 距離に関しては上記のようにいろんな呼び方があります。 ただ一般的には「何km以上〜何km以内」と具体的な距離換算で行われます。 上記3つの要素ごとに、利用者の口コミを参照にして引越し料金の相場をみていきましょう。 どのように調べるかと言いますと、実際に引越しをした人が費用等を直接書き込める下記サイトの平均値を参考にします。 合計で 口コミ件数は1万以上あるので信頼はできると言えそうです。 ただ引越し費用はその他にかかります。 例えば敷金や礼金、今住んでいる部屋のクリーニング代等です。 最後に引越し全体で一体いくらくらいかかるのか目安をご紹介します。 引越し全体にかかる費用はいくら? 引越業者に払うだけの費用がもちろん全てではありません。 まずはどのような費用が別途かかるのか、見ていきましょう。 引越し代以外にかかる費用の一覧 費用の分野 詳細 引越し作業 引越し料金 スタッフへのお礼金 物件の撤去 クリーニング費用 解約までの家賃 新物件の契約 前家賃 敷金 礼金 仲介手数料 火災保険料 カギの交換料金 一番上記に記載してある「引越し料金」は、実際の引越業者に支払う費用になります。 実はそれ以外にも上記のように費用を払う必要がございます。 では具体的にいくらくらい払えばいいか目安が欲しいですよね。 下記に人数(単身・2人・2人以上の家族)ごとにかかる費用の目安を記載しましたのでご覧くださいませ。 引越し全体にかかる費用の目安表:単身・2人・家族 どのように調べるかと言いますと、先ほどと同様の下記サイトの平均値を参考にします。 費用の分野 詳細 単身 2人 家族 引越し作業 引越し料金 ー ー ー 作業員へのお礼金 1,000円 2,000円 3,000円 物件の撤去 クリーニング費用 20,000円 25,000円 30,000円 解約までの家賃 30,000円 40,000円 60,000円 新物件の契約 前家賃 50,000円 70,000円 100,000円 敷金 50,000円 70,000円 100,000円 礼金 50,000円 70,000円 100,000円 仲介手数料 50,000円 70,000円 100,000円 火災保険料 15,000円 15,000円 20,000円 カギの交換料金 20,000円 20,000円 30,000円 口コミを参考にしたあくまでも参考値として目安にしていただければと思います。 ただ引越し費用の他に上記のような費用も多くかかることを理解して、引越しの準備を進めていきましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 こちらの記事では引越しの見積もり費用に関して、あなたが疑問にお持ちでなるであろうものをご紹介してきました。 最後に重要な点を強調させていただきます。 「引越業者に直接 見積りをとってはいけません」 理由はいたってシンプルで、 見積もり費用が高くなるからです。 少なからず敷金や礼金等でたくさんお金がかかる引越しなので、引越しの料金だけはなるべく安く済ませましょう。 費用を安く引越しを行うためには、その他の引越業者との比較・交渉が必要です。 そのためには、 その他引越業者の見積りが必要不可欠になります。 見積りを取るためには2020年03月時点で下記2つが考えられ、あなたの要望に会う方を選ぶようにしましょう。

次の