コイン 手品。 【簡単手品】【種明かし】コインの高速移動 |コインマジック|お金の手品

基礎的なコインの瞬間移動マジックの種明かし!

コイン 手品

コインを隠し持つ方法を色々知りたい! マジックを始めたばかりの方、興味がある方の中にはこのような方も多いのではないでしょうか? いざマジックをしてみようと思っても専門用語は多く、何から覚え始めればよいのかわからないもの、、、、 コインマジックをするのであれば、「パーム」というテクニックは必要不可欠です。 「パーム」とは「手の中に何かを隠し持つ」という意味のマジック用語で、コインマジックにおいては密かにコインを隠し持つことを指します。 パームはコインを消すテクニック「コインバニッシュ」を行うためには絶対に必要なテクニックです。 本記事ではコインマジックに使われるパームのうち、最も基本的なものを11種類厳選して紹介しています。 コインマジックは様々なテクニックの組み合わせなのでパームに関してはこの11種類を習得しておけばほとんどのマジックに対応することができるでしょう。 本サイトでは パームが必ず習得できるよう動作を細かく分けて解説しているので、是非参考にして練習してみてください。 コインを消すマジックの基本中の基本!パームとは 一度おさらいしておくと、コインマジックにおけるパームとは 「コインを手の中に隠し持つこと」であり、コインを消したように見せるために必須のテクニックです。 隠す場所はパームによって様々で、手のひらを使って隠すもの、指の間に挟んで隠すもの、手の甲側に隠すものなど多岐に渡ります。 そしてそれぞれのパームに強み、弱みがあるので、観客との角度や使っているコインなどの状況に応じて使い分ける必要があります。 難易度も簡単なものから難しいものまで様々ありますが、本記事では「難易度が低く、使いやすい」まず覚えるべきパームから順に紹介しています。 初心者の方は上の方にあるパームから順に習得していくことをおすすめします。 初心者必見!習得しておくべき基本的なパーム11種 1. クラシックパーム 手のひらにコインを隠すパームで、最も基本的かつ使用頻度の高いパームです。 親指の肉丘と小指側の肉で挟むようにしてコインを持っており、逆さまにしても落ちることはありません。 相手側から見ると手は自然な状態になっており、一見何も持っていないように見えます。 コインマジックで最も重要なテクニックと言っても過言ではありませんが、普段使わない筋肉を使うため最初は手が強張りがちです。 しかし慣れさえすればそれほど力を入れなくてもコインを持っておけるので、練習の際はテレビを見ながら、何かをしながらひたすらコインをパームし続けてみましょう。

次の

今スグできる!簡単おすすめコインマジックのやり方&種明かし大公開 2020年7月

コイン 手品

10円玉が500円玉2枚に変わるシンプルなマジックです。 現象自体は大人の方でも喜びそうなものですが、 種を知ってしまえば子供向けだなーとお思いになる方が多いと思います(笑) 結構子供向けのマジックの本などに載っているマジックです。 下記種明かしです。 初心者の方必見! 10円が1000円になる簡単コインマジック! 種明かし編 【準備】 1 10円玉1枚と500円玉2枚を用意します。 2 500円玉2枚を重ねて親指と 人差し指の第一関節、第二関節で持ちます。 (1枚目の画像が粗くなっておりますが、 500円玉を2枚重ねている状態です。 ) 3 10円玉を500円玉の前に置き、 親指、人差し指で挟み持ちます。 10円で500円玉2枚を隠している状態です。 角度を変えてみるとこのような状態になっております。 【現象】 4 お客様に500円玉が見えないように持ったら、 左手で10円玉を隠す時に、10円玉を左手でフィンガーパームします。 5 10円玉をフィンガーパームしたら、 500円玉2枚を示しコインが増えたことを示して終わります。 以上が 種明かしです。 サクラや仲間内で打ち合わせしてからでは可能かと思いますが(笑) 500円玉2枚出した後は、コインの瞬間移動には繋げることも可能かと思います!! 下記のリンクがオススメです。 むしろ2枚の方が難易度も低いかと思います。 その他、コインの瞬間移動だとこちらもオススメです。 初心者の方必見! 10円が1000円になる簡単コインマジック! まとめ 種明かしはご理解いただけていると思いますが、 この マジックは角度も弱ければ、準備、処理等何かとマジシャンにはストレスになることがあります。 現場ではやはりやり難いです(笑) まずはコインのパーム(隠し持つ技法)や角度を自分自身で学ぶ上では ありなのかなーと思います。

次の

コインマジック 簡単なものを種明かし♪初心者でも練習無しでOK!

コイン 手品

では 種明かしとやり方を説明します。 最初に手の平にコインを置く段階で仕掛けることになります。 左の手の平にコインを置きますが、 手を返すときに、 親指側の手の平のはしのほうへ、さりげなく移動させます。 コツとしては、右手でコインを握ったまま、左の手の平を返すときに、はしにずらすようにします。 コインの位置は画像のような状態になります。 左手の横からコインが少しはみ出ていますね。 この部分は、 相手には見せないように、右の手の平をおいていきます。 これらの動きは、一連の動作でおこなっていきます。 左手のように、 右の親指ですばやく、横にはみ出ているコインを隠しておくとよいでしょう。 それと同時に、右手をかぶせるようにもっていきます。 左手の甲の上に、右の手の平をのせます。 手の下を見るとこんな感じです。 あとは、手を上下にさせながら、左手をゆるめて、コインを右の掌に当てながら、 左手の甲にスライドさせていけば、左手の甲へコインを移動させることができます。 コツをつかむまで、何回か繰り返しえしてみてください。 コインマジックを行っていると、どうしても簡単なマジックを教えてほしいと言われることがあります。 そんなときは、 ちょっと練習すればできる程度のものを教えてあげると、一緒に練習するような形になって、コミュニケーションをとれるきっかけになるかと思います。 ぜひ活用してみてくださいね。 まずは、あなた自身が華麗にできるように練習してみてくださいね。

次の