通信教育 中学生 比較。 子供の通信教育比較

中学生通信教育比較.com 【口コミ・評判】

通信教育 中学生 比較

もくじ• 塾と通信教育の特徴を比較してみた 塾と通信教育の特徴をまとめて比較してみました。 項目 通信教育 塾 学習環境 良い 本人次第 1講義あたりの学習時間 2〜3時間 本人次第 サポート体制 良い 良い 自主的な学習の習慣 付きにくい 付きやすい 受講料(1年間の平均) 20万 1〜10万 学習環境は塾に軍配 学習環境とは、適した環境で学習ができるかどうか。 塾は学校とは異なり勉強し、学力を上げることを目的として通います。 特に重要視しているのが学習の環境です。 教室には基本的に無駄なものが一切なく、外の音も入ってこないようになっており、非常に集中しやすいです。 また土日も解放してくれる自習室など、塾に通っている方が学習の環境は確実に良いですね。 学習時間も塾の方が長くなる さらに塾は1講義あたりの学習時間も長くなります。 しかしこれは塾のメリットでもありデメリットでもあります。 後ほど詳しく説明します。 サポート体制は塾も通信教育も充実 サポート体制とは、塾であれば授業、通信教育であれば教材以外のサービスの提供はあるのかどうかということです。 どちらもサポート体制は充実していますが、それぞれ方向性が異なります。 自主的な学習の習慣は通信教育のほうがつきやすい 自主的な学習の習慣は、通信教育の方が圧倒的に付きやすいです。 塾はたしかに学習時間は長くなりますが、半強制的に勉強させられるためテストや受験の前だけの付け焼き刃の学習になる中学生が多いですね。 なんとなく塾と通信教育の違いがわかっていただけたかと思います。 ここからは塾と通信教育のそれぞれのメリット・デメリットをご紹介しながら、それぞれの特徴について詳しく解説していきます。 中学生を塾に通わせるメリット 「偏差値をあげたい」 「高校受験の対策がしたい」 というときにまず思いつく方法の一つが塾や予備校に通うことですよね。 まずは中学生が塾に通うメリットを3つご紹介します。 競争意欲が刺激される• 勉強をする環境を作ってあげられる• 集団授業の場合は学力別で教室が異なったり、塾内の全国模試などで順位が出るなど露骨に競争させられます。 プライドも生まれるため、より勉強に身が入り努力しはじめる中学生も多いです。 雰囲気も勉強一直線のため、モチベーション維持にも繋がります。 負けず嫌いな子であれば、集団授業の塾に通わせることで急激に力が伸びることが多いですね。 そもそもあまり勉強に適していない環境の家庭も多いと思います。 家で仕事をしている人も多かったり、また兄弟がいると集中できない、さらにはスマホをいじってしまうなどの誘惑もあります。 こうした環境で勉強するというのは、ほとんどの人は難しいです。 学校などでの生活態度が良く、「やりたいけれど環境が整えばちゃんとやる」など周りに順応できるタイプの中学生であれば、塾に通うことで勉強習慣を付けることができます。 「学校の先生が優秀ではない」とは言いませんが、中学の先生というのは非常に忙しく、勉強を教えるためだけに生徒と触れ合うわけではありません。 その点、塾の講師というのは勉強を教えるプロ。 そうした講師の授業を直接受けることができ、さらにわからなければ質問にも行けるというのは、塾ならではのメリットです。 中学生が塾に通うデメリット 塾に通うことは良いことばかりではありません。 本人の性格によっては塾が合わない場合もあります。 塾に通う主なデメリットとして3つご紹介します。 少なからずストレスが生じる• 必ずしも成績が上がるわけではない• 原因の一つは、とにかく時間がなくなること。 遊ぶ時間はもちろん部活などとの調整が難しくなる場合も。 また平日は夜遅くに帰ることになるため、家族との食事の回数も減ります。 塾からの宿題も出されるため、自由に使える時間が一気に減ってしまうんです。 本人が望んでいるのであればいいのですが、思春期にこうした生活となることは決して良いことではありません。 また最初はやる気があっても、徐々に競争する環境に嫌気が差し、勉強が嫌いになってしまうことも。 親や周りの友人たちでも気づけないストレスを抱えてしまうことが多いんです。 同じ塾であっても競争意識が低かったり、また塾で出会った同級生と仲良くなり、「友達に会いに行く」というような感覚で通うようになる中学生も少なくありません。 夜が遅いのを良いことに、夜遊びを始める人もいます。 もちろん友達ができることは良いことですが、授業は聞き流しそのあとの帰り道を楽しみにしてしまうのであれば、本末転倒。 性格によっては「成績は一向に変わらない」なんてことは少なくないんです。 1年間で平均20万円掛かると言われています。 月に直すと1万6000円。 これだけ見ると払えない額ではありませんが、お金が必要となるのは授業料だけではありません。 交通費や夜ご飯代、またテキスト代は別に請求されることも。 家計を圧迫することは必至。 もちろん将来を考えると安いものと思うかもしれませんが、勉強の成果が出ないのであれば無駄になってしまうことも。 塾に通わせるのは、非常にリスクが高いのです。 通信教育のメリット 受験や家庭学習のもう一つの手段として、通信教育があります。 通信教育は簡単にいうと、教材やタブレットなどで自分で勉強を進めていく方法です。 通信教育のメリットはこちらです。 学習時間を自分で調整できる• ストレスが少ない• 自宅学習といっても、図書館やカフェなど基本的にどこでもできます。 また自分で学習時間を決めることもでき、部活や遊びと両立できるので、無理なく続けやすいのも特徴。 計画性を身につける練習にもなります。 自主性も養えるのでので、高校になっても自宅で自ら進んで学習する姿勢を維持しやすくなります。 競争がないと思われるかもしれませんが、実力テストなどでは努力が点数に反映されるのは塾と同じ。 自分のペースを保ちつつ、勉強を進められ、ふとした瞬間に一気に伸びる中学生も多いです。 とにかくストレスが少なく、自主性を保ったまま勉強ができるのが通信教育の一番のメリットですね。 だいたい高くても1万円以内に抑えることができます。 教材の提供だけでなく、サポート体制も充実しています。 オンラインでの添削や質問なども自由にでき、また対面ではないのでやりとりがしやすいと感じる人も。 やり方によっては非常にコスパ良く合格まで辿りつくことができます。 通信教育のデメリット もちろん通信教育にもデメリットはあります。 通信教育のデメリットは、下記3つです。 サボろうと思えばサボれる• 自分で学習環境を作らなければならない• 計画性を持って行わなければ、どんどん教材が溜まってしまい、最終的には一切手をつけなくなってしまうことも。 塾と違い強制力がないので、自分で自分のことを管理しなければなりません。 こういうことが得意な中学生であれば問題ないのですが、なんでも自分で決められてしまうので、本人の性格によっては成績が伸び悩むことが多くなります。 場所を選ばないと行っても、塾のように勉強に適した自習室や教室があるわけではありません。 自宅であっても集中してやらなければならず、自主性がなければ続けられないのが通信教育の難点です。 しかしオンライン上なので、すぐに解説が返ってくるわけではありません。 またすべて文面で返ってくる通信教育もあります。 基本的に提供された解説だけを頼りに、自分で調べつつ理解していく必要があります。 塾と通信教育どっちがいいの? ここまで塾と通信教育のメリットデメリットをご紹介してきました。 で、結局どっちを利用するのがいいのか。 これは一概には言えません。 一つ基準になるのは、本人のやる気や性格ですね。 どんな人が塾に向いていて、どんな人が通信教育に向いているのか、簡単にご紹介していきます。 塾で学力が伸びやすい人の特徴 塾で学力が伸びやすいのは下記のような人です。 競争が好き• 自主的な勉強が得意ではない 塾ではとにかく競争を促されるため、「周りに負けたくない!」という姿勢がある人の方が成績も上がりやすくなります。 また学習環境も整えられます。 「自宅や図書館などでは集中できない」 「ついついスマホをいじってしまう」 といった中学生は少なからずいます。 自制心や自主的な勉強があまり得意ではない人は塾に通う方が、効果が出やすいでしょう。 通信教育で学力が伸びやすい人の特徴 一方で通信教育に向いているのは下記のような中学生です。 一人で黙々と勉強をできる• 計画性がある• 自主的に勉強できる 通信教育はとにかく学習のサイクルを本人が決めることができます。 自分で自由に学習を進められるからこそ、塾よりも自主性や計画性を養うことができます。 中学生はまず通信教育から始めよう 個人的に高校受験を見据えるにしろ、定期テスト対策のためにしろ、おすすめなのはまず通信教育から始めることです。 塾で勉強を強制すれば確かにある程度の勉強ができるようになります。 しかし「やらされている」といった感覚はぬぐいきれません。 しかし社会人になったときには、自主性や計画性がとても重要な能力になります。 成長期である中学生のときに通信教育で勉強を進めることで、「やらされる」のではなく自分から「やる」という姿勢を身に付けられます。 まずは通信教育からはじめ、もし合わなければ塾に移行すればいいだけ。 受講費も安く済み、かつすぐに始められます。 まとめ 塾と通信教育の特徴を比較してきました。 まずは塾のメリットとデメリットをおさらいしておきましょう。 塾のメリット• 競争意欲が刺激される• 勉強をする環境を作ってあげられる• レベルの高い講師に直接質問できる 塾のデメリット• 少なからずストレスが生じる• 必ずしも成績が上がるわけではない• 月謝がとにかく高い 塾は確かに勉強をする時間は増やすことができます。 しかし中学生にとってはストレスも多く、勉強嫌いになる人もいます。 塾に通わせる場合には、しっかりと本人の意向も汲み取ってあげてください。 一方で通信教育のメリットとデメリットはこちらです。 通信教育のメリット• 学習時間を自分で調整できる• ストレスが少ない• 費用が塾よりも安く済む 通信教育のデメリット• サボろうと思えばサボれる• 自分で学習環境を作らなければならない• 質問はできるがすぐに返ってこない 通信教育は基本的に自分で進めていく学習です。 そのためしっかりとした軸がないと勉強がおろそかになり、成績が伸び悩んでしまうことも少なくありません。 しかし慣れてしまえば、自分から学習時間を増やし、一気に能力が上がる可能性もあります。 また自主性や計画性を養うこともできます。 費用も塾の半分程度とかなり安く抑えられます。 まずは通信教育から始め、徐々に勉強に慣れさせていきましょう。

次の

全国で人気の中学生向け通信教育ランキング|口コミ・ランキングで比較【塾ナビ】

通信教育 中学生 比較

<中学生の通信教育・家庭学習教材で学力を伸ばそう!> 中学生の家庭学習に通信教育と、 PC・タブレットなどの端末を利用した教材や学習システムを厳選して比較検討しています。 例えばこんな中学生におすすめ ・学校の成績・学力を伸ばしていきたい! ・部活動や学校行事などが忙しくて勉強をする時間がなかなか作れない ・毎日の学習習慣を作ったり、家庭学習を充実させたい ・授業の理解・定期テスト対策・受験勉強をしっかりやりたい 通信教育はこんなことができます ・学校の授業の予習・復習などの日々の勉強や定期テストの勉強 ・勉強の進め方ややり方が分かります ・効率よく学習ができ個々の目標・学力に合わせて効果的に力を伸ばせる ・ニガテ教科・ニガテ単元・つまづいたポイントの克服 ・中学生の大きな目標である高校受験の勉強 通信教育の最大のメリットは幅広い中学生に対応した教材だということ。 中学生それぞれに目標があるように、学校の勉強・学習環境・部活動・生活サイクルなどが違います。 通信教育は自分のレベル・学力・目標・目的に合わせた勉強ができ、尚且つ自分なりの取り組み方で勉強していけるので、中学生のそれぞれが望んでいる学習ができる教材です。 もちろん合う教材・合わない教材があるのも当然。 そこでいくつかの通信教育を比較していくことで自分にぴったりの教材を受講していくことをおすすめしています。 個々の目的・目標・学力・学習環境等に合わせて教材を選択し、ニガテを克服して学力を伸ばすのはもちろん思考力・表現力・知識などを幅広く伸ばしていきましょう! 中学生向けの通信教育にはいくつかタイプがあり、受講形態や教材内容も様々です。 例えば、タブレット型orテキスト型orプリント型のような教材形態の違い、添削やレベル別の学習などの教材システムの違いなどがあります。 どの教材が良いのか迷ってしまったら、 通信教育に求めるものと 目的・目標を中心とした教材選びをしていこう! 学校の授業の理解度を上げたい、勉強の習慣を定着させたい、教科書の枠を超えた学びがしたい、など一人ひとり学力も違えば目標も違いますので、自分に必要な学びができる通信教育を選択して受講していきましょう!• 通信教育を選ぶときに!• 自分の学力・レベルに沿った通信教育や講座・コース選択をしよう!• 目標校に合わせた学習ができる教材・コースを選択しよう!• 学校の授業・宿題、学習塾・家庭教師などを総合的に考えた 通信教育の位置づけを考えよう• 教材ごとの特徴や受講スタイル・教材構成などをよく理解していくことも大切!• 通信教育に期待していることを軸に各教材の内容を比較検討してみましょう 人気のある教材に関しては学習内容の幅も広く、それぞれの学習到達度や理解度などのレベル、目標高校別のカリキュラムなど、中学生一人ひとりに焦点を当てた学びができます。

次の

Z会中学生コースの料金は高い?通信教育他社と比較した費用・コスパを完全解説!

通信教育 中学生 比較

中学生が通信教育を使うメリットはどのようなものがあるのでしょうか? 中学生が通信教育を使うメリットは、 ・自宅学習なので忙しくてもやりやすい ・塾、家庭教師より安い ・学習習慣をつけて基礎を学べる ということです。 自宅学習だから続けやすい! 一つ目のメリットは「 継続しやすい」ことです。 通信教材の場合、自宅学習の為、他の習い事や学校との両立がしやすくなります。 子供の習い事で大変なのが送り迎えです。 その送り迎えがない分、継続しやすい環境で学習ができるでしょう。 塾と比べるとリーズナブル! 二つ目のメリットは「 リーズナブル」であることです。 塾に通うと月に「1~2万円程」かかってきます。 それらと比較すると通信教育の場合「1,980円~9,970円程」です。 リーズナブルであることも継続しやすい特長になります。 学習習慣を身につけやすい! 3つ目は「 学習習慣」が身につきやすい事です。 通信教育は長年のノウハウを持つ会社が多く、をつける為の仕掛けが沢山あります。 分からない事がすぐに質問できない 一つ目は「分からない事があったときに質問できない」ことです。 であれば、講師にすぐ質問ができます。 通信教育の場合、分からない事があったときにすぐに質問できないのが特徴です。 勿論、解説が詳しくは書いてありますが、どうしても分からない場所は学校の先生に相談することも一つです。 親のモチベーションコントロールが必要 2つ目は「親がモチベーションをコントロールする」必要がある事です。 通信教育の場合、塾と違い決まった時間の授業もない為、途中でやらなくなって「溜まってしまう.. 」ということもあります。 通信教育選び方のポイントは? 通信教育を選ぶ時にはどのような所に注意して選ぶべきなのでしょうか? 中学生の通信教育を料金一覧表で比較して選ぶ! お値段も通信教育で気になるポイントのひとつですよね。 そこで、中学生におすすめの「通信教育7社」の「月額料金」を比較してみました。 他の通信教育と併用としても使える映像授業! 4,000円 城南予備校が運営するデジタル学習教材! 4600円~ 教科書に沿った内容。 学校のテストの点を上げたいならこれ 5980円~ 王道。 長年のノウハウと実績を元に作られた教材は負けなし。 5,980円~ タブレット学習の王者。 自動丸付けなど多機能で使いやすい 9,970円~ 1講座から受講可能!志望校が決まっているならZ会! 様々な料金プランがあるものは、一番安い金額を表示しています。 また、は人気のタブレット学習です。 間違えた問題や苦手な問題を忘れた頃に出してくれる優れもの。 特には月額1,980円で有名講師の授業が見放題なのでコスパという意味では最強です。 無料で試せる期間もあるので一度使ってみるのがおすすめです。 添削課題のメリットは、自分で採点していては気づかないポイントやコメントをもらえる点です。 中学生の通信教育を選ぶ際の参考にしてみてください。 会社名 添削 がんばる舎 無 無 無 無 有 無 有 やはり、通信教育老舗の「」は添削がついていますね。 いわゆる「赤ペン先生」です。 添削があることで、程よい緊張感が生まれ継続できるきっかけになってきます。 ここでは、7社の特徴やカリキュラムを解説していきます。 またそれぞれの教材の評判や口コミも紹介していくので参考にしてみてください! 1. スタディサプリ中学生講座 スタディサプリは何と言ってもコスパがいいです。 最大の特長は月額1,980円で分かりやすい講師の神授業が見放題であることでしょう。 一つの動画も15分程度である為、飽きずに学習することができます。 スタディサプリ中学生講座の料金・特徴は? 名前 対応年齢 中学生以上 学習スタイル 映像授業 個別指導コースもあり 料金・プラン ベーシック:月額1,980円 個別指導:月額9,800円 難易度 標準 特長 一つの動画15分程度で隙間時間にも効率的に学習できる。 苦手分野の映像を見ながら理解を深める事が可能 スタディサプリ中学生講座のメリットは? 全ての授業が「1,980円」で見放題かつ、PDFテキストも無料で閲覧することができます。 1つの科目で基礎と応用に分かれているので、苦手を克服しやすく、定期テストや総復習、入試対策など目的別に学習しやすいです! 授業で分からないかった部分を動画で見返したり、明日の授業の予習に使ったりと隙間時間の15分ほどで学習ができてしまいます。 スタディサプリ中学生講座の口コミ・評判は? 「 隙間時間を有効に使える」 中学に入学して夏ごろから授業についていけなくなってきました。 学校のテストの50点前後がほとんどという状況でした。 部活ばかりに集中して親としては不安が大きかったです。 そんな時に友人にスタディサプリをおすすめされて子どもにやらせることに。 実際に始めてから3か月後位に驚くほど成果に繋がってきました。 まず学校のテストでは80点近くの平均点まで上がっています。 そして親として一番嬉しいのは隙間時間に勉強できる事です。 移動やご飯前に今日習った部分を復習しています。 中1保護者 「 神授業が分かりやすすぎる」 中学2年生からスタディサプリを使っています。 子供が見ている映像を親の私も確認してみたのですが本当にわかりやすくて驚いています。 わかりやすい授業が15分程度とコンパクトになっているので子供も飽きずに続けられています。 教科書で文章を見るよりも目で見て音で聞いたほうが理解度は高まるのでしょう。 今まで全く自宅での勉強をしなかった子が最近は30分以上平気でやるようになっています。 中学ポピー は「1回の学習時間の目安は10~20分」と短いので部活をしている子どもでも続けやすいです。 また「教科書に沿っている教材」が届くのが嬉しいポイント。 「教科書のレベルで学習習慣を付けたい子」や「学校のテストの点数を上げたい子供」にはたいへんおすすめ。 中学ポピーの料金・特徴は? 名前 対応年齢 中学生以上。 もある 学習スタイル テキスト 紙 学習 料金・プラン 月額4,686円~ 難易度 優しめ 特長 教科書の内容を中心としたテキスト学習 余分な知育玩具や付録がなくリーズナブル 中学ポピーのメリットは? 中学ポピーの効果は ・教科書に沿った内容で徹底的に基礎を学べる ・余分な付録がなくリーズナブル ・内申科目も学習できる となります。 問題の内容は基礎レベルです。 これから学習習慣を身につけたい子や学校のテストの点数を上げたい子におすすめできます。 中学ポピーの口コミ・評判は? 「 教科書に沿った内容で基礎が身につく」 中学ポピーの嬉しいポイントは教科書に沿った内容であることです。 テキストが教科書に沿っているので学校のテストの点数が上がりやすいと実感しています。 学校のテストの点数が上がると子供も自信を持つことができ勉強に良い循環をもたらしてくれています。 まずは基礎を身につけたい子にオススメできる通信教育です。 「 リーズナブルで継続しやすい」 中学ポピーは余分な付録がないため非常にリーズナブルです。 中学生になると何かとお金がかかるので通信教育が安いのは親にとっては助かります。 また安いから内容が悪いということは全くなく、40年続いている通信教育なので学習内容もテスト対策もしっかりしてくれています。 進研ゼミ中学講座 通信教育最大手のベネッセさんが運営する「」です。 長年の教育ノウハウと学習を習慣にしやすい仕組みが多くあります。 進研ゼミの学習は「10~15分単位」で無理なく取り組めます。 進研ゼミ中学講座の料金・特徴は? 名前 対応年齢 中学生以上 学習スタイル テキスト 紙 +タブレット 料金・プラン 月額5,980円~ 難易度 標準 特長 テキスト+タブレットで学習していくスタイル。 英語やプログラミングもしっかり学習が可能 コースは『 ハイブリッド』と『 オリジナル』の2種類のカリキュラムがあります。 『 ハイブリッド』は、テキストにタブレット学習を組み合わせたスタイルです。 苦手を克服するのに最適な問題を選びやすく、効率的に力を伸ばすことができます。 『 オリジナル』は、良問が厳選されたテキストを使って『しっかり読んでしっかり書く』というスタイルです。 進研ゼミ中学生講座のメリットは? 進研ゼミ中学講座のメリットは ・AIタブレットが学習効率が上がる ・分かりやすい動画概説で苦手克服 ・通う中学に合わせて問題を出してくれる となります。 じっくりと長期的に力を伸ばしたい方におすすめします。 難易度も標準レベルの為、どんな子でも学習しやすい通信教育です。 進研ゼミ中学生講座の口コミ・評判は? 「 AI学習アシスタントが優秀!」 進研ゼミ中学講座を中学1年生の夏から利用しています。 進研ゼミの最大の特徴はAI学習アシスタントがあることです。 AI学習アシスタントは「目標」や「忙しさ」に合わせて学習計画を提案してくれます。 また、疑問に思ったことを投げかけるとその場で解決してくれるのです。 イメージは子ども版の「アレクサ」のような感覚です!この機能があるおかげでなかなか続かなかった通信教育がしっかり続いています! 「 プログラミングも学べるのが嬉しい」 進研ゼミ中学講座の嬉しいポイントはプログラミング学習もできることです。 2021年度から中学校でもプログラミング学習が必修化されます。 ただプログラミング教室に通わせると月に1万から2万はしてきます。 そう考えると進研ゼミのタブレットの中でプログラミングも学べるのは非常にコスパがいいです。 スマイルゼミ は「タブレット学習」に特化した通信教育です。 ここ最近最も伸びている通信教育の会社ではないでしょうか? 動画視聴や自動解答、振り返り問題の提出など「タブレットのメリット」を生かして、空間図形や理科実験などの難しい内容をイメージしやすくなります。 標準クラスと特進クラスに分かれており、目標やレベルに合わせて教材を選ぶことができるのもおすすめポイントです。 スマイルゼミ中学生コースの料金・特徴は? 名前 対応年齢 中学生以上 学習スタイル タブレット 料金・プラン 月額5,980円~ 難易度 標準 特長 タブレット一台で9教科学習可能。 自動丸付け、苦手問題の出題の自動化など高機能。 動画・音声・アニメーションで理解度UP スマイルゼミ中学生コースのメリットは? スマイルゼミ中学生コースのメリットは ・自動丸付けをしてくれる ・子供の学習レベルに合わせた問題提出 ・親が学習状況を把握できる となります。 タブレット学習ならではのメリットが多いです。 筆者の家庭でも「タブレット学習って子供に良くないんじゃないの。。 ?」と考えていたのですが、現在はスマイルゼミを使っています。 一番の理由は、共働きの家庭では「 タブレットが自動で丸付け」をしてくれる仕組みはありがたいからです。 そして、子供も自分のタブレットが持てることが嬉しいようで毎日進んで勉強するようになりました。 また中学生の内容であれば先取り学習をすることもできます。 アニメーションや動画での解説も分かりやすく直観的に理解ができるでしょう。 スマイルゼミの口コミ・評判は? 「 レベルに合わせた学習ができる」 スマイルゼミを使って一番嬉しかったのは子供の学習レベルに合わせて勉強内容を提案してくれることです。 このようにレベルに合わせて勉強内容をおすすめしてくれるところは他の通信教育にはない点だなと感じています。 「 専用のタブレットでやる気UP」 スマイルゼミを始めてから毎日1時間以上勉強する習慣が身につきました。 それまでは勉強をしようとしても漫画を読んでなかなか集中できていなかったのが実情です。 自分専用のタブレットが持てていることがやる気アップに繋がっているようです。 Z会 「」は志望校合格に向けて入試、さらにその先を見据えた学習カリキュラムとなっています。 レベルの高い良問が揃っており、確実に実力を伸ばすことはできますが、難易度はやや高いです。 難易度は高いのですが、コースによっては基礎から学べ良問が多いので「勉強を頑張りたい子」や「学校のテストでは物足りない子」に向いています。 また、進学校を目指す方におすすめします。 Z会の特徴として「 受講科目を1科目から選べる」ので伸ばしたい教科や得意な教科に絞って活用するのも良いでしょう。 Z会の口コミ・評判は? 「 応用問題も沢山解けて充実している!」 中学2年生の夏からZ会中学生コースを利用しています。 受験を意識した難しい問題やハイレベルな応用も多いですがやりがいがあるようで解き終わった後には一仕事終えたような表情をしています。 充実感があるので難しい問題に挑戦したい子にはおすすめです。 「 1教科から受講できるのが嬉しい」 Z会で嬉しいのは1教科から受講ができる事です。 我が家の場合は、数学と理科が得意でより高いレベルいにチャレンジしたいとのことなのでこの2教科を受講しています。 学校のテストで毎回100点近くを取っている場合にはZ会もおすすめです! 資料請求するとサンプル教材がもらえるので確認してみてください。 がんばる舎 スモールステップ式の教科書別プリント教材で学習します。 1日1枚を20分でこなすという方針ですので、家庭学習を定着させやすいことが特徴です。 1か月に英語12枚、数学13枚、国語6枚のプリントが届きます。 中学生の中でも、 「まずは学習習慣を身につけさせたい」 「基礎から特訓したい」 「学校の補足として勉強したい」 という家庭にはお勧めです。 デキタス は城南予備校が運営する「デジタル学習」です。 親しみやすいキャラクターで学習習慣がない子供でも始めやすい教材でしょう。 またリーズナブルな点も継続しやすいメリットになります。 デキタスの料金・特徴は? 名前 対応年齢 中学生以上 学習スタイル デジタル学習 料金・プラン 月額4,000円~ 難易度 標準 特長 ・1動画2~5分程度で集中して取り組める ・基本~チャレンジ問題まで取り組める ・テスト対策も充実 デキタスのメリットは? デキタスのメリットは ・デジタル学習で取り組みやすい ・先取り、復習がしやすい ・テスト対策も充実 となります。 テストモードをONにするとテスト範囲の単元を自由に組み合わせて取り組むことができます。 普段の学校の授業の予習・復習だけでなく、テスト対策まで可能です。 デキタス中学生講座の口コミ・評判は? 「 教科書に対応しているのが嬉しい!」 デキタスはデジタル教材ですがログインしてすぐに始められることが魅力です。 専用のタブレットが郵送されてくるのを待つ必要もありません。 また勉強内容も教科書の内容に沿っているので予習・復習になり学校のテストの成績も平均で15点以上上がっています! 「 基礎と応用のバランスが丁度いい!」 デキタスは各単元で100点をとるとチャレンジ問題に挑戦ができます。 逆に100点を取るまでは取り組むことができません。 この仕組があるおかげで基礎を徹底的に身につけた後に、応用問題に挑戦できるので子供のやる気も常に高まっています! まとめ:通信教育は最低でも2、3社は比較して決めましょう! 中学生におすすめの「 通信教育7社」を解説しました。 一言に通信教育と言っても、多くの特徴や学習タイプ、料金体系があります。 通信教育を始めて一番損になることは、途中で使わなくなってしまうことです。 学習スタイルや難易度のミスマッチで途中で使わなくなってしまうケースもある為、 最低でも「2,3社」の資料請求をしてサンプル教材を確認してから申し込むのがおすすめです。

次の