婚活サイト 比較 地方。 30代女性におすすめ婚活アプリ7選ランキング!比較して分かったアラサーが真剣に出会えるアプリを紹介

【結婚したい方必見】婚活サイトおすすめランキング|婚活サービスの口コミ比較サイト

婚活サイト 比較 地方

【はじめに】大手の基準と大手が良い理由 具体的なサービスを紹介する前に、「大手」の基準と、なぜ大手が良いのか、その理由を解説していきます。 基本的に上場していれば大手と考えてOK 大手の一つの基準は上場企業かどうかだと考えています。 親会社が上場している場合も含みます。 婚活パーティー、結婚相談所、婚活アプリ、いずれも上場企業が運営しているサービスがいくつもあります。 なぜ大手は安全・安心・出会いやすいと言えるの? 企業としての安心感と、スキルや実績としての安心感の2つ面から安心、安全と判断しました。 上場している安心感 上場しているということは、経営状況が私たちにもわかります。 また、株主の信用を落とすようなことはしないはずですよね。 小さい結婚相談所だと高い入会金を払ったのに潰れてしまった、といったトラブルもあります。 企業としての安心感や信頼感で言えば上場しているのは一つの目安となるでしょう。 安全に対する取り組みがしっかりしているから安心 例えば、ゼクシィ縁結びカウンター(結婚相談所)ですが、• プライバシーマーク(個人情報の保護措置認定)取得• マル適マーク(結婚相手サービス業が法令遵守・公正取引を行っているか)取得• 日本結婚相手紹介サービス協議会に加盟 といったように、国の基準を満たし、業界の繋がりもあって信頼度が高いことがわかります。 ブランド名が大きいところは、トラブルを嫌います。 なるべく事前にトラブルを避け、問題が生じた時には速やかに対応するシステムが整っていることも安心の理由です。 実績や婚活ノウハウがあるから出会いやすい 大手の婚活サービスはたくさんの会員を抱えていて、たくさんの成婚を見届けてきた実績があります。 例えば楽天オーネットでは、今までに起きたさまざまなケースやトラブルをデータベース化。 同じような悩みが起きた時、どのように解決したか過去の例を参考にできる仕組みを整えています。 また、カウンセラーの数も多いので教育や研修制度、マニュアルが整っています。 マニュアル通りの対応しかしてもらえないという面もありますが、逆に考えると当たり外れの幅が小さいと考えることもできます。 会員数が多い=出会いも多い 婚活はなるべく多くの人と出会うことが重要です。 さらに、自分の好みの異性と出会える確率は、会員の母数が多ければ多いほど高くなります。 大手は資金力もあり広告宣伝にお金をかけることができます。 集客力があるからこそ会員数が多い、それだけ出会いやすいと考えられます。 どのような婚活サービスを利用するにせよ、まずは大手から選ぶのが鉄則です。 大手の結婚相談所一覧&比較 では早速「結婚相談所」から比較していきます。 年齢層 人気プランの 料金 プラン内容 成婚率 ゼクシィ 縁結びエージェント 女性20代〜30代 男性30代〜40代 スタンダードプラン 初期費用 30,000円 月会費 16,000円 面談あり 成婚率 25% オーネット 20代〜30代 プレミアムプラン 初期費用 106,000円 月会費 13,900円 面談あり 豊富な検索 成婚率非公開 2019年1月実績 成婚退会数5,880人 パートナー エージェント 30代〜40代 コンシェルジュ 初期費用 125,000円 月会費 19,000円 成婚料 50,000円 面談あり お見合い仲介 27. 2% サンマリエ 30代〜40代 プレミアム10 初期費用 200,000円 月会費 15,000円 成婚料 200,000円 面談あり お見合い仲介 成婚率非公開 IBJ メンバーズ 20代〜30代 スマートコース 初期費用 240,000円 月会費 15,000円 面談あり お見合い仲介 51. 5% ツヴァイ 30代 スマートコース 初期費用 145,000円 月会費 10. 500円 面談あり 初対面の サポートあり 成婚率非公開 年間5,259人成婚 2017〜2018年 *地域によって料金が違う場合があります *料金は税別です *複数のプランがある場合、最も人気のあるプランを選んでいます 上記の表では、主なプランをもとに作成しています。 プラン内容は• 担当者による面談があるか• お見合いのセッティングがあるか についてのみ載せています。 担当者によるお見合いの紹介や立ち会いがついたプランは、費用も高くなっています。 各プランの内容詳細と詳しい費用については、公式サイトを参照して下さい。 料金、サービス、サポート、それぞれのベストを紹介 大手結婚相談所6つの中から、筆者のオススメを3つピックアップしました。 コスパで選ぶならば…ゼクシィ縁結びエージェント• 初期費用が安い• 初めて結婚相談所を使う人にピッタリ• 入会した10人のうち8人が1ヶ月以内に出会いがある ゼクシィ縁結びエージェント(旧カウンター)は、まず初期費用がたった30,000円とダントツに安いです。 結婚相談所としては格安ですね。 他の大手結婚相談所は少なくとも10万円以上はかかります。 ボーナス時でもないと入会するのが苦しい所がネックです。 全体的に気軽に利用できる雰囲気なので、結婚相談所は敷居が高いと感じている人も抵抗感なく利用できます。 ブライダル業界で有名なゼクシィという点から「だから安心して利用できた、結婚に関するノウハウをたくさん持っていると思う」と選ぶ理由にあげる人が多いようです。 実績の方も十分です。 入会して1ヶ月以内に、8割の人が最初の出会いを見つけています。 もちろん、それがすぐ結婚に結びつくかはわかりません。 でも、半年以内に多くの人が結婚相手を見つけているので、まず最初にオススメしたい大手結婚相談所です。 参考 サービスの充実度ならば楽天オーネット オーネットは5つの出会いスタイルがあります。 紹介書(データマッチング)• プロフィール検索• 写真検索• 婚活パーティー• コーディネートサービス なんと1年間で198人への申込みが可能。 たくさんの出会いがあるのがオーネットの強みです。 参考 サポートで選ぶならばパートナーエージェント パートナーエージェントは費用も高めですが、それだけしっかりとしたサポート体制になっています。 チーム婚活で、担当者も複数います。 婚活プランの設計からスタートして、お相手紹介の後もさまざまなアドバイスや相談が受けられます。 自分ではなかなか動けない人や、結婚はしたいけどどうしたらいいのかわからない、そんなゼロからの出発なら、 費用をかけた分以上に大きなフォローが受けられるパートナーエージェントがオススメです。 参考 結婚相談所の特徴 目的:結婚をしたい人が100% 費用:高い、10〜100万 安全性:とても高い 特徴:担当者がついて婚活をフルサポート 結婚相談所のメリット• 結婚を前提とした出会いが見つかる• スタッフが婚活全般をサポートしてくれる• 出会いから結婚までが早い 結婚相談所のデメリット• 費用が高い• 必ず結婚できる保証はない• 担当者との相性によっては婚活がしづらい 結婚相談所を使うべき人はこんな人• とにかく少しでも早く確実に結婚したい• ひとりでは何をしていいのかわからない• 婚活に対して不安がある 結婚相談所の一番の特徴は 「担当者がいて出会いから結婚までサポートしてくれる」ことです。 婚活に対する不安や、様々な疑問に対しても丁寧に対応してくれます。 婚活といっても、自分ひとりでは何もできない、何をしてよいかもわからないという人にとっては、フルサポートの結婚相談所が向いています。 何より、登録している人はすべて「結婚したい人」なので、出会いから結婚までスピーディーに進むことが一番のメリットです。 せっかくマッチングしたのに「相手は結婚にそれほど熱心ではない」こんな温度差による失敗がありません。 大手オンライン結婚相談所の一覧&比較 次はオンライン結婚相談所についてです。 オンライン結婚相談所とは、簡単に言えばサポート付きの婚活サイト。 普通は面と向かって行う面談をオンライン上のみ(メールなど)で完結させる代わり、結婚相談所よりも料金は安くなっています。 オンライン結婚相談所はまだまだ数が少なく、現時点ではエン婚活かエキサイト結婚相談所の2つくらいです。 (エキサイトは2018年に買収され上場廃止となってしまいました…) 目的:結婚をしたい人がほぼ100% 費用:少し高い 50,000円〜 安全性:高い 特徴:身元確認がしっかりしていてネット上だけで真剣婚活ができる オンライン結婚相談所のメリット• 結婚相談所より安い料金で使える• 結婚したい人が登録している• 担当者に相談などサポートがある• 独身証明書の提出等で身元確認がしっかりしている オンライン結婚相談所のデメリット• 会員数がそれほど多くない• 条件にマッチする人がいないこともある• アプリほど気楽ではなく結婚相談所のようなサポートは望めず中途ハンパに感じる オンライン結婚相談所は、いわば結婚相談所の簡易版です。 実際に担当者と会ったり、相談したりということはありませんが、 相談やサポートはネット上で受けられます。 条件に合った相手を毎月紹介してくれる他、自分で検索して相手を探すこともできます。 婚活サイトやアプリとの大きな違いは、本人確認ですね。 年齢確認だけでなく、 独身証明書の提出があるので、既婚者が万が一にも混じるということがありません。 また、登録している人も「結婚前提」なので、真剣な出会いが見つかります。 ただしオンライン結婚相談所で大手というと、現在では上記2社しかありません。 データマッチングだけならマッチングアプリのmatchやペアーズでも充分といえば充分。 担当者のサポートが欲しいなら結婚相談所ですが費用が安いゼクシィ縁結びのほうがいいかもしれません。 婚活サイトは信用できない、かといって結婚相談所は高すぎる、こう感じている人にはピッタリです。 大手婚活パーティーの一覧&比較 続いて婚活パーティーです。 ゼクシィ縁結びも上場しているリクルートですが、実際は提携ばかりでリクルート自体が開催している婚活パーティーは少ないです。 ただ、エクシオ、ホワイトキー、シャンクレールは全国展開しており婚活パーティー業界の中では大手に分類されるため、今回は加えています。 質、回数、真剣度から選ぶベスト3 紹介した6つの中から、質(スタッフや内容、男女比)、回数やエリア(いきたい時にすぐ行ける)、真剣度で3つピックアップしました。 参加者数が多い• テーマが豊富でいろいろ選べる• 月間参加者数を見てもわかりますが、 大勢の男女が参加している=出会いも沢山あるのが最大の魅力。 さらに、年齢や年収だけでなく、趣味や好きなこと、価値観、ルックスなどテーマが豊富なので、好みの異性がいそうなパーティー選びがしやすいです。 開催数やエリアならシャンクレール シャンクレールも実績が豊富で、参加者数も多い婚活パーティーの大手会社です。 1対1の自己紹介から自由に話せるトークタイム、そしてカップリングという スタンダードなレギュラースタイルの婚活パーティーが主流です。 スタッフが気軽に声をかけてくれるなど、初心者やひとりでも参加しやすいのもオススメの理由です。 真剣度で選ぶならばおとコン おとコンは、公式サイトでも明言している通り 「結婚を考えている人」を対象にしている婚活パーティーを開催しています。 多くが「1年以内・半年以内に結婚したい人向け」ですから、婚活真剣度が高い人にとっては一番オススメです。 婚活パーティーの特徴・メリット・デメリット 目的:結婚前提を選べば婚活真剣度は高い、パーティー内容による 費用:普通 1回5,000円前後(女性は安い 500円〜) 安全性:普通 特徴:その場で実際に相手と会って話してフィーリングを確認できる出会い 婚活パーティーのメリット• 実際に相手と会ってリアルに話せる• テーマにあわせて価値観の似た人を探せる• 相手との相性がわかりやすい 婚活パーティーのデメリット• 予定をたて出かける手間がかかる• 男性の料金は高め• カップリング=交際ではない 婚活パーティーを使うべき人はこんな人• まずは会って印象を見極めたい• 数人の異性と一度に出会い「比べる」ことで判断したい• 自然な感じで出会いたい 婚活パーティーは、「まずリアルに相手と会う」ことからスタートする方法です。 条件や希望よりも、 出会った時の印象やフィーリング重視の人に向いています。 出会える人数が少なかったり、出かける手間はかかるデメリットもありますが、やはり相手と直接話せるのは貴重な出会いのチャンスですね。 大手婚活サイトの一覧・比較 ゼクシィ縁結びは 「ゼクシィ」というブランド名の威力が大きいですね。 ブライダル業界きっての大手ですから、結婚を意識している人がゼクシィ縁結びを選ぶのもわかります。 ゼクシィ縁結びでは、 デートの日程調整代行をしているのが特徴です。 お見合いコンシェルジュがデートの待ち合わせ場所の提案もしてくれます。 日程を合わせるのが一番大変ですが、そこまでサポートしてくれるから安心です。 3位 ブライダルネット ブライダルネットは総合的な婚活サービスを提供しているIBJが運営しています。 ブライダルネットは30代から40代くらい、男性の年収も500万から600万前後が最も多く、 婚活層にピッタリ。 マッチングアプリではライトすぎると感じている人にオススメです。 【メリット】• 真剣婚活をしている人が登録している• 婚活サイトで出会い結婚した人も多い 【デメリット】• マッチングはしても結婚に結びつかないことはある• マッチングアプリに比べて少し料金が高い 婚活サイトを使うべき人はこんな人• 結婚を意識しているが結婚相談所までは考えていない• 真剣な婚活をしたいがお金はあまりかけたくない• 多忙な人 婚活サイトは大きな枠でいえば「マッチングアプリ」のひとつです。 でも、さらに結婚を強く意識している人が登録しているので、 婚活真剣度が高めです。 結婚相談所のように高いお金を払わなくても利用できること、いつでもどこでもサイトに繋げるだけで出会いが見つけられることがポイント。 多忙な人や、結婚相談所や婚活パーティーといったように「どこかで出向いて婚活する」のはちょっと・・・と思っている人にピッタリです。 大手マッチングアプリの一覧&比較• ダントツの会員数• 知名度ナンバー1• 写真掲載率が高い ペアーズは日本最大級のマッチングアプリです。 なにしろ、 会員数がダントツで多いんですよ。 それだけ多くの出会いチャンスがあるということですから、マッチングアプリ選びではペアーズを外せません。 恋活として利用している人も多いのですが、友だち感覚から恋人候補へ、そして 絆を深めて結婚へと自然な流れを期待したいなら、ペアーズの利用がオススメです。 なお、先ほどの一覧表の月額料金は、1ヶ月間だけ有料会員で申込んだ場合の金額です。 もっと安く使う裏技や各種割引、オプションはどんな時につけると効果が大きい?など、ケースバイケースの料金とおすすめの利用方法の解説記事もあります。 真剣度ならOmiai 目的:友活から恋活、婚活まで 費用:とても安い(月額3,000円〜 女性は無料も多い) 安全性:低い〜普通 特徴:検索して〝いいね〟をするだけで簡単 【メリット】• 安くて手軽に利用できる• 大勢の異性と出会える• ちょっとした時間でも異性と出会えるチャンスがある 【デメリット】• 結婚目的以外「友活・恋活」として利用している人も多い• 中にはひやかしや、興味本位のユーザーもいる マッチングアプリを使うべき人はこんな人• スキマ時間に婚活したい• いろいろなタイプの人と出会いたい• 大勢の人から相性の合う人を選びたい• 婚活にお金をかけたくない マッチングアプリは、いつでもどこでも24時間「自分の都合のよい時に」利用できます。 通勤時間やお昼休み、寝る前といった「ちょっとした時間」でサクサク使用して、新しい出会いを見つけられるところがポイントですね。 多忙な人はもちろん、手軽にたくさんの出会いを見つけられるので、とにかく 「たくさんの人と出会いたい、その中から自然とうまくいく相手を絞り込みたい」という人にオススメです。 また、女性は無料が多く、男性も月額4,000円程度で利用できるので、 婚活にお金をかけたくない人にも向いています。 参考 実はおすすめできない出会い・婚活方法 合コンや街コンは大勢の人と一度に出会えて楽しい雰囲気です。 ただし、ハズレも多いのが合コンや街コンです。 男性が5,000円出して街コンに行ったものの、料理はしょぼくて、その上参加者はまばら、女性の3倍以上男性がいて話をするどころではなかった、なんて話もありがちです。 たまに気分転換に参加する程度ならともかく、婚活方法としてはあまりオススメできません。 そもそも 合コンや街コンは結婚を意識している人は少なく、その場で盛り上がればいいねというノリです。 要注意人物が多い出会い系はおすすめしない! 出会い系サイトは、 ヤリモク・業者・なりすましなどの要注意人物が多く、真剣婚活にはむいていません。 結婚を考えている人には全くオススメできません。 相席バー・相席居酒屋で婚活は難しい 相席バーや相席居酒屋は、真剣婚活向けではありません。 結局「今夜、楽しく盛り上がろう」が第一の目的。 あわよくば、という男性もいれば、タダメシにありつける〜なんて女子もいます。 社会人サークルの出会いは微妙・・・ 社会人サークルもいろいろとあります。 例えば会社内にあるものだと、特に新鮮な出会いはなかったり、ほとんどが既婚者ということもあります。 掲示板などでメンバー集めをしているサークルは、実態がイベント屋だったり、ほとんどナンパ目的サークルだったりと、きちんと趣味を楽しめるところと、そうでないところの判別が難しいので社会人サークルでの出会いは期待できません。 それなら、最初から参加者の身元がしっかりしている婚活パーティーに参加した方がいいね、っていうことになります。 婚活サービスは「選ぶ」ことが大切 今回、紹介したのは• 結婚相談所• オンライン結婚相談所• 婚活パーティー• 婚活サイト• マッチングアプリ です。 特に大手で信頼できるところを選びました。 婚活は色々なサービスがあります。 今すぐ結婚したいのか、条件にピッタリ合う人を探したいのか、最初は恋人同士として時間をかけて結婚に結びつけたいのか。 ゴールにむける「自分の道すじ」も考えた上で、婚活サービスを選ぶことが大切です。 婚活と検索をかければ、次々とサービスが出てきますが、まずは安心で信頼できる大手を選ぶのをオススメします!.

次の

【田舎でも出会いアリ!】地方ユーザーが多い恋活・婚活サービス

婚活サイト 比較 地方

田舎特有の婚活の難しさ 1.未婚の若者が少ない 私自身田舎に住んでいるので実感するのですが、そもそも 田舎は結婚適齢期の未婚の若者が少ないです。 田舎なので当然なのですが、 田舎は都会に比べて初婚年齢が低いのと、 適齢期の若者は就職などで都会に出て行くことが多いためです。 自分の住んでいる地方の配偶関係などのデータを行政のホームページなどで閲覧すると、実際に自分の結婚対象となる年代の未婚の異性がどのくらいいるのかがわかるのでおすすめです。 2.出会いの場所 婚活イベント・結婚相談所の数 が少ない 私が東京に住んでいたころは「 街コン」や「 お見合いパーティー」など出会いの場を沢山目にしてきましたが、 田舎ではそういった婚活イベントをごくたまにしか見かけません。 自分の婚活を応援してくれる友人などの紹介などがあればいいのですが、その友人たちも所帯を持っていく年齢になると、いよいよ出会いの場のセッティングも行政や企業に頼ることになります。 自分の人脈以外で出会いを求めた時に、田舎は手助けしてくれる人の数が圧倒的に少ないんじゃよ 私の住む自治体は行政の移住定住戦略の1つとして婚活イベントに力を入れているのですが、それでも多くて年に3~4回開催されている程度です。 行政以外でNPOや企業が婚活イベントを開催している場合もありますが、 定員割れで開催中止になったりするなど十分な参加者を確保できないことも多いと聞きます。 3.婚活パーティーに参加しても同じメンツが揃ってしまう 運よく婚活パーティーが開催されているような地域にお住まいでも、実際に参加してみるとまた新たな問題が発生します。 田舎ゆえの問題とも言えますが、 同じ地域で婚活をしていると婚活パーティーに参加するメンバーが固定されてくるんですね。 婚活をされている方は必死ですから、婚活イベントのバッティングも頻繁に起きます。 新たな出会いを求めて婚活イベントに参加しても、 参加者の大半が既に顔見知りという事も少なくありません。 住んでいる地域よりも人口の多い都市部に行くことができる方や、隣県など別自治体が主催する婚活パーティーなどに参加できる方は良いですが、そうでない方は新たな異性に出合う事すら難しくなってしまうんですね。 4.知り合い・家族・同僚などに婚活しているのがバレる 婚活をしていること自体は何も悪いことではありませんが、自分が婚活していることを周囲の人には知られたくない人も多いですよね。 婚活パーティーに参加したら知り合いがいたり、ちょっとしたところから情報が漏れてしまう事も良くあります。 田舎特有の世間の狭さだったり、婚活にネガティブなイメージを持っている方も少なくないので、二の足を踏んでしまう人も少なくないようです。 「〇〇さん家の長男はまだ独身」というような噂話は、狭い田舎では普通に共有されていたりするので、 誰にも知られず婚活をしたい人にとって田舎での婚活はハードルがかなり高いです。 5.田舎での生活を敬遠されてしまう 土地柄のデメリット 田舎で婚活されている方の中には、様々な理由で地元を離れられない方、一次産業に従事していて多忙により他県まで行けない方など「変えがたい状況」をお持ちの方が少なくありません。 家業を継いだり、親の介護で地元に戻ってきた方など色々な理由や境遇があります。 これは男性に限った話ではないので言葉としては適切ではありませんが、「 わざわざ田舎に嫁いできてくれる人がそもそも少ない」んですよね。 これは私の住む自治体での話ですが、市の移住課で働いている方に聞くと「ここ数年で見ても農家に嫁いできた人は記憶にない」とのことでしたので、ここのように農業が主幹産業である地域はおそらく似たような状況だと思われます。 通常のネット婚活で、マッチングサイトやネット婚活アプリなどを使っても、土地柄で敬遠されてしまう事も少なくありません。 こういったアプリやサイトの登録者は、最初から遠距離恋愛を目的にするような人でなければ、自分がその人に会いに行ける距離で相手を探すと思いますし、田舎に住んでいるという時点でマイナスからのスタートになります。 「田舎が好きで、できれば田舎に嫁ぎたい!」という人もいるとは思いますが、なかなか通常のネット婚活ではそういう人に出合うのも難しいんですね。 6.収入が少ない これも市の移住課の方に聞いた話ですが、市の婚活イベントに参加された男性の悩みとして「 収入が少ない」という声がよく上がるそうです。 都会に比べると地方の給与は少なくても致し方ない所はありますが、婚活をするうえで低収入というのはやはり悩みの種です。 婚活パーティーに参加する費用も男性の方が高額に設定されていることも多いですし、結婚相談所への登録料も高額。 プロフィールに書かれた年収の高い人からカップルになっていくなどは当然と言えば当然です。 もし成婚したとしても 成婚退会料として高額の支払いを要求されることもあるので、結婚相談所への登録すら予算的に不可能という事もあります。 収入の過多は結婚を決めるうえでの大事なポイントになりますが、婚活を継続することにもお金はかかりますので、都会に比べて低所得者の多い田舎での婚活が難しい理由の一つと言えるでしょう。 スポンサーリンク ・田舎には結婚適齢期の異性 特に女性 が少ない ・出会いの場が少なく、婚活イベントがあったとしてもメンバーが固定されやすい ・婚活をしていることが周囲にバレやすい ・一次産業従事者が多く、嫁いできてもらうハードルが高い ・婚活の継続や成婚に至るために必要な収入が無い人が多い こうやって見てみると「 出会いの場」「 相手になりうる異性の数」「 プライバシー」「 田舎という土地柄のデメリット」「 婚活にかかる費用」などが主なポイントで、いずれも田舎だからこそ婚活をしにくくしている要因でもありますね。 この悩みを持つ方で、もし地元を離れて都会や人口の多い地方都市に行くことができる人は、地元を離れればいいだけですのでそんなに問題ではないでしょう。 一番の問題は、 田舎で暮らさざるを得ない状況の方で、物理的に自分の環境を変えることが難しい方です。 例えば、家業の農家を継いでいて離れられないとか、すでに仕事があり家も建てていて生活の基盤がその土地にある場合、人口の多い都市部まで車でも遠い場合などが考えられます。 こういう方々が田舎在住 地方在住 という条件を「メリット」にして婚活ができないものでしょうか? 都会暮らしの女性と田舎暮らしの男性の婚活サービス「田舎婚」がおすすめ 実は田舎に住んでいることをメリットにしながら婚活を安価に始めることができる「 田舎婚」というサービスがあるんです! この「」は、 地方 田舎 に住む男性と都市部 都会 から地方に移住したい女性をつなぐ専門の婚活サービスです。 都会の喧騒を離れて田舎で暮らしたいと考えている女性が、田舎で農業や漁業などの一次産業で暮らしている男性との出会いをサポートしてくれるんですね。 不利な地方・田舎在住者におすすめな理由 田舎婚のメリット• 田舎や地方に興味のある女性が多く登録している• 登録初期費用は 0円!お見合いを希望するまで 完全無料• 成婚退会料金も 無料!それどころか 成婚すれば 祝い金5万円贈呈!• 登録からお見合い日程調整まで スマホで完結!来店不要!• 出会い系サービスと違い、お見合い希望者など限られた人だけが情報を閲覧できるので、 友人、家族、同僚に知られることなく婚活が可能!• 地方と都会の遠距離交際が前提のサービスなので、 居住地がデメリットになり難い 具体的な内容は下のボタンから公式ページに移動してご覧いただければと思うのですが、今まで田舎で婚活を長く続けていてなかなか出会いが無かった方にはおすすめのサービスです。 まず、サイト登録後にお見合いしたいと思う気になる人ができるまで無料で使えて、自分の プロフィールはお見合い希望者など一部の人しか見られないようになっているので知人や家族に知られることはまずありません。 「ネットで婚活」という事に対して抵抗のある人でも、 始めるだけなら完全無料なのでハードルがぐっと下がりますよね! そして何よりこの婚活サービスのコンセプトが「田舎などの地方在住の男性と都会に住む女性のマッチング」なので、田舎であることがデメリットにならず、 そもそも遠距離が前提なのであなたの居住地がデメリットにならないというのが大きいです。 それどころか、登録者は「田舎に住んでいる男性」を探しているので、 田舎に住んでいるのはメリットなんです。 スマホで行えるマッチングサービスは数多くありますが、単純に交際相手となる異性を見つけるサービスではなく、結婚を前提にした真剣な交際・お見合いをサポートすることを基本にしているので、ちゃんとお見合いから交際に発展しやすいというのもメリットです。 数字で見る「田舎婚」の凄さ• 会員登録数2万人以上の日本最大級の専門婚活グループが運営• 交際相手を見つける前に個人退会した会員は全体の僅か 4. 初めてのお見合いから交際開始までの平均期間は3ヶ月間 田舎婚は 日本最大の専門婚活グループが運営母体なので安心感があります。 これはこのサービスで価値観の合う人同士がしっかりマッチングされてお見合いまで進めていることが分かりますね! お見合いしてから約3ヶ月で交際まで発展するのはとてもスムーズで、忙しくて婚活に割く時間がなかなか取れない方でも利用しやすいです。

次の

婚活サイトを徹底比較!成功する婚活サイトはコレ!婚活女子必見の利用時の注意点

婚活サイト 比較 地方

【地方の出会い。 地元に、 良い人を紹介してくれる友達がいない• 職場で年齢の近い人がいない。 しかも、みんな 既婚!• 婚活パーティーに行ってみたけど、お付き合いしたいと思える人はいなかった• 出会いアプリは、自分の地域で登録している人が ごくわずか、、• 婚活サイトを使っても、自分の地域には 希望条件に当てはまる人がいない、、• 都会のようにおしゃれなバーなんてないし。 どこに出会いがあるのやら・・ 確かに都会に比べれば出会いは少ないですが、諦めるのはまだ早いです! 地方の人がたくさん登録している恋活・婚活サービスがあるので、一度試してみてください。 いま純粋に恋人がほしいと思っている• そろそろ結婚を見据えた出会いがほしい どちらかに当てはまるあなたは必見です。 恋人を作るにしても、結婚を見据えた出会いを作るにしても、どちらにも使える恋活・婚活サービスです。 以下でご紹介するので、一度試してみましょう! ・恋活アプリ(サイト)とは 恋活アプリとは、真剣な恋愛ができる相手が見つかるアプリです。 真面目に恋人を作りたいと思っている男女が利用しています。 ・恋活パーティーとは 恋活パーティーとは、真剣な恋愛ができる相手が見つかるパーティーサービスです。 真剣に恋人がほしいと思っている男女が参加します。 恋活アプリはネットでメッセージをやり取りしてからの出会いで、恋活パーティーは最初からお相手と出会うことができます。 どちらが良い悪いはないので、あなたの好みに合う方を利用しましょう。 ただ、田舎で出会いを探すなら、 地方でも利用者の多い恋活アプリ&恋活パーティーを選ぶべきです。 地方の利用者数が多い恋活アプリ・恋活パーティーをご紹介するので、参考にしてみてください。 恋活アプリ サイト 恋活アプリ(サイト)のおすすめは、 paris(ペアーズ) と Omiai(おみあい)です。 どちらも地方に住んでいる男女が多いのが特徴です。 Pairs ペアーズ <恋活アプリの先駆け的存在。 全国700万人以上が利用!> Pairs(ペアーズ)は 700万人が利用する、日本最大級の恋活アプリです。 毎日約4,000人が登録しているので、地方でもたくさんの出会いが期待できます。 登録者数はNo. 1なので他のアプリでは出会えなかったあなたは、ぜひ利用してみてください。 毎日4,000人近くが登録するので、きっと素敵な出会いが見つかります。 利用者の年齢層は、20代~30代がメインです。 年齢的にも、結婚を意識して恋人を探している人も多いですが、まだ結婚は考えてないという人も多いです。 Pairsでは、24時間365日監視体制で、サクラや業者も徹底排除されているので安全です。 トラブルに巻き込まれる心配もありません。 登録は、Facebookアカウントか携帯電話番号でできます。 Facebookアカウントで登録すると、同じくFacebookアカウントで登録している友人にバレることもなく、Facebook投稿もされません。 携帯電話番号で登録しても、メッセージ交換前に、公的身分証明書による本人確認を必ず全員しているので、安心して利用できます。 料金は、男性は月額:1,898円~、女性は完全無料です! 男性は無料会員から始められるので、まずは無料登録をして、あなたの地域に住む利用者がどれくらいいるか、チェックしてみるといいでしょう! Omiai おみあい <累計300万人が登録しているから、地方でも出会いがたくさん!> 地方での出会いをお探しなら、恋活アプリ「Omiai(おみあい)」もおすすめです。 Omiaiは、「an・an」や「AneCan」「with」など、数多くの女性ファッション誌でも紹介されている、安心の恋活アプリです。 毎日25,000組のカップルがマッチングしているので、普段出会いがないあなたも、素敵な出会いが期待できます。 Facebookアカウントでも始められますし、携帯電話番号認証でも始められます。 メインユーザーは、20~30代。 運営会社は、一部上場企業の「株式会社ネットマーケティング」なので、管理体制はしっかりしています。 Omiaiは、女性は完全無料!男性は月額:1,950円(税込)~からです。 ただ、男性は無料会員から始められるので、まずは無料登録して、あなたが住む地域に、どんな女性が登録しているかチェックすることから始めてみましょう! 恋活パーティー 地方にお住いのあなたには、恋活パーティー「 Rooters(ルーターズ)」がおすすめです! Rooters(ルーターズ) Rootersは、恋活パーティーを開催して10年目になる、人気の恋活パーティー運営・企画会社です! 全国で、年間10,000回以上の恋活パーティーを開催し、25万人以上が参加しています。 土日を中心にほぼすべての都道府県でパーティーが開催されています。 どの恋活パーティーよりも、地方の開催数も多いのが特徴です!あなたの住む地域で、恋活パーティーが開催されているかは、公式サイトの「パーティー検索」でチェックできます。 一人参加限定の恋活パーティーもあるので、友達を誘いにくいというあなたでも気軽に参加できます。 【結婚相手を探す】将来を見据えて、地方・田舎で出会いを作るなら 地方・田舎での結婚を見据えた出会いがほしいなら、 婚活アプリ(サイト)、 婚活パーティー、 結婚相談所がおすすめです。 ・婚活アプリ(サイト)とは 婚活サイトとは、結婚を見据えた出会いがほしい男女が、真剣な出会いを求めて登録するアプリです。 ・婚活パーティーとは 婚活パーティーとは、結婚を見据えた出会いがほしい男女が、出会いを求めて参加するパーティーです。 ・結婚相談所とは 結婚相談所とは、早く結婚したいと思っている男女が、出会いを求めて登録する相談所です。 仲人さんのサポートを受けて婚活できます。 一番気軽に始められるのが 婚活アプリ(サイト)です。 スマホやパソコンでいつでも好きなときに利用できますし、料金はどんなに出会いを作っても、毎月2,000~3,000円です。 婚活サイト アプリ 地方・田舎でも登録者が多い婚活アプリ(サイト)を2つ紹介します。 ゼクシィ縁結びと youbride(ユーブライド)です。 47都道府県、どの地域も他の婚活サイトより、登録者数が多いです。 ゼクシィ縁結び ゼクシィ縁結びは、リクルートの結婚情報サービス「ゼクシィ」が運営する婚活アプリです。 リリース間もない新しい婚活アプリですが、 会員昨年比:280%増と、登録者が急激に増えています。 地方でもたくさんの男女が登録しています。 利用者の約8割が、半年以内には結婚したいと思っているほど、 結婚への真剣が高いです。 あなたも結婚願望が強ければ、ゼクシィ縁結びはピッタリです。 年齢層は、20代後半~40代前半が中心です。 24時間365日の監視体制と、身分証明書による本人確認、個人情報管理の徹底管理などで、安全・安心に利用できます。 料金は男女共通で、月額:2,592円~です。 まずは、無料会員から始められるので、あなたが住む地域にどんな異性がどのくらい登録しているかをチェックしてみてください。 登録は、メールアドレスか、Facebookアカウントで登録できます。 youbride(ユーブライド) youbride(ユーブライド)は、累計会員数150万人、年間2,746人が成婚している大手婚活サイトです。 毎月10,000人以上が新しく入会しているので、地方に住んでいる会員が多いのも特徴です。 youbrideでは、真剣に婚活している男女ばかりなので、成婚退会した利用者の約6割は、利用から3ヶ月以内にお相手を見つけています。 利用者の中心は30代です。 youbrideも24時間365日の監視体制で安心・安全。 サクラや業者を見つけた際には、強制退会の対応をしています。 知り合いにバレずに婚活することもできます。 料金は男女共通で、月:2,320円~。 youbrideも無料会員から始められるので、まずは無料会員になって、あなたが住んでいる地域にどれくらいの利用者がいるか確認してみてください。 メールアドレスまたはFacebookアカウントで無料登録できます。 婚活パーティー 婚活パーティーサービスは世の中にたくさんありますが、地方・田舎にお住まいのあなたには、 エクシオがおすすめです。 他の婚活パーティーサービスよりも、地方でたくさんのパーティーを開催しています。 エクシオ エクシオは、全国47都道府県で、婚活パーティーを開催している大手運営・企画会社です。 9年連続で婚活パーティー参加数No. 地方開催のパーティーが多数あります! 身元の明るい人しか参加できないよう、公的身分証明書による本人確認が徹底されています。 パーティー自体も、様々な企画の婚活パーティーが開催されているので、楽しく参加できます。 個室パーティーやクルージングパーティー、クッキングパーティー、公務員限定パーティー、フットサルパーティーなどがあるので、あなたが興味のあるパーティーに参加してみましょう。 エクシオ公式サイトで、あなたが住んでいる地域で開催予定の、婚活パーティーも見れます。 チェックしてみましょう。 結婚相談所 地方にお住まいのあなたが結婚相談所を選ぶなら、 楽天オーネットがおすすめです。 楽天オーネットは業界最大級の会員数と、全国各地域に支店を構えているので、地方にお住まいのあなたでも利用しやすい結婚相談所です。 楽天オーネット 楽天オーネットは楽天グループが運営する人気の結婚相談所です。 会員数約49,790人は、業界最大級の会員数です。 男女比は、男性は27,562人、女性は22,228人とほぼ5:5です。 入会すると、データマッチングや写真検索、パーティー、イベントなど多数のサービスが受けられます。 直営支社で専任アドバイザーから、婚活のサポートを受けることもできます。 楽天オーネットは、北は北海道、南は沖縄まで、全国に直営支店が40あります。 あなたが住む地域にも支店を構えているはずなので、公式サイトで支店をチェックしてみてください。 地方での婚活・恋活は、厳しい?難しい? 地方で婚活サービス・恋活サービスを使っても、都会に比べ、利用者が少ないから使う意味がない・・という声が聞かれます。 確かに、東京や大阪など、人口の多い地域に比べれば、出会いは少ないかもしれません。 ただ地方だと、どの婚活・恋活サービスも過疎化しているかというと、そんなことはありません! 実際それぞれのサービスによって、 利用者数は全然違います。 数百万人が利用しているところもあれば、数十万人しかいないサービスもあります。 また、会員数が大きく伸びているサービスもあれば、新しい会員が入ってこないで、過疎化しているようなサービスもあります。 そのため、地方で婚活・恋活しようと思ったら、上で紹介した 地方在住者が多い婚活サービス・恋活サービスを使うべきです。 そうすれば、地方での婚活・恋活が難しいということはありません。 地方在住の利用者が多い、恋活・婚活サービスなら・・・• 地方・田舎関係なく、たくさんの出会いが作れる• あなたが理想の相手が見つかる• 妥協せず、本当に自分好みの異性と出会える• たくさんの中から、あなたにピッタリの人が見つかる• それぞれの婚活・恋活サービスによって 利用者が全然違うからです。 例えば恋活アプリ・婚活サイトなら、無料会員から利用して、どんな異性が登録しているかやあなたが住む地域に住んでいる人はどれくらいいるか?など確認できます。 無料会員から始めて、良さそうなサービスを見つけることができるのです。 1つのサービスを使って、人がいなかったらダメではなく、複数のサービスを使ってみて良さそうなのを見つける。 これが地方で婚活・恋活を成功するためのコツです。 「恋人探し|彼氏・彼女を作る、おすすめサイト・アプリまとめ」は、当サイトよりも多くの婚活サイト・恋活サイトが紹介されているので、あなたにピッタリのものが見つかると思います。

次の