ドラマ 白い巨塔 無料視聴。 【無料動画】ドラマ「白い巨塔」のあらすじと感想!全話視聴する方法!主演は唐沢寿明

白い巨塔(唐沢寿明ドラマ)の動画全話を無料視聴!pandoraとdailymotionやYouTubeもチェック!

ドラマ 白い巨塔 無料視聴

ドラマ「白い巨塔」の動画を配信している動画配信サービス まずドラマ「白い巨塔」の動画を1話から配信している、または見放題で配信している動画配信サービスを調査したのでまとめます。 2019年時点で FODプレミアム独占配信作品になります。 そして、FODプレミアムは2週間の無料お試し期間があります。 そのため ドラマ「白い巨塔」の動画は無料お試し期間中であれば無料視聴することが可能です。 今すぐ動画を無料視聴したい場合はFODプレミアム公式サイトをチェックしてみてください。 違法サイトで「白い巨塔」の動画はアップされているか調査 動画配信サービス以外に現在は違法でドラマ動画がアップされているサイトもあります。 そこで、いくつか違法サイトでドラマ「白い巨塔」の動画がアップされているか調査してみましたが、 1話からすべてアップされている違法サイトはありませんでした。 そして、違法サイトによっては警告画面が表示されるサイトもありました。 フィッシング行為があり、警告ページが表示されているようです。 違法サイトはこのようなリスクもあり、さらに1話1話探す手間もかかります。 動画配信サービスを利用すれば探す手間もリスクもなく、無料お試し期間もありますので安全に動画を視聴したほうがいいでしょう。 ドラマ「白い巨塔」であればFODプレミアムで独占見放題配信しているので、今すぐ動画を無料視聴できますよ。 第21話 財前死す 東は、恩讐の彼方で財前の手術を始めた。 だが、開胸した瞬間、東はじめ助手で入った金井、佃らは息を飲んだ。 がんはステージ1どころか、播種を起こし、胸膜全体に広がっていたのだ。 全身転移と同じであり、原発巣の切除は意味がない。 (引用元:FOD) ドラマ「白い巨塔」の出演者、放送情報 財前五郎:唐沢寿明 里見脩二:江口洋介 花森ケイ子:黒木瞳 東佐枝子:矢田亜希子 里見三知代:水野真紀 関口仁:上川隆也 国平学文:及川光博 佃友博:片岡孝太郎 鵜飼良一:伊部雅刀 財前杏子:若村麻由美 亀山君子:西田尚美 鵜飼典江:野川由美子 佐々木よし江:かたせ梨乃 柳原弘:伊藤英明 東貞蔵:石坂浩二 財前又一:西田敏行 原作:山崎豊子『白い巨塔』 主題歌:ヘイリー・ウェステンラ「アメイジング・グレイス」 制作: 放送: まとめ 以上、唐沢寿明と江口洋介主演のドラマ「白い巨塔」の動画を1話から無料視聴する方法と配信している動画配信サービスの紹介でした。 山崎豊子の代表作「白い巨塔」を25年ぶりにテレビドラマ化した本作。 山崎から「あなたが財前で良かった」と賛辞を贈られた、と言われている唐沢寿明の演技は、回を追うごとに凄みを増します。 世界初のアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所でのフィクション作品のロケを行うなど、とにかくスケールの大きい作品です! ドラマ「白い巨塔」はFODプレミアムで見放題ですし、2週間以内に解約すればお金は一切かかりません。 これを機にぜひチェックしてみてくださいね!.

次の

白い巨塔(唐沢寿明ドラマ)の動画全話を無料視聴!pandoraとdailymotionやYouTubeもチェック!

ドラマ 白い巨塔 無料視聴

FODプレミアムで人気のドラマ ・絶対零度 ・ディアシスター ・ラジエーションハウス ・いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう ・好きな人がいること・ 教場・恋仲 など ドラマに強い動画配信サービスを調査したところ、ドラマ「白い巨塔」が配信されていて無料お試しができる動画配信サービスは「 FODプレミアム」のみとの結果でした。 つまり、ドラマ「白い巨塔」の見逃し動画を全話見るなら、FODプレミアムしか選択肢がありません。 比較対象のドラマに強い動画配信サービスは以下の通りです。 しかしPandoraや9tsuの動画は第三者により 違法にアップロードされた動画です。 そのような完全無料の違法動画サイトは、 架空請求の広告やウィルスによる住所やクレジットカード情報など個人情報漏えいの恐れがあります。 日本ではPandoraや9tsuなど海外の違法動画サイトへのアクセスを遮断する対応も行われています。 詳しくは以下リンクの著作権に関する記載をご覧ください。 ドラマ「白い巨塔」のあらすじ・作品概要 医学界の知られざる実態と人間の生命の尊厳を描いた山崎豊子の代表作「白い巨塔」を、25年ぶりに再連続ドラマ化。 原作の持つ圧倒的なエネルギーはそのままに、舞台設定を現代に置き換え、徹底した取材をもってリアリティを追求しつつ、人間の業を深く掘り下げる、濃密な内容の本格派ドラマ。 豪華キャストを配しての、全21話・2クールの大型企画、フジテレビが贈る大河ドラマです。 ドラマ「白い巨塔」出演キャスト 唐沢寿明 江口洋介 黒木瞳 矢田亜希子 水野真紀 上川隆也 及川光博 片岡孝太郎 伊部雅刀 若村麻由美 西田尚美 野川由美子 かたせ梨乃 伊藤英明 石坂浩二 西田敏行 ドラマ「白い巨塔」のネタバレ感想と口コミ.

次の

白い巨塔(岡田准一主演、2019年のテレビドラマ)|無料動画を観れるサイト

ドラマ 白い巨塔 無料視聴

浪速大学病院の手術室では鶴川大阪府知事の食道がんの手術が始まろうとしていた。 第一外科の金井講師(奥田達士)や佃医局長(片岡孝太郎)らが緊張し忙しく立ち働いている。 見学室には、鵜飼医学部長(伊武雅刀)、東第一外科教授(石坂浩二)、則内病院長(田中主将)もそろった。 だが、執刀医の財前五郎助教授(唐沢寿明)が現れない。 オペの時間が始まろうとするその時、財前が登場した。 あせる周囲を黙殺し、財前は、時計を一瞥、一気にメスを振るい始めた。 神業のような財前の手並みは正確にして敏速を極めた。 がんは食道だけではなく大動脈にまで浸潤していたが、財前はひるまずメスを進め、吹き出る血にも顔色一つ変えず腕を振るう。 手術完了。 4時間35分・・・驚異的な短さである。 財前は見学室に一礼した。 そんなころ、里見第一内科助教授(江口洋介)は、鵜飼によって胃がんと診断された患者・小西みどりの症状に疑問を抱き始めていた。 引用元: 次に視聴したことのある人の感想を集めてみました。 ネタバレなしの感想3つ、ネタバレありの感想2つを紹介します。 「白い巨塔」は、なんといっても主人公の財前を演じている唐沢寿明さんの全力演技が見所だと思います。 自信過剰で自己中心的で嫌な奴という役柄を、完璧な役作りで望まれていて凄いと思います。 財前の学部の東教授を演じている石坂浩二さんとの確執の様子も、人間性丸出しという感じで凄まじいです。 ちなみに、母親との電話ではそういうイメージとは逆の優しい感じで、ギャップがあるというのも良いと思います。 そして、政治の世界の金の問題が現在は問題になっていますが、この作品では医療界のドロドロ下感じの問題がリアルに描かれている感じが見所だと思います。 舞台が商人の町というイメージが強い大阪というのも、そういう雰囲気を増大させているような感じがします。 そして、そういう感じを教授選に絡めて描いていて、大どんでん返しもありという感じで、面白いと思います。 また、共演者が実力派揃いというのも見所だと思います。 まずは、財前のライバル的な里見を演じている江口洋介さんですが、財前とは正反対の無欲で純粋な医者を正義感が強い感じで演じていて、素晴らしいと思います。 また、最近は主役を演じることの多い沢村一樹さんが、財前の教授選でのライバルを演じているいるのも見所で、現在とは少し芸風の違う感じで演じています。 財前五郎と里見脩二は同期ながらも全く進む道が違います。 財前は教授になるために、日々あらゆる手を尽くして使えるものは親でも使う。 対して里見は、医者の鏡のような存在。 患者のことを第一に考えて医療に従事しています。 もちろん自分が診てもらうなら里見を選ぶだろうけど、財前のような医者がいないと、病院という組織は成り立っていかないんだろうなとも思いました。 財前も目指すのは教授になることですが、それを目指せるだけの腕も人脈もあるのです。 財前の愛人に対しての、財前の妻のどっしり構えた姿がすごいです。 修羅場にならないところが、さすが教授を目指す男の妻という感じで、さすがだなと思いました。 もちろん妻もそして妻の父親も、死に物狂いで夫が教授になることを手助けしているので、そこはふつうの夫婦としての愛情とは言えないのかもしれません。 医療ドラマならではの医療ミスを巡る裁判の話も出てきますが、あくまでも教授になるために財前が奮闘するストーリーが軸のドラマなので、裁判の勝ち負けよりも、裁判によって財前の教授選にどんな影響が出てくるのかが描かれています。 ラストはすごい衝撃がありました。 人生とはなんだろうと考えさせられました。 山崎豊子さんの本のファンなのですが、自身が病院勤務ということもあってこの作品は特に楽しく見ることができました。 一流の外科医だけど野心家で自信家の財前が国立の大学病院で野望に任せてあらゆる手段を駆使してのし上がっていく様を見事に描いています。 そして思いつく限り欲しい権力を全て手に入れさらなる高みに飛躍しようとしている最中、自分に末期のがんが見つかるという悲劇に見舞われ、死という形を持って残酷なフィナーレを迎えてしまうのです。 クラシック音楽で例えると静かに始まった曲がどんどんと盛り上がり、サビに向かって音量を上げていきもう少しでクライマックス!という場面で「プツンっ」と終わってしまううようなイメージです。 後に残されたのは突然の静寂と、ここまでの盛り上がりはなんだったんだろう、という虚しさ。 そのコントラストのバランスが絶妙で、いつまでも心に残り続ける作品に仕上がっています。 人間の欲望には限りがなく、満たされることを知りません。 でもそれは「生」というものがあって成り立つものであり、私の前にはみな無力であることを思い知らされます。 人間の本質について改めて考えさせられる作品ということで、私はこの作品がとても好きです。 このドラマの好きなシーンは大河内教授が里見の自宅を訪ねて来て再就職の話を持ってきたシーンが好きです。 財前が診察した佐々木傭平が手術の後死亡したことで遺族が医療裁判を起こし、里見が財前の誤診を争う裁判で遺族側の証人として証言台に立ち財前に不利な証言をしたことで大学病院を追われてしまい健康診断などの医師のアルバイトで家計を支えていた日々を送っていた時、突然、大河内が里見を訪ねて来て千成病院を紹介したシーンが好きです。 不憫な生活を送っている里見を心配して大河内は旧友が院長をしている千成病院への紹介状を里見の前に置き言ったセリフ。 里見は自分が浪速大学病院で行ったことを先方は知っているのか大河内に尋ねると「民間病院だが院長は私の旧知で清潔な男だ。 」と言った。 大学病院の教授選での権力争いでドロドロした争いで歯車が狂ってしまった里見を気遣って言ったのではないかと思います。 腹黒い医師たちの権力争いの犠牲者になってしまった里見への大河内の温情が感じられるいいセリフだったと思います。 また、その会話を聞いていた妻の三千代が再就職が決まりそうないい申し出を聞いてホッとしたのか隠れて涙を流して泣くシーン良かったです。 アルバイト生活の夫を明るく支えていた三千代も本心では不安な気持ちで一杯だったのだろう。 財前さんが自分の野心に忠実で、活動的な所が魅力的でした。 どんどん出世して、真面目に医学と向き合っていた先生たちが冷遇されている感じで、財前さんが憎く思えてきました。 そんな主人公が手術不能の末期癌になり、人生観が変わります。 上り調子の人生が、どんどん下っていく人生になったのが、とても印象に残っています。 大勢の人が大変重い病気になる現状を深く考えさせられるドラマでした。 重い病気、治る事がなく死を待つだけの病気に対して、人や組織、国はどうあるべきなのだろうかと思いました。 このドラマの主人公のように周囲からひた隠しにされるのは、かなり可哀想に思いました。 周囲から病気を隠し通される事で、孤独になった財前がとても可哀想なのに、だれも助けよう、教えてあげようとしない医者たちに、ひどく幻滅しました。 最後に里見先生を頼り、里見先生の病院でCT検査を受けた後に、里見先生が隠さずに検査結果を正直に告げるのは、さすが男らしい里見先生だと思いました。 どんな思いで「長くて3ヶ月だろう」と言ったのだろうか、財前さんも、「僕の診断と同じだよ」とどれだけ悲しい気持ちで言ったのだろうかと、想像すると悲しくて仕方ありませんでした。

次の