ファイアー エンブレム 風花雪月 攻略。 ファイアーエムブレム風花雪月 攻略|FE風花雪月 攻略の部屋

ファイアーエムブレム 風花雪月 攻略所

ファイアー エンブレム 風花雪月 攻略

ゲームの基本システムを解説! まずはここから覚えよう ここからは、本作をプレイするうえで知っておきたい基本システムの情報を掲載。 ゲームシステムの紹介も兼ねているので、本作の購入を検討している人もぜひチェックしてほしい。 ストーリーは後半から分岐! 3つの学級からひとつを選択しよう 主人公は士官学校の教師となり、3つのうちから自分が担当する学級をひとつ選択することになる。 選んだ学級によって在籍する生徒が変化。 どの学級も戦力のバランスは同程度なので、初プレイ時には生徒の見た目などで気軽に選んでしまっていい。 ほかのストーリーが気になる人は、クリアー後にほかの学級を選んでプレイしてほしい。 出撃では、ストーリーと直接は関係のないバトルに挑戦できる。 難易度ノーマルの場合、何度でも挑戦できるバトルも選択できるので、キャラクターを好きなだけ育成できる。 毎節末には、節の頭に与えられた課題出撃に必ず挑むことになる。 節中にキャラクターを鍛え、節末に大規模な戦闘を行い、勝利すればつぎの節へ……というのが、本作の大きなゲームの流れとなっている。 この技能はふだんの教育によって上げられるほか、戦闘を重ねることでも徐々に成長していくのが特徴だ。 技能を鍛えてゲージが満タンになると対応した技能レベルが上昇。 その技能に関連したスキルや戦技(後述)を習得することができるほか、武器種に関する技能であればより強力な武器が装備できるようになる。

次の

ファイアーエムブレム風花雪月 攻略|FE風花雪月 攻略の部屋

ファイアー エンブレム 風花雪月 攻略

ルナティックをクリアしたので 攻略のポイントや オススメのキャラクターなどを紹介します。 難しかったですが 本編一周目と同じかそれ以上に楽しめました!引き継ぎなしでクリアすると「タイトル画面が少し神々しくなる」という特典があるので、腕試しも兼ねて まずは引き継ぎなしのクラシックで挑んでみましょう。 個別の「課題攻略」は攻略メモ第一部と第二部にあります。 ルナティックの特徴• 敵の数が多い・強い• 攻撃範囲外にいても敵が動く• 獲得経験値が少ない ルナティックでは敵が強化されているだけでなく レベルが上がりにくいという特徴があります。 01倍になります。 「 レベルが高いキャラで削り、レベルが低いキャラでとどめを刺す」というのが理想的な経験値分配です。 敵からの反撃があるので実際にはそのように動けませんが、レベルを上げたいキャラがいればそのキャラでとどめを刺すようにしましょう。 スカウトのタイミングとレベル 節 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 Lv 3 5 7 9 11 13 15 17 19 21 23 スカウトするキャラは毎節レベルが2ずつ上がります。 レベル11になると中級職にクラスチェンジします。 上級職にはなりません。 レベルが上がりにくいので後半(1月2月)にまとめてスカウトしたのですが、 スカウト時期はあまり気にしなくても良いと思いました。 スカウトを遅らせるメリット• 勝手にレベルが上がる• 極端に弱くなることがない(ステータス) 「1月2月にスカウトしたキャラ」と「それまで課題に出続けていたキャラ」のレベルを比較すると、 アタッカーはスカウトしたキャラよりレベルが高かったです。 しかし 遠距離から削る役はスカウトキャラよりもレベルが5ぐらい低かったです。 少しタイミングを遅らせるのも良いでしょう。 スカウトを遅らせるデメリット• 技能経験値を思い通りに振り分けられない 毎節レベルが2上がると同時に技能レベルも上がっています。 どのキャラも「指揮」は早く上げたいのですが全く学習していないキャラもいるので、その点は不利です。 また目指しているクラスには全く必要のない技能を上げていたりもするので、使う予定のあるキャラは早めにスカウトした方が良いです。 レベルが低くなっても第二部で集中的にレベル上げをすれば追いつけるのであまり気にする必要はありませんね。 技能レベルも同じです。 (あとで紹介する 攻略に有効なキャラは早めのスカウトがオススメです) 休日の過ごし方• クエストで出撃する必要があるときだけ出撃すれば良いです。 また外伝も欲しい報酬があれば期日までにクリアしましょう。 散策中は 「やる気用の食事」と「支援レベル上げ用の食事」が優先です。 「欲しいクエストの報酬」または「鍛冶用の素材」が必要であれば散策を選びますがそれ以外はずっと出撃です。 個別指導用のやる気も要らないです。 回避力が足りない場合は個別指導優先でやる気も上げましょう。 経験値稼ぎ やり方を知らなかったという方はまずはを読んでください。 敵の命中率が高いので森回避の稼ぎはできないと思っていたのですが、第二部以降で 回避力の高いキャラでは普通に出来ました! 必要なスキル・装備・騎士団 スキル• 女神の指輪(祈りの指輪)• 知識の宝珠• 踊り子は ペトラ、フェリクス、ディミトリがオススメです。 特に「フェリクス」がオススメです。 Lv5になっていなくても付けておきましょう。 剣回避があれば要らないですが、踊り子に選ばなかったキャラは「飛行B」で警戒姿勢を取りましょう。 装備は毎ターン回復の「 女神の指輪」か「 祈りの指輪」が必須です。 ドロテア、イングリットの外伝で入手できます。 「 知識の宝珠」は副官に付けておきます。 ソティス外伝の宝箱か聖墓の戦いの報酬で入手できます。 「 経験の宝珠」は マヌエラ、ハンネマンの外伝で敵から入手できますが、この外伝は難しいです。 持っていれば副官に装備させるのも良いと思います。 騎士団はストーリーで必ず入手する「 ジェラルト傭兵団」かシルヴァン外伝で入手できる「 ゴーティエ騎士団」がおすすめです。 どちらも飛行タイプではないので、飛行ユニットでは使えません。 飛行ユニットでは地形効果も受けられないので 飛行は副官で鍛えるのが基本です。 個別指導用にやる気を上げるより3回出撃した方が効率よく技能レベルを上げられます。 ルナティック攻略に役立つキャラクター 攻略にオススメのキャラクターを紹介します。 リシテア• フェリクス• シルヴァン• カスパル• ベルナデッタ• ドロテア• フレン リシテア 対死神騎士用のエース。 アーマーや騎馬も 全て一撃で倒せるのでとても優秀です。 スカウトできるようになったらすぐにスカウトしましょう。 課題協力で連れて行くのも良いです。 武器はカトリーヌから「 雷霆」を頂いておきましょう。 シルヴァン 槍術Aで取れる「 連撃」と威力の高い「 破裂の槍」が強力です。 素のステータスも高くなるので何を持たせても強くなります。 連撃は敵の追撃を受ける前に2回ヒットします。 完成すれば 無傷で200-300ダメージを与えてくれます。 下の画像では先にカスパルがやられてしまうような予測ですが、キラーナックルは 追撃を受ける前に2回ヒットして会心が出ると3倍のダメージになります。 ベルナデッタ1人で魔物1体を無傷で対処できます。 クロードも囲いの矢を覚えるので二人とも「弓術A」まで上げましょう。 また範囲外からの2回攻撃が狙える「 ハンターボレー」も強いです。 力もある程度上げていないと会心の旨味がないので「 岩ゴボウ」を与えるならベルナデッタがオススメです。 終盤になると敵が砲台兵器を使って10マス以上離れた場所から攻撃してきます。 その 砲台を簡単に処理できるのが ドロテアのみが覚える「 メティオ」です。 通常の戦闘でも活躍でき、さらに回復もこなせる万能なキャラです。 フレン 「 レスキュー」が使える優秀なサポーターです。 また範囲回復の「 リザーブ」も使えます。 どちらも魔力が上がるほど射程が伸びます。 使用回数を増やす為にグレモリィにしましょう。 移動力も重要なのでドーピングアイテムはフレンに優先的に使わせましょう。 計略 ルナティックでは計略がとても重要になっています。 上手く使えないとクリアできない課題もあります。 計略は 相手の移動力を0にする他に弱体効果もあります。 連携・副官 連携は計略に限らず普通の戦闘でも命中率と回避率を上げる効果があります。 支援レベルが高いほど効果が上がるのでアタッカーはアタッカーと一緒に「食事」をさせて支援値を上げたりするのが良いです。 副官も常に命中と回避を上げてくれるので支援レベルは意識しましょう。 特に難しい課題• 最初の模擬戦• ゴーティエ家督争乱• 夜明けの追討戦• 最後の戦い この4つが特に難しいです。 夜明けの追討戦だけは事前に準備をしていれば少し楽になるので、3月の課題前に自学級の生徒の装備などを整えておきましょう。 ゴーティエは一番難しいです。 計略を上手く使うことができればクリアできます。 クリアできない場合は誰かを犠牲にすることを選びましょう・・・。 ルナティック攻略は以上です。 どの課題が1時間ぐらいかかるので大変ですがやりごたえがあって面白いですね。 難易度はノーマルやハードもあるので、このルナティックは良いと思いました。 私の中で風花雪月の評価がまた上がりました。 今後配信されるエキスパンション・パスの「追加ストーリー」なども期待です!.

次の

【ファイアーエムブレム風花雪月】魔獣(魔物)の倒し方と攻略のコツ|障壁についても解説!【FE風花雪月】

ファイアー エンブレム 風花雪月 攻略

ゲームの基本システムを解説! まずはここから覚えよう ここからは、本作をプレイするうえで知っておきたい基本システムの情報を掲載。 ゲームシステムの紹介も兼ねているので、本作の購入を検討している人もぜひチェックしてほしい。 ストーリーは後半から分岐! 3つの学級からひとつを選択しよう 主人公は士官学校の教師となり、3つのうちから自分が担当する学級をひとつ選択することになる。 選んだ学級によって在籍する生徒が変化。 どの学級も戦力のバランスは同程度なので、初プレイ時には生徒の見た目などで気軽に選んでしまっていい。 ほかのストーリーが気になる人は、クリアー後にほかの学級を選んでプレイしてほしい。 出撃では、ストーリーと直接は関係のないバトルに挑戦できる。 難易度ノーマルの場合、何度でも挑戦できるバトルも選択できるので、キャラクターを好きなだけ育成できる。 毎節末には、節の頭に与えられた課題出撃に必ず挑むことになる。 節中にキャラクターを鍛え、節末に大規模な戦闘を行い、勝利すればつぎの節へ……というのが、本作の大きなゲームの流れとなっている。 この技能はふだんの教育によって上げられるほか、戦闘を重ねることでも徐々に成長していくのが特徴だ。 技能を鍛えてゲージが満タンになると対応した技能レベルが上昇。 その技能に関連したスキルや戦技(後述)を習得することができるほか、武器種に関する技能であればより強力な武器が装備できるようになる。

次の