ウォン・ドル。 【188億ドル返済】韓国「通貨スワップ」利用の返済が始まる。初回は約10兆ウォン!日付と返済金額のリスト

ウォン・ドル相場 5.1ウォン安 1205.6(終値)│韓国経済│wowKora(ワウコリア)

ウォン・ドル

2020年07月16日 木 が( ほぼほぼ)締まりました。 07:05現在、 ドルウォンチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing. com』より引用:以下同)。 長い陽線で締まりました。 「1ドル= 1,205ウォン」までウォン安進行です。 ローソク足1本が1分間の値動きを示す「1分足」で見ると以下のようになります。 16日は、 天底となった「1ドル= 1,200. 35ウォン」から 天井となった「1ドル= 1,207. 00ウォン」までの上昇で始まりました。 それ以上は上(ウォン安方向)へ進行できなかったため、およそ「1ドル= 1,203. 6ウォン」まで下落(ウォン高方向へ進行)。 およそ「1ドル= 1,205ウォン」までウォン安方向へ戻りますが、やはりアタマを抑えられ、ここでいったん上昇力を失います。 およそ「1ドル= 1,202. 6ウォン」まで下落して底を固め、日付けが変わった01:16過ぎから再上昇。 「1ドル= 1,205. 5ウォン」超までいきましたが、ここから少し戻して幕となりました。 気になるのは、日足(ローソク足1本が1日の値動きを示します)で見た場合、前日、前々日とテッペンがおよそ「1ドル= 1,205ウォン」でそろってしまったことです。 これは、このラインをローソク足の実体線で突破するのが難しいことを示している、と考えられます。 ウォン安推進派にとってはあまり面白いサインではありません。 間もなく2020年07月17日 金 の市場が開きますが、2020年07月の第3週目はどのように締まるでしょうか。 また随時記事を制作し状況をご紹介するようにいたします。 追記 2020年07月17日 金 の市場が開きました。 10:17現在のドルウォンチャートの状況を以下の記事にまとめましたので本記事と併せてお読み頂ければ幸いです。 かろうじてウォン安進行です。 柏ケミカル@dcp.

次の

「ドルウォン」20日(月)決着・ウォン安後退!なんとか「1,200ウォン」守る

ウォン・ドル

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに韓国の通貨ウォンが売られ、「1ドル=1200ウォン」の危険水域を突破している。 文在寅(ムン・ジェイン)政権は米国に懇願して「通貨交換(スワップ)協定」をなんとか再開してもらったが、資金流出によるドル不足も生じており、3度目の通貨危機の懸念は払拭できない。 最大600億ドル(約6兆6000億円)のドル資金を供給する。 韓国はリーマン・ショック直後の2008年10月の通貨危機でも米国との通貨スワップで救済された。 協定は10年2月に終了しており、対米スワップ再開に必死だった。 20日の朝鮮日報(日本語電子版)によると、洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相がムニューシン米財務長官に自筆の手紙を送り、韓銀の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁もFRBのパウエル議長に直談判したという。 スワップ再開決定を受けて、対ドルで一時、1290ウォン台と約10年ぶりの安値だったウォンは、20日時点で1240ドル台とひとまず反発した。 だが、これで安心はできないというのが韓国の本音だ。 中央日報(同)は社説で「市場の恐怖が収まらない限りドルの需要は増え、不安が続く可能性が高い」とした。 「1500ウォンまでウォン安が進む可能性がある」と指摘するのは週刊東洋経済元編集長の勝又壽良氏。 これはリーマン・ショックや1997年の通貨危機の水準だ。

次の

【188億ドル返済】韓国「通貨スワップ」利用の返済が始まる。初回は約10兆ウォン!日付と返済金額のリスト

ウォン・ドル

韓国経済、【全くのデタラメ】急激なウォン安ドル高も…韓国政府が積極介入しない理由 記事要約:韓国政府は今の為替状況,ウォン安を容認しているとか、意味不明な発言が飛び出してきた。 明らかに今のチャートを見れば1200に到達させないように介入しているとしか思えないのに、積極介入してないそうだ。 それで騙せるのはチャートを見ていない人間だけだ。 毎日、チャートの動きを追っている当サイトでは一瞬で嘘だとわかるという。 しかし、よくもこんなデタラメを記事にしているよな。 > 最近、1ドル=1200ウォン目前までウォン安ドル高が進んでも韓国政府が積極的に動かないのは、最近の景気を勘案しているという解釈が出ている。 ある通貨当局関係者は「最近は輸出が良くない状況であるため、『この程度は大丈夫』という共感がある」と伝えた。 ウォン安になれば輸出品価格が下がるからだ。 物価上昇率が4カ月連続で0%台という状況で「デフレーション(物価下落による経済沈滞)」を防ぐ効果もある。 ウォン安になれば輸入物価は高くなるのが一般的だ。 財政投入や人為的な市場介入なく政策効果を期待できるという意味だ。 韓国の輸出企業にとって確かにウォン安は有利だが、このままウォンが安くなれば原材料価格は上がる。 特に原油高の状況なのに通貨安とかになれば、それだけでウォン安のメリットが相殺されてしまうんじゃないか。 ウォン安になれば輸出品価格は下がる。 でも、輸入品の価格はあがる。 そもそも、デフレを防ぐとかあるが、デフレの原因が国内にあるのに、為替レートで調整するのは無理があるんじゃないか。 そもそも、韓国は本当にデフレなのか?食べ物の値段はどんどん上がっているんじゃないか。 デフレというより、スタグフレーションだとおもうぞ。 どちらにせよ。 為替レート容認とか、真っ赤な嘘という。 > ソシエテジェネラル(SG)のオ・ソクテ・エコノミストは「現在の為替レートは政府が介入するほどの水準ではないとみる」としながらも「通貨危機やグローバル金融危機当時にウォン急落で経済が悪化したトラウマがあるだけに、労働・規制改革のような経済体質改善を通じてウォン安による衝撃を減らさなければいけない」と助言した。 今月17日、1ドル=1195.7ウォンまでウォン安ドル高が進んだ。 すると20日、洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相が「金融市場の過度な動きで変動性が拡大する場合、適切な措置を通じて市場安定を維持する」と述べた。 22日現在1ドル=1192.8ウォンと、1200ウォンを目の前に停滞している。 洪副首相のこうした発言について為替実務を担当する企画財政部国際金融局の関係者は「現在の状況に対する原則を強調した水準であり、口先介入とは見なしがたい」と述べた。 これに先立ち13日には李昊昇(イ・ホスン)企画財政部第1次官が「(ウォン安は)周辺国と比較して行き過ぎた水準ではない」と評価した。 韓国政府がウォン安を容認しているという分析が出ている。 政府の市場介入は間接介入・直接介入に分かれる。 現在は十分な間接介入(口先介入)水準というのが市場の見方だ。 韓国銀行(韓銀)出身のある研究員は「口先介入にも段階がある」とし「政府が最近『鋭意注視している』という信号を送っているが、これは『現在の市場は非正常』『為替レートの不安定な動きを座視しない』と警告するよりは一段階下」と説明した。 しかし「それでも十分な口先介入と見ることができる」と話した。 過去の政府は積極的に市場介入をした。 李明博(イ・ミョンバク)政権の初代経済チームを率いた姜万洙(カン・マンス)企画財政部長官がそうだ。 為替レートは国益に合うべきだと信じていた姜長官は「どの国も為替レートを市場に任せる国はない」として常に市場に介入し、「為替レート主権論者」と呼ばれた。 政府がドルを売買するなど直接介入する手段もある。 しかし米国の圧力が強まり、露骨に介入しにくい状況だ。 企画財政部の関係者は「輸出競争力を高めるために人為的に介入するのはいけないが、市場の安定のための微細調整(スムージングオペレーション)は国際社会で十分に容認される」とし「しかし今は直接介入については全く考慮していない」と述べた。 最近、1ドル=1200ウォン目前までウォン安ドル高が進んでも韓国政府が積極的に動かないのは、最近の景気を勘案しているという解釈が出ている。 ある通貨当局関係者は「最近は輸出が良くない状況であるため、『この程度は大丈夫』という共感がある」と伝えた。 ウォン安になれば輸出品価格が下がるからだ。 物価上昇率が4カ月連続で0%台という状況で「デフレーション(物価下落による経済沈滞)」を防ぐ効果もある。 ウォン安になれば輸入物価は高くなるのが一般的だ。 財政投入や人為的な市場介入なく政策効果を期待できるという意味だ。 しかし急激なウォン安は警戒する必要がある。 為替レートが国の経済体力と対外信用度を評価する対外「成績表」という側面でだ。 オン・キグン崇実大経済学科教授は「韓国ウォンが急落すれば外国人資金の離脱につながり、景気低迷の中で物価が上がるスタグフレーションになりかねない」と懸念を表した。 ソシエテジェネラル(SG)のオ・ソクテ・エコノミストは「現在の為替レートは政府が介入するほどの水準ではないとみる」としながらも「通貨危機やグローバル金融危機当時にウォン急落で経済が悪化したトラウマがあるだけに、労働・規制改革のような経済体質改善を通じてウォン安による衝撃を減らさなければいけない」と助言した。 ソウル共同発。 韓日議員連盟の姜昌一会長は、日本企業に賠償を命じた元徴用工訴訟を巡り「駐韓日本大使や日本の議員たちが『韓国が(解決に向けた)ジェスチャーを見せれば、日本企業の被害者への賠償を妨害しない』と話している」と発言。 為替介入の件もこの件も、どうしてこう都合のいい嘘ばかり書けるのか。 それでいて文在寅「正義を持って日本の誤りを正す」などと舐めた事を言う。 だがしかし、冷静に考えれば、嘘と捏造で露骨な反日活動をしてくれるので、少々のビジネス的な旨みがあっても韓国から撤退しようと判断する企業が出てくれて助かる。 建国以来、中国にはへりくだっても日本はなんとか見下ろそうとしてきた朝鮮民族のDNAが黙っていないのだろう。 嘘を繰り返す事で己すら欺き続けるのが朝鮮人の遺伝子的パターン。 世界中の他民族では稀有か皆無だが朝鮮人のみでは圧倒的に多いという特徴。 これは個人の習慣ではなく民族・集団の「慣習」であり、近親相姦繰り返した遺伝子破損の結果であり、孫や曾孫の代程度では修復は見込めない。 まさに霊魂から生まれ変わっても修復改善は見込めない。 南朝鮮の為替介入は過去にその手口まで詳細に米国に晒されて指摘されてきた。 一定の数字の防衛ラインまで介入してそれを繰り返すという、HFが仕掛ける場合稼ぎやすい幼稚な為替介入の手口は今回も健在のようだ。 学習という事が難しく、同じ手口を繰り返すのもOINK。 もうドル結構溶かしているだろう? アーカイブ アーカイブ 最近の投稿• 人気記事• 128,161件のビュー• 76,200件のビュー• 64,000件のビュー• 59,900件のビュー• 57,500件のビュー• 51,400件のビュー• 51,200件のビュー• 47,600件のビュー• 47,200件のビュー• 44,800件のビュー 最近のコメント• に しぐなる より• に たろうちゃん より• に 退職者 より• に 零戦搭乗員 より• に 零戦搭乗員 より 人気の記事〔1日〕• 1,400件のビュー• 1,400件のビュー• 1,100件のビュー• 1,000件のビュー• 700件のビュー• 400件のビュー• 300件のビュー• 200件のビュー• 100件のビュー• 100件のビュー 韓国経済のリンク(情報収集サイト).

次の