ミセス グリーン アップル ロマンチシズム 歌詞。 【弾いてみた】インフェルノ(Inferno) -pl.metrostav.cz APPLE 耳コピでエレクトーン弾いてみた

【Mrs. GREEN APPLE/ロマンチシズム】歌詞の意味を徹底解釈!実はとても人間味の深い内容だった!

ミセス グリーン アップル ロマンチシズム 歌詞

「あなたって 人 ひとはどんな 人 ひと? 」 そんな 風 ふうに 聞 きけたらな 背中押 せなかおされる 夏 なつの 日 ひには 鮮 あざやかに 揺 ゆれる 花 はなになろう 白熊 しろくまの 様 ように 涼 すずしげで 居 いたいの でもこの 熱意 ねついは 募 つのる イマドキドキドキが 高 たかぶって 勇気 ゆうきを 持 もって 声掛 こえかける 流石 さすがにそろそろ あなたに 恋 こいする 私 わたしに 気 きづいて 欲 ほしいのです。 愛 あいを 愛 あいし 恋 こいに 恋 こいする 僕 ぼくらはそうさ 人間 にんげんさ 愛裏返 あいうらがえし 故意 こいに 恋 こいする 奴 やつらもそうさ 人間 にんげんさ 「 僕 ぼくって 人 ひとはこんな 人 ひと」 そんな 風 ふうに 言 いえたらな 頭抱 あたまかかえる 独 ひとりの 夜 よるは 濃 こまやかに 揺 ゆれる 花 はなであろう 狼 おおかみの 様 ように 強気 つよきで 居 いたいの でもその 自信 じしんは 見当 みあたんないの ドクドク 独特 どくとくな 苦 くもあって 勇気 ゆうきを 出 だし 触 ふれてみる 心動 こころうごいたなら あなたに 恋 こいする 僕 ぼくを 見 みてみて 欲 ほしいのです 僕 ぼくに 気 きづいて 欲 ほしいのです。 出会 であいを 介 かいし ちゃんと 愛 あいを 知 しる 私 わたしはそうさ 人間 にんげんさ 悪戯 いたずらにも 哀 あいも 知 しり 君 きみと 居 いたい 意味 いみを 教 おしえる 僕 ぼくの 人生 じんせいさ 偶然 ぐうぜん? 必然 ひつぜん? ロマンスは 突然 とつぜん POPSは 新鮮 しんせん LA LA LA… 「 運命 うんめい」と 思 おもえる 君 きみに 巡 めぐり 会 あえたの 若気 わかげの 至 いたりなんかじゃ 決 けっしてないから。 日々 ひびヒビが 入 はいりハートが 砕 くだけて 勇気 ゆうきも 自信 じしんも 亡 なくすけど 挫 くじけながらも 強 つよく 生 いきて 行 いける 大人 おとなになるための 毎日 まいにちです。 愛 あいを 愛 あいし 恋 こいに 恋 こいする 僕 ぼくらはそうさ 人間 にんげんさ 愛 あいを 愛 あいし 偉大 いだいに 恋 こいする 僕 ぼくらもそうさ 人間 にんげんさ 短 みじかい 春 はるが 終 おわってゆく 短 みじかい 夏 なつが 終 おわってゆ< 新 あたらしい 時代 じだいと 生 いきている あなたに 恋 こいをする そんな、 私 わたしに 気 きづいて 欲 ほしいのです あなたに 気 きづいて 欲 ほしいのです。 「 あなたって anatatte 人 hito はどんな hadonna 人 hito? 」 そんな sonna 風 fuu に ni 聞 ki けたらな ketarana 背中押 senakao される sareru 夏 natsu の no 日 hi には niha 鮮 aza やかに yakani 揺 yu れる reru 花 hana になろう ninarou 白熊 shirokuma の no 様 you に ni 涼 suzu しげで shigede 居 i たいの taino でもこの demokono 熱意 netsui は ha 募 tsuno る ru イマドキドキドキ imadokidokidoki が ga 高 taka ぶって butte 勇気 yuuki を wo 持 mo って tte 声掛 koeka ける keru 流石 sasuga にそろそろ nisorosoro あなたに anatani 恋 koi する suru 私 watashi に ni 気 ki づいて duite 欲 ho しいのです shiinodesu。 愛 ai を wo 愛 ai し shi 恋 koi に ni 恋 koi する suru 僕 boku らはそうさ rahasousa 人間 ningen さ sa 愛裏返 aiuragae し shi 故意 koi に ni 恋 koi する suru 奴 yatsu らもそうさ ramosousa 人間 ningen さ sa 「 僕 boku って tte 人 hito はこんな hakonna 人 hito」 そんな sonna 風 fuu に ni 言 i えたらな etarana 頭抱 atamakaka える eru 独 hito りの rino 夜 yoru は ha 濃 koma やかに yakani 揺 yu れる reru 花 hana であろう dearou 狼 ookami の no 様 you に ni 強気 tsuyoki で de 居 i たいの taino でもその demosono 自信 jishin は ha 見当 mia たんないの tannaino ドクドク dokudoku 独特 dokutoku な na 苦 ku もあって moatte 勇気 yuuki を wo 出 da し shi 触 fu れてみる retemiru 心動 kokorougo いたなら itanara あなたに anatani 恋 koi する suru 僕 boku を wo 見 mi てみて temite 欲 ho しいのです shiinodesu 僕 boku に ni 気 ki づいて duite 欲 ho しいのです shiinodesu。 出会 dea いを iwo 介 kai し shi ちゃんと chanto 愛 ai を wo 知 shi る ru 私 watashi はそうさ hasousa 人間 ningen さ sa 悪戯 itazura にも nimo 哀 ai も mo 知 shi り ri 君 kimi と to 居 i たい tai 意味 imi を wo 教 oshi える eru 僕 boku の no 人生 jinsei さ sa 偶然 guuzen? 必然 hitsuzen? ロマンス romansu は ha 突然 totsuzen POPS は ha 新鮮 shinsen LA LA LA… 「 運命 unmei」 と to 思 omo える eru 君 kimi に ni 巡 megu り ri 会 a えたの etano 若気 wakage の no 至 ita りなんかじゃ rinankaja 決 kextu してないから shitenaikara。 日々 hibi ヒビ hibi が ga 入 hai り ri ハ haー ト to が ga 砕 kuda けて kete 勇気 yuuki も mo 自信 jishin も mo 亡 na くすけど kusukedo 挫 kuji けながらも kenagaramo 強 tsuyo く ku 生 i きて kite 行 i ける keru 大人 otona になるための ninarutameno 毎日 mainichi です desu。 愛 ai を wo 愛 ai し shi 恋 koi に ni 恋 koi する suru 僕 boku らはそうさ rahasousa 人間 ningen さ sa 愛 ai を wo 愛 ai し shi 偉大 idai に ni 恋 koi する suru 僕 boku らもそうさ ramosousa 人間 ningen さ sa 短 mijika い i 春 haru が ga 終 o わってゆく watteyuku 短 mijika い i 夏 natsu が ga 終 o わってゆ watteyu< 新 atara しい shii 時代 jidai と to 生 i きている kiteiru あなたに anatani 恋 koi をする wosuru そんな sonna、 私 watashi に ni 気 ki づいて duite 欲 ho しいのです shiinodesu あなたに anatani 気 ki づいて duite 欲 ho しいのです shiinodesu。

次の

Mrs. GREEN APPLE ロマンチシズム

ミセス グリーン アップル ロマンチシズム 歌詞

Mrs. GREEN APPLE ミセスグリーンアップル が CDシングル 『ロマンチシズム』をリリースします。 1曲目に収録されている 新曲「ロマンチシズム」について。 同楽曲は、 古川 毅と池間夏海が出演する 資生堂SEA BREEZE シーブリーズ の CMソング 曲 になっています。 今回は「ロマンチシズム」の 歌詞の意味を考察し解説します。 「ロマンチシズム」の 歌詞の意味については、 親しみやすくするために 主人公の言葉や気持ちを 代弁する形をとっています。 PV YouTube動画 は 歌詞の下に設置しています。 ぜひ歌詞をご覧になって 歌ってみて下さいね。 それでは、さっそく見ていきましょう。 Mrs. GREEN APPLE「ロマンチシズム」歌詞 ロマンチシズム 「貴方って人はどんな人?」 そんなふうに聞けたらな 背中押される夏の日には 鮮やかに揺れる花になろう 白熊のように涼しげでいたいの でも僕の熱意は募る 今ドキドキが高ぶって 勇気を持って声掛ける さすがにそろそろ貴方に恋する 私に気づいて欲しいのです 愛を愛し 恋に恋する 僕らはそうさ 人間さ 愛裏返し 故意に恋する 奴らもそうさ 人間さ 「僕って人はこんな人」 そんな風に言えたらな 頭抱える独りの夜は 濃 こま やかに揺れる花であろう 狼の様に強気で居たいの でもその自信は見当たんないの ドクドク独特な苦もあって 勇気を出し触れてみる 心動いたならあなたに恋する 僕を見てみて欲しいのです 僕に気づいて欲しいのです 出会いを介し ちゃんと愛を知る 私はそうさ人間さ 悪戯にも哀も知り 君と居たい意味を 教える僕の人生さ 偶然?必然?ロマンスは突然 POPSは新鮮 Hey LA LA LA… 「運命」と思える君に巡り会えたの 若気の至りなんかじゃ決してないから 日々ヒビが入りハートが砕けて 勇気も自信も亡くすけど 挫けながらも強く生きて行ける 大人になるための毎日です 愛を愛し 恋に恋する 僕らはそうさ人間さ 愛を愛し 偉大に恋する 僕らもそうさ人間さ 短い春が終わっていく 短い夏が終わっていく 新しい時代と生きている あなたに恋をする そんな、私に気づいて欲しいのです あなたに気づいて欲しいのです Mrs. GREEN APPLE「ロマンチシズム」歌詞の意味を解説 本当の貴方を知りたいの。 僕の知らない貴方は、多分 たくさんいて、その全てを 知りたいんだけど… 教えてよって聞きたいんだけど、 立ち止まった僕の背中を、 夏の太陽みたいな、 貴方の笑顔が、ポンと押してくれる 太陽の下で、咲く花のように、 頼りなく揺れながらも、 僕の気持ちは鮮やかに、 まっすぐに、貴方に向かってるよ。 本当はね そんな自分見せたくないの。 クールにね 何でもないように装っていたいの。 でも、想いは熱くて。 想いは止まらなくて。 ドキドキは最高潮だよ。 貴方を前にすると。 ありったけの勇気で、 声を掛けているんだよ。 ねえ、そろそろ気づいてくれないかな。 貴方に恋する僕に。 貴方へのあふれる想いに。 誰かを愛していたいんだ。 無償の気持ちを注いで。 でも……. 貴方に恋する僕のように、 貴方にも僕に恋して欲しい。 そう思っちゃう僕は、 ワガママな人間だな。 愛を注ぐフリをしながら、 恋していると思い込んで、 切ない気持ちや、 やるせない想いを、 知らないままの人たちも、 やっぱり、弱い人間だよね。 本当の僕を知って欲しいな。 貴方の見えない僕のことも。 独りぼっちの夜、 弱気が僕を襲ってきて、 考えることにもつかれてしまう。 貴方にも、こんな夜があるのかも しれない。 そんな寂しさを、隙間なく 埋められるような花になれたらな。 本当はね、いつでも 強い僕だけを見せていたい。 でも、そんな自信はなくて。 貴方に対しても、 僕自身にたいしても。 貴方への想いは、苦しくなるほどで、 なくなればいいと思うこともある。 知らない貴方を知ることに、 恐れながら、でも触れてみないと。 貴方の心に近づくためには。 そんな僕が、いつか 貴方の心を動かせるかな? そんな僕を、貴方は見つけて くれるかな。 気づいてくれるかな。 貴方が同じように、 想ってくれたらな。 貴方と出会って、愛することを知った。 苦しい気持ちの揺らぎも、 逃げたくなる想いも。 ちゃんと知ることができたんだ。 感情は揺れる。 人間だからね。 貴方を想うことで、 哀しい気持ちになることもあった。 でも、それでも 一緒にいたいと。 近くにいたいと。 そんな人に出会えたんだ。 僕は、貴方に教えてもらった。 貴方と出会ったのは偶然なのかな。 それともずっと昔から 決まっていたのかな。 でも、貴方への想いは突然 心の中に花開いたんだ。 初めての気持ち。 弾む気持ち。 僕は運命だと思ってるよ。 決して今だけの気持ちじゃない。 永遠だと。 貴方のちょっとした態度に、 情けなくもすぐに傷ついて、 一気に勇気も自信も なくしちゃう日々。 でも、貴方がいるから、 それだけで、強く生きて行ける。 少しでも、強い自分になろうと。 愛することを知ろうと、 貴方を見つめて。 抱えきれないくらいの想いで 貴方に恋している。 そんな僕は、 いつも心が揺らいでいる人間だ。 貴方を取り巻く季節は、 驚くほどのスピードで、 その景色を変えていく。 僕は少し遅れながら、 新しい景色の中の、 新しい貴方を見つけて、 そして、今よりも、もっと強く 貴方に恋してしまうんだ。 ちょっと、振り返ってくれないかな。 あなたを見つめる僕に 気づいてくれないかな。 貴方への、この想いに 気づいてくれないかな。 最後に 誰かを想う気持ちが強ければ 強いほど、 人の気持ちは、足踏みしてしまう のかも知れません。 その誰かの光が、 強ければ強いほど 自分は影のように、自信をなくして しまうのかもしれません。 恋をすることは、 幸せばかりではないですね。 自分の気持ちと同じくらいの 重さを相手にも求めてしまう。 私と同じくらい、私を見て。 同じくらい、私を知りたいと思って。 ままならないその気持ち。 切ないものですよね。 愛と呼べるぐらい 何も求めず、相手を想うことが 出来れば… でも、そんな風に考えてしまうのは 自分だけだとは思わないで。 自分の心が、間違ってるとは 決して、思わないで。 同じような気持ちで、 あなたを見ている人も 必ずいるから。 あなたは、 その気持ちを知っています。 浮き沈みする心を知っています。 その経験は、あなたを豊かにし、 きっといつか、大切な誰かの心に そっと寄り添うことができる、 そう、思います。 関連記事.

次の

Mrs. GREEN APPLE『ロマンチシズム』歌詞の意味を考察・解釈

ミセス グリーン アップル ロマンチシズム 歌詞

中毒性の高いリズミカルさが特徴的。 ボーカルの大森さんは 全部ひっくるめてこの曲の歌詞を読み込んでくれると、面白く聴こえてくる と本楽曲についてコメントしています。 細かく見てみると、具体的に どのようになっているのでしょうか。 本題の歌詞に迫っていきます。 歌詞 「貴方って人はどんな人?」 そんなふうに聞けたらな 背中押される夏の日には 鮮やかに揺れる花になろう 白熊のように涼しげでいたいの でも僕の熱意は募る 今ドキドキが高ぶって 勇気を持って声掛ける さすがにそろそろ貴方に恋する 私に気づいて欲しいのです 愛を愛し 恋に恋する 僕らはそうさ 人間さ 愛裏返し 故意に恋する 奴らもそうさ 人間さ 「僕って人はこんな人」 そんな風に言えたらな 頭抱える独りの夜は 濃 こま やかに揺れる花であろう 狼の様に強気で居たいの でもその自信は見当たんないの ドクドク独特な苦もあって 勇気を出し触れてみる 心動いたならあなたに恋する 僕を見てみて欲しいのです 僕に気づいて欲しいのです 出会いを介し ちゃんと愛を知る 私はそうさ人間さ 悪戯にも哀も知り 君と居たい意味を 教える僕の人生さ 偶然?必然?ロマンスは突然 POPSは新鮮 Hey LA LA LA… 「運命」と思える君に巡り会えたの 若気の至りなんかじゃ決してないから 日々ヒビが入りハートが砕けて 勇気も自信も亡くすけど 挫けながらも強く生きて行ける 大人になるための毎日です 愛を愛し 恋に恋する 僕らはそうさ人間さ 愛を愛し 偉大に恋する 僕らもそうさ人間さ 短い春が終わっていく 短い夏が終わっていく 新しい時代と生きている あなたに恋をする そんな、私に気づいて欲しいのです あなたに気づいて欲しいのです スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 1番 「貴方って人はどんな人?」 そんなふうに聞けたらな 背中押される夏の日には 鮮やかに揺れる花になろう 本楽曲の登場人物は 「主人公」と 「貴方」 そして、主人公は貴方に恋をしています。 本楽曲では、この 「恋心」がボーカルの大森さんの手によって、面白くも巧みな表現で展開されていくのです。 「貴方って人はどんな人?」 という主人公からは• あなたのことを知りたい という好きさ故の欲が伺えます。 白熊のように涼しげでいたいの でも僕の熱意は募る 「白熊のように涼しげでいたいの」 は書き下ろされた楽曲なだけあり、シーブリーズを意識した表現を成しています。 しかし、その意に反して 主人公の気持ちは熱を帯びていく。 サビ1 今ドキドキが高ぶって 勇気を持って声掛ける さすがにそろそろ貴方に恋する 私に気づいて欲しいのです まさに 「ロマンチシズム」な情景。 理性や合理性が働いて、貴方にアプローチをすることができなかった自分から抜け出そうと、感受性に重きを置いて行動をしようとしているのです。 愛を愛し 恋に恋する 僕らはそうさ 人間さ 愛裏返し 故意に恋する 奴らもそうさ 人間さ 言葉遊びが秀逸ですね。 韻を踏みながらも• 本能のままに愛を育む人間• 合理性の元に愛を育む人間 を対比しています。 しかしあくまでも本楽曲は 「人間愛」 というのがテーマにあります。 つまり『人間間でどんなに価値観が違っても同じ人間』と、友好の輪を唱えているのです。 2番 「僕って人はこんな人」 そんな風に言えたらな 頭抱える独りの夜は 濃 こま やかに揺れる花であろう 狼の様に強気で居たいの でもその自信は見当たんないの どんなに、 ロマンチシズムを唱えていても 苦悩を抱える夜は誰にだって存在します。 濃 こま やかとは、 情愛が深く心遣いが行き届いているさま。 「花のような優しさ」• 「狼のような強さ」 それを兼ね備えた人間こそ 「理想」なのです。 自信は見当たんないの と言う部分から本楽曲の主人公の弱さが垣間見えますが、これは現実でも同じです。 どんなに明るく気丈に振る舞っていても、そんな人に限って見えないところで悩んでいるものです。 更に続きます。

次の