あべちゃん九官鳥。 リアルすぎる 九官鳥のモノマネ動画に 笑いが止まらない♪

あべちゃん九官鳥

「きゅうちゃん」以外の名前が付けられたに出会ったこと、ありますか? 私の実家では子供の頃に九官鳥を飼っておりまして。 やはり名前は、「きゅうちゃん」でした。 「きゅーちゃん」というようによく自分でも名前を言っていましたね。 大人になってからも、これまでに数匹の九官鳥に出会ってきましたが、そのどれもが名前は「きゅうちゃん」であり、自分で「きゅーちゃん」と言うことが出来るのです。 何かの名前が勝手につくということはなく、皆、人間がつけることになりますが、ほとんどの人間が九官鳥の名前を「きゅうちゃん」と認識しているのは本当にすごいことだな、と思います。 九官鳥を飼う=今日から名前は「きゅうちゃん」 この感覚、皆に染み渡った一般常識といいますか。 どうして九官鳥の話をしているかと言いますと、実は昨日のコンプライアンス研修の中で「一般常識」の話題になりまして。 「不祥事事案防止のための取り組み」をテーマにしたワークショップの後に参加者の方からこのような発言をいただきました。 「それぞれが一般常識を持って取り組めば良いのではないか?」 これは実はとても正しくて、いい意見だなあと思いましたし、その場でも素晴らしい意見を頂戴したと皆さんにお伝えしたのです。 「自分の常識は他人の非常識」 といった言葉もあるように、常識は人それぞれ違います。 それは当然ですよね、誰もが知ってる。 多少厳しいかもしれないが、言わなくてもわかってくれているだろう、とさえ思っていることが多い。 ハラスメント系の不祥事事案は、この「一般常識」の幅や質が問題となることがあるのです。 といった状況はあるのですが、それでも、一般常識を持ってそれぞれが取り組めばいい、という感覚をお持ちになっているのは素晴らしいことだなあと思う。 何故かというと、その一般常識が、ご自身のコンプライアンスに対する感覚をブラッシュアップする出発点になるからです。 「コンプライアンス経営」といった言葉もあるほど、私たちビジネスマンは、コンプライアンスの大切さを様々な機会で触れることがあります。 多くの職場には「コンプライアンス規程」や「倫理規程」といった組織の構成員の行動規範が定められていると思います。 そのコンプライアンス規程や倫理規程を個々人の一般常識と擦り合わせることによって、コンプライアンス感覚を磨くことが出来るのです。 例えば、コンプライアンス規程の作り方として、定義規定を置くことがあります。 パワーハラスメントのコンプライアンス規程の例(サンプル) パワーハラスメントとは、「 同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」のことをいう。 専門用語で「優越的力関係」といったりしますが、その優位性を背景に適正な範囲を超えて行為をしたときにパワーハラスメントと認定されることがあるのです。 ここでいう、「適正な範囲」。 これが正に、一般常識が作用する要素でもあるのです。 今回の研修がどれだけ皆さんに伝わったのかは今度のそれぞれの行動をみるより方法はありませんが、願わくば、気づきを行動に変えて、ご自身の職務執行を続けていった頂けるといいなあ。 解決支援コンサルタント行政書士阿部隆昭.

次の

まるで人間!九官鳥の事務的な返事に思わず笑ってしまう

あべちゃん九官鳥

昭和な昔、よく店先などで『イラッシャーイ』なんてお店番してた九官鳥、でも最近はあまり見かけなくなりましたね。 それには訳があるのです。 今、九官鳥はワシントン条約付属書2に基づき、商業取引が全面規制されています。 九官鳥は、もともと品種改良して人工繁殖させて販売されているペット用の鳥(C. (Captive Bred)といいます)ではありません。 野生の個体を捕獲して輸入し「ペット」としている『野鳥の雛』でした。 (Wild Caught)といいます) 九官鳥はブリーディング 人工繁殖 が非常に難しい鳥なので、遠い『原産国』の森の中から、雛のうちに巣から誘拐されて、輸入されていたのです。 『原産国』の開発による生息地の破壊・乱獲などにより生息数は激減してしまい、ワシントン条約付属書2に基づき、商業取引が全面規制になりました。 最近になって、九官鳥の研究をしているフィリピンで、九官鳥の人工繁殖に成功したそうです。 年によっては、年に数羽ほど、フィリピンなどから足輪を付けたブリード個体(C. )が輸入されるようになってきています。 人工繁殖が成功したとはいっても、安定した流通にのせられるようなものではなく、ペットになるための品種改良などにはまだ至っていません。 野鳥を捕獲しなくても一部の需要に応えられる かも しれないという非常に未熟な状態です。 ほんの数年前までは、販売される個体数がとても少なく、新規で九官鳥を飼い始めるのは難しかったです。 しかし、これから人工繁殖がうまくいくようになれば、飼い始めるチャンスに巡り会える人も居るかも知れません。 なので、少しだけアドバイスを書いておきます。 まず……九官鳥は、まだまだ野生の鳥に近く『野鳥の雛』も同然。 非常に神経質で、インコのようにあまり人には慣れません。 どちらかというと人に触られるのを嫌がります。 ブリード個体(C. )は人工繁殖・人工飼育の環境の九官鳥ですので、野生の雛(W. に比べると よりニンゲンに慣れているようです。 しかし、九官鳥は神経質で気難しい鳥であることは変わりありません。 ペットとして飼っていくには、いろいろ配慮することがたくさんあります。 『手乗り文鳥』のような『手乗り九官鳥』には、なかなかなりません。 せいぜいがんばって肩乗りくらいで、それも人のことをただの止まり木としか思わないかもしれません。 そのくせ、ひとりぼっちにされるのはとても嫌います。 元々群れで生活する鳥だからです。 頭が良いので、気を引くために飼い主の嫌がる事をワザとすることもしばしばあります。 また、性質的に沢山の運動が必要な鳥なので、広いケージが必要です。 できるだけ大きなケージを用意してあげてください。 (オオノの家のあべちゃんのケージは、幅70cm・奥行き40cm・高さ70cmでした) そして、寒いのはとても苦手です。 元々、温暖な地域に生息する鳥だからです。 一般的に鳥の体温は42度前後、飼育環境の温度を26度から30度に保てるようにしてください。 急激な温度の変化が起きたり、湿度が低下しないよう気をつけなければなりません。 5度以上の急激な温度変化は鳥にとってはかなり体にストレスがかかります。 体が冷えるとすぐに下痢をしてしまい、餌を消化できなくなって、最悪なケースでは短時間で死に至ります。 餌も、鉄分を調整された九官鳥専用の餌を与えてください。 九官鳥は鉄分を体に貯めやすく、それが原因で肝機能障害を起こすと言われています。 果物なども食べますが、与えてよいもの・与えてはいけないものがあります。 また、頭が良くて口も足も大きいので、興味を持ったモノをすぐに咥えて振り回します。 口が大きく喉も太いので、あっという間に飲み込んでしまいます。 異物誤飲には要注意ですので、カゴの外に九官鳥を出すときは、ほったらかしにせず側で見ていてあげてください。 小さなプラスチックの小物だけではありません、薬やティッシュ、消しゴムのカス、カシャカシャするビニール、長い毛糸にリボンに輪ゴム…咥えて持ち上げられるもので、九官鳥が面白いと感じた物は危険です。 九官鳥の死因の多くは異物誤飲なので、九官鳥の周辺には常に細心の注意を払ってください。 そしてなにより、声が非常に大きいです。 それに飼い主が覚えてほしい言葉はなかなか覚えません、本人が気に入った「音」しか覚えません。 九官鳥にも個性がありますから、モノマネが上手なコ・苦手なコ・へたくそなコ、いろいろ居ます。 九官鳥だからといって、みんながモノマネ上手ではないのです。 あべちゃんはとても声真似が上手でしたね、テレビの音や電子音は興味なかったみたいです。 すがちゃんは飼い主の声なんか興味なくて、電子音のほうが面白いみたいですね。 どうか、飼われる場合は、いろいろなことを よく よく よく よく 考えてから飼ってください。 人によく慣れ体も丈夫に品種改良された『ペット用の小鳥』ではありません。 相変わらず、絶滅しそうな野鳥でもあります。 すぐに死なせてしまったり、すぐに飼うのが嫌になったり、飼っているのに困ってしまったり……そんなことがないように、よく よく よく 考えてから九官鳥を飼うことを考えてください。 お願いします。

次の

リアルすぎる 九官鳥のモノマネ動画に 笑いが止まらない♪

あべちゃん九官鳥

「はい、わかりした~」 九官鳥はインコと違って、声のトーンもそっくり真似をするので驚きますよね。 人間同士でも会話が噛み合わないことが多いのに、九官鳥のあべちゃんは、しっかり・はきはき返事をしていましたね。 えらいなー。 かなわなかった九官鳥のキュウちゃんとの生活。 昔、祖母は九官鳥を飼っていました。 名前はキュウちゃん。 とってもおしゃべりで頭がいいと祖母の自慢でした。 そんなキュウちゃんをわが家で飼うという話がもちあがりました。 それは祖母の体調があまりよくないので、キュウちゃんの世話があまりできなくなったからでした。 祖母の体調のことはもちろん心配でしたが、子供の私はキュウちゃんがやって来るうれしさの方が勝っていました。 キュウちゃんが来るのを心待ちにしていたある日、祖母からの電話で、キュウちゃんがいなくなったという知らせを聞きました。 ベランダでカゴの掃除をしている時に、キュウちゃんが飛んでいってしまったというのです。 キュウちゃんは何回か逃げた経験があったのですが、いつも戻ってきたので、祖母もまたすぐに戻ってくるだろうと思っていたそうです。 しかし、キュウちゃんはそれっきり戻ってくることはありませんでした。 残念ながら楽しみにしていたキュウちゃんとの生活は実現しませんでした。 それからは九官鳥をペットショップで見かけると思わずキュウちゃんと話しかけていた思い出があります。 最近、ペットショップから姿を消した九官鳥。 その理由は。 声の大きな九官鳥。 ペットショップの店内に響いていたワハハハという声を、最近聞かないなと思っていました。 その理由は、 原産国の開発による生息地の破壊や、乱獲などにより生息数は激減してしまい、 ワシントン条約付属書2に基づき、商業取引が全面規制になったからだそうです。 九官鳥は 人工繁殖 が非常に難しい鳥なので、人工繁殖させて販売されているペットではなく、遠い原産国の森の中から、雛のうちに巣から連れて来られるのです。 つまり、野生の個体を捕獲して輸入し「ペット」としている「野鳥の雛」だそうです。 この 九官鳥のあべちゃんの飼い主のオオノさん(あべちゃんが動画の中で名乗っていました)が書いていらっしゃるように、九官鳥はしゃべるから人に慣れる訳ではなく、もともとはとても神経質な野鳥だということを忘れてはいけないんだなと思いました。 あべちゃんのユーモラスな姿の影に、こんな九官鳥の姿があるなんて。 生き物を飼うということの責任の重さをまた考えさせられました。 行楽シーズン突入!皆さんお出かけのご予定は決まりましたか? 関西には、日帰りで行ける観光地 近いから何時でも行けるわと言いつつ、なかなか行く機会のなかったポートアイランドにある神戸どうぶつ 誰もいない公園をお散歩してる時、偶然であった黒猫さん。 赤い首輪がとってもカワイイ猫さんで かわいい表情の中にキリっとしたシェパード特有の瞳が光る、オーストラリアン・シェパードちゃん。 朝夕は涼しさを飛び越えて寒さを覚えるここ数日。 この度電気カーペットを新しくすることになりました。 ねこが作詞作曲してメジャーデビュー! みなさん、むぎ(猫)をご存知ですか? 実はワンコノも最近ラ 今週号のよしふみとからあげは、いつものシュールな笑いもちゃんとありますが、ウーパールーパーの生態 愛くるしい表情とガッチリとした両脚。 このギャップこそがゴールデンレトリバーだ! ようやく猛暑も陰りを見せ始めた神戸。 涼しくなったらレオと出かけたいなといろいろと調べていると、ト 神戸のペットシッターワンコノでは、ワンちゃんやネコちゃんのお世話をしている様子を撮影し、毎日のお世話.

次の