玉ねぎだけ。 デトックス効果でスッキリ!玉ねぎダイエットのおすすめレシピ20選

玉ねぎもパン粉も卵も省略!挽肉だけハンバーグの作り方

玉ねぎだけ

玉ねぎを使ったチヂミが現在大人気となっています。 玉ねぎだけでもOKですが、これに他の野菜や肉を追加すると、玉ねぎの優しい甘さが効いた風味豊かなチヂミに仕上がります。 手軽に野菜を摂ることができる上、子供のおやつからお父さんのおつまみ、食卓やお弁当の一品にまで幅広く活用できます。 卵無しで作れるレシピも多く、卵アレルギーの方にもおすすめです。 ちょっとしたポイントさえ押さえれば、誰でも簡単にカリッと香ばしい玉ねぎチヂミを作ることができます。 そこで本記事では、玉ねぎを使ったチヂミのレシピをまとめました。 卵もタレも不要の簡単レシピからこだわりのアレンジレシピまで、玉ねぎの旨味を生かした人気レシピの数々を紹介します。 生地を作る際は、ダマが無くなるまでしっかり混ぜましょう。 泡だて器を使うとなめらかに混ざりやすいです。 また、沈殿しやすい片栗粉が入っているため、 焼く直前にも再度混ぜます。 焼くときには、生地を薄く広げましょう。 生地の量が多い場合は、数枚に分けます。 また、早い段階で生地をひっくり返すと崩れてしまうので注意が必要です。 フライ返しで生地を押しつけながら、焦らずにじっくり焼きます。 こうすることで、ひっくり返しやすくなるだけでなく、カリッとした香ばしいチヂミに仕上げることができます。 さらに美味しく仕上げたい場合は、混ぜた生地をいったん冷蔵庫で寝かせるという方法もあります。 寝かせる時間の目安は3時間~1日程度で、 生地をなじませる時間をとることで旨味が増すとともに、食感もさらにカリッと仕上がります。 また、春先にしか手に入らない季節ものではありますが、新玉ねぎを使うのもおすすめです。 新玉ねぎのみずみずしい甘みが、香ばしいチヂミと相性抜群です。 同じレシピでも普通の玉ねぎを使うか新玉ねぎを使うかでまた違った味わいを楽しむことができます。 玉ねぎチヂミにかけるタレは、ポン酢や酢醤油ベースで混ぜ合わせたタレなどがよく合います。 アクセントとして、さらに炒りごまやラー油をかけても味わい深いです。 【材料】• A薄力粉…200g• A片栗粉…小さじ1• A卵…1個• A鶏がらスープの素…大さじ1. 水…180cc• カニカマ…10本• ニラ…1束• ごま油…大さじ3• B醤油、酢…各大さじ2• Bコチュジャン、砂糖…各小さじ2 【作り方】• ボウルに Aの材料を入れ、ダマにならないように水を少しずつ入れながら混ぜる• 具材(カニカマ・ニラ・人参・玉ねぎ)も加えて混ぜる• 26cmのフライパンにごま油(大さじ2)を入れ、生地の半量を強火で熱する• 油が温まってパチパチと音がしたら、弱めの中火にして5分焼く• ひっくり返してごま油(大さじ1)を回し入れ、3分焼く• 強火で1分ずつ両面をカリッと焼きあげたら完成• タレは、生地を焼いている間に Bの材料を混ぜ合わせたら完成 【材料】• 豚バラ薄切り肉…150g• A卵…1個• A小麦粉…50g• A片栗粉…30g• Aしょうゆ…大さじ1• A水…60ml• ごま油…適宜• 塩…少々• Bしょうゆ、酢…各大さじ1• Bわけぎの小口切り…適宜• Bあれば韓国産粉唐辛子…適宜 【作り方】• ボウルで Aの材料を混ぜ合わせてから、ニラ・玉ねぎも加えて混ぜる• ごま油を中火で熱し、生地を平らに広げる• 豚肉を並べて塩をふり、3~4分焼いてこんがりしたら裏返し、反対側も同じように焼く• 何回か裏返して両面に焼き色がついたら取り出して食べやすく切る• 食べる直前に再度焼いてカリッとさせ、 Bの材料を混ぜたタレとともに器に盛る.

次の

発酵玉ねぎは塩だけでサッと作れる!!作り方と失敗を防ぐコツ | アレルギー娘の腸活で私も発酵

玉ねぎだけ

玉ねぎだけで作れる料理のレシピを集めました。 常備野菜として野菜置き場には欠かせない玉ねぎ。 使い勝手もよく、肉と一緒に料理を作るだけではなく、玉ねぎだけでもいろいろなおかずをつくることができます。 材料 タマネギ、バター、しょうゆ、黒コショウ コメント 何もない時でも、タマネギだけで簡単おつまみ! 掲載ページ 材料 玉ねぎ、フレッシュハーブ タイム、ロ-ズマリーなど 、エクストラバージンオリーブオイル、岩塩、黒こしょう コメント 玉ねぎを皮ごと焼くシンプル料理。 ふっくらおいしい一品です。 掲載ページ 材料 玉ねぎ、水、コンソメ、塩、こしょう、バター コメント 玉ねぎの甘味でスープもおいしい 掲載ページ 材料 玉ねぎ、しょうゆ、みりん、ごま油、サラダ油、塩、こしょう、バター、パセリ コメント じっくり焼くことで玉ねぎの甘さを味わえました。 掲載ページ 材料 玉ねぎ、サラダ油、薄力粉、野菜ブイヨン コメント オニオンリングは揚げるものですが、こちらは焼くタイプのオニオンリングです。 フライにしないので、油の摂取量が少なくて済み、カロリーを抑えられます。 掲載ページ 材料 玉ねぎ、バター、酒、醤油 コメント 玉ねぎを丸ごとではなく、四等分に切って作る玉ねぎのレンジ蒸し。 レンジで酒蒸しをするタイプのレシピです。 掲載ページ 材料 玉ねぎ、かつおぶし、オリーブ油、醤油 コメント 居酒屋メニューとしても人気が高く、お酒を飲むときにもピッタリのレシピです。 玉ねぎの辛みを上手くとれるかがポイントですね。 掲載ページ 材料 玉ねぎ、とんかつソース、油 コメント とんかつソースがあれば5分で作れるお手軽レシピ。 とんかつソースと玉ねぎの甘さが美味しかった。 掲載ページ 材料 玉ねぎ、バター、水、コンソメ 固形 、ローリエ、しお、こしょう、粉チーズ、パセリのみじん切り コメント 作り方は簡単ですが、煮込みに2時間かかります。 掲載ページ 材料 玉ねぎ、サラダ油、パン粉、バター、中濃ソース コメント 丸ごとオーブンに入れるだけ!じっくり焼いたトロリとした甘い玉ねぎと香ばしいパン粉がブルドック中濃ソースにぴったり! 掲載ページ 材料 新玉ねぎ、削り節、ポン酢しょうゆ、バター コメント 削り節をはさんで焼くだけのシンプルなおいしさは、新玉ねぎだからこそ。 独特の甘みを存分に味わって。 掲載ページ 材料 新玉ねぎ、バター、しょうゆ コメント 繊維を断つように切ると、やわらかくトロッと仕上がります 掲載ページ 材料 新玉ねぎ、ポン酢じょうゆ、削りがつお コメント ポン酢じょうゆでさっぱりといただく 掲載ページ 材料 新玉ねぎ、バター、しょうゆ コメント 繊維を断つように切ると、やわらかくトロッと仕上がります 掲載ページ 材料 たまねぎ、オリーブ油、塩 コメント 玉ねぎをみじん切りにして炒めるタイプのレシピです。 火加減と焼き時間がポイントですが、玉ねぎ本来の甘みが美味しかったです。 ハンバーグなど、ほかの料理にも使え、日持ちもするので一度にたくさん作っておくのもよいレシピです。 掲載ページ 材料 玉ねぎ、砂糖、酒、しょうゆ、サラダ油 コメント 残った玉ねぎを食べきる! 掲載ページ.

次の

【ホットクック】玉ねぎだけの無水スープが本当に神スープだった

玉ねぎだけ

「玉ねぎを丸ごと圧力にかけて、コンソメで味付けすればトロトロスープの出来上がり。 簡単でした!」(30歳/コンピュータ関連以外の技術職) 「コンソメで玉ねぎもりだくさんのスープ。 残り物の野菜も細かく切って一緒に入れるだけ」(32歳/主婦) 「オニオンスープ。 玉ねぎに十字に切り込み入れてブイヨンで煮るだけ、子どもも大好き」(37歳/金融関係) 「玉ねぎとトマトとベーコンとコンソメをたくさん入れて作ったミネストローネスープ」(48歳/主婦) 「ポトフ。 ウインナーやジャガイモも入れて子どもが喜ぶように。 大量に作って、余ったら肉じゃが、カレーなどにできる」(29歳/主婦) 「玉ねぎのポタージュ。 健康のために牛乳ではなく豆乳を使って、バターで炒めた玉ねぎと一緒にミキサーにかける。 甘みが出てとても美味しい」(29歳/営業・販売) 「玉ねぎをスライスして、豚バラ肉と一緒にダシと味噌の入った鍋に入れて煮込む。 簡単だし、これからの季節には体が温まって評判が良い」(47歳/主婦) 「オニオングラタンスープ。 玉ねぎ炒めてコンソメスープで煮込む。 バケットとチーズを掛けてオーブン焼き。 玉ねぎをコンソメ等で煮込むだけで簡単に作れて、玉ねぎ以外の余り物の消費にもってこい。 からだの芯から温まり家族みんなが喜ぶ玉ねぎスープは、冬のヘビロテレシピですよね。 また、みそ汁に入れると甘くておいしいという意見もたくさんありました。 「オニオンスライス。 水に浸して辛味がなくなったら子どもでも食べれた」(43歳/総務・人事・事務) 「オニオンサラダ。 スライサーで薄くして、塩水につけて少し時間をおく。 色々な野菜と合わせてもいいし、ゆがいたせせりとポン酢でも美味しい」(32歳/主婦) 「オニオンスライスサラダ。 オニオンスライスとハムをのせ、レモンペッパーと塩胡椒をして、レモン汁をかけて出来上がり。 簡単だけどおいしい」(45歳/その他) 「スライスたまねぎとツナのサラダ。 マヨネーズ、ポン酢を入れて混ぜるだけ」(43歳/主婦) 「スライストマトの上に玉ねぎのみじん切りをたっぷり乗せたサラダ」(30歳/総務・人事・事務) シンプルにサラダにするという声も多数。 水に浸すか、あるいは空気に晒しておくだけでも、辛味がとれて食べやすくなるといわれています。 お好みの具材や調味料と合わせて、シャキシャキ食感を味わいましょう! 「玉ねぎにチーズをのせてレンチン」(32歳/主婦) 「玉ねぎにバターとしょう油をたらして、レンジでチン! 甘くてとっても美味しいですよ~!」(33歳/主婦) 「玉ねぎをくし切りにしてコンソメとバターと塩胡椒をしてレンジで5分。 簡単に副菜ができる」(23歳/主婦) 「玉ねぎ丸ごとをレンチン。 フニャフニャになるまでして、ゆず味噌をかけると美味しいです」(37歳/主婦) 「できれば新玉ねぎがいいが、丸ごとレンジで5分あたため、できあがりにポン酢をかけると美味しい」(29歳/主婦) 「玉ねぎをくり貫いて、挽き肉を詰めてチンした料理」(29歳/主婦) これぞ主婦の知恵! レンジで温めるだけで副菜のできあがりです。 合わせる調味料として上記以外に、バター醤油や鰹節、和風ドレッシングなどの意見もありました。 「餃子やハンバーグなどのひき肉料理。 80%玉ねぎでも文句が出ません」(40歳/主婦) 「玉ねぎのメンチカツ。 ミンチよりも玉ねぎの方が多く喜んでくれた」(27歳/営業・販売) 「カレー。 みじん切りにして炒めたら甘くなり、評判がよかった」(37歳/主婦) 「カレー。 水を使わずに玉ねぎの水分でつくった」 34歳/主婦) 「玉ねぎたっぷりのハヤシライス。 甘味が出て子どもが喜んで食べていた」(44歳/主婦) 「八王子ラーメン! 玉ねぎをみじん切りにして醤油ラーメンにオンする」(27歳/その他) 「豚のしょうが焼き。 玉ねぎを大量に使って、野菜の甘みで砂糖の量を減らす」(26歳/主婦) 「すき焼きに輪切りした玉ねぎを入れると、いつもは玉ねぎを食べない子ども達も、おかわりを沢山する」(38歳/主婦) 「みじん切りにして、玉ねぎだけのシューマイを作った」(32歳/公務員) ハンバーグやカレーなどの定番メニューに、いつもより大量の玉ねぎを入れて消費するという案も。 玉ねぎの量を増やすことで、独特の甘みが出るようですね。 玉ねぎが余っていないときでもぜひ試したい! 「玉ねぎドレッシング。 みじん切りして玉ねぎ、黒酢、砂糖、みりんを合わせたものに軽く火を通して冷ます。 野菜や肉と相性が良く、また食感もいいので大量消費に持ってこいでした」(23歳/主婦) 「玉ねぎのドレッシング。 市販のものより美味しくて添加物もなく安心で美味しい」(35歳/主婦) 「玉ねぎドレッシングを作る。 夏場はそうめんのつゆに入れると美味しい」(26歳/営業・販売) 「タルタルソース。 いつもは手作りしないけど、玉ねぎがたくさんあったので手作りした」(29歳/主婦) 「みじん切りにして、ミートソース。 パスタにしてもグラタンにしても美味しいと喜ばれた」(34歳/主婦) 玉ねぎドレッシングは、サラダにかけてもよし、肉料理にかけてもよしの万能調味料。 作り置きしておけば、食卓の料理のグレードを上げるのに一役かってくれることまちがいなし! 「玉ねぎの輪っかの中に目玉焼き! 見た目も可愛くなります」(26歳/その他) 「豚でリング(トンデリング)。 玉ねぎを横に切って真ん中抜いて豚肉を巻いて甘辛く焼く。 玉ねぎも甘くなって美味しい」(27歳/主婦) 「たまねぎを炒めて、パンに乗せて、マヨネーズをかけてオニオンパンにする」(42歳/主婦) 「小麦粉を水で溶いた衣に玉ねぎとコーンを入れて油で揚げる」(33歳/主婦) 「スライスした玉ねぎと桜エビのかき揚げ。 玉ねぎが甘くて子どもも食べやすいみたいです」(33歳/主婦) 「玉ねぎスライスとシーチキンの揚げ餃子! 玉ねぎスライス(みじん切りよりもスライスがおすすめ)とシーチキンを同量くらい、塩コショウマヨネーズで味付けして、餃子の皮で包み、あげ焼きにする。 普通の食事にも、お酒のつまみにも、お弁当にも合います!」(36歳/主婦) 「魚介マリネ。 薄くスライスした玉ねぎ、千切りにしたにんじんをマリネ液につける。 そこへ小麦粉をまぶして揚げ焼きしたタラや鮭などを投入。 玉ねぎ何個あってもいけます。 一晩寝かせたほうが私は好きです」(37歳/主婦) 玉ねぎ1つでこんなに料理のバリエーションが広がるとは……。 玉ねぎって本当に優秀な食材ですよね。 玉ねぎは安く比較的日持ちもするので、キッチンに常備しておきたい食品のひとつ。 みなさんのアイデアをご参考に、もっともっと活用してみては?.

次の