遊戯王ぶろぐあんてな。 遊戯王あんてな

召喚獣の優勝デッキレシピ・対策・環境入りしている理由【遊戯王】

遊戯王ぶろぐあんてな

このカードは特殊召喚できない。 このカードを通常召喚する場合、自分フィールドのモンスター3体をリリースして自分フィールドに召喚、または相手フィールドのモンスター3体をリリースして相手フィールドに召喚しなければならず、召喚したこのカードのコントロールは次のターンのエンドフェイズに元々の持ち主に戻る。 1 :このカードは攻撃できず、相手の攻撃・効果の対象にならない。 2 :このカードをリリースして発動できる。 手札・デッキから「ラーの翼神竜」1体を、召喚条件を無視し、攻撃力・守備力を4000にして特殊召喚する。 環境では相手モンスターを3体リリースする 「ラヴァゴ」「壊獣」的な使い方をされてサイドデッキにてよく見かけるカード。 攻撃できず攻撃・効果対象にならない「静」のモード。 リリースすると手札・デッキから 《ラーの翼神竜》を召喚条件を無視して特殊召喚。 攻守も4000にしてくれてバッチリケアされています。 パッと見やはり「ラー」デッキでは必要そうに思えます…再録漏れでの高騰が怖ろしいですね…どこまで行くのだろうか…既に持っている方は安堵ですねぇ。 一応レアコレ2で1度再録されております。 1 :このカードが墓地に存在し、「ラーの翼神竜」がフィールドから自分の墓地へ送られた場合に発動する。 このカードを特殊召喚する。 この効果の発動に対して効果は発動できない。 2 :このカードは他のカードの効果を受けない。 3 :1000LPを払って発動できる。 フィールドのモンスター1体を選んで墓地へ送る。 4 :エンドフェイズに発動する。 このカードを墓地へ送り、自分の手札・デッキ・墓地から「ラーの翼神竜-球体形」1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。 《ラーの翼神竜》が墓地へ送られると特殊召喚できるモンスター。 エンドフェイズに墓地へ送られ 《ラーの翼神竜-球体形》を 手札・デッキ・墓地から特殊召喚。 蘇生ではエンドフェイズに墓地へ送られる「神のカード」を再現されておりますな。 《ゴッド・ブレイズ・キャノン》「ラー」の必殺技カード!発動と効果を無効にされず耐性・パンプ・相手フィールド全墓地送りと強烈ですが、チェーンができない訳では無いのでチェーンされて「ラーの翼神竜」が除去されてしまう事もあり得るので注意です。 《神縛りの塚》辺りを置いておきたいですな… 《ガーディアン・スライム》《神・スライム》《リアクター・スライム》各種スライムがあらわれた! アドバンス召喚を助けてくれるモンスター達。 「ガーディアン」を「神スラ」に変換すると「ラーの翼神竜」が記されたカードをサーチし、3体分のリリースにできる「神スラ」を用意できる驚異のシナジー。 《太陽神合一》 永続罠 このカード名の 1 2 の効果は同一チェーン上では発動できず、自分フィールドに元々のカード名が「ラーの翼神竜」となるモンスターが存在する場合、このカードはセットしたターンでも発動できる。 1 :自分・相手のメインフェイズに、100LPになるようにLPを払って発動できる。 自分フィールドの特殊召喚された「ラーの翼神竜」1体を選び、その攻撃力・守備力を払った数値分アップする。 2 :1ターンに1度、自分フィールドの「ラーの翼神竜」1体をリリースして発動できる。 その攻撃力分だけ自分のLPを回復する。 攻守をアップさせる「ラー」をアドバンス召喚した時の効果。 《死者蘇生》等で特殊召喚した際に有用になる効果ですねぇ。 そして「ラー」をリリースすると攻撃力分ライフをキャッシュバックしてくれます。 リリースした「ラー」には 「不死鳥」になって貰いたいところですなぁ。 ざっくりと説明してきましたが、この「ラーの翼神竜」デッキ凄く面白そうですね!明日から大量のマリク・イシュタールが発生しそうですわ!(私は姉さまが好み).

次の

【遊戯王最新情報】まいログ|TCG最新トレンド,速報ブログ。

遊戯王ぶろぐあんてな

召喚獣デッキの優勝デッキレシピ 大会結果 優勝は🏆 召喚獣を使ったシノンさんでした。 おめでとうございます。 ドラグーン… 参加された皆様お疲れ様でした。 またのご参加お待ちしており。 手札誘発を大量に採用できる 手札誘発カードを大量に採用できるので相手の展開を止めることが可能です。 発動後に墓地に送られた手札誘発モンスターを「召喚獣」の素材として利用することも可能です。 様々なテーマと組み合わせ可能 召喚獣は《召喚師アレイスター》1枚を基軸としたデッキなので様々なデッキと組み合わせることが可能です。 《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》をエースにおいた「ドラグーン召喚獣」、《召喚獣メルカバー》を軸にする場合に「トリックスター」と組み合わせるなど幅広い応用が可能です 召喚獣デッキのキーカード 召喚獣デッキのキーカードを紹介します。 「召喚獣」融合モンスターを融合召喚する場合、自分フィールド及び自分・相手の墓地のモンスターを除外して融合素材とする事もできる。 墓地のこのカードをデッキに戻し、対象のモンスターを手札に加える。 召喚獣を融合できる魔法カードです。 《召喚師アレイスター》がフィールドにいればそのまま相手の墓地を素材にできます。 手札を1枚選んで捨て、デッキから「召喚魔術」または「法の聖典」1枚を手札に加える。 デッキから「魔法名-「大いなる獣」」1枚を手札に加える。 召喚師アレイスターとして扱う効果を持っているので、《召喚師アレイスター》を引き込めなくても召喚魔術を発動する条件を揃えることができます。 また、《召喚魔術》《法の聖典》をサーチする効果を持っているので展開を続けることができます。 そのモンスター及びそのモンスターと同じ属性を持つ相手フィールドのモンスターを全て除外する。 この効果は相手ターンでも発動できる。 切り札的なカードです。 一発でフィールドをひっくり返すことができます。 自分・相手フィールドの表側表示モンスターを全てリリースし、このカードを手札から特殊召喚する。 その後、相手フィールドに「原始生命態トークン」(岩石族・光・星11・攻/守?)1体を特殊召喚する。 このトークンの攻撃力・守備力は、この効果でリリースしたモンスターの元々の攻撃力・守備力をそれぞれ合計した数値になる。 この効果は相手ターンでも発動できる。 相手が5体以上のモンスターの召喚・特殊召喚に成功したターンのメインフェイズに発動できて、相手と自分の全てのモンスターをリリースして特殊召喚し、その後相手フィールドにリリースした全てのモンスターの攻撃力・守備力を合計したトークンを特殊召喚できます。 相手が展開をしてきた場合に好きなタイミングでそのモンスターを除去できるようになります。 このカードを手札から特殊召喚する。 その後、自分は相手フィールドのリンクモンスターの数+1枚をデッキからドローし、 相手フィールドのリンクモンスターの数だけ自分の手札を選んでデッキに戻す。 その発動を無効にし破壊する。 相手のリンク召喚時に特殊召喚しドローする効果、自分フィールド上のモンスターが効果の対象になった時に手札コスト1枚で無効にする効果を持っています。 自分・相手フィールドの表側表示モンスターを全てリリースし、このカードを手札から特殊召喚する。 その後、相手フィールドに「原始生命態トークン」(岩石族・光・星11・攻/守?)1体を特殊召喚する。 このトークンの攻撃力・守備力は、この効果でリリースしたモンスターの元々の攻撃力・守備力をそれぞれ合計した数値になる。 この効果は相手ターンでも発動できる。 相手が5体以上のモンスターの召喚・特殊召喚に成功したターンのメインフェイズに発動できて、相手と自分の全てのモンスターをリリースして特殊召喚し、その後相手フィールドにリリースした全てのモンスターの攻撃力・守備力を合計したトークンを特殊召喚できます。 相手が展開をしてきた場合に好きなタイミングでそのモンスターを除去できるようになります。 【サンダー・ドラゴン】の融合モンスターです。 相手のサーチを止めるという超強力な効果を持っています。 サーチを止められると動けなくなるので完全に止めることができます。 冥王結界波.

次の

人気になりそうな「ラーの翼神竜」デッキ 「球体形」「不死鳥」再録ならず…

遊戯王ぶろぐあんてな

枠が空いたりした時に頼りになる汎用妨害・除去カード達。 ・《エフェクト・ヴェーラー》 言うことナシの手札誘発、発動は相手メインフェイズ、フィールド限定など制約がありますがやはり安くて強い!ついでにレベル1チューナー良カードの鑑。 ・《幽鬼うさぎ》 ボードアドバンテージを取りたい場合に採用候補になるカード、度重なる再録でお値段もお手頃。 永続魔法や永続罠に対してかなり強く出る事ができます。 ・《屋敷わらし》 対墓地カード。 《墓穴の指名者》が優先されがちなので影は薄いですが「墓穴」不足の際に考える1枚。 ・《神の通告》 最近のテーマのモンスターはチェーンに乗る特殊召喚も多いのでモンスター効果を無効にできる「通告」は中々良さそうです。 ライフコストも丁度良いですねぇ。 効果破壊耐性相手が辛い所、水際作戦として発動していきましょう。 ・《神の警告》 モンスターによる盤面作りがメインの現在では対召喚・特殊召喚に特化した「警告」は結構頼りになると思います。 ・《海亀壊獣ガメシエル》 水際作戦ではなく着地後に処理する場合の鉄板。 特殊召喚封じ等をしていないと避けれるモンスターはかなり限られてきます。 ・《ダイナレスラー・パンクラトプス》 フリーチェーンでのカード破壊と緩い特殊召喚条件の頼れるカード。 戦闘力も高いので《エルシャドール・ミドラーシュ》も突破できちゃうイケメン。 環境でもサイドの常連。 フリーだとメインに入れてもいいレベルだと思われます。 ・《魔女の一滴》 コストこそ必要ですが決まった時の効果はピカイチ。 コストのカード種類でチェーン不可と対象を取らない効果無効・打点半分は頼りになります。 ・《三戦の才》 ちとお値段がしますが手札誘発の使用を躊躇うカード。 決まれば禁止カード効果3モードで非常に強烈。

次の