柴犬 モグワン カナガン。 これみてまだ買う?モグワンのステマや悪評から分かる評判を大暴露!

ドッグフード「モグワン」について生後2ヶ月から飼っているトイプードルがい...

柴犬 モグワン カナガン

その証拠に、モグワンのほうがカナガンよりも「オメガ3脂肪酸」の割合も高くなっています。 フード名 オメガ6・3 6:3 カナガン 2. 一方のモグワンは「非公表」です。 メーカーさんに問い合わせたところ、 実はモグワンのほうが多いんだそうです! グルコサミン・コンドロイチンの数値については、レシピにも関わることなのでお答えできませんが、カナガンよりも多い含有量になります。 また、カナガンと同様、「メチルサルフォニルメタン(MSM)」が配合されているので、関節が気になるワンちゃんにもおすすめです。 モグワンはレシピが企業秘密なので、関節サポート成分の数値も非公表ということでした。 ともあれ、モグワンのほうが関節サポート成分が多いということが分かったので、• 足腰の弱くなったシニア犬• 活発に動き回る小型犬 にはのほうが合っていますね! ちなみに、関節サポート成分のそれぞれの働きは以下の通りです。 関節サポート成分の働き• グルコサミン:軟骨の原料。 軟骨を再生したり、修復したりする。 コンドロイチン:グルコサミンと一緒に摂取することで、軟骨のクッション性や柔軟性を保つ。 MSM:骨や皮膚、コラーゲンの生成を補助。 関節痛を和らげる働きも。 これらの関節サポート成分は、わざわざサプリメントで補ってあげる飼い主さんも多いほど、ワンコには大切な成分です。 なら毎日の食事からたっぷり摂れるので、 サプリを与える手間も省けるし、おまけに経済的ですね! カナガンとモグワン、食いつきが良いのはどっち? カナガンとモグワンはどちらも「食いつきが良い」と評判のドッグフードです。 Amazonのレビューも好評なので、食いつきの心配はしなくてもいいかな?と思います。 食いつきはワンコの好みもあるので、「こっちのほうが良い」と断言できませんが… 強いて言うならモグワンのほうが良いかな?と。 何を隠そう、 カナガンのスタッフが「カナガンを超える食いつきを!」というコンセプトで開発したのがモグワンです。 メーカー的にも食いつきの良さをイチオシしているのはということになります。 【感想】カナガンとモグワンの匂い 私はカナガンとモグワンどちらも試したことがあるのですが、 匂いは全然違います(あくまで私の鼻による主観ですが!)• カナガン: 肉々しさの中にハーブの香り• モグワン: フルーツっぽい酸味ある香り うまく表現できないのですが、イメージはこんな感じ。 匂いを色で例えると「カナガンは緑色」「モグワンは黄色」かな? どちらもドッグフード特有の臭さはないし、すずめはどちらもガツガツ食べました。 匂いに関しては飼い主さんの好みの問題だと思います。 カナガンとモグワン、価格が安いのはどっち? 項目 通常価格 3,960円 3,960円 内容量 2. 0kg 1. 体重3kgの小型犬なら、は1日たったの136円。 モグワンとの差は1日16円にもなります! 定期コースの詳細• ドッグフードがなくなる頃に、自宅に商品が届く• いつでも休止・再開OK• お届け周期・個数なども自由• 1万円以上で送料・代引き手数料が無料 カナガンとモグワンどちらも定期コースの内容はほとんど同じです(販売会社が同じですからね) カナガンとモグワンは価格の面でも「リピートしてこそ本領が発揮される」ので、定期コースを利用しない理由はありませんよ! カナガンとモグワン、涙やけにおすすめなのはどっち? カナガンとモグワンはどちらも涙やけ改善の効果に期待できます。 涙やけの原因になる「消化の悪いタンパク質」や「添加物」は使われていないため、 これまで市販の激安ドッグフードを食べてきたワンコなら、フードを変えるだけで改善するはずです。 さて、カナガンとモグワンのどちらがより涙やけに適しているのか。 モグワンがシニア犬に向いている理由• 関節サポート成分が豊富• 低脂質• ヘルシーな原材料 モグワンはカナガンよりも関節サポート成分が豊富で、低脂質でヘルシーな原材料です。 シニア犬になるとどうしても足腰が弱り、運動量も落ちて太りやすくなるもの。 カナガンとモグワンはいずれも子犬に対応していますが、 より子犬向きなのはカナガンです。 カナガンのパンチのある原材料は、エネルギーや栄養素をたくさん必要とする子犬にピッタリです! その証拠に、 カナガンは生後2か月の子犬から対応しています。 離乳食としても使えちゃう! パピーの段階からカナガンのような高品質なドッグフードを与えていれば、今後のアレルギーや栄養不足の心配もありませんね! 【犬種別】カナガンとモグワン、どっちがおすすめ? ここからは、犬種別にカナガンとモグワンのどっちがおすすめなのかを紹介します! 今回紹介する犬種は、 柴犬・トイプードル・ポメラニアンの3つの犬種です。 ぜひ該当する犬種の項目をご覧ください! 柴犬にはどっちがおすすめ? 柴犬にはモグワンのほうが合っています。 理由は、 モグワンのほうが低脂質でオメガ3脂肪酸も豊富だから! 柴犬のよくある悩みとして• 太りやすい・肥満気味• 毛並みが悪い・毛艶がない といったものが挙げられますが、ならこうした悩みもケアできます! モグワンの「サーモン」には毛並みや毛艶に良い「オメガ3脂肪酸」がたっぷり含まれているので、見た目が気になる柴犬にはおすすめですよ! そういうこと!カナガンが日本でも好評だったから、そのカナガンを超えるドッグフードを作ろう。 ということで、モグワンを開発したんだねー まとめ というわけで、今回は以上となります。 カナガンとモグワンはいずれも グレインフリーの高品質なドッグフードです。 正直、どちらを選んでも間違いありません! とはいえ、今回紹介したようにカナガンとモグワンはコンセプトも原材料も異なります。 よりワンコに合ったほうを選んであげてくださいね! 項目 カナガン モグワン 原材料 肉&ハーブ類 野菜&フルーツ アレルギー性 低い 激低 関節サポート成分 多い 激多 食いつき 良い さらに良い 匂い ハーブの香り フルーツの酸味 100gあたり 198円 220円 コスパ 良い 普通 最安値 モグワンドッグフードを30項目で評価しています。 購入前に知っておきたいデメリットや悪い口コミを10個、他のドッグフードとの違いが分かる良い口コミを20個、それぞれ紹介しているので、ぜひ購入前の参考にしてください! カナガンとモグワンのよくある質問 カナガンとモグワンを混ぜるのはアリ? 原材料も給与量も似ているため、混ぜてもOKです。 ただし、いかんせん中身が似ているだけに、混ぜるメリットもあまりないかなと思います…。 カナガンやモグワンの100円モニターっていつ募集してるの? それぞれの在庫状況によって、不定期で開催されています。 当サイトでも100円モニターや初回半額キャンペーンが始まった時には、随時お知らせしています。 カナガンとモグワンはステマなの? ステマサイトやブログもたくさんありますよ…。 犬を一度も飼ったことのない人が、キックバックの報酬目当てに紹介していたり…。 ちなみに私はペットフード業界に9年います。 カナガンやモグワンも実際に購入しているのでご安心ください!.

次の

モグワン だめ!悪評が大炎上!コレはチェックしないと最悪の事態!

柴犬 モグワン カナガン

また、肉食動物の犬にとってのタンパク質は、とても重要な栄養素で、穀物類は犬にとって消化しづらく、体調不良の原因になります。 穀物成分がふくまれないグレインフリーなのか、そしてタンパク質の原材料がフードの質を左右しているといっても良いですが、その点、モグワンもカナガンも穀物不使用、良質なタンパク質を50%以上配合をしているので、愛犬に食べさせる際にも不安がありません。 ではモグワンとカナガンの違いはどこにあるのでしょうか。 モグワンでは、イギリス産平飼いチキンと、スコットランド産のサーモンが原材料になっています。 カナガンでもイギリス産平飼いチキンを使用していますが、チキンのみでサーモンは入っていません。 もちろん、チキンは上質な低脂肪のタンパク源であり、ビタミンAや健康と免疫力の維持に役立つセレンが豊富に含まれていますので、フードの原料としては申し分ありません。 ですが、サーモンには、抗酸化作用を持つアスタキサンチンやDHA、EPAなど健康に役立つ成分が含まれます。 このように比較してみると、モグワンの方がより多くの栄養成分が入っていることがわかります。 実は、チキンばかりを食べ過ぎるとチキンアレルギーが引き起こされる可能性が出てくるのです。 モグワンでは、チキンが全体の33%、サーモンが全体の26%という具合にバランスよく配合されているので、カナガンと違いを比較すると、モグワンの方がアレルギー対策の面でより優れているおすすめドッグフードです。 人間同様、愛犬のカロリーの摂取量も気になります。 活発な若い犬とシニア犬では必要なカロリー量も違うはず。 カロリーの視点からも、モグワンとカナガンを比較してみましょう。 まず、原材料のうち、モグワンはチキンとサーモンで50%を超えます。 同じく、カナガンはチキンが50%以上。 タンパク質の量を比較すると、モグワンの方が数値は高いですが、脂質はモグワンが12%、カナガンが17%と脂質の面でモグワンの方が低く設定されているため、モグワンの方がしっかり動物性タンパク質を取りながら脂質を抑えることができるためヘルシーです。 エネルギーをたくさん必要とする場合はカナガンでも問題ないですが、体重が増えてしまう可能性がある場合は、モグワンの方がおすすめですね。 太り過ぎでしまうと足腰に負担がかり、怪我や関節周りが炎症してしまう原因になるので、可能な限り低炭水化物でヘルシーなフードを食べさせる必要があります。 モグワンもカナガンも、高品質で安全な原材料を使用しており、人工添加物も含まれないうえ、消化に悪い穀物は一切含まれていません。 比較するまでもなく、どちらもおすすめできるドッグフードです。 ですが、もし、愛犬のお腹が弱かったり、年齢とともに体力が落ちてきたなと感じたりした場合、どちらがより体に優しいのでしょうか。 さらに詳しく配合成分を比較してみましょう。 カナガンは穀物の代わりにサツマイモを配合しています。 サツマイモは食物繊維が多く、時間をかけてゆっくり吸収されてゆくため、体に負担がかかりません。 また、数種類の野菜と果物、ハーブ類のほか、フラクトオリゴ糖などお腹にやさしい成分も入っています。 いっぽう、モグワンでは、カナガン同様にサツマイモが含まれるだけでなく、• ココナッツオイル• ビール酵母• バナナ など、やはりお腹の働きをよくする原料が豊富に入っています。 中でもタンパク源の4割を占めるサーモンは消化しやすいタンパク源ですので、胃腸が弱りがちなシニア犬にもおすすめできます。 また、シニア犬や子犬にとって、タンパク質の過剰な摂取は腎臓に負担をかける恐れがあります。 そのため、原材料を比較してみても、主原料にチキンしか配合されていないカナガンよりも、モグワンの方が犬の体に優しいドッグフードであることがわかります。 もし鶏アレルギーが気になるようでしたら、モグワンの方が良いです。 2 カロリー摂取量の比較 カロリー摂取量の比較では、カナガンの方がやや高いことがわかります。 タンパク質、脂質の割合を見ても、カナガンの方が多くなりますから、肥満が心配な愛犬にはモグワンの方がおすすめです。 3 体への優しさ 体への優しさを比較すると、タンパク源のひとつにサーモンを採用しているモグワンのほうが、消化の面でもアレルギーの面でも、カナガンより体にかかる負担が少ないと言えます。 ドッグフードランキングBEST3 モグワン 総合評価 : S モグワンの評判 モグワンはチキン&サーモンベースの無添加ドライフードです。 犬の胃腸に優しい原材料のみを使用しているので消化がいいだけでなく、愛犬の健康維持に必要な栄養素をしっかりとることができるので、今、多くの愛犬家さんにも選ばれているおすすめドッグフードです。 食いつきがよくなるよう、フードのかたさが調整されているので、かみごたえがあり、よくかんで食べることで腹もちがよくなります。 腹もちがよくなることで、すくないエサの量でも犬がまんぷくになるので、ホネやジャーキーなどのおやつ、チャオちゅーるのような補助食品を食べさせる必要もなくなるのでおサイフにもやさしい作りになっています。 愛犬の年齢と体重に合わせた量のモグワンを食べさせるだけで健康維持できるので、まさに一石二鳥ですね。 今では、モグワン効果!?でパサパサ気味だったうちの犬の見た目にも艶が戻り、少し太り気味だった顔つきや首元、体つきなどもだいぶスッキリしたので、モグワンに切り替えて本当に良かったと感じています。 また、モグワンのパッケージにはジッパーがついているので、食べる分だけを小分けにする必要もないので、てまをかけずにフードの鮮度を保つことができるのも嬉しいポイントです。 当サイト管理人もメインフードをモグワンにしてから1年ほど経ちましすが、病気することもなく、今でもモグワンが大好きで毎日ガツガツ食べてくれているので、本当にうれしいかぎりです。 リピーターも多く愛犬家が選ぶNo. 1ドッグフードとして名高い「モグワン」は、 愛犬に 「ずっと元気でいて欲しい」 と願うすべての飼い主さんに、一度試してみていただきたいと思うプレミアムドッグフードです。

次の

ドッグフード「モグワン」について生後2ヶ月から飼っているトイプードルがい...

柴犬 モグワン カナガン

ドッグフード「モグワン」について 生後2ヶ月から飼っているトイプードルがいます。 最初は、ペットショップで食べていたのでおすすめされた「プロフェッショナルバランス」というドッグ フードを与えておりました。 ですが、ネットの口コミを見てよくないと知り「モグワン」か「カナガン」に変えようと思い、カロリーが低い「モグワン」にすることに決めました。 ちなみに3ヶ月で約2kg、4ヶ月で約3kgのデカプーです。 先日4ヶ月になったので(3ヶ月4週目頃から少しずつ)「モグワン」を食べさせたところ、はじめは太くて大きなうんちをしていたのですが、食べて3日ごろから出が悪くなり、出たとしても黒くてコロコロしたものになってしまいました。 これはあっていないということでしょうか? 量はきちんと適量あげております。 また、便がかなりにおいます。 プレミアムフードについてまだよくわからないのですが、このような状況のまま様子を見た方がいいのでしょうか? トイプードルのパピー期におすすめなフードがあれば合わせて教えてください。 宜しくお願い致します。 ウチの子は、モグワン、カナガン、ナチュラルドッグフード、同じ会社の物全部ダメでした。 出来れば、成犬になるまでは替えない方が良いかと思います。 4ヶ月なら、まだ骨も内臓も未熟ですので、出来るだけ幼犬用の食事にしてあげた方が、栄養が足りなくなります。 一歳から一歳半まで内臓がしっかりして来るので、ウンチが硬いという事は足りないんです。 臭うのもあっていないとおもいます。 ネットのクチコミはあまりあてにならないので、ワンちゃんに合った良いフード選びして下さいね。 絶対これ!は、残念ながら言えません。 ワンちゃんも体質と好みがあるので。

次の