脱出 ゲーム かぐや 姫。 本格的なリアル脱出ゲームを自宅にお届け! オンライン×アナログの新体験「リアル脱出ゲーム・デリバリー 青梅雨に届いた手紙」:時事ドットコム

かぐや様は告らせたいスペシャルイベント in 埼玉越谷 2020.10.25 開催!!

脱出 ゲーム かぐや 姫

以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年08月23日 07:00• 普通に頭使ったゾ• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年08月23日 07:21• ポジ頭めちゃ良いやんけw• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年08月23日 07:30• ちなCやけどネガシマに何の怨みが…• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年08月23日 07:39• ひみつきちだけ理解できんのだが・・・なんでいきなり文字を置き換えたん?• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年08月23日 08:01• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年08月23日 08:15• SCRAPの問題風で面白かった KONAMI• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年08月23日 09:25• ありがとう• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年08月23日 09:34• よく見たらほとんどおんなじやつが答えてたんやな• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年08月23日 10:37• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年08月23日 11:50• ネガシマってなんやねん ネガケロやろ• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年08月23日 12:07• とても面白かった 最初の2問ぐらいしか分からんかったが• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年08月23日 12:55• よ、よー分かるなあみんな。 リドルは苦手なんじゃ……。 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年08月23日 12:57• おもしろかった• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年08月23日 20:01• こういうのはもっと増えて欲しい• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年08月24日 00:40• おそらく出題者が別IDで答えてるんやろ せっかく問題作って絵まで書いてんのに、誰も分からん答えられへんじゃ披露出来なくてつまらんからな• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年08月24日 23:48• これ、答えがあった時、本当に嬉しかったな。 このすれ、確か3回目あったような。 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年09月04日 17:06• バカやからまったくわからんくて楽しめん.

次の

‎「脱出ゲーム かぐや姫 竹取物語からの脱出」をApp Storeで

脱出 ゲーム かぐや 姫

かぐや姫が地球に迷い込んだ・・・? 謎解きを解いたり、アイテムを使ってかぐや姫の世界から脱出しよう! 脱出したあとにもう1度ゲームを始めて七福神をすべて見つけよう! 君は全部見つけられるかな? 【特徴】 ・かわいいキャラクターが登場するので小さいお子様でも存分に楽しめます。 ・面倒な計算もなく、難易度はやさしめなので、脱出ゲームが苦手な人でも気軽にプレイできます。 ・進行状況に合わせたヒントが出てくるので行き詰まる心配なし! ・進行状況はもちろん、ゲーム内の仕掛けなども自動セーブされます! ・紙とペンは必要なし!画面右端から左にスワイプしてメモをとろう! 【あそびかた】 操作方法ももちろん簡単! ・タップで調べる ・画面下の矢印をタップで視点変更 ・アイテムのアイコンをダブルタップで拡大表示 ・アイテムをドラッグで使用 ・アイテムを表示したまま別のアイテムを選択してタップまたはドラッグすると合成 ・画面左上のMENUボタンからヒントが見れます。 【Jammsworks】 プログラマー:Asahi Hirata デザイナー:Naruma Saito 2人でアプリを制作しています。 ユーザーの皆様を楽しませられるよう日々試行錯誤を重ねています。 脱出ゲーム関連はほとんどと言っていいほどやり尽くしてしまったのですが、このシリーズが1番好きです。 そして今回、ボリューム満点で、ミニゲームもたくさんあって、デザインも素敵で言うことなしです!おぉ〜って言葉が出ちゃいました(笑)実は今までの作品は少し物足りなく感じていたので、このような難易度くらいが解いていて楽しかったです!ゲームクリア後のおまけゲームもおまけとは思えないクオリティで満足してます!これからの作品も期待しています!ミニゲームについての説明はあったほうがいいと仰ってる方もいますが、今までのようなゲーム機設定ではないので、世界観を壊さないためにも今回は説明が無くて良かったと思います。 将棋は解説サイトをググって2回目に見たサイトの解説を見てやっと分かった次第。 でも赤提灯ってタイトルが付くのは何で?? 前のイラスト屋満載のゲームの方が良かった。 謎解きが終わっても疲労感だけでスッキリ感はないし、第一パートが終わった〜と思ったらまたあるの?!って感じでもうさすがにないだろうと思ったらオマケver. も続くんか〜い 自動保存されてるので後からでも出来ますがおまけver. やる気力がないので今回初めて途中で消しました。 ・ボリュームアップしたと言えば聞こえはいいが、冗長すぎると感じた。 暇つぶしや休憩の合間のちょっとした楽しみなどという甘い考えではクリアは難しい。 このゲームのためだけに時間を割き、腰を据えてプレイしないといけない。 しかも、画面がスリープになると広告が挟まれるので、長考するたびに広告…しんどい。 ・人の気配が感じられない不思議な空気に満ちた、ハイセンスで美しい世界観が好きだったが、今回の作品にはその世界観を見出せない。 特に、目がチカチカするような色使いと、人間の顔を真正面から描いてある点で、今までと何か違うなあと違和感を覚える。 言い方が悪くて申し訳ないが、画面がゴチャゴチャと俗っぽくなった気がした。 製作陣または製作方針に変更があったのだろうか?と勘ぐるほどだ。 以前の作品の空気感に戻って欲しい。 一個人の勝手な見解です。

次の

かぐや: ドラの脱出ゲーム攻略

脱出 ゲーム かぐや 姫

「リアル脱出ゲーム・デリバリー 青梅雨に届いた手紙」は、ビデオ通話サービス「Zoom」とコミュニケーションアプリ「LINE」、そして各参加者の元に届く依頼人からの手紙(謎解きキット)を使用することで、自宅に居ながら濃厚な世界観に浸りつつ本格的な「リアル脱出ゲーム」をお楽しみいただくことが可能となった、新しい体験型ゲーム・イベントです。 ZoomやLINEを駆使しリアルタイムで仲間とやりとりするリモートワークさながらの参加環境や、実際に依頼人の少女とコミュニケーションを取り進行する繊細なストーリーで、自分が本物の在宅探偵、物語の一員となる気分を味わえます。 限りなくリアルさにこだわった濃密な物語が、日本全国どこからでもオンラインでご参加いただける本公演を、この機会にぜひお楽しみください。 あなたはその一員だ。 日々、人探しや浮気調査などの依頼を自宅から解決している。 ある日、1人の少女から依頼が舞い込んだ。 「亡くなった父が遺した、宝探しの謎を解き明かしてください。 宝が何か知りたいのです」 父が遺した宝の謎。 そのドラマチックな響きと真摯な文章にうたれ、あなたは依頼を引き受けた。 後日、少女からあなたの自宅に、謎の入った手紙が届く。 父はなぜ娘に謎を遺したのか。 宝とは一体何なのか。 そこには、ある願いが隠されていた。 参加者全員分のチケット料金を入金。 <代表者がやること> 1. 参加日時、支払い方法を選択 2. 参加者全員の謎解きキット配送先を入力する 3. 参加者全員分のチケット料金を入金 (2)公演の4~5日前までに 各参加者に謎解きキットが届く (3)公演の前日までに 代表者にメールでZoom URLや事前準備マニュアルが届く。 ゲーム中、ビデオ通話サービス「Zoom」と「LINE」を使用します。 ゲーム参加前に、あらかじめダウンロードをお願いします。 公演の性質上、PCの使用を推奨しております。 また、謎解きキットを事前に各参加者へ配送するゲームシステム上、日本国外からはご参加いただけません。 公演の7日前の23:59までにチケットをご購入ください。 その物語への没入感や、仲間と協力して困難を乗り越える達成感を自宅に居ながら楽しめる新しいエンターテインメントが「リアル脱出ゲーム・デリバリー」です。 実際に自宅へ届く謎解きキットを使用し、オンライン上で仲間と協力して謎を解くことで、日本全国どこにいても本格的な「リアル脱出ゲーム」をお楽しみいただけます。 遊園地やスタジアムを貸し切ってリアル脱出ゲームを作ったり、本やアプリ、TV番組にも謎をしかけ、企業の謎解きプロモーション企画をお手伝いしたりしているうちに、すっかり謎イベントの制作会社として世間に認知されてしまった京都出身のフリーペーパー制作会社(しかもフリーペーパーは絶賛休刊中)。 勢いに乗ってファンクラブ「少年探偵SCRAP団」も結成。 テレビ局・レコード会社などともコラボレーションを行い、常に新しいエンターテインメントを生み出し続けている。

次の