三井生命保険。 個人年金保険 : 生命保険 : 三井住友銀行

三井住友海上あいおい生命保険株式会社の戦略・強み・弱み・競合他社情報│企業研究記事

三井生命保険

本社() 市場情報 非上場 略称 大樹生命 本社所在地 〒135-8222 一丁目1番20号 (オフィスタワー) 本店所在地 〒100-8123 二丁目1番1号 設立 (3年) (高砂生命保険株式会社) 9838 代表者 社長執行役員 資本金 1,672億80百万円(2017年3月末) 発行済株式総数 1万株(2017年3月末) 純利益 301億07百万円 (2017年3月期) 純資産 4,775億34百万円 (2017年3月末) 総資産 7兆958億10百万円(2017年3月末) 従業員数 連結10,342人(2017年3月末) 主要株主 82. に社名変更するまでの名称は「 三井生命保険」。 歴史 [ ] 、 高砂生命保険株式会社として、東京・街の商店主たちを主な発起人として、日吉町12番地(現・東京都銀座8丁目)に創業。 11月、同社の大株主となったは、ほか6名の新役員を選んで経営権を掌握。 翌2月、を 三井生命保険株式会社と改めることを決議。 同年3月、そのを完了した。 戦後、となり、、 三井生命保険相互会社として営業を開始する。 の影響で、同年10月から1952年6月までは 中央生命保険相互会社の商号で営業していたが、その後、三井生命保険相互会社に戻る。 4月、相互会社から株式会社にし、 三井生命保険株式会社となる。 かつては、も持っており、トップリーグで活躍していたが、は1999年、も2002年に休部となった。 財閥系であったもののやと並ぶ業界中位の規模であり、期から保険料収入の減少と運用損失計上により業績は低迷を続けるようになり、2004年には財閥系生保では初となる相互会社から株式会社への転換を行った。 当初は生き残りかけて財閥の枠を超えたやの発足を起因とした、同じ融資系列にあるとの連携あるいは、やのようにを睨んだものとされていたが特に進展は無かった。 しかしながら2008年の発生による運用損失の拡大により財務基盤が脆弱化したため、三井住友銀行・住友生命保険・・ら・企業を引受先とする600億円のを実施し、三井住友銀行が筆頭株主となった。 なお、株式会社転換時の契約者には一定条件のもとで株式が割当てられている。 一方、投資運用を主業務とする子会社の三井生命グローバルアセットマネジメントは2002年に住友生命、三井住友海上、三井住友銀行の各子会社と統合してになった。 また、住友生命とは2009年に医療保険を主に扱うを共同出資で設立した。 2010年に本社を三井生命大手町ビルからと三井生命御茶ノ水ビルに、2013年にはオフィスタワーに移転した(ただし、本店は大手町野村ビルに留まる)。 8月、が買収に乗り出して交渉中であることが報道された。 同年9月11日に両社の経営統合が基本合意され 、日本生命保険は同年11月9日から12月21日までを行い、同年12月29日付で普通株式の92. その後優先株式の普通株式への転換により日本生命保険の議決権割合は96. 、三井グループの社長会であるを退会した。 三井系の77社が所属する月曜会には残り、引き続き三井グループには留まるものの、社名を使い続けることが難しくなったため、、商号を同社が扱っている保険ブランド「大樹」(たいじゅ)から 大樹生命保険株式会社(たいじゅせいめいほけん)に変更。 英文表記は「TAIJU LIFE INSURANCE COMPANY LIMITED」。 社名変更により、終戦後の一時期を除き約90年間名乗ってきた「三井」の名称に幕を下ろした。 三井グループ関連の保険会社 [ ]• 直販系損保である「」は、当社も出資しているがが設立母体であり、現在は(旧:三井住友海上ホールディングス)の子会社である。 1996年のの規制緩和時に当社が設立した生保系損保子会社である「三井ライフ損害保険株式会社」は、2003年に保険契約を三井住友海上火災保険へ移転し、清算となった。 逆に三井海上火災保険が設立した損保系生保子会社である「三井みらい生命保険株式会社」は、2001年に住友海上ゆうゆう生命保険と合併し三井住友海上きらめき生命保険となり、2011年にと合併しとなった。 関連会社 [ ]• 三生保険サービス株式会社 - 保険契約確認業務• 株式会社三生オンユー・インシュアランス・マネジメント - 保険代理業務• 三生キャピタル株式会社 - 業務• 三友サービス株式会社 - 物品販売業務• 株式会社 - ビル管理業務• エムエルアイ・システムズ株式会社 - システム開発・運行等のシステム関連業務• 三生収納サービス株式会社 - 収納代行業務• 日本企業年金サービス株式会社 - 企業年金の契約管理・システム開発にかかる業務 番組スポンサー [ ] 殆どが番組終了、および過去である。 また、正月の特番に提供する事がある。 『』(系) - 当番組の特番(映画のテレビ放送や1時間スペシャルなど)にてスポンサー。 『』(TBS系) - 2014年10月4日より番組スポンサー。 2016年9月24日放送をもって降板。 同年10月1日放送より親会社の日本生命が後任スポンサーを務める。 ただし、2017年3月末をもって降板。 『』(制作・系)- 同社とがスポンサー。 『』(テレビ朝日系) - からにかけて番組スポンサーだった。 『』(系) - 同社とがスポンサー。 『』(系)• 『』(TBS系)• 『』(日本テレビ系)• 『』(制作・TBS系)- 2014年4月5日から末期にかけて番組スポンサー。 CM出演者 [ ] 現在• ほか 脚注 [ ] []• 日本経済新聞. 2015年8月26日. 産経新聞. 2015年8月26日. 日本経済新聞. 2015年8月26日. 『』2016年4月2日号、43-44頁。 日本経済新聞 日本経済新聞社. 2019年4月1日. 2019年4月4日閲覧。 三井生命 2019年1月29日. 2019年11月3日閲覧。 日本経済新聞. 2018年11月21日. 産経新聞. 2018年11月29日. プレスリリース , 三井生命保険, 2018年11月29日 , 2019年1月2日閲覧。 参考文献 [ ]• 『』号 関連項目 [ ]• - 日本のテニス黎明期の名選手で、から三井生命へ転籍し、神戸支店長や本社取締役を務めた。 - 実写版映画では三井生命が協賛した。 - 2019年より冠スポンサー。 外部リンク [ ]•

次の

三井住友海上プライマリー生命、「やさしさ、つなぐ+介護」を販売開始

三井生命保険

本社() 市場情報 非上場 略称 大樹生命 本社所在地 〒135-8222 一丁目1番20号 (オフィスタワー) 本店所在地 〒100-8123 二丁目1番1号 設立 (3年) (高砂生命保険株式会社) 9838 代表者 社長執行役員 資本金 1,672億80百万円(2017年3月末) 発行済株式総数 1万株(2017年3月末) 純利益 301億07百万円 (2017年3月期) 純資産 4,775億34百万円 (2017年3月末) 総資産 7兆958億10百万円(2017年3月末) 従業員数 連結10,342人(2017年3月末) 主要株主 82. に社名変更するまでの名称は「 三井生命保険」。 歴史 [ ] 、 高砂生命保険株式会社として、東京・街の商店主たちを主な発起人として、日吉町12番地(現・東京都銀座8丁目)に創業。 11月、同社の大株主となったは、ほか6名の新役員を選んで経営権を掌握。 翌2月、を 三井生命保険株式会社と改めることを決議。 同年3月、そのを完了した。 戦後、となり、、 三井生命保険相互会社として営業を開始する。 の影響で、同年10月から1952年6月までは 中央生命保険相互会社の商号で営業していたが、その後、三井生命保険相互会社に戻る。 4月、相互会社から株式会社にし、 三井生命保険株式会社となる。 かつては、も持っており、トップリーグで活躍していたが、は1999年、も2002年に休部となった。 財閥系であったもののやと並ぶ業界中位の規模であり、期から保険料収入の減少と運用損失計上により業績は低迷を続けるようになり、2004年には財閥系生保では初となる相互会社から株式会社への転換を行った。 当初は生き残りかけて財閥の枠を超えたやの発足を起因とした、同じ融資系列にあるとの連携あるいは、やのようにを睨んだものとされていたが特に進展は無かった。 しかしながら2008年の発生による運用損失の拡大により財務基盤が脆弱化したため、三井住友銀行・住友生命保険・・ら・企業を引受先とする600億円のを実施し、三井住友銀行が筆頭株主となった。 なお、株式会社転換時の契約者には一定条件のもとで株式が割当てられている。 一方、投資運用を主業務とする子会社の三井生命グローバルアセットマネジメントは2002年に住友生命、三井住友海上、三井住友銀行の各子会社と統合してになった。 また、住友生命とは2009年に医療保険を主に扱うを共同出資で設立した。 2010年に本社を三井生命大手町ビルからと三井生命御茶ノ水ビルに、2013年にはオフィスタワーに移転した(ただし、本店は大手町野村ビルに留まる)。 8月、が買収に乗り出して交渉中であることが報道された。 同年9月11日に両社の経営統合が基本合意され 、日本生命保険は同年11月9日から12月21日までを行い、同年12月29日付で普通株式の92. その後優先株式の普通株式への転換により日本生命保険の議決権割合は96. 、三井グループの社長会であるを退会した。 三井系の77社が所属する月曜会には残り、引き続き三井グループには留まるものの、社名を使い続けることが難しくなったため、、商号を同社が扱っている保険ブランド「大樹」(たいじゅ)から 大樹生命保険株式会社(たいじゅせいめいほけん)に変更。 英文表記は「TAIJU LIFE INSURANCE COMPANY LIMITED」。 社名変更により、終戦後の一時期を除き約90年間名乗ってきた「三井」の名称に幕を下ろした。 三井グループ関連の保険会社 [ ]• 直販系損保である「」は、当社も出資しているがが設立母体であり、現在は(旧:三井住友海上ホールディングス)の子会社である。 1996年のの規制緩和時に当社が設立した生保系損保子会社である「三井ライフ損害保険株式会社」は、2003年に保険契約を三井住友海上火災保険へ移転し、清算となった。 逆に三井海上火災保険が設立した損保系生保子会社である「三井みらい生命保険株式会社」は、2001年に住友海上ゆうゆう生命保険と合併し三井住友海上きらめき生命保険となり、2011年にと合併しとなった。 関連会社 [ ]• 三生保険サービス株式会社 - 保険契約確認業務• 株式会社三生オンユー・インシュアランス・マネジメント - 保険代理業務• 三生キャピタル株式会社 - 業務• 三友サービス株式会社 - 物品販売業務• 株式会社 - ビル管理業務• エムエルアイ・システムズ株式会社 - システム開発・運行等のシステム関連業務• 三生収納サービス株式会社 - 収納代行業務• 日本企業年金サービス株式会社 - 企業年金の契約管理・システム開発にかかる業務 番組スポンサー [ ] 殆どが番組終了、および過去である。 また、正月の特番に提供する事がある。 『』(系) - 当番組の特番(映画のテレビ放送や1時間スペシャルなど)にてスポンサー。 『』(TBS系) - 2014年10月4日より番組スポンサー。 2016年9月24日放送をもって降板。 同年10月1日放送より親会社の日本生命が後任スポンサーを務める。 ただし、2017年3月末をもって降板。 『』(制作・系)- 同社とがスポンサー。 『』(テレビ朝日系) - からにかけて番組スポンサーだった。 『』(系) - 同社とがスポンサー。 『』(系)• 『』(TBS系)• 『』(日本テレビ系)• 『』(制作・TBS系)- 2014年4月5日から末期にかけて番組スポンサー。 CM出演者 [ ] 現在• ほか 脚注 [ ] []• 日本経済新聞. 2015年8月26日. 産経新聞. 2015年8月26日. 日本経済新聞. 2015年8月26日. 『』2016年4月2日号、43-44頁。 日本経済新聞 日本経済新聞社. 2019年4月1日. 2019年4月4日閲覧。 三井生命 2019年1月29日. 2019年11月3日閲覧。 日本経済新聞. 2018年11月21日. 産経新聞. 2018年11月29日. プレスリリース , 三井生命保険, 2018年11月29日 , 2019年1月2日閲覧。 参考文献 [ ]• 『』号 関連項目 [ ]• - 日本のテニス黎明期の名選手で、から三井生命へ転籍し、神戸支店長や本社取締役を務めた。 - 実写版映画では三井生命が協賛した。 - 2019年より冠スポンサー。 外部リンク [ ]•

次の

三井住友海上あいおい生命保険株式会社の戦略・強み・弱み・競合他社情報│企業研究記事

三井生命保険

本社() 市場情報 非上場 略称 大樹生命 本社所在地 〒135-8222 一丁目1番20号 (オフィスタワー) 本店所在地 〒100-8123 二丁目1番1号 設立 (3年) (高砂生命保険株式会社) 9838 代表者 社長執行役員 資本金 1,672億80百万円(2017年3月末) 発行済株式総数 1万株(2017年3月末) 純利益 301億07百万円 (2017年3月期) 純資産 4,775億34百万円 (2017年3月末) 総資産 7兆958億10百万円(2017年3月末) 従業員数 連結10,342人(2017年3月末) 主要株主 82. に社名変更するまでの名称は「 三井生命保険」。 歴史 [ ] 、 高砂生命保険株式会社として、東京・街の商店主たちを主な発起人として、日吉町12番地(現・東京都銀座8丁目)に創業。 11月、同社の大株主となったは、ほか6名の新役員を選んで経営権を掌握。 翌2月、を 三井生命保険株式会社と改めることを決議。 同年3月、そのを完了した。 戦後、となり、、 三井生命保険相互会社として営業を開始する。 の影響で、同年10月から1952年6月までは 中央生命保険相互会社の商号で営業していたが、その後、三井生命保険相互会社に戻る。 4月、相互会社から株式会社にし、 三井生命保険株式会社となる。 かつては、も持っており、トップリーグで活躍していたが、は1999年、も2002年に休部となった。 財閥系であったもののやと並ぶ業界中位の規模であり、期から保険料収入の減少と運用損失計上により業績は低迷を続けるようになり、2004年には財閥系生保では初となる相互会社から株式会社への転換を行った。 当初は生き残りかけて財閥の枠を超えたやの発足を起因とした、同じ融資系列にあるとの連携あるいは、やのようにを睨んだものとされていたが特に進展は無かった。 しかしながら2008年の発生による運用損失の拡大により財務基盤が脆弱化したため、三井住友銀行・住友生命保険・・ら・企業を引受先とする600億円のを実施し、三井住友銀行が筆頭株主となった。 なお、株式会社転換時の契約者には一定条件のもとで株式が割当てられている。 一方、投資運用を主業務とする子会社の三井生命グローバルアセットマネジメントは2002年に住友生命、三井住友海上、三井住友銀行の各子会社と統合してになった。 また、住友生命とは2009年に医療保険を主に扱うを共同出資で設立した。 2010年に本社を三井生命大手町ビルからと三井生命御茶ノ水ビルに、2013年にはオフィスタワーに移転した(ただし、本店は大手町野村ビルに留まる)。 8月、が買収に乗り出して交渉中であることが報道された。 同年9月11日に両社の経営統合が基本合意され 、日本生命保険は同年11月9日から12月21日までを行い、同年12月29日付で普通株式の92. その後優先株式の普通株式への転換により日本生命保険の議決権割合は96. 、三井グループの社長会であるを退会した。 三井系の77社が所属する月曜会には残り、引き続き三井グループには留まるものの、社名を使い続けることが難しくなったため、、商号を同社が扱っている保険ブランド「大樹」(たいじゅ)から 大樹生命保険株式会社(たいじゅせいめいほけん)に変更。 英文表記は「TAIJU LIFE INSURANCE COMPANY LIMITED」。 社名変更により、終戦後の一時期を除き約90年間名乗ってきた「三井」の名称に幕を下ろした。 三井グループ関連の保険会社 [ ]• 直販系損保である「」は、当社も出資しているがが設立母体であり、現在は(旧:三井住友海上ホールディングス)の子会社である。 1996年のの規制緩和時に当社が設立した生保系損保子会社である「三井ライフ損害保険株式会社」は、2003年に保険契約を三井住友海上火災保険へ移転し、清算となった。 逆に三井海上火災保険が設立した損保系生保子会社である「三井みらい生命保険株式会社」は、2001年に住友海上ゆうゆう生命保険と合併し三井住友海上きらめき生命保険となり、2011年にと合併しとなった。 関連会社 [ ]• 三生保険サービス株式会社 - 保険契約確認業務• 株式会社三生オンユー・インシュアランス・マネジメント - 保険代理業務• 三生キャピタル株式会社 - 業務• 三友サービス株式会社 - 物品販売業務• 株式会社 - ビル管理業務• エムエルアイ・システムズ株式会社 - システム開発・運行等のシステム関連業務• 三生収納サービス株式会社 - 収納代行業務• 日本企業年金サービス株式会社 - 企業年金の契約管理・システム開発にかかる業務 番組スポンサー [ ] 殆どが番組終了、および過去である。 また、正月の特番に提供する事がある。 『』(系) - 当番組の特番(映画のテレビ放送や1時間スペシャルなど)にてスポンサー。 『』(TBS系) - 2014年10月4日より番組スポンサー。 2016年9月24日放送をもって降板。 同年10月1日放送より親会社の日本生命が後任スポンサーを務める。 ただし、2017年3月末をもって降板。 『』(制作・系)- 同社とがスポンサー。 『』(テレビ朝日系) - からにかけて番組スポンサーだった。 『』(系) - 同社とがスポンサー。 『』(系)• 『』(TBS系)• 『』(日本テレビ系)• 『』(制作・TBS系)- 2014年4月5日から末期にかけて番組スポンサー。 CM出演者 [ ] 現在• ほか 脚注 [ ] []• 日本経済新聞. 2015年8月26日. 産経新聞. 2015年8月26日. 日本経済新聞. 2015年8月26日. 『』2016年4月2日号、43-44頁。 日本経済新聞 日本経済新聞社. 2019年4月1日. 2019年4月4日閲覧。 三井生命 2019年1月29日. 2019年11月3日閲覧。 日本経済新聞. 2018年11月21日. 産経新聞. 2018年11月29日. プレスリリース , 三井生命保険, 2018年11月29日 , 2019年1月2日閲覧。 参考文献 [ ]• 『』号 関連項目 [ ]• - 日本のテニス黎明期の名選手で、から三井生命へ転籍し、神戸支店長や本社取締役を務めた。 - 実写版映画では三井生命が協賛した。 - 2019年より冠スポンサー。 外部リンク [ ]•

次の