ミニロト配当。 ロトとは

ロトとは

ミニロト配当

抽せん番号 抽せん会では、本数字と呼ばれる数字とボーナス数字と呼ばれる数字が選ばれます。 ミニロトでは31個の数字から5個、ロト6では43個の数字から6個、ロト7では37個の数字から7個の数字が本数字として選ばれ、ミニロトとロト6では1個、ロト7では2個の数字がボーナス数字として選ばれます。 ロトの抽せんでは、数字が書かれた球と電動撹拌式遠心力型抽せん機(夢ロトくん)と呼ばれる機械が使用され、機械に入れた球を1個ずつ抽出する形で抽せん番号を決定します。 申込カードでの記入 数字選択式宝くじを扱っている宝くじ売り場にはミニロト、ロト6、ロト7の各申込カードが置いてあります。 申込カードは各くじ専用のマークシートになっており、ミニロト用では31個、ロト6用では43個、ロト7用では37個の数字が印刷されています。 ミニロトでは5個、ロト6では6個、ロト7では7個を塗りつぶして申し込みます。 クイックピックの記入欄 右側にある「クイックピック」という部分を塗りつぶすと、売り場にあるコンピューターが数字をランダムに選んでくれます。 自分で数字を選ぶ時は空欄のままにしておきます。 口数 用紙の一番右にある「各口数」は、一度に申し込む口数のことで、2口申し込む場合は、「2」を塗りつぶします。 1口だけの時は空欄にしておきます。 回数 回数の記入欄は、申し込みを継続する回数の指定箇所で、ミニロトとロト7は5回先まで、ロト6は10回先までの継続が可能です。 当せんのパターンと配当 ロトでは、抽せん数字との一致個数で当せんの有無、等級、配当額が決まります。 ミニロト 抽せん数字 1 2 3 4 5 ボーナス 6 の場合 1等当せん例 申し込み番号が以下の時に当せんとなる。 1 2 3 4 7 を含む125通りのいずれか。 1 2 3 7 8 を含む3,250通りのいずれか。 1 2 3 4 5 8 を含む216通りのいずれか。 1 2 3 4 8 9 を含む9,990通りのいずれか。 1 2 3 8 9 10 を含む155,400通りのいずれか。 1 2 3 4 5 6 8・1 2 3 4 5 6 9 を含む14通りのいずれか。 1 2 3 4 5 6 10 を含む196通りのいずれか。 1 2 3 4 5 10 11 を含む9,135通りのいずれか。 1 2 3 4 10 11 12 を含む142,100通りのいずれか。 1 2 3 8 10 11 12 を含む242,550通りのいずれか。 この場合、次回の1等配当額の上限は、ロト6で4億円、ロト7で10億円になります。 ロトに関する検索状況 以下のグラフは検索エンジン(Google)での検索状況です。 ロト6に関心のある人が多いようです。

次の

minilotoを当てる確率を大幅にアップする方法をご紹介

ミニロト配当

ロト7のルール ロト7は、1~37の数字の中から異なる7個の数字を選びます。 1等なら最高6億円(理論値)、キャリーオーバーがある場合、1等の当せん金は最高10億円です。 抽せんされた7個の「本数字」と2個の「ボーナス数字」が、自分が選んだ数字といくつ一致しているかで1等~6等までの当せんが決まります。 ロト6のルール ロト6は、1~43の数字の中から異なる6個の数字を選びます。 1等なら最高2億円(理論値)、キャリーオーバーがある場合、1等の当せん金は最高6億円です。 抽せんされた6個の「本数字」と1個の「ボーナス数字」が、自分が選んだ数字といくつ一致しているかで1等~5等までの当せんが決まります。 ミニロトのルール ミニロトは、1~31の数字の中から異なる5個の数字を選びます。 1等の当せん金は約1,000万円(理論値)です。 抽せんされた5個の「本数字」と1個の「ボーナス数字」が、自分が選んだ数字といくつ一致しているかで1等~4等までの当せんが決まります。 ロト7 「1~37」までの数字から異なる7個の数字を選ぶ ロト6 「1~43」までの数字から異なる6個の数字を選ぶ ミニロト 「1~31」までの数字から異なる5個の数字を選ぶ クイックピック:数字が決まらない時はこれを使おう!(コンピュータに数字を選ばせます。

次の

ミニロトの仕組みやルールとは?配当賞金や最高額、1口の値段や発売日は?

ミニロト配当

ミニロトの1等最高賞金額は、上限4,000万円です。 これまでの抽せん(第860回2016年2月23日時点)で、1等4,000万円がでたのは、わずか6回だけです。 その当せん数字を見てみると、ある共通点が浮かんできます。 それは、数字の「31」がよく出ているということ。 推測ですが、ミニロトは「01」~「31」、つまり日付として考えることができます。 そのため、誕生日などの日付で数字を選ぶことが必然的に増えてきます。 しかし「31」は年間で最も少ない 7カ月しかないため =誕生日として少ない傾向にあると考えられます。 そのため、なかなか選ばれない数字になっているのではないでしょうか。 逆に言えば、「31」を狙っていけば高配当になる可能性が高いといえます。 なお、「31」に次いで多いのは3回出現の「22」「23」です。 その他、連続数字を含んでいることも多いので、4,000万円当せんを狙うのであれば、「31」を軸数字にして、連続数字を含めた予想数字にすることをオススメします。

次の