健康診断 結果 会社。 定期健康診断結果の取り扱い方法と保存期間は?

健診の内容って会社に知られてしまいますか?

健康診断 結果 会社

会社で従業員として働きだすと、年に一度健康診断を受けます。 以前でしたら、その診断結果は自動的に会社に送られて、会社の管理部が目を通してという流れになっていましたが、近年は個人情報に厳しくなったので、会社を通さずに病院から直接従業員の元へ診断書が郵送されるというケースが増えてきました。 診断結果は個人情報ではないのか その際、従業員本人が診断結果に目を通した後、会社側が診断書を回収するようになります。 その時に、健康診断書は個人情報だから会社に提出したくないと考える人がいてもおかしくありません。 確かに個人情報を公開しない権利が従業員にはありそうですが、会社が行った健康診断の結果を会社が知りたいという思いも当然だと言えますよね。 会社と労働者との契約上、健康診断の開示は当然 一般的な個人情報の問題の場合とは違い、会社側と従業員の場合は「労働契約を結んだ関係」です。 会社側としては、従業員の健康は仕事上重要な問題なので結果を知っておきたいと思うのは当然です。 それは病気だからクビにするという問題ではなく、事前に知り、入院が必要になった際などに、素早く対応できるからです。 健康診断は一般的なプライバシーとは取り扱いが違う そもそも、会社が年に一回、健康診断を行うのは労働安全衛生法という法律で決まっています。 そしてその法律には会社への「健康診断の実施の義務」と「健康診断の結果を従業員に伝える義務」が記されています。 すなわち、「会社側が健康診断の結果を知ることを前提」とした法律であるとわかります。 法定項目以外の健康診断結果はプライバシー範囲内 ただし、労働安全衛生法で決まっている法定項目以外の健康診断である婦人科の健診などの結果はグレーゾーンで、会社がその診断を実施する義務がありません。 それは逆に言えば、従業員がその診断結果を知らせる必要がない検査と言えるでしょう。 健康診断の結果報告について事前に確認する 会社の健康診断を受ける前に考えを整理しておきましょう。 健康診断の法定項目の受診と結果報告は従業員として認めること、そして法定項目以外の特別検診を受けるかどうかは自分次第です。 受診をした場合は、会社に報告する必要が生じる可能性が高くなります。 そのため、会社の健康診断で特別検診を受けて結果も会社に報告するか、特別検診に関しては自分で個人的に検査するかを考えて、会社側にも事前にその旨を確認しておくといいでしょう。 会社に健康診断の結果を報告するのは当然!事前に認識しておこう 健康診断の結果は、もちろん個人情報なので大切なものです。 しかし、会社と従業員という契約を結んだ関係であり、そもそも会社側も法律に従って健康診断を実施していると考えれば、検査報告を会社に報告するのは仕方がないと言わざるを得ません。 ただし、特別検診など法律で決まっていないものに関しては自分の判断で診断を受けないのも可能ですので、ぜひ会社側に確認をとってみましょう。

次の

会社の健康診断の結果、いつ見れる?郵送される?

健康診断 結果 会社

会社の健康診断は義務 「労働安全衛生法」によって決められている健康診断 会社が定期的に健康診断を受けるよう指示するのは、余計なお世話ではありません。 「労働安全衛生法」という法律で、会社は従業員に対して医師による健康診断を実施しなければならないと決められています。 一般的な会社では、従業員には入社時の健康診断と、年一回の「定期健康診断」を受けさせなければならないと決められています。 なお、特定業務従事者といって、一定の有害な仕事環境で仕事に従事する人がいる会社にはさらに別のルールがあります。 健康診断の対象となる従業員 労働安全衛生法でいう健康診断の対象者は、「期間の定めなし」としている従業員で、いわゆる正社員と「労働時間が正社員の4分の3以上」になるパート社員やアルバイトです。 パート社員、アルバイトの場合、1年以上の契約をしていることが前提となります。 健康診断の料金負担と受診時間 従業員は受診料を負担しない 健康診断を従業員に受けさせることが会社の義務なので、 それにかかる料金は会社の負担となります。 従業員が負担する必要はありません。 もちろん、健康診断の検査項目は決められているのでその範囲内での会社負担となります。 しかし、健康診断の結果、再検査が必要となり二次検診を受ける場合の費用負担義務は会社にはありません。 再検査の通知までが会社の義務で、再検査は従業員の自己責任となります。 健康診断は勤務時間中に実施 会社に健康診断の実施義務があるのと同じ理由で、いつ実施するかということについては勤務中が基本です。 したがって、働いている時間に受診できるように、健康診断の受診日程がセットされます。 会社内で医師や健診設備をセットして実施する場合も、契約している医療機関に従業員が出向いて受診する場合も同様です。 自らの勤務時間中が基本なので、その間、会社側から給与の支払いはあるということになります。 健康診断に関する記事はこちらもおすすめです。 会社の健康診断は拒否できない 労働安全衛生法で、会社に従業員の健康診断を義務付けているのは、従業員が安全に働けるように配慮したものです。 費用も時間も会社負担で実施するのため、受診を拒むことは業務命令違反となり、拒否することはできません。 受診の日時・場所の調整は可能 会社が指定した日時や場所に対し、日程調整ができないために拒否したり無視したりすることはできません。 しかし、事情を申し入れることで代替日時や受診方法を相談することは可能です。 たとえば、健康診断の実施期間中や場所にやむを得ない事情が発生し、どうしても受診できない場合などは事前に会社に申し出て調整をすることをおススメします。 ただし、面倒だとか健康には自信があるなどといった理由での拒否は問題外です。 人間ドックを健康診断の代わりにしたい 自分の健康管理上、個人的に人間ドック等の受診実績(予定)がある場合、これは健康診断の代わりになるのかという疑問があります。 人間ドックを受けた(受ける)時期が合えば可能 人間ドックは会社の健康診断の受診項目をクリアしている場合がほとんどなので大丈夫です。 ただし、注意しなければならないのは人間ドックを受けた(受ける予定)時期です。 会社の健康診断は前述のように1年に1度と義務付けられているため、人間ドックを受けた時期、あるいは受ける予定の時期が会社の年度内かどうかがポイントです。 仮に、昨年受けた人間ドックの結果を、昨年も今年も健康診断の代わりに使うのは不可能です。 1年に1回の原則に反することになってしまいます。 「特定の人間ドック」の項目の注意 トータルの人間ドックの項目は健康診断をクリアできますが、 肺ドックや肝臓ドックといった特定の部位を中心に実施する人間ドックは検査項目が限定される場合が多いです。 したがって、会社の健康診断の項目をすべてクリアしているかどうかの確認が必要です。 人間ドックの費用負担は一部自己負担 健康診断は会社負担というものの、高額な人間ドックの受診料をすべて会社が負担してくれるかというとそれは無理があります。 会社ごとに運用が異なりますが、一般的には会社の健康診断にかかる項目分のみを会社負担とします。 残りは本人負担になるよう運営される場合が多いです。

次の

健康診断結果の会社提出の拒否

健康診断 結果 会社

主人の会社の健康診断の事でご相談があります。 2日後に健診がありまして、すこし焦っています。 どなたか教えていただけないでしょうか。 お願い致します。 社員の健診の結果や、特定の検査が受けられない理由などは、会社の上司に知られてしまう事ってあるのでしょうか。 実は、主人は数年前に胃がんを患いました。 すぐに手術して今は元気に働いています。 今年になって今の会社に転職しました。 転職の際、結果に響く事を恐れ病歴は無しにしました。 入社時の健診でも既往歴は無しにして、聴診の時、先生に「お腹の傷は何?」と聞かれましたが「昔の傷です。 」と嘘を言いました。 今回の健診では、バリウム検査があり、主人は毎年胃カメラで調べているので受けるつもりはありません。 その際、先生には胃がんの事を伝えてバリウム検査をパスしたいのですが、それって、会社に知られてしまいますか。 先日、会社の朝礼で上司が「昨日バリウム検査を受けなかった者がいる。 」と言いました。 (各自都合のつく日に受ける事になっていて、早い人はもう終えています。 )その時たまたま本人がいて、「私です。 」と名乗りました。 その場はそれで終わりました。 上司は、その人が検査を受けなかった理由を知っているかどうかはわかりません。 それと、病院に提出する書類に既往歴の蘭があります。 胃がんの事を書いたとして、会社に知られてしまうのではないかと心配しています。 もし、会社に病歴を偽って入社した事がわかれば、それを理由に解雇されるのではないかと考えてしまいます。 どなたか教えていただけませんでしょうか。 よろしくお願い致します。 ユーザーID: 4771069293 会社には従業員の健康状態を把握する義務があります。 会社の費用で従業員に健康診断を受けさせるのは、そのためです。 ですから、健診の結果を会社に要求されれば 医療機関も本人もそれに応じなければなりません。 健診の結果が医療機関から自動的に会社に報告されるか、 本人から提出しなければならないかは、会社によって違いますが。 経歴を偽って入社したことが、どの程度の懲戒の対象になるかは やはりその会社の規定(就業規則)次第です。 ご主人の病気はお気の毒とは思いますが、嘘をついたのは思慮浅薄ですね。 ご本人もいつバレるかと怯えるストレスは大きいでしょうに。 嘘をつくなら、つき通す覚悟と、バレないための最大限のフォローが必要です。 今は「なるようになれ」と腹を括るしかないでしょう。 ご健闘を祈ります。 ユーザーID: 9858862955• 小さい会社の事務をしていますが 会社が費用負担して受ける健康診断ですよね? うちの会社は健康診断は全額会社負担、ドックは一部個人負担ありで、人間ドックの結果は全てではなく必要事項を、健康診断は全て、本人宛と別に受けた所から直接会社宛にか、社員が本人宛と事業所用を受取り、提出してもらいます。 年齢により検査項目がかわるのでバリウムは全員が受けるものではありませんが、金額が変わってきますので、誰が何の検査をしたか支払いに関わる人には明確なはずですが、なぜその検査を受けなかったかまでは記載されません。 うちの父は苦手だからという理由だけでバリウムのないコースを受けていますが、労働安全衛生法で義務付けられている検査は満たしているので会社的には問題はありません。 ユーザーID: 9173387122• キャリア・職場ランキング• 健康診断の結果は本人に通知されます。 会社側は、健保組合が助成金を出す関係から、受診者の把握は必要です が、健診結果は個人情報として管理されますから、原則、上司には伝わり ません。 会社には、そのデータの保管義務が生じますが、勝手に見ることは許され ません。 雇入れ時の健診は労働安全衛生法で義務付けられていますが、企業は、そ の健診内容で雇用の是非を判断してはいけない、つまり不健康を雇う際の 不合格理由にしてはいけないんです。 」と嘘を言いました。 数年前手術した傷でしょう?あながち嘘でもないです。 医者が診て、ほんとに嘘なら、そう言うでしょう(苦笑) それに、雇入れ健診やるってことは、かなりきちんとした会社です。 そんなに神経質になることないですよ。 今、ご主人が健康でいることを大事に守ってください。 ユーザーID: 6773672842• 横レス 射手座さん、失礼 会社について労働安全衛生法で定められているのは、健康診断を受けさせ る義務ではあっても、従業員の健康状態を「把握」する義務ではないと思います。 「経歴」は確かに影響するでしょうが、「病歴」はどうかな? 前に書きましたが、雇入れ時の健診内容を、採否の根拠にすることは、 法で禁止されていますから。 ユーザーID: 6773672842• 会社によると思いますが 年に一回会社が主催する健診のことであれば、健診結果は会社にばれますよ。 というか、そもそも会社が社員の健康状態を把握するために実施するものですから。 人間ドックとは訳が違います。 会社で受けず、個人で受ける場合は結果を会社に報告しなければいけません(労働安全衛生法第第66条5)。 会社の指示に従わず健診を拒否した場合、健康回復努力義務違反として懲戒処分を受ける可能性があります。 最悪解雇もありえます。 ですから会社の指示通り、健診を受けるのがベストでしょう。 既往歴について、会社が事実を知っていたら採用しなかった、というレベルの話なら解雇はありえます。 (だからうそはいけませんよ) 横ですが雨あられさんの >個人の検査結果を、会社に知らせることはできません。 >会社が検査結果を要求することもいけません。 これはなぜでしょう? 労働安全衛生法第66条の3において、会社は健診結果を記録しておかなければならないこととなっていますが。 ユーザーID: 8042178378• >企業は、5年間個人情報として管理し、何かあったときは、その情報に 基づいて従業員の健康管理や適切な配置転換などの措置を講じなければ ならないから、「把握」と言えなくもないですが・・・ 把握しなければ必要な措置を講じることはできないでしょう。 御社の衛生管理者は健診結果に目を通さずしまっているだけですか? だとしたらそれは「管理」ではなくただの「保管」ですよ。 蛇足ですが「何か」起きた時には手遅れなことがありますよね。 一度害した健康が、その後の対応で回復する保証はありませんよね。 「何か」を未然に防止するための定期健診と私は解釈しています。 ユーザーID: 4112476341• 法律はわからないけど 実務をやっていたのでその経験から一言 確か、昔は健康診断の検査項目全ての結果が出ている一覧表が会社控として検査機関から来てました。 でも、個人情報なんたらが始まった後に検査機関から「今までの一覧表は個人情報になるので出せないが、本人から了承してもらえばOK」というようなお知らせが来ました。 本人宛に検査結果が2枚郵送され、本人から会社へ控えを提出するという形で、会社としては以前と同じように全項目の結果を手に入れてファイルしていました。 会社用の一覧表には検査項目全ての結果は出ていなかったようです。 それと、大企業の保険組合は別ですが、政府管掌の健康保険(今の協会けんぽ)だと、健診には補助が出て安い料金になっています。 ただし決まった項目を受けないと補助が受けられず高いお金を支払うことになるんです。 例えば10人が胃がん検診付きコースを申し込んだのに、当日になって一人が胃がん検診だけ受けなかったという時、一人分が補助対象じゃなくなってけっこう高くなります。 だから、勝手にキャンセルは会社としては迷惑です。 質問とはズレているかもしれませんが・・・あしからず。 ユーザーID: 2035585035• 職務命令のひとつです 従業員150人ほどの企業で、人事・厚生(健康管理を含む)の仕事をしていました。 概ね、ぺけぽんさんの書かれていることが正しいです。 健康診断といっても、事業主が従業員に命じて受けさせるのですから、職務命令のひとつです。 自分の考えで「胃透視検査(バリウムのこと)は受けない」というのは、職務命令違反です。 胃カメラを受けていることを理由にするのなら、その検査結果の提出を求められるかもしれませんし、 病歴を偽って入社したことが知られれば、懲戒処分も有り得るでしょう。 個人的には、私は喘息の状態が悪いときに検査日が重なってしまい、 胃透視検査中に咳を止めておくのが難しい状態だったので、 上司に申し出て胃透視を免除してもらったことがありますが…。 それは、妊婦が胸部X線を免除されるように、健康上の理由からで、 会社にウソをつきたかったからではありません。 ユーザーID: 6675665788• 実際のところ 健康診断のサービス会社に勤務していた事があります。 内容を企業さんに提出するかどうかは、「希望によりする場合もあればしない場合もある」 が正解です。 データだけPCで利用する形で欲しい、とか、個々に封筒に入れた形にして欲しい 実際はこれが一番多い)とか、封筒には入れなくていいからプリントした紙でくれ、とか様々ですよ。 その後企業の担当者がどう管理するかは知る由もありません。 既往症の記入なんて、結構みんな適当ですよ。 ものすごく細かく書く人もいれば、隠したい事は書かない場合もあるでしょう。 胃がんだって「完治したと思ったので書かなかった」と自己責任で言い訳するかどうかは ご自身で判断して下さい。 ユーザーID: 6940410921• うちは社員15人程の会社ですが… 健康診断の結果は会社にも届きます。 社長と奥さんの棚にファイルされていますが、 見ようと思えば、誰でも見られる状態になっております… 横にそれるかもしれませんが、 何年か前に、30代の社員が突然死されました。 自宅でお亡くなりになったので、警察が来たそうですが、 突然死ということで、何か既往歴がなかったか、 会社に健康診断の結果を見せてほしいと言われたことがありました。 何かあった時に、会社が社員の健康状態を把握しておくことは 大事だと思います。 また、ほんとはよくないことなのかもしれませんが、 メタボ気味の50代の方の検査結果がよくなく、 要再検査になっていても病院に行かなかったのですが、 社長が健康診断の結果表を見て心配して、 病院に行くように説得していました。 これを機会に上司にお話されてもいいのではないでしょうか… 健康診断は毎年ありますしね。 ユーザーID: 8679679682• 日夏詩さん うちの会社では、健診結果は一覧表で人事部に届きますので、人事部内では普通に見ています。。 健康診断結果を見て、海外赴任させられるかどうか判断したりしていますので。 精密検査が必要だとか、治療が必要だとかといった個別指示は産業医から別途届きます。 個人情報なので本人以外に他言はしませんが、人事部では当然把握しています。 ちなみに、私はバリウムが大嫌いなので、会社の健診のバリウムは拒否し、個人で費用負担して胃カメラを受けて、その結果を別途提出しています。 ご主人もそうすればどうですか?胃カメラの結果は良好なんですよね?胃がん治療中とか、そういうの記載されていなければいいと思いますが。 ユーザーID: 7011860843• 法定項目だけにさせてもらえないですか? バリウム検査は法定項目 労働安全衛生規則第44条の「定期健康診断」 ではないですよね。 私の勤務先も、会社独自の健康増進策? として、胃部バリウム検診や便潜血検査など法定外項目も検査してくれます。 でも私は最低限の情報以外を会社に持たれるのは嫌なので、毎年「法定項目だけ受けます」と伝えて任意項目は拒否してます。 角が立たないように言うのであれば、「自分は毎年決まった医療機関で人間ドッグを受けている。 胃部バリウム検査を年に2回受けるのは負担なので検査を免除してもらいたい。 法定項目ではないので会社にもご迷惑は掛けないと思うので了解してもらえないか」って言ってみては? 費用が逆に高くなると言われたら、う〜ん、困りましたね。 自費で人間ドッグ受けて、法定項目の検査結果だけを会社に提出しては? これでも法律上は良いらしいですよ。 ユーザーID: 1000829047• うちはわからない とりあえず「バリウム検査を逃れたい」というのであれば… 「喘息で」という方もいましたが、 それだと、過去の病歴に「喘息」が記入されます。 私は… 「以前、バリウムを飲んだ後、吐いてしまったんです」 と言って、以来、個人的に胃カメラ検査を受けてます。 バリウムを飲んだ後、軽くお腹を押されますよね? あれで、「ゲボーッ」と吐いてしまったのです。 検査室の床は、灰白色の液体まみれになり、 私は、恥ずかしさのあまり、再検査も受けられませんでした。 そのことを話して、胃カメラ検査を受けることにしました。 同僚達は、「胃カメラの方が嫌じゃない?」と言いますが、 私にとっては、胃カメラの方が楽なのです。 その検査結果を提出することで、OKです。 トピ主さんの旦那さんも、 個人的に胃カメラを受けているのですから、 そういう理由で、とりあえず逃げられるかも知れませんよ。 ユーザーID: 1966618370• いわゆる「人間ドック」と、労働安全衛生法に定められた、 法定の定期健康診断とが混同されているようです。 法定の健康診断であれば、従業員が労働に耐え得る健康状態にあるかを 会社としても把握しておく必要があるため、会社にも通知されます。 しかしながら、最近は「人間ドック」という形で、特に中高年については、 法定の定期健康診断の項目を「人間ドック」の中に含む形で受診させている 会社が多いと思います。 会社の指定した健診機関で受診したのであれば、 法定の定期健康診断の項目であれば会社にも連絡がいくことが多いと思いますが、 腹部検査は法定項目ではありませんので、会社に結果の連絡は行かないと思います。 ただ、会社が健診費用を負担していますので、誰が受診したかという情報は、 連絡が行くと思います。 ユーザーID: 3484055388• みなさん、法的根拠を書きましょうよ。 検診を受診させるのは会社の義務ですからね。 結果ももちろんすべて会社に届きます。 採用時に「胃がん」を理由に落とすことは出来ませんから、仮に今バレたとしても問題はないと思います。 年1で検査されていてコントロール(という表現が正しいかは分かりません。 すみません)できる状態であれば業務に支障もないでしょうからね。 うちの会社にも同じような方がいらっしゃいますが全然大丈夫です。 ただ労基署が最近よく見る項目として社員の健康管理と過重労働なんですが そこで指摘されることがないとは言えません。 職種がどういったものをされているかが分からないので何とも言えませんが正直に話してみたらいかがでしょうか? ビクビクされるのも精神的によくないですし、うちみたいに業務に支障がなければ「あ、そう。 (でも体調管理は気をつけてね)」で終わるかもしれませんし。 ユーザーID: 0102500591• トピ主です。 お返事ありがとうございます。 実はトピが掲載される前に健診に行きまして、2人で悩んだ結果、既往歴は書かないことにしました。 それと、バリウムでアレルギーがある、という蘭にもチェックをしたそうです。 問診の際に、主人は、健康の為に毎年胃カメラの検査をしている、と先生に伝えました。 こんな感じで無事に終わりました。 入社時に嘘をつかなければこんな事にもならなかったのですが・・・ このようなサイトを利用するのが初めてで不安もありましたが、皆さんの親切・丁寧なお返事に、主人も私も感謝しています! 本当にありがとうございました!! 寒い日が続きますので皆さんお風邪などひかれませんように。 北の大地より感謝をこめて・・・ ユーザーID: 4771069293.

次の