コロナ 咳 なし。 コロナウイルス症状と風邪の違いや見分け方は「症状の長さ」?

新型コロナウイルスを特定する 3つの方法

コロナ 咳 なし

「いつもの症状すぎてどう違うか」と困惑 厚労省は、相談、受診をする前に「発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休む」、「発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録する」ことを心がけるよう促している。 そのうえで、相談、受診をする目安を(1)「風邪の症状や37. 5度以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならないときを含む)」、(2)「強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある」場合と示した。 いずれかに当てはまる人は、まず「帰国者・接触者相談センター」に電話で相談し、同センターで勧められた医療機関を受診するように、とのことだ。 ツイッターには、この(1)(2)だけでは自分が新型コロナウイルスの症状なのか、一般的な風邪や花粉の症状なのか、区別できないといった書き込みが多く見られる。 「そろそろ花粉が来てる気がする... 鼻だけじゃなくて、だるさや喉咳にもくるから、風邪なのか花粉なのか区別がつかない。 たとえコロナだとしても熱出るまでは絶対気づけないよなぁ... 」 「正直、自分重めの花粉症だから、息苦しさ、だるさとか花粉の時期のいつもの症状すぎてどう違うかなんか分からんよな」 「コロナなのかインフルなのか風邪なのか花粉症なのか区別出来ないな」 専門医も「ほとんど一緒というか... 」 2020年2月18日朝に放送された情報番組でも、厚労省が公表した「相談と受診の目安」と、症状の判断について取り上げられた。 「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)には、白鴎大学特任教授で感染症学、公衆衛生学を専門とする岡田晴恵氏が出演。 相談と受診の目安について、「さまざまな感染症がある中で、このガイドラインというのは目安があまりにもアバウトすぎて、(新型コロナウイルスが疑われる場合でも)普通の病院に行ってしまう方もたくさん出てくるだろう」と指摘した。 「スッキリ」(日本テレビ系)では、ガイドラインの公表を受けて「新型コロナウイルスとインフルエンザや風邪はどう違うのか」という話題に。 日本感染症学会専門医の寺嶋毅氏は、区別について、「典型的なインフルエンザだと急に高熱が出て節々が痛くなるため、どちらかというと新型コロナウイルスとは区別がつきやすい」と話した。 一方で「少し微熱がある、何となくだるい、のどが痛い」といった症状と新型コロナウイルスは「ほとんど一緒というか、区別がつかないと思います」と続けた。 ただ、万一新型コロナウイルスに感染していた場合に備えて、「できるだけ誰にもうつさないこと」を心がけるよう話した。 そのためには、「マスク着用」と「しっかりした手洗い」が重要だとした。 また、風邪なのか花粉なのかわからない軽い症状の場合、そこから、肺炎・重症になるかどうかの見極めが重要だと話し、「熱がずっと下がらない、あまりにも呼吸が苦しい、そのタイミングを逃さず受診することが大切」と続けた。 新型コロナウイルスの症状が疑わしい場合は、放っておかずに「帰国者・接触者相談センター」に相談しよう。 連絡先は、厚労省の公式ウェブサイト上に。 また、自身の症状に不安がある場合は、厚労省の相談窓口で対応してもらえる(電話番号:0120-565653<フリーダイヤル>)。

次の

新型コロナウイルス感染症、分かりにくい症状4つ「咳と発熱だけではありません」

コロナ 咳 なし

新型コロナウイルスの感染拡大で不安が広がる中、電車内でのマスクをめぐるトラブルが増えています。 福岡市営地下鉄では2月18日、非常通報ボタンが押されました。 理由は「咳をしているのにマスクをしていない人がいる」という通報でした。 列車は最寄り駅で停車。 駅員が咳をしている人と通報した人を降ろして話を聞き、和解したといいます。 運行が3分遅れたそうです。 ネットでも、マスクをせずに咳をした人に対する乗客の過剰反応が報告されています。 予防や咳エチケットは大事ですが、行き過ぎた場合はどうなるのでしょうか。 甲本晃啓弁護士に聞きました。 「マスクをしないで目に余るような咳やくしゃみをするというマナーのない人も、まだまだ見かけます。 トラブルを避けるという意味では、自身で別の車両へ移動するのが望ましい対応と言えます。 今回のケースが実際にどのような状況であったのかはわかりませんが、混雑した車内では移動が難しいこともありますので、『何とかして欲しい』という気持ちは多くの人にとって共感できるものと思います。 そして、乗務員にそのようなマナーのない乗客がいることを知らせるという行為そのものについては全く違法性がありません。 しかし、非常通報装置の使用は緊急時に限られていますので、緊急性がない内容で通報して、列車を止めてしまった場合には、法的責任を問われる可能性があります。 例えば、東海道・山陽新幹線の車内アナウンスでは(1)不審物・不審者を発見した場合は直ちに乗務員に知らせるように、また、(2)緊急の場合は、非常通報装置(SOSボタン)で通報するようにと、緊急性に応じてオペレーションを分けた呼び掛けをしています。 というのも、非常通報装置は乗務員と遠隔でのやりとりとなるため、基本的には乗務員が現場に行って安全を確認する必要が生じ、そのためにいったん列車を停止させるケースが多々あるからです。 なお、鉄道会社によっては、非常通報ボタンが押されると、自動で列車が停止するという仕組みになっているものもあります。 今回の『マスクをしてないのに咳をした』というのは緊急性はなく、列車の運行を止めれば、偽計または威力業務妨害罪(いずれも3年以下の懲役又は50万円以下の罰金)にあたる可能性があります。 実際に、緊急性がないにもかかわらず新幹線の非常用ドアコック(緊急脱出装置)のフタをイタズラで開けて列車を停車させた乗客が威力業務妨害罪で逮捕されたという類似の事例もあります。 こうした行為はなんらかの罪に問われるのでしょうか。 「車内で大声を上げることはマナー違反ですし、法的にも強要罪(3年以下の懲役)として処罰される可能性があります」 電車で急速に増えているマスクのトラブル。 どうしたら解決できますか。 「問題となっている新型コロナウイルスは、インフルエンザと同様に感染者の咳やくしゃみによる飛沫感染のリスクがあるとされていますので、マスクは周囲の人へ感染を広げないための重要な手段といえます。 今起きているマスクトラブルには、二つの側面があると思われます。 第一にはマナーそのものの問題、第二には、マスクの供給不足の問題です。 まず、マナーそのものの問題については、咳をするとき、くしゃみが出そうになったとき、タオルやハンカチで口を押さえるという程度の最低限のことは常識として実践するべきです。 他方で、マスクの供給不足も問題の一端を担っています。 実際、コンビニでも、ドラッグストアでも売り切れて、手に入れるのは困難です。 マナーは、もともと他者への気遣いと寛容さとのバランスで成り立っています。 しかし、マスクの十分な供給が整うまでは、マスクを着けたくても手に入らない人もいますし、そのような状況で咳があっても仕事が休めない人もいます。 「混雑する通勤電車での移動は、今の日本社会にとって避けられないものです。 ここで感染を防げるか、急激な感染拡大を引き起こすかは、重大な問題ですから、国が今すぐ取り組む必要があります。 2月16日には赤羽一嘉国土交通相が公共交通機関にマスクを優先的に供給する政府方針を示されましたが、その対象は、鉄道・バス・タクシーなどの乗務員とされているようてす。 可能であれば、その対象をさらに広げ、マスクを必要とする乗客に駅で配布するとか、駅員や乗務員が咳をしている乗客を見かけたら積極的に手渡すことができるようにするなどの対応がとれれば、供給不足を原因とするトラブルは解決できるかもしれません。 再度、マナーそのものの問題に戻りますが、航空機内で咳をされている乗客に対してアテンダントが歩み寄り『お使いになりますか』といってマスクを差し出すという対応は以前から行われているものです。 これは、間接的に『周りのお客様のためにマスクをしてください』という呼び掛けでもあります。 鉄道でも同じように『咳やくしゃみでお困りのお客様は、使い捨てマスクをお渡しします。 どうぞ乗務員・駅係員までお申し出ください』というようなアナウンスができるような環境を整えることによって、『マスクをするのは基本的なマナーである』という意識も少しずつ浸透・向上していくのではないかと考えられます」 【取材協力弁護士】 甲本 晃啓(こうもと・あきひろ)弁護士 東京・日本橋兜町に事務所を構える弁護士・弁理士。 東京大学大学院出身で、専門は分子生物学、元ウイルス学の研究者でPCR分析にも明るい。 鉄道・航空の安全に関する造詣が深く、多くの企業法律顧問を務める。 弁護士の専門分野はIT、著作権・商標権。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

胸の違和感 咳なし コロナの疑い?

コロナ 咳 なし

新型コロナウイルスの感染拡大で不安が広がる中、電車内でのマスクをめぐるトラブルが増えています。 福岡市営地下鉄では2月18日、非常通報ボタンが押されました。 理由は「咳をしているのにマスクをしていない人がいる」という通報でした。 列車は最寄り駅で停車。 駅員が咳をしている人と通報した人を降ろして話を聞き、和解したといいます。 運行が3分遅れたそうです。 ネットでも、マスクをせずに咳をした人に対する乗客の過剰反応が報告されています。 予防や咳エチケットは大事ですが、行き過ぎた場合はどうなるのでしょうか。 甲本晃啓弁護士に聞きました。 「マスクをしないで目に余るような咳やくしゃみをするというマナーのない人も、まだまだ見かけます。 トラブルを避けるという意味では、自身で別の車両へ移動するのが望ましい対応と言えます。 今回のケースが実際にどのような状況であったのかはわかりませんが、混雑した車内では移動が難しいこともありますので、『何とかして欲しい』という気持ちは多くの人にとって共感できるものと思います。 そして、乗務員にそのようなマナーのない乗客がいることを知らせるという行為そのものについては全く違法性がありません。 しかし、非常通報装置の使用は緊急時に限られていますので、緊急性がない内容で通報して、列車を止めてしまった場合には、法的責任を問われる可能性があります。 例えば、東海道・山陽新幹線の車内アナウンスでは(1)不審物・不審者を発見した場合は直ちに乗務員に知らせるように、また、(2)緊急の場合は、非常通報装置(SOSボタン)で通報するようにと、緊急性に応じてオペレーションを分けた呼び掛けをしています。 というのも、非常通報装置は乗務員と遠隔でのやりとりとなるため、基本的には乗務員が現場に行って安全を確認する必要が生じ、そのためにいったん列車を停止させるケースが多々あるからです。 なお、鉄道会社によっては、非常通報ボタンが押されると、自動で列車が停止するという仕組みになっているものもあります。 今回の『マスクをしてないのに咳をした』というのは緊急性はなく、列車の運行を止めれば、偽計または威力業務妨害罪(いずれも3年以下の懲役又は50万円以下の罰金)にあたる可能性があります。 実際に、緊急性がないにもかかわらず新幹線の非常用ドアコック(緊急脱出装置)のフタをイタズラで開けて列車を停車させた乗客が威力業務妨害罪で逮捕されたという類似の事例もあります。 こうした行為はなんらかの罪に問われるのでしょうか。 「車内で大声を上げることはマナー違反ですし、法的にも強要罪(3年以下の懲役)として処罰される可能性があります」 電車で急速に増えているマスクのトラブル。 どうしたら解決できますか。 「問題となっている新型コロナウイルスは、インフルエンザと同様に感染者の咳やくしゃみによる飛沫感染のリスクがあるとされていますので、マスクは周囲の人へ感染を広げないための重要な手段といえます。 今起きているマスクトラブルには、二つの側面があると思われます。 第一にはマナーそのものの問題、第二には、マスクの供給不足の問題です。 まず、マナーそのものの問題については、咳をするとき、くしゃみが出そうになったとき、タオルやハンカチで口を押さえるという程度の最低限のことは常識として実践するべきです。 他方で、マスクの供給不足も問題の一端を担っています。 実際、コンビニでも、ドラッグストアでも売り切れて、手に入れるのは困難です。 マナーは、もともと他者への気遣いと寛容さとのバランスで成り立っています。 しかし、マスクの十分な供給が整うまでは、マスクを着けたくても手に入らない人もいますし、そのような状況で咳があっても仕事が休めない人もいます。 「混雑する通勤電車での移動は、今の日本社会にとって避けられないものです。 ここで感染を防げるか、急激な感染拡大を引き起こすかは、重大な問題ですから、国が今すぐ取り組む必要があります。 2月16日には赤羽一嘉国土交通相が公共交通機関にマスクを優先的に供給する政府方針を示されましたが、その対象は、鉄道・バス・タクシーなどの乗務員とされているようてす。 可能であれば、その対象をさらに広げ、マスクを必要とする乗客に駅で配布するとか、駅員や乗務員が咳をしている乗客を見かけたら積極的に手渡すことができるようにするなどの対応がとれれば、供給不足を原因とするトラブルは解決できるかもしれません。 再度、マナーそのものの問題に戻りますが、航空機内で咳をされている乗客に対してアテンダントが歩み寄り『お使いになりますか』といってマスクを差し出すという対応は以前から行われているものです。 これは、間接的に『周りのお客様のためにマスクをしてください』という呼び掛けでもあります。 鉄道でも同じように『咳やくしゃみでお困りのお客様は、使い捨てマスクをお渡しします。 どうぞ乗務員・駅係員までお申し出ください』というようなアナウンスができるような環境を整えることによって、『マスクをするのは基本的なマナーである』という意識も少しずつ浸透・向上していくのではないかと考えられます」 【取材協力弁護士】 甲本 晃啓(こうもと・あきひろ)弁護士 東京・日本橋兜町に事務所を構える弁護士・弁理士。 東京大学大学院出身で、専門は分子生物学、元ウイルス学の研究者でPCR分析にも明るい。 鉄道・航空の安全に関する造詣が深く、多くの企業法律顧問を務める。 弁護士の専門分野はIT、著作権・商標権。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の