シクラメン の 管理 方法。 シクラメンの球根の保存・管理方法とは!?

★シクラメンの育て方 冬の管理 : 育て方.jp|花、野菜の育て方など

シクラメン の 管理 方法

スポンサードリンク シクラメンは多年草なので、上手に育てることができれば、 何年も育て続け、大きく立派になる様子を楽しむことができます 日本には四季があり、それに合わせた管理が必要となります。 寒い日本の冬を元気に越すために、 適切な越冬管理をご紹介します。 花期でもあるため、塊茎からはたくさんの葉が茂り、花芽もたくさん上がります。 けれど、生育期といっても、そのまま放っておけば育つというわけではありません。 シクラメンが過ごしやすい環境を作り、手入れをしてあげましょう。 また、市販されているシクラメンには、大輪のシクラメン以外にも、 ガーデンシクラメンやミニシクラメン、原種シクラメンなどがあります。 鉢花として販売されている大輪のシクラメンと同じ環境で育てられるのは、 ミニシクラメンです。 他のガーデンシクラメンや原種シクラメンは、性質が異なり、好む環境が違います。 育てているシクラメンが、どのシクラメンなのかを調べておくようにしましょう。 そのため、日々のこまごまとした基本の手入れが、 冬を健全に過ごせるかどうかのキーポイントになります。 ・水やり 鉢花のシクラメンは、普通の鉢と底面給水鉢のどちらかに植わっています。 鉢が異なると、水やりのタイミングや与え方が異なるので注意しましょう。 ・追肥 花を咲かせている間は、肥料が切れないようにします。 基本は1週間に1回の液体肥料ですが、花が咲いている間は、 液体肥料と置き肥を併用するのも効果的です。 ・花ガラ、葉ガラ摘み 花が咲き終わって茎が倒れてきたものや、変色したり枯れてしまった葉は、 すぐに摘み取るようにします。 終わった花をそのままにしておくと、種をつけることがあります。 種を作る行為は、シクラメンにとってとても体力の必要な作業です。 種を作ることに体力を奪われ、花数が減り株が弱ることがあるので、 できればすぐに摘むようにしましょう。 また、枯れた葉も放っておくと、カビの原因となるため、摘み取ります。 花ガラや葉ガラを放置すると、風通しを悪くすることにもつながるので注意します。 ・葉組み 月に1回くらいのペースで、葉組みをしましょう。 大きな葉を外側に引っ張るようにし、蕾を内側に寄せるようにします。 葉の下になって隠れていた新芽に光が当たるようになるため、花数が増え、 小さいまま枯れる葉や蕾が減ります。 最低気温が5度、最高気温が25度を超えない場所に置くようにします。 ただ、この数値は、ぎりぎりの限界の温度なので、 最もシクラメンが過ごしやすい環境となると、10度~20度となります。 1日の気温差が大きくなると、シクラメンにとってのストレスとなる場合があります。 そのため、気温差が10度以内におさまる場所だと、さらに過ごしやすくなります。 暖かければ良いというわけでもありません。 室温が25度以上になると、夏がくると勘違いし、休眠に入ろうとします。 10度を下回らないのであれば、昼間は暖房のついていない部屋の方が安全です。 昼間は日当たりを確保するため、直射日光が長時間当たる窓辺に置きましょう。 時間ごとに日当たりの良い場所が変わるという場合は、 その都度置き場所を変えた方が、生育が良くなります。 夜の窓辺はとても冷え込みます。 日が暮れた後は、窓から離れた場所に置くようにすると、 気温差が出にくくなり、低温にも当たりにくくなります。 冷え込みが緩やかな場合や、 ペアガラスの窓などで外気の影響を受けにくい場合であっても、 できれば窓から離しておいた方が安心です。 あるいは、厚手のカーテンをひいておくことで、冷気を遮断しておきましょう。 耐寒性が弱いといわれるシクラメンやミニシクラメンであっても、 室内にばかり置いていると、株がだれてしまいます。 もちろん、シクラメンが耐えられないほど寒い時に、外に出すのはいけません。 けれど、晴れた日、気温が10度以上になった日には、戸外に出してあげましょう。 日当たりの良い窓辺に置いているといっても、室内は室内です。 戸外に比べると日当たりは悪くなります。 地域やその年によっては、晴れた日が少ないこともありますが、 1ヶ月に1回でも、外の空気に触れさせると、シクラメンが元気になります。 ただし、晴れていて気温が10度以上でも風が強い寒い日は、 体感温度が5度以下となることもあるので、避けてください。 また、晴れた日でも、日が暮れ始めると急激に温度が下がります。 お昼の3時を過ぎたら、室内に取り込むようにしましょう。

次の

シクラメンの育て方。ハウス栽培を始めるための管理方法【基本】

シクラメン の 管理 方法

4~5本の花を束ね、他の植物と合わ せて、リボンなどで可愛くアレンジ。 7~8本の花を切って束ね、ガラスの容器に。 涼しい場所に置いて毎日水を変えましょう。 束ねたシクラメンを、雰囲気のある包装紙でラッピングするれば、プレゼントにもできます。 シクラメンよくあるQ&A Q. よいシクラメンの見分け方は? A. シクラメンは、大きさの揃った葉がたくさんついているものを選びましょう。 葉の数が、花の数に比例するからです。 少しでも葉の色が黄色くなっているものや、葉の茎(葉柄)が長く伸びた、だらしなく見えるものは避けます。 花や葉がキュッと締まっているものが良いシクラメンです。 シクラメンにラッピングがしてあります。 そのままで良いですか? A. ラッピングは外してください。 というのも、ラッピングは蒸れの原因になり、葉や花が傷みやすくなります。 もったいなく感じると思いますが、外して管理した方が、シクラメンは長持ちします。 シクラメンは「葉組み」をすると良いと聞いたのですが、「葉組み」って何ですか? A. 篝火(かがりび)のように花が立ち上がった姿は、シクラメンの大きな魅力です。 でも、新しい葉や芽が伸びるにしたがって徐々にその姿は崩れてきます。 毎日鉢を少しずつ回して、まんべんなんく光に当てるようにし、さらに、こまめに「葉組み」を行ってカタチを整えてあげましょう。 「葉組み」とは、葉を脇によせ、重ねるように組んでいくことです。 「葉組み」をすると中心部にしっかりと光が当たり、新しい花が出てきやすくなります。 シクラメンはいつまで咲くのですか? A. シクラメンの花の時期は、おおよそ11月~4月です。 置き場所や管理によっては、夏の初めまで咲いていることもあります。 シクラメンは次の冬も咲かせられますか? A. 冬~春に飾ったシクラメンは、夏の管理&植え替えで、次の年も咲かせることができます。 まず、花の時期が終わったシクラメンは、夏の間水やりを控えて休眠させます。 屋外の軒下などに置いておくと良いでしょう。 その後、9月中旬から10月末に「」で植替えをすると、次の冬も咲いてくれます。 買った時は「底面給水鉢」でも、植え替えをする時は、普通の鉢を使いましょう。 [ お届け日数 ].

次の

シクラメンを翌年以降も咲かせるために。夏の休眠のさせ方、注意点植物とあなたをつなぐPlantia

シクラメン の 管理 方法

置き場所 11~4月は日当たりの良い室内で管理してください。 日光を好みます。 1日最低2~3時間はレースのカーテン越しで光に当てましょう。 暖房の効きすぎる部屋は株が弱ってしまうので気をつけましょう。 5月以降は戸外の涼しい日陰に置い てください。 水やり ・窓がついている場合 底面給水の鉢 下から水を吸い上げる底面吸水鉢を使用している場合、お届け後すぐにコップ1杯程度の水を 株元に与えてください。 その後は、鉢の底に常に水が溜まっている状態を保ちましょう。 水を切らさないよう、くれぐれも注意してください。 ・窓がついてない場合 通常の鉢 土の表面が白っぽく乾いたら、カゴから鉢を取り出し、たっぷりと与えます。 花や球根の上部 に水がかからないよう、鉢の縁から水を注いでください。 水を十分に切ってから鉢をカゴに戻 します。 カゴや受け皿に水を溜めたままの状態は、根腐れの原因となるので気を付けましょう。 水やりは鉢土が乾いてい るかを確認してから行ってください。 肥料 ・窓がついている場合 底面給水の鉢 1週間~10日に1度、液体肥料を1000倍に薄めたものを鉢底に与えてください。 ・窓がついてない場合 通常の鉢 1週間~10日に1度、液体肥料を1000倍に薄めたものを、水やりの際に与えてください。 花が咲き終わったら・・・ ・花が枯れたら花茎の根元から摘み取ってください。 ハサミを使わずに手でねじりながら引き抜くと、傷口が小さく簡単に取れます。 ・花だけでなく、葉も黄色く枯れてきたら株元から摘み取ってください。 そのままにしておくと、新しい花が咲いてこないので、こまめに摘み取ってください。 葉組みとは、株の中心の葉を外側に引っ張り、外側の葉に引っ掛け株の中心部にスペースを作る 作業です。 そうすることで株の中心に日光が当たり、小さなつぼみも生長し開花します。 植え替え 夏越しし、9月に新芽が十分大きくなったら株のまわりの土を軽く落とし、ひとまわり大きな鉢に植え替えてください。 球根の方が地上部分になるよう植えつけます。 深植えにならないよう注意しましょう。 植物の汁を吸い栄養を取ってしまう為、生育が悪くなります。 「ベニカXスプレー」等の市販の殺虫剤をまいて駆除します。 葉の裏などにクモの糸状のものが付着し、葉がかすれたように白くなります。 市販の殺ダニ剤をまいて駆除しましょう。 こまめに葉の表裏に霧吹きで水をかけると発生を抑えることができます。 この病気は梅雨時期などの湿度の高い時期に発生しやすくなります。 酷くなると元気な茎葉にも移り、株全体を枯らしてしましますので 花がらは早めに摘むようにしましょう。 暖房のよく効いた部屋に飾ると、花は萎れ、葉も黄色くなります。 1日の中で温度差が少ない場所の方が長保ちします。 ・5月以降は戸外に出し、涼しい日陰で管理してください。 直射日光に当てると葉焼けを起こします。 ・夏場は水と肥料を控えめにします。 ・暑さで葉が黄色く枯れてきても辛抱して管理を続けます。 涼しくなると新芽が動き出すので、新芽が十分に大きくなったら、 ひと回り大きな鉢に植え替えましょう。

次の