地下鉄 桜通 線 路線 図。 名古屋市営鶴舞線の路線図

名古屋地下鉄(名市交) 名古屋駅

地下鉄 桜通 線 路線 図

出口番号 11• JR名古屋駅 桜通口• JRセントラルタワーズ• JR名古屋高島屋• 献血ルームタワーズ20• タクシーのりば• レセプションハウス名古屋逓信会館• 名駅1丁目 12• JR名古屋駅 桜通口• JRセントラルタワーズ• JR名古屋高島屋• 東急ハンズ• 名古屋マリオットアソシアホテル• 献血ルームタワーズ20• ミッドランドスクエア• 毎日新聞社• ミッドランドスクエアシネマ• 名駅1丁目 13• JR名古屋駅 太閤通口• 中村警察署• 中村税務署• 日本年金機構中村年金事務所• 椿郵便局• 三重銀行• 北陸銀行• 高砂殿• ビックカメラ• 名鉄ニューグランドホテル• 名古屋サミットホテル• ビジネスホテル新名• 第2・3スターナゴヤ• 第一富士ホテル• ミユキステーションホテル• ナゴヤグランドホテル• 名古屋フラワーホテル•

次の

出口案内|名古屋市営地下鉄桜通線|名古屋|駅探

地下鉄 桜通 線 路線 図

停車駅一覧• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線• 乗換路線• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません.

次の

名古屋地下鉄(名市交) 名古屋駅

地下鉄 桜通 線 路線 図

(藤が丘駅) 基本情報 国 所在地 種類 路線網 起点 終点 駅数 22駅 路線記号 H 路線番号 1号線 黄色(菜種色、ウィンザーイエロー) 2534 開業 最終延伸 所有者 運営者 名古屋市交通局 路線構造 地上区間:一社 - 藤が丘間 、 使用車両 の節を参照 路線諸元 路線距離 20. 6 1,435 線路数 600 125 車内信号式 、 65 路線図 東山線(ひがしやません)は、のから同市のまでを結ぶ、の路線。 正式名称は 名古屋市高速度鉄道第1号線。 すべての駅で(2011年2月11日に導入)などのが使用できる。 概要 [ ] 名古屋市で最初に開業した地下鉄路線であり、同市内を東西に横断し、都心部の地区(のほかの・在来線・・・の周辺)とを通って市東部を結んでいる。 一社駅 - 上社駅間から藤が丘駅までは地上区間で高架線となり、本郷駅 - 藤が丘駅間でを跨ぐ。 東端の藤が丘駅では(リニモ)に接続し、名古屋市営地下鉄の路線で唯一、名東区を通っている。 名古屋駅以西はをまっすぐ西へ進むルートにはなっておらず 、北へ迂回して亀島や本陣を経由し、中村公園駅以遠は起点の高畑駅まで南北に路線が敷かれている。 全体的に浅い場所を走っているが、1980年代に開業した高畑駅 - 中村公園駅間には15mを超える深さのホームを有する駅もある。 名古屋市営地下鉄の中で最も利用者が多い路線であり、純利益額は日本の公営地下鉄では長らくに次ぐ第2位だったが、を以って御堂筋線が Osaka Metro に移管されされたため、公営地下鉄では第1位となった(参照:)。 名古屋市街の主要部を走るため利用者が非常に多く、朝ラッシュ時には約2分間隔、夕方ラッシュ時は約3分間隔で列車が走り、日本国内でも有数の高頻度運行路線である。 利用者が多い割に列車編成が短いため名古屋駅 - 栄駅間を中心に車内は終日混雑しており、また同市東部(本山駅 - 藤が丘駅間)も住宅密集地のため、終日にわたって比較的混雑している。 一方、名古屋駅以西はJRやも八田駅・近鉄八田駅に停車すること、また都心からの直通バスが多く走っていることなどから、比較的空いている。 建設当時の名古屋市の財政事情により建設費を抑制するために、トンネル断面を小さくして、小型車両が用いられている。 また、一社駅 - 上社駅間から藤が丘駅までは地下トンネルではなく高架線を建設して建設費を抑制している。 名古屋市営地下鉄で最初に開業した路線であるため、駅の雰囲気は全体的に古く、桜通線などの新規建設路線と比べると島式ホームが少ない。 は、両端の藤が丘駅とに存在する。 当初は栄駅の東側 や池下駅の北側 にあった。 に開催されたを契機に、のほか、在住者の多い・・()・の計5か国語によるが、名古屋駅発車時(藤が丘行)と到着時(高畑行)、藤が丘駅到着時、そして藤が丘駅停車中(高畑行)に流れるようになり、万博閉幕後も継続されていたが、2019年から駅到着時に駅ナンバリングの放送が導入されたことにより、見直された。 このことは、名古屋市内で地下鉄、などの主要駅や幹線道路沿いに5か国語表示の案内の設置を進める先駆けとなった。 使用されているは、藤が丘方面が「ドリーム」、高畑方面が「イエローライン」である。 9月から2月にかけて、高畑駅から順次各駅に(ホームドア)が設置され 、藤が丘駅を最後に全駅に設置が完了した。 これに伴い2015年9月1日のダイヤ変更から運転システムの化が行われたが、これとほぼ同時に高畑駅 - 藤が丘駅間の所要時間が37分から40分と少し延びている。 そして2016年7月1日から高畑駅 - 亀島駅間と池下駅 - 藤が丘駅間の各区間でが開始された。 亀島駅 - 池下駅間は従来通り車掌が乗務していた。 2017年7月1日からは全線区間でワンマン運転が開始されている。 ホームドアは、が停車する位置のものは薄い黄色で、他は白色となっているが、一部、駅の雰囲気に合わせ、女性専用車以外は異なった色で塗られていることも多い。 また、線路側に掲出されているには、各駅ごとに駅カラーを定めている。 2018年現在、高畑駅以南港区方面は、藤が丘駅以東方面はリニモがあるため延伸計画は全く存在しないが、1960年代には長久手町役場(現・長久手市役所)方面への延伸計画があり、その後様々な理由で中止になった。 藤が丘駅から先への線路は東方のへの車庫線のほか、北へ若干延びて引き上げ線として使われているが、守山区や尾張旭市方面への延伸計画は元より存在しない。 路線データ [ ] 停車場・施設・接続路線 路線東側は高架区間(上社駅付近) 名古屋のベッドタウンと都心を連絡する。 直上道路は。 運行形態 [ ] 原則として全線通しの運転であるが、始終発は以下の通り区間運転となる(2016年現在)。 藤が丘方面• 始発:岩塚駅発• 終発:星ヶ丘駅止まり• 高畑方面• 始発:池下駅発• 始発の次:星ヶ丘駅発• 終発:岩塚駅止まり ダイヤは、平日の朝は約2分間隔で毎時最大29本が運行され、昼間時は4 - 5分間隔、夕ラッシュ時は3分間隔、早朝・夜間は約8分間隔、土曜・休日の朝夕は4分間隔、昼間時は4 - 5分間隔で運行される。 ただし、休日の昼から夕方までは平日より早く4分間隔になる。 の名城線環状化と同時に東山線の列車も若干減便されたものの、昼間の運転間隔は最大でも5分間隔を維持している。 また、平日でも高等学校の夏休みや冬休みなど長期休暇の場合は「休校期ダイヤ」として通学時間帯に若干減便される(お盆・年末年始期間中に実施される平日を含めた土・休日ダイヤとは異なる)。 なお、(終電延長時に増発される2往復の列車を含む)に限り栄駅で停車時間を長くとる。 早朝および深夜帯は、車内アナウンスの広告や乗換案内は省略され、代わりに出口の閉鎖案内が流れるようになる。 毎年のから(1月1日 - 3日)には昼間時5分間隔の「年末年始ダイヤ」 で運行され、大晦日からまではが行われる(30分間隔の全線通し ) に藤ヶ丘駅(現・藤が丘駅)まで延伸開業してから、に高畑駅まで開業するまでの間は、星ヶ丘駅折り返しの列車も多く運転されていた(1975年までは同駅折り返し列車の方が多かった)が、それ以降、星ヶ丘駅行は終電のみの運行となっている。 なお、現在でも台風などによる地上区間の運転休止の場合、星ヶ丘駅で折り返しをしている。 その際、同駅から藤が丘駅まではによる代行運転が行われる。 岩塚駅始発の電車は、線路工事等の都合上、2番ホーム(高畑駅方面乗り場)から発車する場合もある。 現在のダイヤでは池下駅止まりの定期営業列車は存在しない が、夜間には同駅からの始発列車へ送り込むため、藤が丘駅から池下駅へ毎日1本定期回送列車が運行されており、同駅到着後、今池寄りの引上線にてする。 平日午前に高畑駅引上線へ入庫した車両が同引上線から高畑駅構内を経て高畑車庫へ入庫する列車も深夜に1本あり、ダイヤ上は定期回送列車として運行される。 金曜日および休日の前日(お盆・年末年始、土曜日、日曜日、休日を除く)に限り終電を繰り下げている。 この列車の運転は、2013年12月20日と27日の両金曜日に試行し 、2014年7月4日より本格実施に至った。 なお、この増便が行われる日は、ののうち1本が運休となる。 車両 [ ] 東山線で使用されている5050形電車(左)と、2015年まで使用されていた5000形電車(右) 東山線はの関係で、使用されている車両の大きさが小さいのが特徴である。 車体長は15. 5m級、車体幅は2. 5m級であり、の車両の大きさに近い寸法となっている。 また、小断面化と軽量化のための工夫が随所に見られ、小径、、構造の車体、床下機器のなど、時代からのアイディアも取り入れた新機軸が多数盛り込まれた。 5000形登場前までの車両は、天井の低い室内でのの隅配置(天井と幕板の接合部に配置)や、の非設置など、日本では他にあまり見られない特徴を持っている。 東海地区で初めて、が設定された路線でもある。 東山線での設定は、藤が丘方面行車両の先頭から4両目(高畑方面行では先頭から3両目)である。 から痴漢行為等迷惑行為防止を目的として平日始発から9時までの時間帯1両を女性専用とし、翌から本格的に実施された。 その後、からは17時 - 21時の時間帯にも設定、2015年4月からは終日設定となった。 なお、女性専用車両であることを示す黄色いステッカーを車体側面に貼付し、駅では2008年6月2日の時間帯拡大時より接近放送の最後に「女性専用ステッカーのある車両は、女性専用となっています。 」の放送がなされる(設定当初から2015年3月までは時間を限って設定していたため、「只今の時間」が加えられていた)。 女性専用車両は、ホームドアとホーム上にもステッカーが貼られており、女性専用車両のホームドアは薄い黄色に設定されている。 2015年9月1日のダイヤ変更からによる自動運転、2016年7月1日から、ワンマン運転(一部区間はツーマン)が開始された。 なお、ATOによる自動運転は - に名古屋駅 - 栄町駅(現・栄駅)間で本格テストを行ったことがある。 現用車両 [ ]• 過去の使用車両 [ ]• 歴史 [ ]• (25年) 告示第9号で計画決定。 (昭和29年)8月 名古屋 - 栄町間を着工。 (昭和32年) 1号線として名古屋駅 - 栄町駅(現在の栄駅)間 2. 4km が開業。 100形電車営業運転開始。 (昭和35年)• 栄町駅 - 池下駅間 3. 6km が開業。 名古屋駅 - 栄町駅間でATOの本格的テスト開始(1962年8月終了)。 (昭和38年) 池下駅 - 東山公園駅間 2. 5km が開業。 (昭和39年) 200形電車登場。 (昭和41年) 栄町駅を栄駅、伏見町駅を伏見駅にそれぞれ改称。 (昭和42年) 東山公園駅 - 星ヶ丘駅間 1. 1km が開業。 300形電車営業運転開始。 (昭和44年)• 4月1日 中村公園駅 - 名古屋駅間 3. 5km 、星ヶ丘駅 - 藤ヶ丘駅間 4. 4km が開業。 1号線の愛称を 東山線と決定、同年から使用開始。 (昭和45年) 一社駅 - 本郷駅間に上社駅が開業。 (昭和55年) 5000形電車営業運転開始。 (昭和57年) 高畑駅 - 中村公園駅間 3. 1km が開業。 (昭和58年) 700形改造の250形電車登場。 (昭和63年) 100形電車全廃。 (2年) 200形電車全廃。 (平成4年) 5050形電車営業運転開始。 (平成11年) 250形・700形電車全廃。 (平成12年) 300形電車営業運転終了。 (平成14年) 女性専用車両を試行導入(2003年から本格実施)。 (平成16年)• 保安方式をからに、ホームの旅客案内装置を内照式からLED式にそれぞれ更新。 藤ヶ丘駅を藤が丘駅に改称。 (平成19年) 全駅で列車到着前の接近チャイムに代わりを導入。 (平成20年)• N1000形電車営業運転開始。 5月1日 地上区間(上社駅 - 藤が丘駅間)で車内灯消灯実施。 (平成26年) 金曜日および祝休日前日の最終列車の延長運転開始。 (平成27年)• 女性専用車両の実施時間帯を平日の全時間帯に拡大。 5000形電車営業運転終了。 可動式ホーム柵を考慮したダイヤ改正の実施と全列車ATO運転化。 高畑駅から順次可動式ホーム柵使用開始。 (平成28年)• 藤が丘駅の可動式ホーム柵運用開始。 この日をもって東山線全駅に可動式ホーム柵整備完了。 高畑駅 - 亀島駅間と池下駅 - 藤が丘駅間の各区間で開始。 (平成29年)7月1日 全線でワンマン運転開始。 (平成31年)2月1日 車内放送で英語のみ放送を開始。 利用状況 [ ] 名古屋市営地下鉄東山線の輸送実績を下記に表す。 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。 出典:• 愛知県ホームページ• - (2011年1月19日アーカイブ分)• - (2011年8月9日アーカイブ分)• 閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。 全駅に所在。 亀島駅 - 名古屋駅間でを通るが、駅はない。 駅番号 駅名 駅カラー 駅間 キロ 営業 キロ 接続路線 地上/地下 所在地 H01 (中川区役所) 10YR7. 0 地下区間 H02 7. 9 0. 1 2. 0 H04 7. 1 3. 8 3. 7 4. 9 5. 5 H08 DIC165 1. 1 6. 4 8. 0 9. 1 10. 9 11. 7 11. 7 名古屋市営地下鉄: 桜通線 S08 H14 N6. 5 0. 9 12. 6 H15 2. 6 13. 2 H16 7. 0 14. 9 15. 1 16. 3 17. 5 H20 7. 1 18. 7 19. 3 20. 6 : L01• 名古屋駅と本郷駅では、駅名標は漢字表記だが、切符は「なごや」「ほんごう」と平仮名で表記される。 また中村公園駅は切符には「なかむら公園」と表記されている。 新駅計画 [ ] 名古屋駅 - 伏見駅間に「柳橋駅(仮称)」を設置する検討がされており、の開業に合わせて新駅を開業させたいとしている。 なお、「柳橋駅」は東山線建設計画時から設置計画のあったであり、駅設置予定箇所の線路部分については実際に「柳橋構造物」として工事も行われた。 名古屋駅を起点に東へ0K645M地点から0K795M地点までの区間が「柳橋構造物」とされ、前後の区間が砕石道床であるのに対し、この区間は駅と同様にコンクリート道床で建設されたほか、柱の太さや間隔が前後のトンネル部とは異なるなど、準備工事の跡が見られる。 図面には駅のおおよその形状や出入口となる階段の位置、駅構造体の函体断面図等が記載されているが、柳橋構造物としてどこまでの工事が行われたのか、つまり駅として使用できる空間が地下にすでに確保されているのかなどについては、公表されていない。 柳橋駅設置予定場所にあたる錦通西柳公園付近 は、直上にが設置されたり、名古屋市交通局の柳橋変電所が西柳公園地下に建設されたり、鉄道建設用地として確保されていた錦通自体、交通の激しい幹線道路の一つに成長するなど、東山線建設時と比較すると周囲の状況は大きく様変わりしている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 太閤通の地下にはの中村区役所駅がある。 そこから西へは建設されていない。 ・・・・・・も同様であるが、これらの路線はリニアモーター式の車両が用いられている。 今の路線の新栄町駅寄り。 「栄町車庫」と呼ばれていたが、正式には車庫ではなく桜通線で見られた本線を使用した暫定的な検車区であり、池下延伸まで使われた。 現在もその名残りでトンネルの幅がやや広くなっている。 「池下車庫」と呼ばれ、の旧敷地を活用したものであった。 車庫の藤が丘移転後、敷地は旧として活用された。 2014年度までは大晦日は「大晦日ダイヤ」、正月三が日は「正月ダイヤ」と分かれていた• 1975年大晦日から2003年大晦日までは20分間隔、2008年大晦日までは25分間隔だった。 東山線が午前0時までに運行を終了していたまでは、中村公園駅発の最終電車は池下駅行であった。 また、名古屋駅での夜間滞泊もあり、藤ヶ丘駅(現・藤が丘駅)行の初発電車および星ヶ丘駅発の最終電車は名古屋駅始発・終着であった。 - 『市バス・地下鉄ご案内』、名古屋市交通局発行のリーフレット、1974年7月• この時は全線通しの列車1往復の運行であった。 、名古屋市交通局報道発表資料(インターネット・アーカイブ)、2013年11月28日、2017年1月9日閲覧• 愛称決定までは、2号線(現・名城線)の南北線に対して「東西線」と呼称する場合もあった。 導入以前に駅員が目視で切符を判別しやすくするために導入された方式の名残りで、それぞれ名古屋港駅・本陣駅・中村日赤駅との判別を容易にしている。 なお星ヶ丘駅と藤が丘駅の切符では、星ヶ丘は「丘」、藤が丘は「藤」をそれぞれ大きな文字にすることで判別を容易にしている。 なお、manacaではこの表記ではなく、普通に表記される。 名古屋市会議員である横井利明のブログ に掲載されている、当時の名古屋市高速度鉄道の図面では、江川線の西側、二丁目と書かれた場所に柳橋構造物の記載があり、現在の名駅4丁目、西柳公園付近にあたる。 出典 [ ]• 「名古屋市交通局 旅客サインマニュアル」による• 「 」23頁、24頁• 名古屋市交通局• , 2018年4月18日閲覧。 「市営交通70年のあゆみ」1992年、114頁• 交通新聞社 : p. 1992年5月20日• 「鉄道記録帳」『RAIL FAN』第52巻第1号、鉄道友の会、2005年1月号、 24頁。 - 交友社『鉄道ファン』railf. jp 鉄道ニュース、2015年7月15日• - 交友社『鉄道ファン』railf. jp 鉄道ニュース、2015年8月31日• 「都市交通年報」各年度版• 名古屋市交通局 入札仕様書「東山線可動式ホーム柵の整備(運輸関係分)その1」で可動式ホーム柵の軌道側(電車側)の面に掲示される駅名表示板の色指定。 可動式ホーム柵の戸袋上部色とは異なる。 対応するRGB値は日本塗料工業会のペイントカラー検索システムによる。 NHK 2014年3月6日. 2014年3月6日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年6月6日閲覧。 中日新聞. 2014年3月7日. の2014年3月7日時点におけるアーカイブ。 2014年6月6日閲覧。 関連項目 [ ]• - 開業前、車両の試験走行を実施• - 当路線を通す前提で作られた.

次の