エクセル 計算結果を四捨五入。 エクセルROUND関数で小数点を四捨五入する!

【ExcelVBA入門】四捨五入をするためにおすすめな2つの方法とは

エクセル 計算結果を四捨五入

数値を四捨五入する(ROUND関数) ROUND関数・・・指定した数値を四捨五入する。 ROUND(数値,桁数)• 数値・・・四捨五入したい数値(対象セル)を指定• 桁数・・・四捨五入した後の結果の桁数を指定(整数にしたい場合は「0」) 【ポイント】• [桁数]に「0」を指定すると、整数になる• [桁数]に正数を指定すると、小数点以下が四捨五入される• [桁数]に負数を指定すると、整数部分が四捨五入される 言葉で説明すると分かり難いので、図にしてみると[桁数]の場所は下のように指定します。 「12345. 123」という数値での使用例はこちら。 では、実際に使ってみます。 下の表の「税込価格」の場所で試します。 拡大するとこんな感じ。 小数点第2位まで表示されています。 右側のセルにROUND関数を使用して、四捨五入した数値を表示してみます。 関数を入力する、 「J3」を選択して、 [関数の挿入]ボタンをクリック。 [関数の挿入]画面で ROUND関数を選択して[OK]をクリック。 [関数の引数]画面では、 [数値]の場所に対象となる 「H3」をクリックして指定、[桁数]の場所は、小数点を無くして整数にするため最初は 「0」を入力してみます。 関数の結果を下にオートフィル機能を使用してコピーした結果が下の画像。 [桁数]を0にしたことで、 小数点第1位が四捨五入され、小数点以下が無くなりました。 次は、[桁数]に「1」を入力してみました。 結果が下の画像。 小数点第2位が四捨五入され、小数点第1位まで表示されました。 最後に[桁数]に「-1」を入力 結果が下の画像。 整数部の第1位が四捨五入されているのが分かりますね。 桁数に、どの数字を入れるかで悩む方もいるかもしれません。 まとめてみると、• 小数点以下を無くしたい場合は「0」を入力• 「四捨五入する桁」ではなく、「結果を表示したい桁」を入力する• 整数を入力すると小数点部分の桁が調整され、負数を入力すると整数部分の桁が調整される 以上をおさえれば[桁数]の入力をミスすることは無くなるのでは。 まとめ エクセルは、 列幅を狭くすると小数点以下が表示されなくなります。 この場合、小数点以下が四捨五入されて表示されるのですが、この 列幅の調整に任せて作業をしてしまうのはお勧めできません。 例えば下の表、青枠とピンクの枠で囲んだ場所には計算式が入っており、実際には小数点以下の数値まで存在します。 「成績」の場所には下のような式が入っており、 最後の「学年末」の場所は3か所の「成績」を合計した後に3で割って求めています。 それぞれ、「F列」「I列」「L列」「M列」の列幅を広げたのが下の画像。 小数点以下の数値が隠れていたのが分かります。 さて、1番上の「猫森 しずえ」さんですが、「学年末」の「合計」は「73点」のようですね。 33333」 四捨五入すると「72点」になります。 このように、 表示を狭めた状態で無理やり小数点を見えなくする処理はお勧めできません。 この場合は、常にそれぞれの数式をROUND関数を使用して小数点を無くした状態で処理するべきです。 たった「1」の誤差かもしれませんが、成績や売上の場合、人生を変える「1」になる可能性があるかもしれません・・・。

次の

電卓とエクセルの計算が合わない3つの理由

エクセル 計算結果を四捨五入

ROUND関数とは? ROUND関数とは、指定の数値を四捨五入するための関数です。 小数点以下の桁数が多い数値などを見やすくするために使用されています。 ROUND関数では以下のように「数値」と「桁数」を引数として取り扱います。 ROUND 数値, 桁数 ROUND関数で指定する「数値」 ROUND関数で指定する数値は、その名の通り四捨五入の対象となる数値です。 数式の中に、数値を直接入力できます。 また、数値を入力してあるセルを参照するかたちでも指定できます。 ROUND関数で指定する「桁数」 ROUND関数では対象の数値を四捨五入する桁数を指定できます。 桁数に正の整数を指定した場合、小数点以下で四捨五入が行われます。 負の整数を入力すると、入力した数値の桁数で四捨五入されます。 それぞれ指定した桁数の下の桁が四捨五入されると考えればわかりやすいかもしれません。 桁数には0を入力することも可能です。 0を桁数として入力した場合、数値に最も近い1桁の整数が表示されます。 以下は、「2513. 563」という数値を例にした、桁数と四捨五入する位の関係です。 ROUND関数の使い方 実際にエクセル上でROUND関数を使用してみましょう。 桁数を指定すれば、任意の桁での四捨五入が可能です。 以下では「2513. 563」を数値として、いくつかのケースと表示例をご紹介します。 563,2 表示結果: 2513. 563,-3 表示結果: 3000 負の数値を四捨五入したい ROUND関数では負の数値を四捨五入することも可能です。 正の数値と同じ考え方で数値、桁数を入力すれば問題ありません。 563,2 表示結果: -2513. 56 【応用】切り上げ・切り捨てをしたい場合 ROUND関数で実行できる四捨五入は端数を処理しておおよその数を求める方法のひとつです。 ほかにも、 「切り上げ」「切り捨て」といった端数処理法がありますが、エクセルではこれらも関数で実行できます。 切り上げには「ROUNDUP関数」を、切り捨てには「ROWNDDOWN関数」を用います。 ROUND関数を使用した場合との違いを検証してみましょう。 563,1 表示結果: 2513. 563,1 表示結果: 2513. 563,1 表示結果: 2513. 5(小数点第二位が6のため、四捨五入されて繰り上がっている) このように、数値や指定する桁数によっては、ROUND関数、ROUNDUP関数、ROUNDDOWN関数のそれぞれの結果が同じになることもあります。 ほかの関数でも代用できる! 端数の処理法によっては、他の関数でも代用が可能です。 TRUNC関数はROUNDDOWNと同じ切り捨ての関数ですが、桁数の規定値として0が設定されているため、場合によっては桁数を省略可能です。 INT関数は、数値の小数点以下を切り捨て整数にします。 これらの関数についても知っておくと、エクセルの作業に役立つかもしれません。 表示形式とROUND関数の違い エクセルには数値の表示桁数を調整する機能が搭載されています。 この操作による表示とROUND関数による表示には違いはあるのでしょうか? 答えは、表示形式の変更によって変更されたセルの中身を見てみるとわかります。 表示形式で桁数が変更された場合はあくまで見た目のみが変わっており、セルの中身の数値は変わっていません。 表示形式とROUND関数の違いが大きな影響を与えるのが、消費税などの計算です。 下図を比較してみると、消費税の額に違いが生じていることがわかります。 これは、ROUND関数の表では消費税の小数点以下を四捨五入しているのに対し、表示形式の表では見えていない小数点以下の消費税も合計に加えているためです。 「3555」と算出され、 表示形式の表の結果がずれていることが確認できます。 データによっては、表示形式の四捨五入では正しい結果が出ません。 そのため、消費税の取り扱い等には、ROUND関数が適しています。 端数の処理方法は複数ありますが、それぞれの特性を理解しておかなければ表示結果が間違ってしまいます。 最も一般的な四捨五入の処理ができるのがROUND関数です。 消費税の計算をはじめ、ROUND関数を活用できる場面は少なくありません。 桁数のルールを含め、しっかりと身に付けておきましょう。

次の

【Excel】ROUNDの四捨五入の計算結果が合わないのはExcelのせいではない

エクセル 計算結果を四捨五入

エクセルで割り算をする基本の方法 ますは、エクセルで割り算をする基本の方法を学んでいきましょう。 紙に書く割り算の計算式とは記号が少し違うので注意してください。 結果の4が入力されました。 計算式に使われる要素はセル番地を使って指定することもできます。 セル番地で割り算をすると、 セル内の数値が変化するのに合わせて割り算の結果も自動で再計算される というメリットがあります。 以下の画像では割られる数が8から10に変わっています。 その変化に合わせD3の計算結果も4から5になりました。 エクセルではセルの変化に強いセル番地指定での割り算がお勧めです。 割り算の結果を処理する関数 割り算の計算結果には端数や余りがつきものです。 割り算の計算結果を処理する様々な関数についてみていきましょう。 0588…です。 ROUND関数を使用して、この結果を四捨五入してみましょう。 ROUND関数の文法は =ROUND(四捨五入したい数値もしくは数式,表示したい小数点以下の桁数) になります。 ここでは小数点以下2桁まで表示したいとします(小数点以下第3位を四捨五入する)。 06と小数点以下2桁までの値が表示されました。 割り算の結果を切り捨てするROUNDDOWN関数 次にある桁数以下を切り捨てる場合を考えてみましょう。 割り算の計算結果を切り捨てるにはROUNDDOWN関数を使用します。 ROUNDDOWN関数の文法は =ROUNDDOWN(切り捨てたい数値もしくは数式,表示したい小数点以下の桁数) になります。 D4のセルに以下のように入力し、Enterを押します。 05が表示されました。 割り算の結果を切り上げするROUNDUP関数 割り算の結果を切り上げする関数もあります。 ROUNDUP関数は指定した桁から下を切り上げます。 ROUNDUPの関数の文法は =ROUNDDOWN(切り上げたい数値もしくは数式,表示したい小数点以下の桁数) となっています。 計算結果の小数点以下第2位より下が切り上げられ、7. 06が表示されました。 この結果は四捨五入をしたD3セルと同じになっていますが、切り上げは四捨五入とは違います。 ただし、指定した桁以下に全く数値が存在しない場合は切り上げは行われません。 割り算の余りを表示するMOD関数 割り算の余り(整数)のみを表示する関数もあります。 MODという関数です。 MOD関数の文法は =MOD(割られる数,割る数) になります。 あまりの1が表示されました。 2-5. 割り算の商のみ出すQUOTIENT関数 MOD関数が割り算の余りのみを表示するのに対し、QUOTIENT関数は割り算の(整数部分の)商のみを表示します。 整数部分の商7が表示されました。 割り算結果の見た目を変える方法 「セルの書式設定」を使えば、関数を使わず割り算の結果を四捨五入表示することもできます。 ここでは2を選び、OKをクリックします。 数値小数点以下第3位の位が四捨五入され、D2には7. 06と表示されました。 ROUND関数を使ったD3と同じ見た目になっています。 ただし、セルの書式設定は見た目を変えるだけで、実際に割り算の結果が四捨五入されたわけではありません。 例えば、D2,D3それぞれに0. 05を足した結果を表示すると、このことがよく分かります。 D2に0. 05を足した結果と、D3に0. 05を足した結果では小数点第2位以下に明確な違いがみられます。 このような違いは些細に見えるかもしれませんが、業務上の思わぬエラーに繋がることがあります。 見た目だけを変えて正確な割り算の結果は保持したいのか、それとも割り算の結果ごと四捨五入するのか、明確なルールを定めて作業することが望ましいです。 割り算では小数点以下の端数をどのように処理するかなかなか悩ましいところです。 エクセルを使えば、四捨五入、切り上げ、切り捨て、商のみ表示、余りのみ表示といろいろな形式に対応できるのでとても便利です。

次の