無印 良品 上越。 期間限定の「無印良品 直江津」3月にオープン 良品計画が上越市などと地域活性化協定締結|上越タウンジャーナル

無印良品 MUJI|新潟県|超大型店・大型店・小型店|店舗一覧

無印 良品 上越

新潟県上越市西本町3の直江津ショッピングセンター2階に2020年7月20日、生活雑貨の「無印良品 直江津」がオープンする。 運営する良品計画(東京都)が2020年6月17日、発表した。 カフェや輸入食品など複数のテナントも出店し、店舗面積は無印良品の中では世界最大級となるという。 無印良品が出店する直江津ショッピングセンター スタバやカルディも出店 同社のテナントとして、市内3店目となる大手コーヒーチェーンの「スターバックスコーヒー」、いずれも市内初出店となる、輸入食品やコーヒー豆などを取り揃える「カルディコーヒーファーム」、全国各地の調味料や食品を販売する「久世福商店」も出店する。 無印良品が出店する2階の配置図 売り場面積は世界最大級 売り場面積は2階の大部分を占める4934平方m(無印良品直営部分)で、国内外1033店舗のうち旗艦店と位置付ける東京・銀座の「無印良品 銀座」に匹敵する世界最大級となる。 また普段使っているものを防災用品として提案する「MUJI CAMP TOOLS」コーナーを初めて設け、無印ならではの視点で選んだ国内外のアウトドアブランドの商品も取り扱う。 農産物直売所「あるるん畑」と連携 JAえちご上越の農産物直売所「あるるん畑」と連携し、上越産の旬や規格外の野菜、米、地酒、加工品などを販売する「なおえつ食品市場」を設置。 地元上越市の後援を受け、無料の休憩スペース兼自習スペースとして誰でも利用できるコミュニティスペースを設置し、イベントなども開催する。 中山間地には移動販売車 建物を所有する頸城自動車と連携し、同社のバスを活用した移動販売も秋から実施する。 店舗に足を運びづらい中山間地に出向くという。 「上越地域の魅力伝える」 良品計画は「地域の『くらしの真ん中になる』ことをテーマに上越地域の良いものや楽しみ方を紹介し、魅力を伝えていくほか、暮らしに役立つ新しいコンテンツやサービスを盛り込んだ店舗になる」としている。 オープンに先立ち、7月16〜19日に同社のスマホアプリ会員の中から抽選で選ばれた人を対象にプレ営業を行う。 核テナントだったイトーヨーカドーが昨年5月に撤退した直江津ショッピングセンターは昨年10月、リニューアルし1階に食品スーパーの「ピアレマート直江津店」が出店している。 無印良品は、県内では新潟市と新発田市、長岡市に店舗がある。 muji. starbucks. kaldi. kuzefuku.

次の

無印良品 直江津 2020年7月20日(月)開業!世界最大級の店舗に!最新情報も!

無印 良品 上越

無印良品を展開する株式会社良品計画は、頸城自動車株式会社が運営する直江津ショッピングセンター(新潟県上越市)に、2020年7月20日、「無印良品 直江津」をオープンすることをお知らせします。 日本海に面した新潟県の上越地域は、日本有数の米どころとして知られています。 その稲作文化の背景には、江戸後期に、北前船の上り船の積荷として運ばれてきたニシンの存在がありました。 ニシンは北海道などの漁場で食用の乾物と魚肥のニシン粕に加工され、寄港地である越後国今町湊、現在の直江津に運ばれてきました。 ニシン粕は、肥料として田に施され、上越の稲作の地力を整えました。 遠方から運ばれたニシンは、上越地域の土や水にまざり、米づくりに役立つことができたのです。 無印良品直江津は、「田んぼとニシン」のように、まぜこまれ、耕され、やがて町のお役に立てるニシンのような存在になりたいと考え、この店舗のコンセプトビジュアルに取り入れています。 また、「みんなの顔を見て食べるからおいしい」をコンセプトにした「なおえつ良品食堂」では、カレーやラーメン、定食、スイーツなど、世代を問わず楽しんでいただけるラインアップをそろえます。 」のコーナーは、無印良品の店内に初出店となるスターバックスとMUJI BOOKSで構成しています。 MUJI BOOKSは、くらしのヒントとなる考えを「いろはにほへと」になぞらえて47のキーワードで編集します。 特に強化するのは、「食」と「絵本」。 レシピからエッセイまで、食にまつわる本を多数揃えるとともに、絵本をMUJI BOOKS最大級の品揃えで展開し、年齢別のおすすめ絵本の提案や、ご家族のコミュニケーションのきっかけとなる工作絵本や仕掛け絵本を幅広く取り扱います。 また、本の内容の良し悪しに関わらず市場価値のみではじかれてしまった古本を、古紙として処理するのではなく本のまま次の読み手に渡すプロジェクト「古紙になるはずだった本」も展開します。 古くからの港町である直江津から着想した海の渦と巻貝をモチーフとした渦巻形状の什器を設置し、本棚の回廊を歩くことで、さまざまなくらしのヒントに出会うしつらえとなっています。 」で展開する「スターバックス」と合わせて、食の多彩さ、楽しさをお伝えしていきます。 【地域の魅力を伝える「なおえつ良品市場」】 農産物直売所「旬菜交流館 あるるん畑」と連携し、地域の農産物生産の拡大に向けて、地域産品を展開する「なおえつ良品市場」を設けます。 上越産の旬の野菜をはじめ、上越市の伝承野菜や、不揃い・規格外の、「わけ」あって安い青果、米どころ上越を代表するお米やお酒、発酵食品や乾物、加工品まで品ぞろえします。 あわせて、無印良品の店舗では全国初となる「無印良品の家 陽の家」のショールームを設置し、無印良品の家具や雑貨などを実際の住空間で体感できる展示をしていきます。 【MUJI CAMP TOOLS】 海、森林、冬山のウインタースポーツなど、アウトドアの楽しみが盛りだくさんな上越地域ならではの新しい取り組みとして「MUJI CAMP TOOLS」のコーナーを展開します。 「シリコーン調理スプーン」や「吊るせるポーチ」、「頑丈ボックス」といった無印良品の定番商品のほか、シンプルかつ丈夫なつくりで直火にもかけられるシェラカップや、抜群の耐久性と保冷力で医療品の運搬などにも使われているクーラーボックスなど国内外のアウトドアブランドの商品を、屋外でも屋内でも機能を発揮する日用品として無印良品の視点で編集し、展開します。 いつものもしも。 muji. 無料の休憩スペース兼自習スペースとして、どなたでもお気軽にご利用いただくことが可能です。 また今後は、無印良品が主催するイベントや、上越市や直江津ショッピングセンターとの共同イベントの開催についても、状況を見て開催する予定です。 今回の出店を機に、直江津の皆さんと「100 年後の街の風景を描く」という発想で街づくりに参加していきたいと考えています。 様々なカテゴリーのアーティストと連動し、新たな視点から潜在的な地域の価値を見出すことで上越エリアの文化性を発展させながら、楽しくできる街づくり活動のきっかけを、アートを通じて作り上げていきます。 今後の情報は、MUJI passportを通じてお知らせしていきます。 新型コロナウイルス感染症の影響により、私たちの生活様式は一変しました。 店舗まではなかなか足を運びづらい中山間地などにお住まいの方々のもとへ無印良品から出向き、会話し、くらしの安心と楽しさをお届けします。 7月16日〜19日は、近隣にお住まいのMUJI passportメンバーのうち、「無印良品 直江津」を店舗フォローしてくださった方からご応募いただき、抽選でご招待します。 詳細決定次第、MUJI passportを通じてお知らせします。 なお、20日のグランドオープン以降は、新型コロナウイルス感染症の拡大予防を最優先に考え、店内の清掃・消毒や従業員の健康管理はもちろんのこと、状況に応じた入場制限などの感染防止対策を取り、お客様と従業員の安全と健康に配慮して営業してまいります。 Cより約10分 企業プレスリリース詳細へ 本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。 FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。

次の

上越市に無印良品直江津。大企業の本気の挑戦を感じる。

無印 良品 上越

防災グッズとしても使えるアウトドアコーナー 衣食住を展開する「無印良品」の運営会社、良品計画(東京都)は20日、売り場面積約2,000坪の世界最大クラスとなる「無印良品 直江津」を新潟上越市の直江津ショッピングセンター2階にオープンした。 「無印良品 直江津」は食品の拡充に力を入れており、テナントでは同社とのコラボが初となる「スターバックス」、コーヒー豆や珍しい食材やワインなどが並ぶ「カルディコーヒーファーム」、全国の美食のセレクトショップ「久世福商店」が入る。 また、地元のJAえちご上越と連携し、農家から毎日直送される野菜直売所「なおえつ良品市場」を開設したほか、「なおえつ良品食堂」では新潟県妙高市の人気店「とん汁たちばな」監修のとん汁ラーメンを少量で手ごろな価格で販売することなどが特徴的といえる。 野菜直売所「なおえつ良品市場」 同店の林昌宏店長は「通常の当社の『無印良品』の店舗の来店頻度は月に1、2度。 この店舗では食のコンテンツが充実しており、地元の人を中心に毎日来てもらいたい」と話す。 食品以外では、「スターバックス」は隣の書店コーナー「MUJI BOOKS」と連携し、ブックカフェとして展開、古本のコーナーもある。 また、上越地域は海、山、スキーなどアウトドアが盛んな土地柄であることから、アウトドア用品売り場を強化し、防災でも使える商品を品ぞろえている。 さらに、上越市と包括提携を結んでいることもあり、椅子と机がある集会所などに利用できる「Open MUJI」は高校生の勉強や地域住民に開放し、コミュニティを作りたいとしている。 集会所などに利用できる「Open MUJI」 「新型コロナ禍で、ただ来てもらうだけでなく、自分たちから出ていくことも必要」(林店長)として、毎月3と8の付く日に開催される上越市直江津地区伝統の朝市「三・八の市」に同店として、今年5月から1区画で出店している。 同社としての全国初の取り組みだという。 また、「MUJI to GO」のロゴがマッピングされたマイクロバスによる上越地域の中山間地への移動販売も、8月の実証実験を経て9月から本格実走開始の予定だ。 林店長は「まずは、足元の商圏を固めたい。 そして、新潟市や長野県、富山県など、今まで上越から買い物に行っていた場所から逆に来てもらえればいい」と話している。

次の