郵便 あてどころに尋ねあたりません。 受け取り拒否されたら?!/内容証明net

送った郵便物が自分のところへ戻ってきてしまいました。再度送りたいのですがどうしたらいいですか?

郵便 あてどころに尋ねあたりません

概要 [ ] 「転送不要」の意味は、簡単に言うと、以下の2つである。 転居届が提出されている場合は、(宛先住所に住んでいないということだから)、配達員は転送せず、差出人に返還する。 住所が少しでも間違っている場合は、配達員は配達せず、差出人に返還する。 詳しい意味は以下に解説する。 利用目的等 [ ] 転送不要郵便は、や在中のや、金融機関が差し出しの郵便物にしばしば見られる。 転送不要の主な目的は、• 送付する郵便物を転送不要とすることで、住所確認の意味を持たせているため(もっと厳密にしたものが本人限定受取郵便といえる)。 第三者が無断で転居届を出して他人の重要郵便物を詐取することを防止するため。 である。 なお、の請求書やクレジットカードの明細書を転送不要としている事例は皆無に近い。 ただし、携帯電話会社の初回契約時に郵送される、「契約内容確認はがき」は、登録住所確認のため、転送不要となっている場合が多い。 配達員による正規取扱い方法 [ ] 郵便物の宛名面に「転送不要」または「転送不可」など転送を要しない旨を明記された郵便物が転居前の住所宛てで配達局に届いた場合、が出ている場合であっても転送せず、「あて所に尋ねあたりません」の還付印を押印して還付する。 かつては「転居のためお返しします」という類の付箋を付けて還付していた時期もあったが、現在は還付印を押しての還付が正規取扱となった。 また、宛先の住所が間違っている場合も、配達員が勝手に正しい住所に直さずに還付する。 (便宜取扱いの禁止)例えば、青葉台1丁目2-3が正式住所なのに、誤って青葉台1丁目1-2-3という宛先住所になっている場合は還付しなければならない。 これは転送不要としない配達証明・特別送達・本人限定受取郵便の場合も同じである。 転送不要郵便物は、 転送しなくても良いではなく、転送してはいけない郵便物である。 住所が間違っているのに、配達員が気を利かせて、差出人に無断で住所を書き換えて配達することは、正規取扱いではない。 したがって意味合いとしては、転送不要ではなく転送 禁止である。 転送不要の取扱いの例外 [ ]• 不在持ち戻りとなった場合は、転送不要であっても、勤務先を再配達先とすることができるし、他の郵便局での受取もできる。 これは、不在票を宛て所の受箱に投函することにより、宛て所の居住確認が取れているためである。 ただし、特別送達に限っては、勤務先を再配達先とすることができない。 の場合は、転送不要郵便であっても回送する。 転送と回送は異なるためである。 関連項目 [ ]• - のサービスで、宛先住所以外には配達しないサービス。 転送不要の簡易書留と同様に、クレジットカードの送付に使われている。

次の

転送不要

郵便 あてどころに尋ねあたりません

あて所に尋ねあたりませんとは? あて所に尋ねあたりませんとは、「あてどころにたずねあたりません」と読み、何らかの理由(郵便番号違い、住所違い、番地間違い、転居届切れ、名前違いなど)により配達されずに差出人に返送された郵便物のことです。 特に年賀状は年に1回しか送らなかったりすることもあり、「あて所に尋ねあたりません」で返送されることが凄く多いです。 返送された年賀はがきの再利用・再差出について解説しますので、参考になれば幸いです。 参考 「あて所に尋ねあたりません」については、下記の記事を参考にしてください。 返送された年賀はがきの再利用 返送された年賀はがきの再利用方法としては、「再差出」と「切手などに交換」の2種類しかありませんが、「切手などに交換」する場合は「未使用」というのが前提です。 再差出 再差出というのは、「あて所に尋ねあたりません」で返送された年賀はがきに新しく切手を貼付し、郵便番号・住所・名前などを修正して、再差出することです。 再差出する場合、下記のように「あて所に尋ねあたりません」に二重線を引き、「再差出」と赤で記載してください。 訂正後 一般的に再差出せずに新しく書き直しされる方が多いと思いますが、上記のように返送された年賀はがきの再差出という方法もあります。 切手などに交換 年賀はがきを切手などに交換する場合、 未使用というのが大前提です。 この場合の未使用というのは、差出しを行ったかどうかで判断してください。 裏面を印字していても、あて名を書いていても、差出しを行っていなければ所定の手数料を支払う事で切手などに交換することが可能です。 「あて所に尋ねあたりません」で返送された年賀はがきは、当然のことながら使用済になりますので切手などに交換する事はできません。 消印の有り無しで判断される方もいますが、年賀はがきに限っては年賀特別期間中は消印が押印されませんので、通常のはがきと異なり「消印が押印されていない=未使用」というわけではありません。 特殊なインクで肉眼で確認できないバーコードが印字されており、消印がなくても使用済か未使用かの判断が可能ですので、未使用として切手と交換しようとしてもバレます。 参考 切手などの交換については、下記の記事を参考にしてください。 よくある質問と回答 「年賀はがきの再差出」に関するよくある質問と回答です。 住所も名前も何1つ間違ってないのに返送されてきたのですが、どこに連絡したらいいですか? 配達局に連絡して確認する必要があります。 配達局は「あて所に尋ねあたりません」のスタンプに記載されている郵便局になります。 年賀の取戻しは可能ですか? 可能です。 実際、年賀状を出した後に喪中はがきが届いたので取戻しをしたいという連絡は結構多いです。 郵便物の取戻し請求が無料の場合と有料の場合の違いは何ですか? ポスト投かんにしても窓口にしても、現物(対象となる郵便物)が差出地の集配局にある場合は無料です。 差出地の集配局から現物(対象となる郵便物)が移動してた場合は、有料(形状に関係なく、配達業務を行う郵便局に請求の場合は420円、その他の郵便局に請求の場合は580円)になります。 年賀はがきが返送されてきましたが、返送理由を知りたいです。 返送理由は個人情報を含む可能性がありますので、基本的に回答してくれないと思います。

次の

宛先不明で戻ってきた年賀状は再送できる?出し直しや交換についても

郵便 あてどころに尋ねあたりません

「配達準備中に調査しましたがあて所に尋ねあたりません」とは? 「あて所に尋ねあたりません」は 「あてどころにたずねあたりません」と読むようです。 そしてこのスタンプが押されている年賀状(ハガキ)ですが、 文言のとおりで配達準備中に調査したけど宛先の住所、受取人に年賀状やハガキなど郵便物が届けられなかったことを意味します。 どうしてこのハガキが届かなかったのか? 「配達準備中に調査しましたがあて所に尋ねあたりません」になる原因は? ハガキや年賀状にこのスタンプ 「配達準備中に調査しましたがあて所に尋ねあたりません」が押されてしまう原因を調べてみました。 次のようなケースで受取人に届けられないと差出人に戻ってきてしまうようです。 宛先の受取人が引っ越しした場合• 日本郵便が管理している名簿の台帳と一致しない場合• 宛先の住所を間違えている場合• 受取人の住所に表札がない場合• 宛名が書かれていない場合• 配達員が居住を確認していない場合• 受取人の転居届の手続きが住んでいない場合 「配達準備中に調査しましたがあて所に尋ねあたりません」の解決方法は? この問題の解決方法については、先ほどの原因から適切な対応をしていくしかありません。 こちらが宛先の住所を間違えている場合や受取人の住所が間違えている場合は、 正しい住所を間違えなく記入するようにしましょう! そして正しい住所を記入しているのにも関わらずに 「配達準備中に調査しましたがあて所に尋ねあたりません」というスタンプが押されて郵便物が戻ってきてしまう場合は、 受取人が宛先の住所に住んでいるのかの確認がとれていない場合があります。 ( 郵便局の方では郵便物を送る時に独自の台帳を持っているようなのですが、宛先の住所にこの受取人が住んでいるのかを確認しています。 この確認が上手くとれていないと、郵便局の台帳と「宛先」と「宛名」が不一致となり、郵便物を届けられないようになってしまうようです。 ということでこの問題が発生している場合は、受取人が居住の確認を郵便局にできていない可能性があります。 受取人が居住の確認や転居の手続きが郵便局側と連携できているのかをしっかりと確認しましょう! 居住が確認できていない住所に対して受け取り先を指定されている場合は、郵便局側ではハガキや年賀状、郵便物を届けられない場合があるようです。 この場合は、 ヤマト運輸や佐川急便などの宅配サービスを使うしかないのかもしれません! 書き損じはがき・切手の交換サービスはできない! 「配達準備中に調査しましたがあて所に尋ねあたりません」となってしまい、受取人に届けてもらうことができなかった郵便物ですが、届かなかったので 「再利用」や 「書き損じはがき」として 切手の交換サービスなどができないのか最寄りの郵便局に確認してみました。 この場合は「再利用はできない」「切手の交換サービスもできない」とのことでした。 郵便局側としては、受取人へ届ける調査や努力をして差出人へ郵便物を返したことでサービスを提供した扱いとしているようです。 ということで、郵便物を届けるという目的は果たせなかったけど仕方ありませんよね! 年賀状とかだったら 年賀状のお年玉くじの番号だけ確認したら処分しちゃって良いと思います! ということで今回は、ハガキや年賀状などの郵便物に 「配達準備中に調査しましたがあて所に尋ねあたりません」となってしまった場合の対応についてのお話でした!.

次の