マイレージ プラス ゴールド jcb。 世界一わかりやすい『マイレージプラスJCBゴールドカード』解説|あなたにベストな一枚かわかる!

MileagePlus JCBカード | クレジットカードのお申し込みなら、JCBカード

マイレージ プラス ゴールド jcb

マイルアップメンバーズに参加すると、 ショッピング利用1,000円につき10マイルが加算されます。 リボ払いによる金利でコストがどんどん高くなってしまう可能性があります。 ダイナースクラブカードの付帯サービースを上手く活用できる人にはいいかもしれません。 マイル還元率1. Table 年会費 マイル還元率1. だだし、マイル還元率1. 上限なくマイル還元率1. 特典航空券 貯めたマイルは特典航空券に交換して利用することで価値があるものです。 特典航空券に交換できなければマイルを貯める意味が無いといっても過言ではないと思います。 特典航空券に必要なマイル数を持っているのに、希望の日程で特典航空券を取るとこができないことは多々あります。 なぜなら、ほどんどの特典航空券は、それぞれに利用枠があるからです。 ここで朗報です! セゾンゴールドとセゾンプラチナに新サービスが追加されました。 プラチナ ゴールド ラウンジサービス 主要空港カードラウンジ 復路に利用可能な ユナイテッドクラブ利用パス2枚 主要空港カードラウンジ マイル購入優遇 10%OFF 10%OFF 特典航空券の交換優遇 交換座席数UP! 特典航空券の予約制限無し! 交換座席数UP! 特典航空券の予約制限無し! 搭乗サービス 優先搭乗 なし 毎年のサンクスマイル 5,000マイル 1,500マイル アメックスのみ ユナイテッド航空運行便に限られますが、特典航空券の利用が可能なフライトで座席が残り1席であっても、 空席がある限りエブリディ特典の予約が可能となり、一般会員に比べ交換できる座席数が増えます。 これは、特典航空券の予約にとても大きなことです! JCBゴールドとセゾンゴールドの年会費の差額は5,000円 税別 です。 この差額で特典航空券の予約制限がなくなるのなら、セゾンゴールドの方が利用価値が高いと思います。 なぜなら、特典航空券を希望の日程で利用できる可能性がとても高くなるからです。 ただし、セゾンゴールドのマイル還元率1. カード利用金額にすると年間最大500万円なので、不足もないかと思います。 年間利用金額が500万円以上になる人は、セゾンプラチナを検討してもいいかもしれません。 セゾンゴールドとセゾンプラチナの年会費の差額は30,000円 税別 です。 この差額で受けられる特典は以下の通りです。 優先搭乗• まとめ カード利用で安定的にマイル還元率1. 特典航空券に交換できなければマイルを貯める意味が無いと言っても過言ではないと思います。 交換座席数UP! 特典航空券の予約制限無し! これがとても大きいです。 特典航空券を希望どうりに使えるための数千円のコスト増はマイルを使い慣れている人にとってありだと思います。 マイレージプラス マイルを貯めるなら、マイレージプラス セゾンゴールドがおすすめです。 ゴールドカード以上は、国内空港ラウンジを無料で利用することができます。 \ SNSでシェアしよう! / まいるとりっぷの 注目記事を受け取ろう•

次の

Jcb ゴールド プラス Ana マイレージ クラブ

マイレージ プラス ゴールド jcb

ユナイテッド(UNITED)航空は米国・シカゴに本社を持つ 世界最大級の航空会社だ。 2010年に コンチネンタル航空と合併しさらにネットワークを拡大した。 また、 ANAも加盟する国際航空連合スターアライアンスの中心的存在だ。 ユナイテッド航空のマイレージプログラムは 「マイレージプラス」。 マイルを貯める方法として、フライトの他に 提携クレジットカードの利用がある。 本記事では、マイレージプラスでマイルを効率的に貯めることのできるクレジットカードを紹介する。 カード利用で直接マイルが貯まり、その他、カードごとに保険や補償、便利なサービスが付帯している。 貯まったマイルは、フライトの他、提携ホテルや関連サービスでも利用できる。 ANAも加盟する スターアライアンスのフライトでもマイルを貯めたり利用したりできるので、日本の利用者も利用機会が多いので、活用してほしい。 また、マイレージプラスでは 獲得マイルと搭乗回数に応じて4つのステータスがあり、これについてもまとめた。 ステータスによって特典やサービスが受けられるので、こちらも確認してほしい。 ユナイテッド航空のマイレージプラス ユナイテッド航空のマイレージプログラムは 「マイレージプラス」。 マイレージプラス会員は、さまざまな場面でマイルを効率的に貯めることができるようになる。 まず、 ユナイテッド航空および ユナイテッド・エクスプレスの利用、また スターアライアンス加盟の航空会社および提携航空会社を利用することによりマイルを貯めることができる。 その他、提携ホテルや交通機関の利用でもマイルを貯める機会がある。 また、 提携クレジットカードの利用でもマイルを貯めることができる。 日常的に利用するカードでのマイル獲得は効率的にマイルが貯まる方法だ。 獲得したマイルはユナイテッド航空およびスターアライアンス系列の航空会社のフライト、また提携ホテルやその他旅行関連サービス、ショッピングなどに利用できる。 マイルが貯まるクレジットカード ユナイテッド航空のマイレージプラス会員は提携クレジットカードを使うことでお得にマイルを貯めることができる。 以下におすすめのカードを紹介する。 マイレージプラスセゾンカード こんな人におすすめ ・ユナイテッド航空のマイレージプログラム「マイレージプラス」を利用したい ・ANA、スターアライアンス系列の航空会社をよく利用する ・海外旅行保険を利用したい 3つのポイント ・マイルアップメンバーズ利用で還元率1. 5% カード利用金額に応じてユナイテッド航空のマイレージプログラム「マイレージプラス」によりマイルが貯まる。 通常はカード利用1,000円につき5マイルが貯まり、 還元率は0. また、コスモ石油利用時は利用額1,000円につき10マイルが貯まる。 さらに、追加年会費5,000円 税抜 で 「マイルアップメンバーズ」を利用でき、これによりカード利用1,000円につき15マイルが貯まり、コスモ石油利用時は20マイルが貯まる。 ・スターアライアンス加盟航空会社でマイルが貯まる ユナイテッド航空は スターアライアンスに加盟している。 スターアライアンスには ANAをはじめ28社が所属しており、本カードではユナイテッド航空以外に、スターアライアンス加盟会社を利用した場合もマイルが貯まり、利用できる。 スターアライアンスは 日本の運航便も多いので、日本在住者にとっても利用しやすいマイレージプログラムと言える。 ただし、セゾンカードの永久不滅ポイントは貯まらないのでその点は注意。 ・最高3,000万円の海外旅行保険が付帯 海外旅行傷害保険が最高3,000万円自動付帯する。 ユナイテッド航空をはじめとしたフライトの利用が多い人は当然海外旅行の機会も多いだろう。 旅行保険も大切なポイントのひとつだ。 マイレージプラスJCBカード こんな人におすすめ ・「マイレージプラス」で効率的にマイルを貯めたい ・海外旅行保険を利用したい ・海外旅行時、お得に買い物をしたい 3つのポイント ・ユナイテッド航空「マイレージプラス」提携で利用毎にマイルが貯まる ユナイテッド航空のマイレージプログラム「マイレージプラス」により、カード利用100円 税込 につき 一般カードは1マイル、ゴールドカードは1. 5マイルが貯まる。 また、ユナイテッド航空をはじめ、スターアライアンス加盟航空会社のフライトを利用するたびに飛行マイルが加算される。 ・海外旅行保険が自動付帯 海外旅行傷害保険は一般カードは 最高3,000万円で自動付帯、ゴールドカードは 最高1億円で利用付帯(最高5,000万円まで自動付帯)。 また、ゴールドカードは 国内旅行傷害保険も最高5,000万円で自動付帯。 他にも、 ショッピングカード保険により一般カードは海外で最高100万円、ゴールドカードは海外・国内ともに最高500万円まで補償がついている。 ・ゴールドカードならANAグループ空港内免税店で10%OFF 成田国際空港、関西国際空港のANA DUTY FREE SHOP、羽田国際空港のTIAT DUTY FREE SHOP SOUTHでゴールドカードを利用すると10%引きとなる。 マイレージプラスMUFGカード ゴールドプレステージ Visa こんな人におすすめ ・ユナイテッド航空「マイレージプラス」で効率的にマイルを貯めたい ・海外旅行保険を利用したい ・リボ払いを利用する 3つのポイント ・ユナイテッド航空「マイレージプラス」提携で利用毎にマイルが貯まる ユナイテッド航空のマイレージプログラム「マイレージプラス」により、カード利用 100円につき1マイルが貯まる。 さらに 海外での利用は100円につき1. 5マイルが貯まる。 また、ユナイテッド航空をはじめ、スターアライアンス加盟航空会社のフライトを利用するたびに飛行マイルが加算される。 ・国内・海外の旅行傷害保険が付帯 海外旅行傷害保険は 最高5,000万円で自動付帯しており、 家族特約も付帯している。 また、 国内旅行傷害保険は 最高5,000万円で自動付帯、さらにカード利用で補償の範囲が広がる。 他にも、 ショッピングカード保険により、最高200万円までの補償がついている。 ・リボ払い利用でマイルがさらに貯まる!年会費優待あり リボ払いを利用する場合はマイルが2倍となる。 また、登録型リボ「楽Pay」を利用し条件を満たす場合、年会費が2,000円~半額優遇される。 マイレージプラス会員の種類 マイレージプラスには、下表のようにマイルと搭乗回数に応じた 4つのステータスがある。 ステータスによって受けられる特典やサービス、ボーナスマイルなどが変わり、 「プレミアゴールド」以上のステータスではラウンジを無料で利用することができる。 各ステータスへのランクアップの条件は以下の通り。 全カテゴリーの共通条件として、1年間でユナイテッド、ユナイテッド・エクスプレスが運航するフライトを有料で最低4区間以上の利用が必要になる。

次の

MileagePlusセゾンゴールドカードの詳細情報|ゴールドカード比較の達人

マイレージ プラス ゴールド jcb

年会費 10,000円 税別 サービス年会費 5,000円 税別 備考 年間100万円 税込 以上の利用でサービス年会費無料 JCBゴールド ザ・プレミアは、 「J CBゴールド」の上、「JCBプラチナ」の下 に位置するカードです。 年会費は表のとおり、 トータル15,000円 税別。 年間100万円 税込 以上を利用している場合には、サービス年会費がかからないため、 JCBゴールドと同様の年会費10,000円 税別 のみで利用することができます。 JCBゴールド ザ・プレミアは招待制!その条件とは? 下記2つの条件を満たしている場合、 毎年2月末にJCBゴールド ザ・プレミアの招待メールが届きます。 2つの招待条件• ショッピング利用合計金額が2年連続100万円以上である• MyJCBにアドレスを登録していること 招待メールから申込みを済ませれば、約2~3週間ほどで自宅までJCBゴールド ザ・プレミアカードが届くでしょう。 なお、申込みには期限が設定されており、毎年大体メール到着後から約1ヶ月と1週間程度と長くはありません。 うっかり申込みタイミングを逃さないように気をつけて ください。 それでは、2つの条件について詳しくチェックしてみましょう。 ショッピング利用合計金額が2年連続100万円以上である 集計期間は12月16日~翌年の12月15日まで。 この期間中に2年連続で100万円 税込 以上の利用が必要です。 なおJCBカードならどれでも対象かといえばそうではなく、 「JCB ORIGINAL SERIES対象のJCBゴールド」のみ対象となるためお気をつけください。 対象外のカード例• JCB金融機関のキャッシュカード機能付きクレジットカード 一体型カード• 利用者支払型家族カード• JCB GOLD EXTAGE• JCBゴールド法人カード• JCBデビットゴールド• JCBザ・クラス• JCBプラチナ• JCBネクサス• JCBゴールド法人カード• ビジネスカード• コーポレートカード• JCBドライバーズプラスカード• Type Select JCBカード• 各種提携カード JAL・JCBカード、ANA・JCBカードなど 2. MyJCBにアドレスを登録していること こちらは招待条件というよりは、招待メールを受け取るための条件といったものです。 JCBゴールド ザ・プレミアの招待を受けたいのであれば、 毎年1月31日までに会員専用WEBサービス「MyJCB」に受信可能なEメールアドレスを登録 してください。 なお、アドレスが間違っていたり、アドレス変更後にMyJCBにて変更手続きをおこなっていない場合には、当然ながら招待メールを受け取ることができません。 注意!支払いを遅延・延滞していては招待されない JCBゴールド ザ・プレミアへの招待は優良会員におこなわれるものです。 そのため、いくら多く利用していてもカード利用代金支払いが遅れるなど、不誠実な利用態度では招待が届かないので注意しましょう。 JCBゴールド ザ・プレミアの8つのメリット JCBゴールド ザ・プレミアの招待条件は、人によっては厳しいと感じられるかもしれません。 また、と比較すると年会費が5,000円高くなることが懸念点となる場合もあるでしょう。 しかし、 JCBゴールド ザ・プレミアはそれらの不安材料をものともしないようなメリットがいくつもあります。 ここからはメリットをひとつずつ詳細にチェックしていきましょう。 しかし、ほかの招待制カードの多くは条件を明らかにしていません。 つまり、狙ってアップグレードすることは難しいのです。 しかし、だからといってJCBゴールド ザ・プレミアのメリットがほかのカードよりも劣るかといえばそうではありません。 そのため、 プレミアムなカードが欲しいのであれば狙い目 だといえるでしょう。 メインカードとしてJCBカードを使用していれば、なかなか驚くほど貯まり、キャッシュバックなど有効に使用できるでしょう。 表を見てもらえればわかるとおり、 JCBゴールド ザ・プレミア会員は利用金額にかかわらず優遇率が高めに設定 されているのが特長です。 しかも、いくつかプランがある中の最上級プランである 「プレステージ」を利用可能。 一部の空港ではレストランやスパ、リラクゼーションなどの優待を受けることもできます。 ホテルも旅館もプランがありますが、どこも贅沢な宿泊場所ばかり。 記念日など特別な日や、非日常を味わいたいときなどにおすすめです。 使い方としては自身でホテルに電話をかけて予約を取ることもできますが、基本的にはJCBのコンシェルジュデスクに電話をかければOK。 利用したいプランや希望を伝えれば、 予約などはすべてJCBがおこなってくれるため、旅行に不慣れでも安心 です。 そして、 当日はクーポンページを印刷したものか、スマートフォンなどでクーポン画面を提示すればOK。 会計が 30%OFFとなります。 なお、予約は電話で入れることになりますが、その際にはJCBのダイニング30を使用したい旨を忘れずに伝えてください。 ラウンジ内には無料Wi-Fiや電源があるため、ノートパソコンやタブレットなどでちょっとした作業をするのもよいでしょう。 当日中 10:00~18:00 であれば、 手荷物も預かってもらえるため、ホテルのチェックインまで時間があるといったときにも便利ですね。 3つの海外旅行保険• 国内・海外航空機遅延保険• 国内・海外旅行傷害保険 ひとつずつ詳しく見ていきましょう。 国内・海外航空機遅延保険 国内であっても海外であっても、 航空便に4時間以上の遅延があった場合には、その間のホテル代や食事代の手当てが 2万円まで出るといった保険です。 また、 預けていた手荷物が届かなかった場合にも、衣料購入費用として最大 4万円の手当てが出るため、万が一のときに助かるでしょう。 また、こちらの保険は自動付帯となるため、特別な手続きなしにサポートを受けることができるのもメリットです。 ただし、1回の事故につき自己負担額が3,000円だけかかる点や、食料品など一部の商品は対象外となることは覚えておきましょう。 こちらも自動付帯であり、手続きは必要ありません。 こちらも自動付帯であり手続きは不要ですが、保険金の支払い条件は細かく決まっているため、気になる方は公式サイトをご確認ください。 また、 JCBゴールド ザ・プレミア会員だけが利用できるため、混雑でなかなか繋がらないといったことも解消されるでしょう。 カードに関する全般的な問い合わせを担当する「インフォメーションダイヤル」のほか、ゴルフ場やJCBプレミアムステイプランの予約を担当する「リザベーションダイヤル」が用意されています。 JCBゴールド ザ・プレミアの3つのデメリット つづいてJCBゴールド ザ・プレミアのデメリットもチェックしていきましょう。 メリットだけでなくデメリットもきちんと理解することは、あなたにとって JCBゴールド ザ・プレミアが必要なのかを判断する材料 になります。 これを還元率に置き換えると0. JCBゴールド ザ・プレミアの場合は、最大で1,000円で1. 7ポイントになりますが、それでも還元率は0. 85%です。 同じJCBカードでも1. 0%~5. 0%の還元率を誇るカードがあるぐらいため、 還元率は決して高いとはいえません。 ただ、税込価格に対して還元される点はメリットとなるため、ほかカードと比較する際には還元率だけでなく税抜か税込かもチェックしておきましょう。 そのため、とくに海外旅行であればJCBゴールド ザ・プレミアが1枚あればOKとは決していえません。 もちろん国内であってもJCBブランドは使えないケースがVISAよりも多いです。 そもそも海外旅行には2枚以上のカードを持つべき 海外旅行に持っていくクレジットカードが1枚だけでは、いささか不安があります。 スキミングや盗難の発生率が日本よりも多いため、現地で使用不可となるケースも後を絶たない ためです。 そのため、JCBゴールド ザ・プレミアに限らず、海外旅行にはクレジットカードを最低でも2枚は持っておきましょう。 ディズニーデザインカードだと、東京ディズニーリゾートやディズニーストアなどで特典を受けられますが、それを目当てにしているのであれば、JCBゴールド ザ・プレミアは不向きでしょう。 JCBゴールド ザ・プレミアがおすすめな人とは? メリットとデメリットの両方を見た場合、とくに下記に当てはまる人にはJCBゴールド ザ・プレミアがおすすめだと言えます。 JCBゴールド ザ・プレミアの特典• Oki Dokiポイントが貯めやすい!• 空港ラウンジでリッチにくつろげる!• 贅沢な宿泊プランを利用できる!• 贅沢な食事を30%OFFで食べられる!• JCB Lounge京都を利用できる!• 充実した海外旅行保険がついている!• JCBゴールド ザ・プレミア会員専用のデスクがある! とくに よく旅行するといった方にとっては、サービス年会費5,000円 税別 なんて安いと感じるほどのVIPな待遇 を受けられるはずです。 年間100万円以上クレジットカードを利用する人 JCBゴールド ザ・プレミアを100万円以上利用した場合には、 サービス年会費5,000円が無料。 ゴールドカードと同様の年会費10,000円だけで持つことができるため、懸念点が少なくなります。 なお、日ごろから会計はすべてクレジットカードで済ませている人であれば、年間100万円以上クレジットカードを利用するというハードルは実はあまり高くありません。 会計をJCBゴールド ザ・プレミアに一本化すれば、十分に狙えるはずです。 JCBの最上位カードであるJCBザ・クラスを狙っている人 「JCBザ・クラス」とは、こちらも招待制であり、JCBゴールド ザ・プレミア以上の特典を受けられる最上位のカードです。 しかし、それゆえにJCBゴールド ザ・プレミア以上に招待難易度が高く、利用実績を多く積まないといけません。 その 過程として、JCBゴールド ザ・プレミアを利用 するのもよいでしょう。 JCBザ・クラスとは 特典の中には、年に一度好きなプレゼントを選んでもらえる「メンバーズセレクション」などがありますが、こちらのプレゼント額は約25,000円相当のものばかり。 このような特典をはじめ、 還ってくるものがとても大きいのがJCBザ・クラス なのです。 JCBゴールド ザ・プレミアが欲しいなら、まずはJCBゴールドで実績を積もう! JCBゴールド ザ・プレミアはとても豊富な特典付きでありながらも、 招待条件がオープンになっていて、比較的持ちやすいプレミアムなカードです。 ただ、その条件として、「JCB ORIGINAL SERIES対象の」を 最低でも2年間にわたって利用しなくてはいけません。 そのため、 JCBゴールド ザ・プレミアが欲しいのなら、まずはJCBゴールドへと申込みましょう。 そして、実績を積み、JCBゴールド ザ・プレミアへの招待を手に入れてください。 また平日11:00AMまでにお申し込みが完了し、12:00PMまでに「カードオンライン入会判定結果のお知らせ」メールを申し込み時に入力されたメールアドレスへお送りした場合のみ、最短当日発行、翌日お届け。 オンラインで入会申し込みの場合は初年度年会費無料。 本会員の方が対象です。 資料請求でお申し込みの方、もしくはお切り替えの方は対象となりません。 目的別にクレジットカードを探す•

次の