ヘア アイロン コテ 違い。 コテとアイロンの違いとは?両方の機能を持ったヘアアイロンも紹介!

失敗しないカールアイロン(コテ)の選び方と種類

ヘア アイロン コテ 違い

ヘアアイロンの素材って、チタンとかセラミックとか違いが分からない。 それぞれ良い!って書いてあるから選べないんだけど。。 痛めないヘアアイロン選びで最も大事なのが【プレートの質】! 直接髪にあてる部分なので、プレート素材や加工に各社こだわりがあります。 でもヘアアイロンによって使っている素材が違うから、どれがいいのか分かりにくいんです。 しかもプチプラのものと高級なものとどちらも同じ素材だったりして、値段によって違うわけでもないから「一体どういうこと?」と思ってしまいます汗。 ヘアアイロンで使われている素材は主にチタン・セラミック・テフロンの3種類です。 どれがいい!というのは一言で言えないんですが、それぞれ特徴があるので比較していきます。 テフロンは摩擦係数が世界一少ない素材で、チタン・セラミックのなんと10倍も!髪へのダメージが少ないのが特徴。 でも、 テフロンの唯一の弱点は【耐久性】が弱いこと。 コーティングが剥がれやすいのが最大の欠点なんです。 そのためコーティングを丈夫にしようとすると特殊加工をしなければならず、非常にコストがかかってしまうためテフロン素材のヘアアイロンは最近あまり多くはありません。 テフロン素材でプレート加工が丈夫なものは、現在【絹女シリーズ】だけ。 実際使ってみると、特殊加工のテフロンは髪に吸い付くようななめらかさで感動! 少し価格は高めですが、プレート耐久性が優れていて15年も使えるそう。 関連記事 このように摩擦係数をみるとテフロンが圧倒的に良くて、次いでセラミック・チタンです。 次にチタン・セラミックの違いについて説明していきます。 チタン チタニウム 素材はクセが強い方におすすめ! チタン素材の特徴としては【伸ばす力強い】ことがあげられます。 チタンはこの3種類の中では最も摩擦係数が大きいのですが、その分多少髪に引っかかるため伸ばす力も強いです。 《クセが強い》《髪が太い》方は伸ばす力の強いチタン素材で一気に仕上げるのが髪を痛めないコツ。 摩擦係数が大きいといっても数値上のことで、実際に使ってみて引っかかることはないので使いやすいです。 またコーティングの耐久性が高いのもチタン素材です。 ただサロニア等、プチプラのヘアアイロンだとコーティングが薄くて剥がれやすいので注意しながら使ってくださいね。

次の

ヘアアイロンとコテの違いって何?

ヘア アイロン コテ 違い

ヘアアイロンはプレートの素材や温度設定の範囲、人気などある程度ポイントを絞って購入しているかと思いますが、実は価格でも質や使い勝手が変わってきます。 特にヘアアイロン選びに何回も失敗している方や初めて購入する方は価格も含めて慎重に選ぶことをオススメします。 ヘアアイロンで髪を伸ばす仕組み 髪を手っ取り早く伸ばす方法の1つに「ヘアアイロン」があります。 ヘアアイロンはスタイリングの際にあると大活躍してくれるアイテムですが、どういった仕組みで髪を伸ばしているか知らない方も多いと思います。 ポイントは「熱」。 熱で髪の形を自由に変化させているのです。 熱で髪が一時的に柔らかくなる!? 髪の形は髪の毛の中にある細胞のくっつき方によって決まります。 直毛(ストレート)であれば細胞同士のくっつき方がキレイにまっすぐになっており、クセ毛や天然パーマであれば細胞同士がガタガタにくっついているのです。 あくまで細胞のくっつき方の話ですので、クセ毛が悪い・直毛が正しいという事はありません。 頭皮や髪自体に影響を与える事もないので安心してください。 中の細胞もヘアアイロンで伸ばすことによってくっつき方を変化させることができます。 ヘアアイロンの熱が冷めると髪や細胞の結合が固まるのでストレートヘアをカールさせたり、クセ毛をストレートにすることが可能なのです。 高いヘアアイロンと安いヘアアイロンの違い ヘアアイロンは高いものだと何万もしますが、安いと数千円で買えてしまいます。 その場しのぎに性能を見ず、安いヘアアイロンを買ったという経験がある方も多いのではないでしょうか。 高いヘアアイロンと安いヘアアイロンの大きな違いは使うプレートの素材やコーティング技術、そして設定できる温度などが挙げられます。 特に長く愛用したいのであればプレートの素材が劣化に強く、そのプレートのコーティング力が高いものを選ぶ必要があります。 安いヘアアイロンですと、プレート素材やコーティング加工もレベルが下がってしまうので、できるなら価格の高い、高性能のヘアアイロンを選ぶようにしましょう。 また、設定できる温度の範囲も高いヘアアイロンですと広いですし、最高温度が高い種類もたくさんあります。 安いヘアアイロンが駄目という訳ではありませんが、使い勝手の良いヘアアイロンを長く愛用したいなら「価格の高いヘアアイロン」を買う事をおすすめします。

次の

【美容師が解説】ヘアアイロンとコテの違いとは?使い分けの方法も!

ヘア アイロン コテ 違い

こんにちは*ヘアーチルドレン公式ライター・美容師の大脇です* こちらの記事では数あるクレイツのカールアイロン コテ の、違いや特徴を簡単にまとめていきます。 ・クレイツのコテが気になるけど、たくさん種類があってどう違うのか分からない! ・ぶっちゃけどのクレイツのコテがおすすめなの? といったお悩みを解決していきます。 上記のように、クレイツのコテは大きく分けると 5種類に分けられ、左から順に• アフロートモデル となります。 まずはじめに結論から言ってしまうと、もしクレイツのコテでどれを買うかお悩みの方には、 エレメアカールとイオンカールプロの二択で十分です。 単純に、 仕上がり重視で見ると一番がエレメアカールで、価格などをふまえコスパ重視で見るとイオンカールプロが断トツで一番だからです。 追記 2018. 15 クレイツとホリスティックキュアーズがコラボした最強のカールアイロン・ ホリスティックキュアに関しては下記の記事で詳しく解説しています。 仕上がり重視ならエレメアカールより艶感が素晴らしいです! 関連記事: ホリスティックキュアシリーズの 目次• 一目でわかる!クレイツコテの比較表! すぐに違いがわかる比較表を作りましたので、手っ取り早く違いが知りたい方は下記の表を参考にしてください。 もともとクレイツのコテにはクレイツイオンと言った独自加工がされており、それが髪を巻く際の滑りや仕上がりの良さを再現します。 クレイツのコテの口コミで一番多い声が、滑らすような感覚で綺麗なカールをつくる事ができる!と声で、引っかかりがないストレスフリーな使いやすさが人気の理由です。 こちらのエレメアカールではそのクレイツイオン効果をさらに高めた プレミアムクレイツイオンを搭載。 水分量や巻いた後の仕上がりに徹底的にこだわりぬいたカールアイロンで、 仕上がりやダメージ重視したい方には一番おすすめの商品です。 機能や仕上がりが一番のコテなだけあって、価格は約1万3000円と高めの設定です。 その他クレイツのコテはAmazonなどで半額近くで購入する事ができますが、エレメアカールはそこまで割引されていません。 12追記 最近少しづつ割引されてきました! ただ今ではヘアビューロンなど2,3万を超えるコテも多く、それに比べると安く感じるかもしれません。 より仕上がりが良く 1万前後の予算でコテを探している方には、こちらのエレメアカールが一番おすすめです。 さらにエレメアカールについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。 この次に紹介する 初代イオンカールの改良版で、バレル 巻く箇所 がシルバーのコテになります。 改良版という事もあり、全ての機能や使いやすさが上がったものの、価格はAmazonで約半額で購入する事ができ、 5000円前後のコテの中では一番コスパに優れたコテではないでしょうか。 僕自身こちらのイオンカールプロを5年以上愛用しており、美容室でお客様からおすすめのコテを聞かれた際はイオンカールプロと言うほどです。 さらにイオンカールプロについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。 関連記事: ロングセラー商品の初代イオンカール CREATE ION クレイツイオン• クレイツのコテといったらこちらのコテを思い浮かべる方も多いほど長い間ロングセラーだったコテです。 価格こそ Amazonで4000円前後と、3,4千円前後のコテの部類ではかなりコスパはいい商品ですが、イオンカールプロの機能などと比べるとどうしても見劣りしてしまう部分も。 価格もイオンカールの値段にプラス1000円くらいでイオンカールプロを購入する事ができるので、 予算が厳しくなければ断然プロをおすすめします。 さらにイオンカールについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。 比べて見るとわかるのですが、スペックとしては先ほど紹介した初代イオンカールとほぼ同じです。 イオンカールがチタニウム加工でグレイスカールがゴールド加工なくらい どちらもクレイツイオンは搭載されており、仕上がりや使いやすさ、滑り心地はほぼ変わりません。 グレイスカールにした決めての声で多かったものが、やはりゴールドの高級感あるデザイン。 ただ 価格にするとイオンカールプロとほぼ変わらないので、同じ金額を出すなら一回りスペックがいいイオンカールプロをおすすめしたいところです。 さらにグレイスカールについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。 一度は耳にした事がある方も多い、カリスマ美容師・宮村浩気さんがプロデュースしたコテになります。 さらにエスペシャルカールはデジタル表記なので、設定温度がわかりやすいつくりになっています。 ただイオンカールプロやエレメアカールのように 誤作動防止機能がついていないので、スタイリング中にうっかり電源や温度調節ボタンを押してしまった・・なんて口コミもあります。 価格もアマゾンでは参考価格よりお安く購入できますが、 さらに安く購入できるイオンカールプロの方がスペックもいいので、どちらがおすすめか聞かれるとイオンカールプロになります。 さらにエスペシャルカールについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。 関連記事: クレイツコテのメリット・デメリットを美容師目線で答えると・・ クレイツのコテは美容師目線から見てもかなりおすすめできる商品ですが、あえてデメリットもあげたいと思います。 メリット• とにかく滑りがよく、巻き心地がかなり良い!• 温度を立ち上げる時のスピードが半端ないくらい早い• くっきりカールやゆるふわカールもどちらでも作る事ができる• 業務用 プロ 用なので、基本的には壊れにくい• 美容師さんで愛用している方が多く、プロ目線からもおすすめできる デメリット• 滑りが良すぎて人によっては扱いにくく感じる事も• 温度がなかなか冷めないので火傷に注意• 業務用でどのコテもコードが3Mと長め 人によってはメリット• MADE IN CHINAである 簡単にまとめてみました。 まずメリットは解説した通りです。 他のコテを使っていた方がクレイツのコテを使用して一番多い声が、 巻き心地が良い!という声。 滑らすような感覚で引っかかりがない巻き心地ですが、カールもしっかりカールからゆるふわカールに対応できます。 また口コミを見ると断線が切れた・・や、数カ月で壊れた・・なんて声もありますが、 基本的にクレイツは業務用なので壊れにくいです。 電化製品なので、クレイツに限らずどのメーカーのコテも壊れた・・なんて口コミはつきものですね。。 実際僕自身はイオンカールプロを使用しており、4年間美容室でヘビロテしてますが未だ健在です。 デメリットは一部メリットにもなるのですが、やはり 感じ方に個人差はあります。 滑りがいい事がかえってやりにくいと感じる方や、コードも長いので収納に不便と感じる方も 個人的には嬉しい また一番引っかかるデメリットとしては、 クレイツのコテが全て中国製である事。 中国製は絶対買わないと決めている方には残念ながらおすすめする事はできません。。 コスパ重視ならイオンカールプロ!予算に余裕あればエレメアカール! 最後にまとめです。 冒頭で個人的な結論を言ってしまいましたが、 コスパが一番おすすめはやはりイオンカールプロです。 また 予算にもし余裕があればエレメアカール、この二択に絞って選んでいただければ間違いはないです。 エレメアカールだけ予算が高くなってしまいますが一番スペックや仕上がりはいいですし、その他の商品はどれも似たような価格で購入できるので、その中で一回りスペックがいいイオンカールプロがコスパ重視ならおすすめという結論です。

次の