センシティブ 解除 twitter。 【Twitter】iPhoneでセンシティブな内容のツイートが見られるよう設定を解除する方法【アプリだとできない】

【解決】ツイッター「センシティブな内容が含まれている…」表示の解除方法! | LINEアプリの使い方・疑問解決マニュアル(LINE活用ガイド)

センシティブ 解除 twitter

1.センシティブツイート画面を開く 2.アカウント情報の入力 3.設定を変更する 1.センシティブツイート画面を開く センシティブ設定を解除するには 、センシティブな内容が含まれているツイートの左下にある設定変更をクリックします。 2.アカウント情報の入力 そうすると上記の画像のページに飛びますので、 アカウント情報の入力をして下さい。 もしかすると初期設定の場合、英語表記になっている場合がございます。 その際は画像左側の枠にチェックを入れてもらえればOKです。 補足:自分の投稿をセンシティブな内容にしない方法 よく間違ってしまうケースなのですが、アプリ版のツイッターにある上記の画像の枠は自分のツイートをセンシティブな内容として表示させるかどうかの枠です。 ビジネス用に活用している方はここの枠を設定しないにしといた方が良いです。 優良なツイートをしていたとしても、センシティブな内容扱いを受けてしまい表示されないのはもったいないですね。 間違ってここを設定してもセンシティブな内容は閲覧できませんのでご注意です。 センシティブ解除方法はとても簡単 ツイッターのセンシティブ設定はとても簡単ですので、もし気になるようでしたら設定しておいた方が良いです。 最後まで閲覧頂き、ありがとうございました。

次の

Twitter:センシティブな内容とは?解除の設定方法を徹底解説

センシティブ 解除 twitter

写実的な暴力描写• 成人向けコンテンツ• 強姦及び性的暴行に関するコンテンツ• グロテスクなコンテンツ• ヘイト表現を伴う画像 ユーザーによって投稿された画像や動画が、上記のいずれかにあたるとTwitterが判断した場合、画像や動画を表示する代わりに警告メッセージが表示される場合があります。 とはいえ、警告が表示されている画像をいざ開いてみればいたって普通の画像だった、というケースもよくあります。 Twitterでセンシティブな内容を含む投稿を見る方法 「センシティブな内容」の警告メッセージが表示されている画像や動画を見たい場合は、それらを表示するための設定をおこなう必要があります。 iPhoneでセンシティブな内容を含む投稿を表示させる方法 iPhoneでは、Twitteアプリのタイムライン上で「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです。 」と警告メッセージが表示されているツイートを開きます。 ツイートの詳細画面でも同様の警告メッセージが表示されているので、警告メッセージ下部の[設定を変更]をタップしてください。 すると、SafariやChromeなどのWebブラウザに切り替わり、ブラウザ上でTwitterの画面が表示されます。 WebブラウザでTwitterが開く ブラウザでTwitterにログインしていない場合は、設定を変更したいアカウントでログインしてください。 以上で設定は完了です。 Androidスマホでセンシティブな内容を含む投稿を表示する方法 Androidスマホでは、Twitterアプリ内の設定を変更する方法と、ツイートに表示された警告メッセージから設定を変更する方法の2パターンがあります。 Twitterアプリ内の設定を変更する Twitterアプリのメニュー画面から、[設定とプライバシー]を開きます。 設定項目の中から[プライバシーとセキュリティ]を選択してください。 これでセンシティブな内容を含む投稿であっても、警告メッセージが表示されることはありません。 ツイートの警告メッセージから設定を変更する Android版Twitterアプリでは、ツイートに表示されている警告メッセージからセンシティブなツイートの表示設定が変更可能です。 [表示する]をタップすると、当該のツイートに限って画像や動画が表示されるようになります。 PC(パソコン)でセンシティブな内容を含む投稿を表示する方法 PCのブラウザ上でセンシティブな投稿を表示させるには、センシティブな内容を含むツイートの下部にある警告メッセージから、設定を変更するか一度だけ表示させるかのどちらかから選択します。 [設定を変更]をクリックすると設定画面が開かれる [設定を変更]をクリックすると、設定変更画面に遷移します。 [表示]をクリックすれば、当該のツイートに限って画像や動画が表示されるようになります。 センシティブな内容を含む投稿を非表示にする方法 不愉快な画像や動画を見たくない人は、Twitterでセンシティブな内容を含むツイートを非表示にする設定をしましょう。 もし、非表示に設定しても不愉快な画像や動画が表示されてしまう場合は、ツイートの通報やミュートといった機能を使うとよいでしょう。 センシティブな画像や動画を非表示にする設定 センシティブな画像や動画の非表示設定は、Twitterの設定画面から有効にします。 なお、 iPhoneの場合はTwitterアプリからの設定はできないため、下記リンクよりSafariやChromeなどのWebブラウザからTwitterにログインし、設定をおこなってください。 以下では、Android版Twitterアプリでの操作方法を紹介していますが、Webブラウザ版のTwitterでもほとんど操作内容は変わりません。 Twitterのメニューから[設定とプライバシー]をタップし、[プライバシーとセキュリティ]を開いてください。 これで、センシティブな内容と判定された画像や動画は、警告メッセージが表示されるようになります。 それでも表示される場合は「通報」も可能 をおこなった状態でも、不愉快な画像や動画が表示されてしまう可能性もあります。 そのようなときは、該当のツイートをTwitterに通報するという手段もあります。 ツイート右上の[v]マークから[ツイートを報告する]を選択 まず、不愉快な画像や動画を載せているツイートを開き、右上にある[V]マークをタップ。 すると、画面下部からメニュー画面が出現するので、[ツイートを報告する]を選択します。 ツイートの報告理由を選択する画面に遷移したら、通報する理由として最も適切なものを選びましょう。 不愉快な画像や動画を通報する際は、[センシティブな画像または動画を表示している]をタップします。 続いて、通報する画像や動画がどのような内容を含むのかを、さらに4つのカテゴリーから選択して報告してください。 ボタンを押すとブロックかミュートができる これで、ツイートの通報は完了です。 完了画面では、通報した画像や動画をツイートしたユーザーを「ブロック」か「ミュート」できるボタンが用意されています。 ブロックとミュートは、不愉快な投稿を見ないためにも有効な手段です。 一方で、もし相手が相互フォロー関係にあるような状態である場合、ブロックすると相手にバレてしまう恐れもあります。 相手との関係性などに応じて上手く使い分けましょう。 通報したツイートは、タイムライン上で「このツイートを報告しました。 」というメッセージに覆われて表示されます。 通報後にツイートの内容を見たいときは、メッセージの右側にある[表示]をタップすると、一時的にツイートの内容を確認できます。 特定のキーワードやアカウントを見たくなければ「ミュート」が便利 特定のキーワードを含むツイートを見たくない場合や、特定のアカウントをタイムラインで非表示にしたいときは「ミュート」機能が便利です。 ブロックとは異なり、ミュートは相手に知られることなくツイートを非表示にできます。 ミュートの設定の詳細は、下記記事を参照してください。 appllio. com 自分のツイートがセンシティブな内容と判定されないための方法 普通の写真を投稿したつもりなのに、センシティブな内容を含む可能性があると判定されてしまった、という経験はないでしょうか。 その場合、自分の投稿に警告メッセージがつかないように設定する必要があります。 Twitterのメニュー画面から[設定とプライバシー]を開き、設定項目から[プライバシーとセキュリティ]を選択してください。 これが有効になっていると、自分の投稿した画像や動画に警告メッセージが出てしまう場合があります。 センシティブな内容を投稿するつもりのない人は、チェックを外しておきましょう。

次の

Twitter(ツイッター)のセンシティブな内容とは?設定方法や解除の方法を解説

センシティブ 解除 twitter

センシティブの基準は何か では何がセンシティブで何がセンシティブではないのか、確認していきましょう。 Twitterによるとセンシティブな内容とは• 写実的な暴力表現• 成人向けコンテンツ• 強姦及び性的暴行に関するコンテンツ• グロテスクなコンテンツ• ヘイト表現を伴う画像 と明言されています。 上記いずれかに該当し、センシティブ認定された画像については、 画像が表示される前に警告メッセージが出ます。 ただ何がひっかかるかはTwitterのさじ加減的なところもあるので、開いてみたら普通じゃん、といったケースも多々あるようです。 しかし、実際にこれマズいんじゃないのというものもしっかりフィルターにかかっているので、うっかり開いてオーマイガー!!なんてことにならないよう注意しましょう。 センシティブな内容の画像・動画を非表示にしよう このセンシティブな画像は、お好みで表示にも非表示にもできます。 まずは非表示の仕方からみていきましょう。 非表示にする方法-ブラウザ版 こちらはログインしてから行いましょう。 歯車マークから設定画面を開き、プライバシーとセキュリティへ進みます。 その後、セキュリティに表示されているセンシティブな内容を含む画像・動画を表示するのチェックを外しましょう。 これでTwitterがセンシティブ認定した画像・動画、それを含んだツイート、リツイートは表示されません。 非表示にする方法-スマホ版 次にスマホ版ですね。 アプリを開いて、• アイコンメニューの設定とプライバシーをタップ• プライバシーとセキュリティをタップ• セキュリティに表示されているセンシティブな内容を含む画像・動画を表示するのチェックを外す これで設定は完了です。 ちなみに iPhoneの場合、なぜかアプリではセキュリティチェックはずしができないので、Safariなどのブラウザから行う必要があります。 お近くのノジマ店舗を検索いただけます 逆にセンシティブな画像・動画を表示してみる 逆にセンシティブな画像・動画を表示したいなら、設定を変える必要があります。 パソコンで表示させる パソコンで表示させる場合、警告メッセージが出たらそれを 無視して「表示する」をクリックすればOKです。 今後もセンシティブな画像を閲覧できるようにしたい場合は、警告メッセージにある「設定を変更」をクリックします。 これでセンシティブなものが閲覧できるようになります。 Androidで表示させる Android版の設定変更は基本的にはパソコン版と同じです。 ただ、 最新のバージョンにアップデートしておく必要があります。 iPhoneで表示させる iPhoneも基本的にはAndroidと同じです。 ただ例によってアプリでは設定までできませんので、 Safariなどのブラウザを使って設定を変えなくてはなりません。 ブラウザ版でのログインが必要なので、若干メンドクサイですかね。 センシティブ認定以上にセンシティブなものが表示されたら 仕方ないことではありますが、Twitterが考える「センシティブ」を超えた画像や動画が表示されるケースがたまにあります。 もちろん見たくはないので、非表示にしたいところですが、なにせセンシティブに引っかかってこないため、非表示にすらできないケースもあります。 そんなときの 対処法として、「通報」があります。 この通報は、いわゆるTwitterの運営側がユーザーから集めた情報で、センシティブな投稿を見つけ出すようなものです。 ユーザーが直接モノ申すことができるわけですね。 通報は、通報したいツイートの右上のあるVのマークをタップし、「ツイートの報告」を開きます。 そこから「センシティブな画像を表示している」をタップすればOKです。 また通報した後、そのツイートをしたアカウントをブロックかまたはミュートする設定が行えます。 ミュートとはフォロー解除やブロックを行わずに、特定のアカウントのツイートがタイムラインに表示されないようできる機能です。 ミュートしたことは相手にはわからないので安心です。 またミュートはいつでも解除できます。 ミュート設定について詳しく 先ほども言いましたが、ミュートというのはフォローの解除やブロックではなく、特定アカウントのツイートがタイムラインに出ないようにするための、第三の方法です。 ミュートされたことは相手にはわからない上に、いつでも解除できるのでラクちん。 ミュート済みのリストを表示することもできます。 ミュートの詳細について ミュートにはいくつか覚えておくべきポイントがありますので紹介します。 まず、ミュートしているアカウントでも自分をフォローできる上、自分もミュートしているアカウントをフォローできます。 なんとも奇妙ですが、できるらしいです。 そしてここポイントかも。 ミュートしているアカウントからもダイレクトメッセージが届きますが、プッシュ通知やショートメール通知は届きません。 いちいち通知が届かないので、ウザくなくてよいかも!? フォロー中のアカウントをミュートするとどうなる? フォロー中のアカウントをミュートした場合、そのアカウントからの返信、 ツイートは [通知] タブに表示されます。 それと、ミュートする以前にミュートしたアカウントから送信されたツイートは、ホームタイムラインには表示されなくなります。 そして会話をクリックかタップしたときには、ミュートしているアカウントの返信は表示されます。 フォローしていないアカウントをミュートするとどうなる? フォロー中のアカウントをミュートした場合とは違い、• そのアカウントからの返信や ツイートは [通知] タブに表示されない• 会話をタップしてもミュートしているアカウントの返信は表示されない• ミュートしていないアカウントが、ミュートしているアカウントのコメントをリツイートしたとき、そのツイートは表示されない。 という仕様になっています。 ミュートする方法 <ツイートからミュート>• ツイートの アイコンをクリック• [ミュート] をクリック <プロフィールからミュート>• ミュートするアカウントのプロフィールページに移動• メニューのアイコン…をクリック• オプションのリストから [ミュート] を選ぶ ミュート解除の方法 まず、ミュートしているアカウントのプロフィールに移動します。 ブラウザページの場合は、ミュートアイコンをクリックしてミュートを解除します。 アプリの場合は、[このアカウントのツイートをミュートしています] の隣にある [ミュートを解除] をタップします。 ブロックの機能もおさらい ブロックはミュートとは違い、別のアカウントとのやり取りをコントロールする機能です。 その意味ではミュートよりも厚い盾のようなもので、特定アカウントから連絡が来る、ツイートが見られる、フォローされるのを文字通り、「ブロック」してくれます。 ブロックの詳細 公式サイトからかいつまんでまとめてみましょう。 ブロックしたアカウントはあなたをフォローできない、あなたもそのアカウントをフォローできない• フォロー中のアカウントをブロックすると、フォローが解除される。 相手が自分をフォローしていた場合、相手もフォローが解除される• ブロックした通知は相手に行かないが、相手があなたのプロフィールを見るとブロックされていることがわかる• ブロックしたアカウントからの通知は届かない ちなみにこのブロックは、あなたがログインしているときだけ機能するので、ログインしていないことに気が付かず、嫌な相手のツイートを見てしまって「キィ----」とならないようにご注意ください。 ブロックされるとどうなる 逆にあなたがブロックされた側だとして、何ができなくなるか見ていきましょう。 相手(あなたがブロックされた人)をフォローできない• ログイン状態で相手のツイートを見られない• ダイレクトメッセージを送れない• ログイン状態で相手のフォローアカウント、フォロワー、いいね、リストを見られない• リストに追加できない• 写真にタグ付けできない などが起きます。 ブロックの方法 <ツイートからブロック>• ブロックするアカウントのツイート上部にあるvアイコンをクリック• [ブロック] をクリック• [ブロック] を選んで確定 <プロフィールからブロック>• ブロックするアカウントのプロフィールページに移動• プロフィールページでその他アイコン…をクリック• メニューから [ブロック] を選ぶ• [ブロック] をクリック まとめ 特定のキーワードが含まれるツイートや、特定のアカウントのツイートを見たくない場合、ミュート機能を使いましょう。 ミュート機能を使えば相手に気づかれずに非表示にできます。 嫌いな言葉、嫌いな人のツイートを、セルフセンシティブ判定でブロック! これでTwitterは、もっと、快適になる!.

次の