高校 バスケットボール 静岡 書き込み。 静岡県立島田高等学校

一般社団法人静岡県バスケットボール協会HP: 高校U18

高校 バスケットボール 静岡 書き込み

この項目では、現在のウィンターカップ及び2016年以前の選手権大会(インターハイ)について説明しています。 2016年まで年末に行われていた選抜優勝大会については「」をご覧ください。 全国高等学校バスケットボール選手権大会 ウインターカップ 開始年 前身は 主催 チーム数 男女各60チーム 加盟国 前回優勝 男子: 4回目 女子: 22回目 最多優勝 男子: 20回 女子: 22回 全国高等学校バスケットボール選手権大会(ぜんこくこうとうがっこうバスケットボールせんしゅけんたいかい、通称「ウインターカップ」)は、毎年年末に行われるのの選手権大会である。 この(旧称:)は、・と並ぶ最重要大会として認知されている。 からはとして扱われている。 概要 [ ] 歴史 [ ] にこの大会の前身となる(旧)全国高等学校バスケットボール選手権大会が競技として開催。 に国体から分離されにが開始されるととなりまでこの大会が全国高等学校バスケットボール選手権大会の役目を兼ねていた。 にこの大会のもうひとつの前身となるを開催。 以後まで毎年3月にをメイン会場とする首都圏各地で毎年3月に開催されていた。 当時テレビ中継していたの編成上の都合などにより1988年より12月開催へと移行した。 12月開催になった事により高校3年生に出場資格がある最後の大会となり、さらに「ウインターカップ」という愛称で呼ばれるようになった。 の第25回よりが会場として使用され始める。 諸事情により1988年春開催の()や開催の()など東京以外で開催した年もあるが基本的には東京都内で開催していた。 長年に渡って夏の(旧)選手権大会(インターハイ)、秋の、年末の選抜優勝大会(ウインターカップ)が高校バスケの主な全国大会であったがの方針転換により度より以下の変更がなされる事になった。 年末開催の選抜優勝大会を廃止とする。 代替措置として(旧)選手権大会をインターハイから分離して年末開催とする。 選抜優勝大会の開催に関与した各団体が年末開催となった(新)選手権大会にも関与する。 このような方針が示され、2017年度より実施されている。 これにより新たに誕生したのが当大会である。 このような経緯から大会の回数は(旧)選手権大会のものを受け継いでいるが大会の愛称は選抜優勝大会で使われていた「ウインターカップ」を受け継いでいる。 またこの改革により当大会が名実ともに高校バスケ界の最高峰の大会となった。 なお2018年度と19年度は東京体育館が改修のため18年度はで代替開催され、が特別協賛し「SoftBank ウインターカップ2018」として行われた。 第72回大会より、前回大会まで開催されていた3位決定戦の実施はなくなった。 第73回大会は1月開催となり、、と完全重複される。 出場校 [ ] 各都道府県大会の優勝校(開催地は2枠)およびインターハイ優勝・準優勝校が出場する。 さらに第72回大会より各ブロック選手権の優勝所属都道府県 が1枠(関東のみ準優勝所属都県を加えた2枠)増枠されて60校で行われる。 大会要項 [ ]• 主催:・・・• 後援:• 主管:開催地バスケットボール協会・全国高等学校体育連盟バスケットボール部・開催地高等学校体育連盟バスケットボール専門部 大会の優勝校には・同妃記念杯、高体連・JBAよりプレート、ウインターカップ、協会杯、全国高体連バスケットボール部杯、朝日新聞社杯、日刊スポーツ新聞社杯、ウイニングボールなどが授与。 テレビ中継 [ ]• 前身のに引き続きで1回戦から決勝までの全試合を放送。 出場校が増えたからは八王子会場の試合のみ録画中継する。 前身の選抜大会から引き続き、のまではで男女決勝を生中継していたが 、のからはが応援番組として「 熱冬~高校バスケ WINTERCUP2018~」と男子決勝と大会ダイジェストを関東ローカルで放送。 さらにでは女子決勝を録画で、男子決勝を生中継。 のは前述に加えて全国ネットで男子決勝を生中継で放送。 同大会を地上波全国ネットで放送されるのは前身の選抜大会となるのでが中継して以来16年ぶりとなる。 さらにバスケットLIVE(2018年から)・スポーツナビ(2019年)で全試合配信 、過去には、(現・。 2017年)で全試合 、(2018年)で注目試合と男女決勝を配信していた。 テレビ朝日系列が同大会の中継をするのは前身の選抜大会となるの以来となる。 日程 [ ] 平年、12月23日から29日の日程が組まれている。 なお開幕前日に開催される開会式は一般非公開。 12月23日 - 男女1回戦• 12月24日 - 女子2回戦・男子1回戦• 12月25日 - 女子3回戦・男子2回戦• 12月26日 - 女子準々決勝・男子3回戦• 12月27日 - 女子準決勝・男子準々決勝• 12月28日 - 女子決勝・男子準決勝• 12月29日 - 男子決勝・閉会式 歴代記録 [ ] 男子 [ ] 回 年度 会場 優勝校 決勝 準優勝校 3位 4位 国民体育大会バスケットボール競技高校の部 1 京都 初優勝 36 - 30 佐賀 福島 鳥取 2 北海道 初優勝 51 - 49 東京 鳥取 山形 3 福岡 初優勝 48 - 43 香川 鳥取 鹿児島 全国高等学校バスケットボール選手権大会 4 愛知 新潟 初優勝 63 - 49 東京 山形東 山形 札幌南 北海道 5 新潟 初優勝 54 - 39 札幌南 北海道 京都 千葉 6 佐賀 佐賀 初優勝 81 - 69 栃木 三条 新潟 山城 京都 7 武蔵 東京 初優勝 43 - 38 三条 新潟 青森 秋田 8 三条 新潟 3年ぶり2回目 31 - 29 武蔵 東京 神奈川 兵庫 9 武蔵 東京 2年ぶり2回目 56 - 41 新潟 東京 鳥取 10 東京 武蔵 東京 2年連続3回目 74 - 49 島根 岐阜 富山 11 山城 京都 10年ぶり2回目 58 - 56 静岡 東京 東京 12 中央大学杉並 東京 初優勝 85 - 62 静岡 静岡 山城 京都 東京 13 中央大学杉並 東京 2年連続2回目 66 - 57 松江工業 島根 東京 武蔵 東京 14 中央大学杉並 東京 3年連続3回目 54 - 44 甲南 兵庫 松江工業 島根 兵庫 15 松江工業 島根 初優勝 67 - 64 中央大学杉並 東京 山城 京都 東京 全国高等学校総合体育大会バスケットボール競技大会 16 新潟 三条 新潟 8年ぶり3回目 72 - 60 中央大学附属 東京 山城 京都 松江工業 島根 17 三条 新潟 2年連続4回目 88 - 78 松江工業 島根 東京 中央大学附属 東京 18 中央大学附属 東京 4年ぶり4回目 87 - 75 大阪 浜松商業 静岡 慶應義塾 神奈川 19 秋田 千葉 初優勝 56 - 55 山形 中央大学附属 東京 北海道 20 徳島 初優勝 70 - 62 愛知 浜松商業 静岡 島根 21 松江工業 島根 6年ぶり2回目 64 - 58 中央大学附属 東京 浜松商業 静岡 宮城 22 中央大学附属 東京 4年ぶり5回目 69 - 49 静岡 広島 松江工業 島根 23 秋田 初優勝 85 - 66 慶應義塾 神奈川 大阪 浜松商業 静岡 24 東京 初優勝 97 - 72 東京 長崎 京北 東京 25 中央大学附属 東京 3年ぶり6回目 66 - 64 日本大学山形 山形 能代工業 秋田 福岡 26 京北 東京 初優勝 102 - 86 神奈川 明治大学付属中野 東京 初芝 大阪 27 福岡 福岡 初優勝 77 - 75 相模工業大学附属 神奈川 能代工業 秋田 京北 東京 28 東京 能代工業 秋田 5年ぶり2回目 85 - 65 京北 東京 三条 新潟 土浦日本大学 茨城 回 年度 会場 優勝校 決勝 準優勝校 3位校 29 能代工業 秋田 2年連続3回目 92 - 72 京北 東京 土浦日本大学 茨城 松江工業 島根 30 茨城 初優勝 70 - 62 明治大学付属中野 東京 能代工業 秋田 京北 東京 31 山形 京都 初優勝 86 - 72 福岡大学附属大濠 福岡 京北 東京 沖縄 32 能代工業 秋田 3年ぶり4回目 103 - 94 福岡大学附属大濠 福岡 土浦日本大学 茨城 新潟 33 能代工業 秋田 2年連続5回目 114 - 65 東京 土浦日本大学 茨城 新潟商業 新潟 34 能代工業 秋田 3年連続6回目 81 - 51 日本大学山形 山形 京北 東京 滋賀 35 能代工業 秋田 4年連続7回目 81 - 68 土浦日本大学 茨城 福井 東京 36 愛知 能代工業 秋田 5年連続8回目 96 - 65 京北 東京 東京 関東 東京 37 秋田 能代工業 秋田 6年連続9回目 73 - 65 千葉 明治大学付属中野 東京 日本大学豊山 東京 38 石川 能代工業 秋田 7年連続10回目 64 - 60 千葉 洛南 京都 岐阜 39 福岡大学附属大濠 福岡 12年ぶり2回目 94 - 75 石川 洛南 京都 能代工業 秋田 40 福岡 初優勝 87 - 84 能代工業 秋田 広島商業 広島 北海道 41 兵庫 北陸 福井 初優勝 68 - 57 能代工業 秋田 洛南 京都 新潟 42 能代工業 秋田 4年ぶり11回目 55 - 51 愛知 相模工業大学附属 神奈川 福岡大学附属大濠 福岡 43 宮城 洛南 京都 12年ぶり2回目 78 - 73 能代工業 秋田 福岡大学附属大濠 福岡 土浦日本大学 茨城 44 静岡 能代工業 秋田 2年ぶり12回目 74 - 56 大阪 福岡大学附属大濠 福岡 沖縄 45 土浦日本大学 茨城 15年ぶり2回目 87 - 83 愛知工業大学名電 愛知 初芝 大阪 洛南 京都 46 栃木 能代工業 秋田 2年ぶり13回目 85 - 72 福岡大学附属大濠 福岡 洛南 京都 愛知工業大学名電 愛知 47 能代工業 秋田 2年連続14回目 57 - 54 沖縄 土浦日本大学 茨城 大阪 48 鳥取 能代工業 秋田 3年連続15回目 80 - 72 福岡 洛南 洛南 湘南工科大学附属 神奈川 49 山梨 能代工業 秋田 4年連続16回目 110 - 65 洛南 京都 福岡大学附属大濠 福岡 宮城 50 能代工業 秋田 5年連続17回目 120 - 58 洛南 京都 山形 仙台 宮城 51 能代工業 秋田 6年連続18回目 103 - 80 仙台 宮城 市立船橋 千葉 新潟商業 新潟 52 新潟商業 新潟 初優勝 96 - 60 東海大学第四 北海道 日本大学山形 山形 仙台 宮城 53 能代工業 秋田 2年ぶり19回目 95 - 93 (OT) 宮崎 北陸 福井 仙台 宮城 54 熊本 能代工業 秋田 2年連続20回目 109 - 78 福岡大学附属大濠 福岡 北陸 福井 大阪 55 北陸 福井 14年ぶり2回目 67 - 60 能代工業 秋田 洛南 京都 土浦日本大学 茨城 56 長崎 能代工業 秋田 2年ぶり21回目 82 - 74 福岡大学附属大濠 福岡 洛南 京都 北陸 福井 57 島根 北陸 福井 2年ぶり3回目 20 - 0 該当なし 洛南 京都 埼玉 58 宮崎 初優勝 91 - 88 福岡大学附属大濠 福岡 東京 該当なし 59 北陸 福井 2年ぶり4回目 98 - 91 洛南 京都 延岡学園 宮崎 新潟商業 新潟 60 能代工業 秋田 4年ぶり22回目 95 - 89 福岡大学附属大濠 福岡 福岡 宮城 61 延岡学園 宮崎 3年ぶり2回目 65 - 62 福岡第一 福岡 北陸 福井 洛南 京都 62 大阪 福岡第一 福岡 初優勝 82 - 80 延岡学園 宮崎 静岡 北陸 福井 63 八王子 東京 初優勝 67 - 66 明成 宮城 長野 京北 東京 64 延岡学園 宮崎 3年ぶり3回目 99 - 75 福岡第一 福岡 静岡 栃木 65 延岡学園 宮崎 2年連続4回目 78 - 73 洛南 京都 埼玉 八王子学園八王子 東京 66 京北 東京 40年ぶり2回目 105 - 94 藤枝明誠 静岡 明成 宮城 福岡大学附属大濠 福岡 67 千葉 福岡大学附属大濠 福岡 28年ぶり3回目 74 - 53 明成 宮城 愛知 洛南 京都 68 京都 明成 宮城 初優勝 92 - 69 桜丘 愛知 新潟 京都 69 広島 福岡第一 福岡 7年ぶり2回目 76 - 69 東山 京都 山形南 山形 福島 全国高等学校バスケットボール選手権大会(2017年度からウインターカップ) 回 年度 会場 優勝校 決勝 準優勝校 3位校 4位校 東京 明成 宮城 2年ぶり2回目 79 - 72 福岡大学附属大濠 福岡 帝京長岡 新潟 福岡第一 福岡 東京 福岡第一 福岡 2年ぶり3回目 85 - 42 愛知 桜丘 愛知 帝京長岡 新潟 回 年度 会場 優勝校 決勝 準優勝校 3位校 東京 福岡第一 福岡 2年連続4回目 75 - 68 福岡大学附属大濠 福岡 東山(京都) 北陸(福井) 女子 [ ] 回 年度 会場 優勝校 決勝 準優勝校 3位 4位 国民体育大会バスケットボール競技高校の部 1 埼玉 初優勝 25 - 23 長野 群馬 大阪 2 浦和第一女子 埼玉 2年連続2回目 30 - 26 上田染谷丘 長野 東京 茨城 3 浦和第一女子 埼玉 3年連続3回目 40 - 39 北海道 栃木 長野 全国高等学校バスケットボール選手権大会 4 愛知 お茶の水女子大学東京女子 東京 初優勝 40 - 38 上田染谷丘 長野 栃木女子 栃木 浦和第一女子 埼玉 5 岡谷東 長野 初優勝 36 - 26 福島 栃木女子 栃木 山形 6 岡山 初優勝 48 - 42 神奈川 栃木 京都 7 浦和第一女子 埼玉 4年ぶり4回目 58 - 32 長野 静岡精華 静岡 東京 8 浦和第一女子 埼玉 2年連続5回目 46 - 32 栃木女子 栃木 千葉 飯田風越 神奈川 9 浦和第一女子 埼玉 3年連続6回目 28 - 25 静岡 栃木女子 栃木 大阪 10 東京 栃木女子 栃木 初優勝 43 - 42 静岡精華 静岡 島根 岡山 11 浦和第一女子 埼玉 2年ぶり7回目 42 - 27 栃木女子 栃木 静岡精華 静岡 山城 京都 12 浦和第一女子 埼玉 2年連続8回目 53 - 45 栃木女子 栃木 上田染谷丘 長野 十文字 東京 13 栃木女子 栃木 3年ぶり2回目 59 - 54 静岡精華 静岡 東京 十文字 東京 14 宇都宮女子商業 栃木 初優勝 45 - 44 栃木女子 栃木 静岡精華 静岡 長野 15 宇都宮女子商業 栃木 2年連続2回目 49 - 48 安来 島根 高崎市立女子 群馬 関東 東京 全国高等学校総合体育大会バスケットボール競技大会 16 新潟 愛知 初優勝 57 - 43 宇都宮女子商業 栃木 愛知 瀧野川女子学園 東京 17 宇都宮女子商業 栃木 2年ぶり3回目 49 - 42 新潟 総社 岡山 安来 島根 18 高田北城 新潟 初優勝 40 - 38 瀧野川女子学園 東京 十文字 東京 安城女子短期大学附属 愛知 19 秋田 安城女子短期大学附属 愛知 初優勝 59 - 39 宇都宮女子商業 栃木 岐阜 高田北城 新潟 20 宇都宮女子商業 栃木 3年ぶり4回目 59 - 44 大阪 兵庫 高志 福井 21 名古屋女子商業 愛知 5年ぶり2回目 73 - 63 夙川学院 兵庫 安城女子短期附属 愛知 長野 22 名古屋女子商業 愛知 2年連続3回目 53 - 50 長崎 宇都宮女子商業 栃木 愛媛 23 名古屋女子商業 愛知 3年連続4回目 96 - 42 秋田 東京 薫英 大阪 24 大曲 秋田 初優勝 65 - 62 鶴鳴女子 長崎 名古屋女子商業 愛知 飯塚女子 福岡 25 鶴鳴女子 長崎 初優勝 56 - 55 鹿児島 山形 秋田 26 東京 初優勝 66 - 50 角館南 秋田 三重 鶴鳴女子 長崎 27 福岡 大阪 初優勝 57 - 55 大妻 東京 昭和学院 千葉 東京 28 東京 樟蔭東 大阪 2年連続2回目 49 - 41 飯田風越 長野 大妻 東京 東京成徳 東京 回 年度 会場 優勝校 決勝 準優勝校 3位校 29 大妻 東京 3年ぶり2回目 67 - 64 千葉 樟蔭東 大阪 大曲 秋田 30 樟蔭東 大阪 2年ぶり3回目 63 - 61 東京 秋田 市邨学園 愛知 31 山形 樟蔭東 大阪 2年連続4回目 55 - 45 明星学園 東京 宮崎 昭和学院 千葉 32 小林 宮崎 初優勝 44 - 42 兵庫 昭和学院 千葉 東亜学園 東京 33 東京成徳短期大学附属 東京 初優勝 67 - 62 夙川学院 兵庫 樟蔭東 大阪 明星学園 東京 34 樟蔭東 大阪 3年ぶり5回目 59 - 46 東京成徳短期大学附属 東京 夙川学院 兵庫 昭和学院 千葉 35 昭和学院 千葉 初優勝 61 - 59 甲子園学院 兵庫 昭和学院 千葉 東亜学園 東京 36 愛知 東京成徳短期大学附属 東京 3年ぶり2回目 100 - 70 昭和学院 千葉 大分 東亜学園 東京 37 秋田 東京成徳短期大学附属 東京 2年連続3回目 61 - 60 薫英 大阪 明星学園 東京 甲子園学院 兵庫 38 石川 薫英 大阪 初優勝 60 - 53 樟蔭東 大阪 市立船橋 千葉 名古屋短期大学付属 愛知 39 愛知 初優勝 57 - 53 樟蔭東 大阪 東亜学園 東京 石川 40 名古屋短期大学付属 愛知 2年連続2回目 71 - 53 明星学園 東京 東京成徳短期大学附属 東京 昭和学院 千葉 41 兵庫 神奈川 初優勝 49 - 47 名古屋短期大学付属 愛知 甲子園学院 兵庫 明星学園 東京 42 名古屋短期大学付属 愛知 2年ぶり3回目 61 - 40 樟蔭東 大阪 福岡 静岡 43 宮城 名古屋短期大学付属 愛知 2年連続4回目 57 - 44 東亜学園 東京 秋田経済法科大学附属 秋田 小林 宮崎 44 静岡 鶴鳴女子 長崎 19年ぶり2回目 72 - 58 名古屋短期大学付属 愛知 東亜学園 東京 中村学園女子 福岡 45 名古屋短期大学付属 愛知 2年ぶり5回目 57 - 44 新居浜商業 愛媛 東亜学園 東京 中村学園女子 福岡 46 栃木 中村学園女子 福岡 初優勝 61 - 55 名古屋短期大学付属 愛知 富岡 神奈川 新居浜商業 愛媛 47 名古屋短期大学付属 愛知 2年ぶり6回目 67 - 52 宮城 星城 愛知 樟蔭東 大阪 48 鳥取 名古屋短期大学付属 愛知 2年連続7回目 82 - 75 中村学園女子 福岡 新居浜商業 愛媛 樟蔭東 大阪 49 山梨 名古屋短期大学付属 愛知 3年連続8回目 76 - 62 鶴鳴女子 長崎 樟蔭東 大阪 甲子園学院 兵庫 50 聖和学園 宮城 初優勝 61 - 56 東京 東京 名古屋短期大学付属 愛知 51 富岡 神奈川 10年ぶり2回目 49 - 44 名古屋短期大学付属 愛知 北海道 昭和学院 千葉 52 桜花学園 愛知 3年ぶり9回目 62 - 45 富岡 神奈川 大阪薫英女学院 大阪 東京成徳大学 東京 53 桜花学園 愛知 2年連続10回目 56 - 38 静岡 山口 愛媛 54 熊本 桜花学園 愛知 3年連続11回目 93 - 72 熊本 丹原 愛媛 札幌山の手 北海道 55 静岡 初優勝 78 - 71 中村学園女子 福岡 富岡 神奈川 愛媛 56 長崎 桜花学園 愛知 2年ぶり12回目 91 - 57 東京成徳大学 東京 昭和学院 千葉 長崎女子 長崎 57 島根 桜花学園 愛知 2年連続13回目 72 - 71 東京成徳大学 東京 金沢総合 神奈川 中村学園女子 福岡 58 東京成徳大学 東京 21年ぶり4回目 77 - 65 熊本 岐阜 大阪薫英女学院 大阪 59 桜花学園 愛知 2年ぶり14回目 60 - 51 中村学園女子 福岡 東京成徳大学 東京 金沢総合 神奈川 60 桜花学園 愛知 2年連続15回目 66 - 43 岐阜女子 岐阜 東京成徳大学 東京 中村学園女子 福岡 61 桜花学園 愛知 3年連続16回目 80 - 78 東京成徳大学 東京 土浦日本大学 茨城 聖カタリナ女子 愛媛 62 大阪 桜花学園 愛知 4年連続17回目 89 - 67 東京成徳大学 東京 金沢総合 神奈川 聖カタリナ女子 愛媛 63 札幌山の手 北海道 初優勝 98 - 74 中村学園女子 福岡 金沢総合 神奈川 明成 宮城 64 金沢総合 神奈川 13年ぶり3回目 66 - 63 大阪薫英女学院 大阪 明星学園 東京 札幌山の手 北海道 65 桜花学園 愛知 3年ぶり18回目 90 - 74 聖カタリナ女子(愛媛) 昭和学院 千葉 埼玉 66 桜花学園 愛知 2年連続19回目 62 - 58 昭和学院 千葉 安城学園 愛知 聖カタリナ女子 愛媛 67 千葉 桜花学園 愛知 3年連続20回目 69 - 61 昭和学院 千葉 大阪薫英女学院 大阪 聖カタリナ女子 愛媛 68 京都 桜花学園 愛知 4年連続21回目 44 - 40 岐阜女子 岐阜 明星学園 東京 昭和学院 千葉 69 広島 桜花学園 愛知 5年連続22回目 60 - 48 岐阜女子 岐阜 札幌山の手 北海道 大阪薫英女学院 大阪 全国高等学校バスケットボール選手権大会(2017年度からウインターカップ) 回 年度 会場 優勝校 決勝 準優勝校 3位校 4位校 東京 大阪 初優勝 86 - 84 (2OT) 安城学園 愛知 桜花学園 愛知 東京 東京 岐阜女子 岐阜 3年ぶり2回目 92 - 74 大阪薫英女学院 大阪 昭和学院 千葉 石川 回 年度 会場 優勝校 決勝 準優勝校 3位校 東京 桜花学園 愛知 3年ぶり22回目 72 - 67 岐阜女子 岐阜 大阪薫英女学院 大阪 京都 各種記録 [ ]• インターネット投票により大会を通じて最も印象に残ったチーム・個人を決めて表彰する制度である。 男女それぞれ「Mr. ハイスクール」「Missハイスクール」の通称が付いている。 受賞者は年明けの「月刊バスケットボール」誌上で発表される。 歴代感動大賞受賞者は以下の通り。 回 年度 Mr. インターネット投票により大会を通じて最も応援が印象に残ったチームを決めて表彰する制度である。 受賞チームは男子決勝戦終了後及び「月刊バスケットボール」誌上で発表される。 歴代最優秀応援賞チームは以下の通り。 回 年度 受賞チーム 47 2016 広島皆実 男子 70 2017 就実 女子 71 2018 八雲学園 女子 72 2019 藤枝明誠 男子 脚注 [ ]• 移行時期の都合により1988年は3月と12月の2回開催された。 日本バスケットボール協会 2017年8月2日. 2017年8月21日閲覧。 北海道は1道で単独のブロックとなっているためブロック選手権は開催されておらず、事実上2枠に増設されている。 ウインターカップ2017• バスケットLIVE・スポーツナビで実況・解説が付くのは、主にセンターコートで開催される試合。 両サイトでサイマル配信。 BasketballKing 2017年11月28日• 福岡第一 福岡 74 - 71 北陸 福井• 名古屋短期大学付属• 日本文化出版では高校バレーボール2大大会(・)でも同様の「感動大賞」を創設している。 関連項目 [ ]• インターハイ• (旧・ウインターカップ) 外部リンク [ ]•

次の

一般社団法人静岡県バスケットボール協会HP: 高校U18

高校 バスケットボール 静岡 書き込み

B3 順位 チーム 勝 負 勝率 差 1 佐賀バルーナーズ 30 10. 750 -- 2 アイシン・エィ・ダブリュ アレイオンズ安城 29 11. 725 1. 0 3 豊田合成スコーピオンズ 29 11. 725 0. 0 4 岩手ビッグブルズ 29 11. 725 0. 0 5 トライフープ岡山 23 17. 575 6. 0 6 東京八王子ビートレインズ 21 19. 525 2. 0 7 埼玉ブロンコス 19 20. 487 1. 5 8 鹿児島レブナイズ 16 23. 410 3. 0 9 東京サンレーヴス 14 26. 350 2. 5 10 ベルテックス静岡 13 26. 333 0. 5 11 岐阜スゥープス 8 31. 205 5. 0 12 金沢武士団 7 33. 175 1.

次の

全国高等学校バスケットボール選手権大会

高校 バスケットボール 静岡 書き込み

B3 順位 チーム 勝 負 勝率 差 1 佐賀バルーナーズ 30 10. 750 -- 2 アイシン・エィ・ダブリュ アレイオンズ安城 29 11. 725 1. 0 3 豊田合成スコーピオンズ 29 11. 725 0. 0 4 岩手ビッグブルズ 29 11. 725 0. 0 5 トライフープ岡山 23 17. 575 6. 0 6 東京八王子ビートレインズ 21 19. 525 2. 0 7 埼玉ブロンコス 19 20. 487 1. 5 8 鹿児島レブナイズ 16 23. 410 3. 0 9 東京サンレーヴス 14 26. 350 2. 5 10 ベルテックス静岡 13 26. 333 0. 5 11 岐阜スゥープス 8 31. 205 5. 0 12 金沢武士団 7 33. 175 1.

次の