玉置浩二 統合失調症。 玉置浩二が病気・統合失調症だったことを告白!発症原因や現在はどうなのかを徹底調査した!

玉置浩二さんの場合【躁鬱病(双極性障害)の有名人・芸能人】

玉置浩二 統合失調症

総合失調症や躁うつ病等の病気を患っていた玉置浩二さん 玉置浩二さんは、ソニー・ミュージックレコーズ内の自主レーベルである、「ソルトモデラート(Saltmoderate)」に所属している、日本のミュージシャン・俳優です。 玉置浩二さんは、ロックバンド「安全地帯」のボーカルでもあり、その圧倒的歌唱力は芸能界でもナンバーワンだといわれているほどです。 そんな玉置浩二さんは、総合失調症や躁うつ病等の病気を患っていたそうです。 玉置浩二さんの経歴、芸歴は? 玉置浩二さんは、1971年、旭川市立神居小学校を卒業すると、旭川市立神居中学校に入学し、1972年、中学2年時に転入生の武沢豊さんと同級生になります。 そして、1973年、武沢豊さんと二人でロックバンド「安全地帯」を結成。 1974年に、旭川市立神居中学校を卒業した後、玉置浩二さんは、北海道旭川農業高等学校に入学し、1981年、井上陽水さんのバックバンドを務めるため上京します。 1982年2月25日、「安全地帯」は、キティレコードより「萠黄色のスナップ/一度だけ」でメジャーデビューし、それ以降、「ワインレッドの心」、「恋の予感」、「悲しみにさよなら」など毎年のようにヒット作品を発表して、確固たる人気を確立します。 玉置浩二さんは、1983年、同郷の一般女性と結婚しますが、1986年に離婚。 同年、映画「プルシアンブルーの肖像」で俳優デビューを果たします。 1987年には、シングル「All I Do」でソロデビューも果たします。 1991年、シングル「胸の振り子」の作曲を担当したことを機に、玉置浩二さんは、交際していた薬師丸ひろ子と再婚します。 1993年には、「安全地帯」の活動を休止しソロに専念するようになります。 1996年には、NHK大河ドラマ「秀吉」に足利義昭役で出演し、また、自らが主演したテレビドラマ「コーチ」の主題歌である「田園」が大ヒットし、同年末の第47回NHK紅白歌合戦への出場を果たします。 このNHK紅白歌合戦に出演した際のバックバンドには、本来のツアーバンドではなく、TOKIOを据えたため、59. 1998年、薬師丸との離婚を機に玉置浩二さんは、軽井沢町へ移住し、その後、1999年、ツアーバンドの一員でキーボード奏者であった、安藤さと子さんと結婚し、また、軽井沢にログハウスを建築します。 2002年、約10年ぶりに「安全地帯」の活動を再開し、2002年と翌2003年にアルバムをリリースし、同時にツアーも行いましたが、2003年いっぱいで「安全地帯」の活動を休止します。 2004年、個人事務所・アンクルオニオンを設立したことを機に、ソロ活動に専念するようになり、翌2005年、ソニー復帰後、初のソロアルバムをリリースします。 2005年には、8年ぶりとなるテレビドラマ、「あいのうた」に出演。 2007年12月1日には、安藤さと子さんと離婚し、その後、2008年、急性膵炎を発症し、その療養のため、活動を休止します。 2009年2月25日、女優の石原真理さんと婚姻届を提出したが、石原の籍が前夫と婚姻したままになっていた為、不受理に終わってしまい、2009年9月4日には、石原真理と破局、と日刊スポーツで報道されます。 2009年12月25日、所属レコード会社により「安全地帯」活動再開第1弾シングル「蒼いバラ」のショートクリップが公開され、2010年1月8日には、6年ぶりの「安全地帯」活動再開を発表します。 2010年7月16日、玉置浩二さんは、タレントで女優の青田典子さんと結婚し、2012年7月1日、ソニーミュージックへ3回目の移籍。 その後、自主レーベルだる「ソルトモデラート」を立ち上げ、「安全地帯/玉置浩二」それぞれの活動を開始します。 玉置浩二さんは、前述のとおり、総合失調症や躁うつ病ではないかと疑われています。 この総合失調症とは、精神的疾患の一種とされており、脳内のネットワークが何らかの原因で働かなくなり、急に周りが見えなくなったり、ちょっとしたことでも感情が激しく変化したりする病気とされています。 玉置浩二さんは、自著の中で、長い間、この統合失調症によって苦しんでいたことを告白しています。 また、玉置浩二さんは、躁うつ病であったのではともいわれています。 躁うつ病とは、別名「双極性障害」とも呼ばれる精神疾患の一種で、とにかく気分がハイになる「躁状態」と気分が落ち込んでしまう「うつ状態」が極端にあらわれるようになります。 玉置浩二さんの現在の妻である青田典子さんによると、何度も言い合いをしては仲直りをするという繰り返しであり、機嫌が悪い時には何を言っても無駄で、まるで人の話を聞いてくれないそうです。 しかし、逆に機嫌が良い時にはものすごく優しく接してくれるそうです。 玉置浩二さんには、前述の通り、3度の離婚歴がありますが、前妻の方々はこの躁うつ病の症状による両極端な性格についていけず、離婚に至ってしまったのかもしれません。 4度目の離婚という事にはならないようにしてほしいなと思います。

次の

玉置浩二さんの場合【躁鬱病(双極性障害)の有名人・芸能人】

玉置浩二 統合失調症

Contents• 玉置浩二が病気・統合失調症を患っていたことを半生本で告白! 出典: 玉置浩二さんは自身の半生本で病気・統合失調症を患っていたことを告白されています。 統合失調症というのは、幻覚や妄想といった精神病症状や、やる気の低下、認知機能の低下などの精神疾患です。 100人に1人弱がかかると言われ、誰がなってもおかしくない病気です。 ですが 玉置浩二さんが告白する前から、異常な言動をとっていたことで「何か病気を患っているのでは?」や「薬をやっている?」などのウワサが出ていました。 どのようなものかというと、 突然ステージの上に寝転がるなどし、体調不良を理由に4曲も残っているのにライブを打ち切ったり、バンドの演奏をやり直させたことで、客からのブーイングが起きますが、「嫌なら帰ってくれ」など異常な言動を取っていたのです。 しかもこのライブでは、制止するスタッフを突き飛ばしたり、演奏をやり直させるといった玉置浩二さんの自己中ぶりにメンバーがボイコットするなど散々なライブだったとのこと。 結局このライブはチケットの払い戻しとなりましたが、確かにこれは異常ですね。 しかも一説には「酔っぱらっていたのでは?」とも言われています。 この他にも歌番組の生放送をドタキャンしたり、ライブやテレビ番組での話の内容がまとまらないなど、確かにウワサされてもおかしくない言動をとっていますね。 それにしてもすごい奇行だよね 玉置浩二が病気・統合失調症になった原因は?またいつから発症していたのか? 出典: 玉置浩二さんはかなり昔にも精神病院に入院していたこともあったそうで、どうやらその頃から統合失調症に悩まされていたようです。 原因としては、もともと繊細だったこともあり、仕事のトラブルや人間関係で悩んでいたとのこと。 それ度重なったことでとうとう精神的に参ってしまったそうです。 そして もう一つの原因に、名曲「ワインレッドの心」が大ヒットしたことにありました。 出典: 玉置浩二さんがいたバンド安全地帯は、アメリカの実力派バンド「ドゥービーブラザーズ」のようなサウンドを目指していましたが、なかなかヒット曲に恵まれませんでした。 そして ヒット曲を狙って作ったのが、歌謡曲のような「ワインレッドの心」で、それが大ヒットしたのです。 「このような曲が世間は求めている、だけど自分はこういうことはやりたくない。 でもヒット曲を生まないといけない」というストレスから統合失調症を悪化させてしまったようです。 このような矛盾を許せないまっすぐな気持ちがより玉置浩二さんを苦しめたのでしょうね。 理想と現実のギャップが玉置浩二さんを苦しめたんだね クロ 玉置浩二は現在も病気・統合失調症を患っているのか? 出典: 玉置浩二さんは統合失調症だったことがわかりましたが、 現在はどうなっているのかを調査したところ、玉置浩二さんはもう既に統合失調症を克服していたようです。 その経緯を今から記述していきます。 玉置浩二さんは日常生活にも支障が出るようになってしまい、とうとう入院せざるを得ない状況になりました。 しかし、 病院の治療法は1日中薬で眠らされるような状態だったようで、このままでは薬漬けにされると思った玉置浩二さんはなんと3日で病院から脱走するのです。 その後北海道の実家で半年ほど母親と過ごすことになるのですが、その 母親の言葉がキッカケで玉置浩二さんの統合失調症が良くなっていきました。 その言葉は 「お金のことも、メンバーのことも一切考えなくていいから。 あなたの家族のことも、なんにもかんがえなくていい。 音楽やってそんなに悩むんだったら音楽やめて、いっしょに農業やろう。 」でした。 この言葉を聞いて心がラクになった玉置浩二さんは地元の友達と楽しく過ごすことで回復に向かっていたそうです。 そして玉置浩二さんは「そうだよな。 人生って面白くて楽しくないところにいれないよね」という気持ちになり、難しい曲ばかり作ろうと躍起になっていた気持ちがラクになったと話していました。 このように、玉置浩二さんは統合失調症を克服をするのですが、どん底にいた時に難しい曲ばかり作ろうとしてことも統合失調症を悪化させた原因のようです。 でもこれって本当によくあることで、どん底の時に限って何か難しいことをしてしまうんですよね。 それにしても本当に克服できて良かったです。 治ってよかったけど、3日で病院を脱走ってさすが玉置浩二だな やる気0男 玉置浩二が作曲した田園は統合失調症で苦しんだことから生まれた! 出典: 玉置浩二さんの名曲は多くありますが、田園はその中でも一番の名曲ではないでしょうか。 この田園は本人自身も最大のヒット曲と認めています。 そして この田園は統合失調症で苦しんだ時期をベースに生み出されたと曲と言われています。 「生きているんだ。 それでいいんだ」という歌詞からも当時相当苦しんでいたことがわかります。 この言葉は普通に生きているだけでは出てこない言葉です。 この曲のメッセージは「急いで焦ってもしょうがない。 そんな自分にイラつき、時には人を傷つきてしまうこともある。 でも頑張っている自分を認めてあげよう」という気持ちが込められているのではと感じました。 この曲は私も大好きな曲なので、このような経緯から作られてことを知れて嬉しかったです。 この歌は本当にいい曲だよね バツ3の玉置浩二が青田典子と離婚せず続いているのは病気・統合失調症が治ったから? 出典: 玉置浩二さんと青田典子さんは2010年に結婚 をされていますが、この2人はすぐ離婚すると言われていました。 なぜなら玉置浩二さんがバツ3で離婚した原因は相手へのDVだったことからすぐ離婚すると言われていたようですね。 まず最初に結婚したのは1983年で一般人女性と結婚するも1986年に離婚。 1991年には女優の薬師丸ひろ子さんと再婚しますが1998年に離婚。 そして1999年にキボード奏者で2007年に離婚されています。 そしてこのDV行為は玉置浩二さんが病気・統合失調症だったからで、青田典子さんの時には治ったからと思いましたが、田園をリリースした1996年の時には回復していたので、どうやらこれが原因ではなさそうですね。 現に青田典子さんとよく喧嘩になることがあり、その際には皿を投げまくったり、家の壁を叩くこともあるのだとか。 ですが、夫婦仲は良いとのことです。 なんでも青田典子さんは玉置浩二さんを手のひらで転がせていることから長続きしているとのこと。 玉置浩二さんを手のひらで転がすなんてさすがは青田典子さんですね。 青田典子さんが玉置浩二さんをうまく扱っているから離婚しないみたいだね クロ 玉置浩二は病気・統合失調症だけでなく躁うつ病(双極性障害)も発症していた? 出典: 玉置浩二さんは病気・統合失調症だけでなく躁うつ病(双極性障害)も発症していたのではと言われています。 この病気はハイテンションで活動的な躁状態と、憂うつで無気力なうつ状態を繰り返す病気です。 ちなみに 躁状態だと眠らなくても活動する次々にアイデアが浮かぶ、自分を偉大な人間と感じれるようです。 玉置浩二さんが名曲を作れたり、ライブではバンドの演奏をやり直させる傲慢さはこの症状に当てはまります。 このような観点からも統合失調症だけでなく躁うつ病(双極性障害)も発症していた可能性が高いです。 この病気は遺伝のからなるケースが多いようで、統合失調症が治ってもこれでは普段の生活に支障をきたすかもしれません。 玉置浩二さんが結婚相手にDVをしていたのもこれが原因かもしれませんね。 確かにこの病気は玉置浩二に当てはまってるな やる気0男 玉置浩二が天才なのは病気・統合失調症だけでなく躁うつ病(双極性障害)も発症していたから? 出典: 玉置浩二さんは歌唱力もさることながら作曲に関しても天才だったようで、自身の曲の大半を作曲するのですが、なんと3時間で30曲、1ヶ月で100曲以上するなどとにかくスピードが半端じゃなかったとのこと。 これは躁うつ病の躁の状態ではないでしょうか。 上記にもありますが、 躁の状態は次々とアイデアが浮かぶので、このような荒業が可能だったのでしょう。 そして 玉置浩二さんの天才ぶりに同じアーティトでありながら尊敬をしている人たちは多くいますので紹介します。 玉置浩二さんがここまでの才能を発揮できたのは躁うつ病が関係してるかもしれませんね。 玉置浩二さんがここまで評価されているなんて知らなかった 関連記事: まとめ 出典: では今回の記事をまとめていきますね。 玉置浩二さんはここまでの才能を発揮できたのは病気を患ったからという可能性がありますね。

次の

玉置浩二さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

玉置浩二 統合失調症

統合失調症は、幻覚や妄想という症状が特徴的な精神疾患です。 それに伴って、人々と交流しながら家庭や社会で生活を営む機能が障害を受け(生活の障害)、「感覚・思考・行動が病気のために歪んでいる」ことを自分で振り返って考えることが難しくなりやすい(病識の障害)、という特徴を併せもっています。 多くの精神疾患と同じように慢性の経過をたどりやすく、その間に幻覚や妄想が強くなる急性期が出現します。 新しい薬の開発と心理社会的ケアの進歩により、初発患者のほぼ半数は、完全かつ長期的な回復を期待できるようになりました(WHO 2001)。 以前は「精神分裂病」が正式の病名でしたが、「統合失調症」へと名称変更されました。 今日では抗精神病薬療法が中心で、できるだけ外来通院で家庭や地域で統合失調症の治療する方法がとられており、やむをえないときに入院加療を行う。 また、患者様自身に病感, 病識(自分が病気であるという認識)が無く、自傷他害行為や日常生活に支障をきたす症状であれば統合失調症 医療保護入院あるいは措置入院(いわゆる強制入院)も考えなくてはなりません。 この場合、精神科急性期治療となり病室もいわゆる閉鎖病棟(保護室の場合もある)が一般的で約1か月から3か月が全国的な平均入院期間といえます。 - 統合失調症 治療薬について - 統合失調症 統合失調症は急性期でも回復期でも薬は大切 統合失調症は急性期でも回復期でもお薬は大切です。 お薬は脳内の神経伝達機構に働き、乱れたバランスを回復します。 統合失調症のお薬は本人の不安をやわらげ、幻聴が聞こえないようにします。 また、考えにまとまりをもたせます。 再発予防にも効果があります。 しかし、統合失調症に使われるお薬もけっして万能ではなく、意欲の低下などの症状には十分な効果を期待できないこともあります。 このような時には、リハビリテーションを組み合わせると効果がある場合もあります。 統合失調症 お薬は継続的・規則的に飲む お薬は調子の悪いときにだけ飲むのではなく、継続的・規則的に飲む必要があります。 また、大部分の薬は胃を悪くする作用はないので食後にこだわる必要移送精神障害者はありません。 統合失調症の症状は10人10色のように、お薬の量は人によってかなり差があります。 錠剤の数が多い少ないで、統合失調症の重さをはからないほうがよいでしょう。 服用している薬には、症状をおさえたり、再発予防のための薬のほか、副作用をおさえるお薬、不安を減らすお薬、気分を安定させるお薬、睡眠を良くするお薬など、さまざまな種類の薬が入っている場合があります。 お薬の効果が現れるには、数日から数週間くらい時間がかかります。 また、規則的に薬が飲めない方のためには効果が2週間から4週間持続する注射もあります。 統合失調症 統合失調症 お薬の副作用について あらゆる種類の統合失調症のお薬は作用と副作用の両方を持っています。 統合失調症に使われるお薬にも副作用があります。 よくみられる副作用としては、眠気がでたり、口が乾いたり、便秘をしたり、ろれつがまわらなかったり、手がふるえたりすることなどがあげられます。 しかし、生命をおびやかすほどの重大な副作用はまれで、他の薬と比べても安全性の高いものです。 専門医はそれぞれの副作用についてその対処の仕方を知っており、お薬を減らしたり、別のお薬に変えたり、副作用止めをだしたりして調整しています。 統合失調症 副作用を必要以上に恐れない 統合失調症ご本人や家族の中には、お薬が人格を変える、心をコントロールする、頭を悪くしてしまうと考える人もいると思いますが、けっしてそのようなことはなく、むしろ幻覚や妄想を減らし、現実的な判断を行うのを助ける作用を持っています。 副作用を必要以上に恐れ、十分な薬物療法を行わないことの方が害になる場合が多いといえるのではないでしょうか。 統合失調症は原因不明の病気です。 100人に1人くらいの割合で、かかる可能性があります。 遺伝についてははっきりしませんが、近親者では、統合失調症の発病率が高いといわれています。 20歳代での発病が多く、妄想型では30歳代に発病するものも少なくありません。 又、統合失調症は中高年にも見受けられ、年齢層的にも幅広い病態といえるでしょう。

次の