漫画 flat。 【完結】青桐ナツ先生の『flat(フラット)』という漫画が個人的オススメ【ネタバレ】

フラット

漫画 flat

"FLAT STUDIO"という 物語のはじまり。 2017年7月13日、『夢が覚めるまで』というショートムービーが公開されました。 この作品はイラストレーターであるloundrawが監督・脚本・構成・キャラクターデザイン・原画・動画・背景・撮影など、制作のすべてを手がけた"架空の劇場映画の予告編"であり、この映像を手がけたのが"架空のスタジオ"であるFLAT STUDIO(フラットスタジオ)です。 創作に対して真摯な姿勢を。 loundrawが『夢が覚めるまで』を通して示したのは、技術や作家性だけではなく、創作に向き合う姿勢そのもの。 たった一人でも、次の一歩を踏み出さずにはいられない。 一つの信念を貫き、新たな表現にも経験に囚われず挑んでいく。 そのような小さな"一(イチ)"を積み重ねて作品を生み出す姿勢を、FLAT STUDIOのタグラインでもある《ONE IS ALL》に込めました。 私たちはこの創作者としての信念を、スタジオの価値観として表現したいと考えます。 一つの旗のもと 多彩な才能が集まる場所へ。 FLAT STUDIOは作品づくりにおける新しい価値観や視点を追求・提案するクリエイティブスタジオです。 そのためには基盤となる「スタジオ」であると同時に、異なるアイデンティティやバックボーンの者たちが共存し意見しあえる、オープンで多文化的な「コミュニティ」でなければなりません。 FLAT STUDIOはジャンルにとらわれず「普遍性」と「新規性」を両立し、《ONE IS ALL》の実現を目指します。 全員が参加する 360度型の創作集団として。 作品をカタチにするのはクリエーターですが、それを支えるマネジメントスタッフも、同様に創作者であると私たちは信じています。 作家が活動をするうえでのヒント、モチベーションなど、寄り添い方は様々ですが、作品を生み出すなかでの大切な"一(イチ)"であることは確かです。 FLAT STUDIOは全員が創作に携わるアーティストとマネジメントの共同体です。 これらは、ある意味では「創作を愛するものとしてどう生きるか?」というテーマにつながるかもしれません。 一元的には定義しづらい、創作に向き合う感情や思想を、FLAT STUDIOに参加する者の姿勢を通して伝えていきたいと思います。 多くの"創作者"にとっての一つの可能性になるように。 FLAT STUDIO OUR CREATIVE CONTENTS div. 所属クリエーターによるオリジナルコンテンツ開発・制作を行います。 作品の世界観や作品性を純度高く伝えるためにも、アートディレクションの領域までをあわせた提案を行います。 PRODUCTION div. アニメーション表現を軸とした映像制作・プロデュース機能を保有します。 また、イメージボード、美術、撮影制作を担う少数精鋭チームのもと、特徴的な世界観を設計します。 MANAGEMENT div. クリエーターとコミュニティのマネジメントを行います。 安心した創作環境の提供を意味するマネジメントはもちろん、 クリエーターのプロデュース、育成、サポートなどの才能の最大化に取り組みます。 上記を「軸」としながら越境的な制作を行うのが私たちFLAT STUDIOです。

次の

フラット

漫画 flat

あらすじ [ ] 平凡な日々を過ごす超マイペースな高校生・平介は、ある日いとこの我慢強い保育園児・秋の面倒を見ることになる。 周囲の物事に無頓着な平介が、秋と過ごすことによって少しずつ変化していく。 登場人物 [ ] 平介(へいすけ) 主人公。 高校2年生。 超がつくマイペースで、周囲を振り回す自由人。 自分の興味がないことにはまったくの無頓着で、楽しみにしていた家庭科の授業が中止になっただけで自主早退してしまったこともある。 一生懸命さとは無縁で、かなりいい加減。 お菓子が大好きで、食べるのはもちろん作ることも好き。 秋(あき) 平介のいとこ。 保育園に通っているが、年齢は特に明言されていない。 忍耐強くしっかり者で、極端に口数が少なく表情も乏しい。 常に人に気を遣い我慢ばかりしてしまう、子供らしくない子供。 平介宅に預けられることになり、なぜか平介に懐く。 鈴木(すずき) 平介の友人。 面倒見が良いため平介に頼られてばかりだが、なんだかんだ言っていつも助けている。 口は悪いが、平介の理解者。 末っ子。 佐藤(さとう) 平介の友人。 穏やかで明るい性格だが、過去にはやんちゃだった頃もあり、大勢をボコボコにして「きょうけん」と呼ばれていたらしい。 五人兄弟の3人目で、上に姉と兄、下に妹と弟(虎太郎)がいる。 虎太郎(こたろう) 佐藤の弟。 秋と仲がいい。 佐藤によると年齢は秋よりも「おにいちゃん」。 長谷(はせ) 平介の後輩。 物静かで、「自分の世界全開」な少女。 平介に恋をし、ラブレターを渡すが…。 谷村 友子(たにむら ともこ) 長谷の友人。 主に長谷へのツッコミ役にまわることがおおいが、良き理解者。 余談だが、作中でフルネームが判明している数少ない人物。 海藤(かいどう) 平介の後輩。 非常に真面目であることから、友人と呼べる存在が自分に身の回りにおらず、それゆえ友や愛という言葉に非常に憧れを抱く。 その性格ゆえ、何に対しても無関心、無気力な平介に対しては嫌悪感を持っている。 社会的評価 [ ]• 全国書店員が選んだおすすめコミック2010 1位• このマンガがすごい! 2010オンナ編 9位• 全国書店員が選んだおすすめコミック2011 10位 単行本 [ ]• 発売 脚注 [ ] [].

次の

漫画の吹き出し・フリー素材

漫画 flat

ついに最終巻となってしまいました。 登場人物、それぞれの答えが出て学生にはつきものの進路のお話。 平介も佐藤君も曖昧な答えしか出なかったけれど、 鈴木くんを含めた彼ら3人はこれが続いていくんだろうなとちょっと微笑ましく思います。 最後は秋くんとのお別れ。 大人になるとまた会えるって思うけどそうじゃないんですよね。 親戚の家に行って楽しくて楽しくて帰りたくなーいってなるのは子供だったら当たり前。 秋くんはとても沢山の優しさと楽しい事色んな事を経験しそれが自然に続いてたから葛藤しますよね。 泣き出した秋くんに対して出た平介の言葉で終わったんだなぁと切なく涙しました。 色んな思い出があって言葉じゃ説明出来ない気持ちになります。 他者に揺さぶられるけれど平介の崩れないマイペースさがとても羨ましいです。 ゆっくりと流れていく時間が好きでした、楽しい時間をありがとうございました。 本音はやっぱりまだ読んでいたかったです。 月刊コミックアヴァルス5月、6月号にてCD画集発売の詳細が載るようです。 後日談もあるようなのでこちらも楽しみです。 次回作も何だか面白そうな気配で今から期待してます。 なんだかずっとフラットな空気が流れているような漫画で、最後までその空気のまま終わって、そこがとても良かった。 平介が魅力的です。 掴めないけどどうしても掴みたくなるような、ふわふわしたキャラが癖になりました。 長谷さんの気持ち分かる! この巻は長谷さんすごく可愛かった。 物語の中で、2人の関係性が特に変わったり進展したわけでもないのに、ホッとするようなこの感覚は、この漫画ならではのものなんだろうなと思います。 鈴木くんも佐藤くんも平介のお母さんも、じじ先生も好きでした。 みんないいキャラ! 願わくは平介のお父さんが見てみたかった。 ダンディなイケメンを想像してます。 あっくんの最後の涙にちょっともらい泣きしそうになりました。 この漫画らしい終わり方でとても満足です!.

次の