ツインパワー。 20ツインパワーインプレ。19セルテートと17ツインパワーXDとの比較。

シマノ 20ツインパワーをインプレ!タフな剛性感と軽快な巻き心地が両立。使用感を解説!

ツインパワー

さてさて、今回は新型スピニングリールのインプレッションを。 シマノの20ツインパワーの使用感について、特徴や率直な感想を詳しく解説。 20ツインパワーを1言で言うと、「非常に高い剛性感がありつつ、巻きの質感や軽さのバランスが良い」といった感じで、これまた良いリールが登場して来たなと。 今回私は本流・湖のトラウト、港湾・河川シーバス、エギング、スーパーライトショアジギング用に20ツインパワー3000MHGを購入した。 早速小型のシーバス、ヒラメ、40cm弱程の良型カマスをキャッチする事ができ、使用感のチェックをしてきた。 私自身は普段毎日釣りを行って生活しており、ハイエンドリールから入門機まで様々なタックルを使い比べて実釣を繰り返している。 他社や他のグレードとの使用感の比較などを交えながら率直なインプレッションを紹介していくので、良かったら参考にどうぞ。 前置きはこれくらいに、20ツインパワーのインプレッションを始めていこう!• デザイン:ガンメタがベースだが、ゴールドが入って若干派手になった• 巻き心地:巻き心地は十分滑らか。 それでいて軽快さもある• 重量感:軽いリールではなく、平均的• 剛性感:非常に硬いローター周りで剛性感は流石ツインパワー!• ドラグ性能:シマノらしいドラグの効き方、質感のあるドラグ音は良好• 飛距離:ステラなどと比較しても全く劣る感じはなし• ライントラブル:ライントラブルは無く、ワッシャー調整だけすれば快適に使えるはず 超ザックリインプレするとこんな感じ。 次は20ツインパワーの主な特徴について、私なりに感じたことをピックアップして紹介しておこう。 剛性感とナチュラルな軽い巻き感が両立 20ツインパワーを購入する際、ダイワの19セルテートや20ルビアスと悩む方は多いだろう。 私は実際に20ルビアスや19セルテートも所有しているが、使用感の違いは当然存在する。 超簡単に言うと、ダイワのマグシールド搭載機種との違いは「巻きのねっとり感」になると感じている。 巻きの滑らかさ自体は各メーカーのリールともにかなり進化しており、シマノ・ダイワのどちらが好きかは正直言って好みだと思う。 しかし、マグシールドが入っているリールと入っていないリールでは低負荷時の巻きの重さが違い、「シマノ製リールの方が巻き自体は軽い」と感じる。 マグシールドの粘性のあるオイルのためか、ダイワのリールは巻き感がしっとりしているものの同時に「ねっとり感」がある。 特にハイギアリールを使用したり、アジングやエリアトラウトなど繊細な釣りをする方の中には、マグシールド搭載リールの巻き感が嫌だと感じる方がいるはず。 20ツインパワーの場合は重量自体はそこまで軽くないが、 巻き心地の中に無駄なねっとり感が無くて軽快に巻ける。 自然で軽快な巻き感を求める方に、20ツインパワーはおすすめできると感じている。 負荷を掛けた時の強さが欲しい方に あとで詳しく紹介するが、ツインパワーシリーズは重量の軽さよりも剛性感・重厚感を重視したシリーズ。 20ツインパワーの場合も例外ではなく、 ボディ自体が非常にガッチリとしていてかなり硬いというのが率直なインプレだ。 思いっきり負荷を掛けてラインを巻き取ったり、ローター周りの剛性感などをチェックしてみた。 強い負荷を掛けてもボディのネジレ・たわみが非常に少なく非常にハイパワー。 特にローター周りは非常に硬く、ステラと遜色ないほどの強さだと感じている。 20ツインパワーの主な特徴についてはこんな所で、ここから先はより詳しいインプレッションを進めていこう。 20ツインパワーのデザイン まずは簡単に20ツインパワーの外観やデザインについて。 スプール周り 20ツインパワーのスプール周りはゴールドと黒に近いガンメタカラーが特徴的。 ゴールドの色は結構濃い感じで、オレンジ掛かっていて攻撃的なデザイン。 スプールもロングストローク化されている。 今までのツインパワーはどちらかというと地味系のリールだったので、今回のモデルチェンジで好みが分かれるかもしれない。 ボディ 20ツインパワーのボディはシックなガンメタ系のカラー。 非常に細かいラメが程よく入っており、地味過ぎず派手すぎない色合いになっている。 ステラのような鏡面仕上げとは違い、ツルツル・テカテカした感じではない。 こちらの方が万人受けしそうな印象はある。 ハンドル周り 20ツインパワーのハンドルはブラック系のガンメタカラー。 折り畳み機能を排除したハンドルなので、ガタなどは一切なくて不満は無し。 社外のハンドルに交換すると、場合によっては重量が増加することも。 なので下手にカスタムしない方が良い事も多く、カスタムの際はパーツをしっかり考えてチョイスした方が良い。 20ツインパワーの巻き心地をインプレ! 20ツインパワーの巻き心地について、私なりの率直なインプレッションを紹介。 安定感のある滑らかな巻き感 20ツインパワーの巻き心地は普段ハイエンドリールを使うことも多い私が使っても特に不満はなく、実釣では十分な滑らかさ。 巻きのスムーズさもそうだし、下位機種に見られるような巻き感のムラや変な重たさが気になることも無くて軽快だ。 リトリーブでアタリを取る釣りでも十分集中してリールを巻けるし、安っぽさも無くてしっとり感がある。 このあたりはツインパワーらしい必要な実釣性能をしっかり備えた作りになっており、良い道具を使いたい初心者~上級者まで、誰にでも長く使えるリールという印象だ。 マグシールド非搭載による巻きの軽さ 最初の方でも触れたことだが、20ツインパワーを含めたシマノ製リールとマグシールド搭載のダイワ製リールの差は「巻きの軽さ」が違う。 負荷を掛けた状態でのやりとりではそこまで差が顕著にはならないが、負荷が少ない状態ではマグシールド特有の巻きの重さが少し出やすい。 その点20ツインパワーの巻き心地は軽快さがあり、 しっとりしたシマノらしい質感を確保しつつも軽い巻き感が特徴的だ。 ダイワ製リール特有の粘り気のある巻き心地が嫌だという方には特に20ツインパワーはおすすめできるリールじゃないかと。 ステラ・ヴァンキッシュとの違い 20ツインパワーと上位機種のヴァンキッシュやステラと比較すると、どんな点が違うのか? 超簡単に紹介すると、• ステラとツインパワー:微妙な巻きのザラツキ感がツインパワーにはあり、ステラの方がしっとり・ヌメヌメ• ヴァンキッシュとツインパワー:巻き心地自体は大差ないが、ヴァンキッシュの方が巻き出しが更に軽い 私なりの印象としてはこんな感じ。 20ツインパワーも十分な性能はあるけど、 しっかり使い比べてみると上位機種との差はやっぱり存在している。 ツインパワーの巻きは十分滑らかだけど、ステラと比べたらほんのわずかのカサつき感があるね。 ただし、それで釣果が大きく変わるというレベルではなく、「どこまで細かくこだわりたいか?」ということになってくる。 実釣に必要な性能が欲しければ、「20ツインパワーでも十分すぎる」というのが私の考えかな。 リールの重さ・重量感 20ツインパワーは軽さを重視したリールではないので、重さに関しての大きなメリットは無いかな。 重くはないが、軽さを重視する方には不向き 20ツインパワーの重さ・重量感の率直なインプレとしては、「特に重たくはないが、軽くはない」という感じ。 もともとステラやツインパワーは重量よりも剛性感や質感に重点を置いたリールになるので、 重さを気にする方にはおすすめしない。 超軽量ロッドを使うトラウトやライトゲームであれば、個人的にはツインパワーよりも軽さに重点を置いたリールを購入した方が満足する方は多いはず。 一方でサーフの釣りや青物狙いなど、タックルの重量よりも耐久性・パワーに重点を置くなら 20ツインパワーの方が圧倒的におすすめ。 私はヴァンキッシュやイグジストも所有しているが、これらをサーフの釣りなどに使用しないのはコレが理由で「軽さはぶっちゃけ2の次」で良いから。 使いたい釣り物により、適切にアイテムを選ぶのは非常に重要である。 剛性感 リールの剛性感は負荷を掛けた時のリールの軽快な巻き心地に影響する。 魚をヒットさせた時のやり取りはもちろん、ルアーの操作や仕掛けの回収時にも剛性感の強さが釣りの快適性を左右する。 金属製ローター採用で大きく進化 20ツインパワーの大きな特徴でもある金属製のローター。 ローター素材は樹脂系のものと金属製のものに分類できるが、最近の小型スピニングリールは炭素系樹脂素材のローターを採用しているものも多い。 しかし、実際に使ってみると金属製のローターとの差は存在しており、試しにローターを指で押してみると分かるはず。 私はかれこれステラシリーズを15年以上使い続けているが、ステラは代々金属製のローターを採用している。 これと他のリールを使い比べてみると、負荷を掛けた時の巻きの軽さが違うわけで・・・・・。 今回の20ツインパワーのローターは非常に強く出来ており、 指で押してみるとステラに遜色ない剛性感を誇っている。 私が所有している19セルテートや19ヴァンキッシュと比較しても20ツインパワーの方がローターの剛性感は上で、この強さは負荷を掛ける釣りには間違いなく強い武器になる。 ショアジギングやサーフの釣り、本流のトラウトやシーバスゲームでは強度のある金属製ローターはやはり魅力的。 ドラグ性能 次は20ツインパワーのドラグについて、使用感をインプレッション。 音量は若干大き目 番手にもよると思うが、私の購入した20ツインパワー3000番はドラグ音量としては若干大き目の設定。 音自体は爆音ではなくしっとりとした心地よいシマノらしい音色で悪くはない。 18ステラよりも少し音は大き目で、18ヴァンキッシュと殆ど変わらない感じだ。 しっとりしたドラグの効き具合 ドラグの質自体はいうまでもなく、シマノらしいしっとりとした質感。 カサツキやドラグの効き具合にムラは目立たず、ライトラインでも十分安心してやりとりができるはず。 最近はダイワのリールもシマノっぽいドラグ特性を持つATDを採用しており、目立つ良さは無いけどデメリットもなくて「普通に信頼して使えるドラグ」という印象だ。 20ツインパワーの飛距離・ライントラブル 20ツインパワーの飛距離・ライントラブルの有無について紹介していこう。 ロングストローク化でハイエンド機種と変わらない飛び 20ツインパワーになり、糸巻き部分が前後に伸びてロングストローク化した。 これによってキャスト後半でもスプール径が小さくなり難く、飛距離がワンランク伸びるというもの。 実際にステラなどを使っている私が20ツインパワーを使用しても飛距離が落ちるという印象は全くなく、安定してルアーが飛ぶのでノンストレス。 ルアー・仕掛けの飛距離についての不満は無し。 糸巻き形状・トラブルの有無 シマノ製のリールはダイワ製のリールとはオシュレーション方式が違い、構造的にはシマノの方が優れていると感じている。 最近はそこまで大差ないが、20ツインパワーも他のシマノ製リールと同様で綺麗に糸が巻けて変な偏りはない。 使用するラインの号数によってスプールシャフトのワッシャー枚数を調整すれば、非常に快適に釣りができるはず。 なお、20ツインパワーの場合は上下に偏りが無い平行巻きで巻くように設計されており、ダイワ製リールのような若干の逆テーパーにする必要はなし。 AR-Cスプールは適正な糸巻き量を巻いておけばライントラブルもほぼ皆無で、強い逆風時などを除けばほとんどライントラブルを気にせず使えるはず。 ラインローラー 20ツインパワーに限ったことではないが、シマノ製リールの気になる点は防水構造のラインローラー。 ここには粘度が高いグリスが使用されており、正直言って回転性能はそこまで高くないと感じている。 ある程度負荷を掛ける釣りや潮を被る釣りならまだ良いんだけど、 トラウトやライトゲームではラインローラーの回転が若干重たい。 気になる方は他社製の2BB仕様のラインローラーの交換するのがおすすめで、実際にライトゲームやトラウトで使用している19ヴァンキッシュはラインローラーをカスタムして使用している。 また、純正の防水ラインローラーベアリングはパーツが高価な為、潮ガミするとベアリング交換が高くつく欠点がある。 個人的にラインローラーは普通の2BB仕様でメンテナンス性・パーツ交換が楽にできる構造の方がありがたい。

次の

シマノ「20ツインパワー」をリールマニアがインプレ。賛否両論の軽量化はいかに!?|TSURI HACK[釣りハック]

ツインパワー

さてさて、今回は新型スピニングリールのインプレッションを。 シマノの20ツインパワーの使用感について、特徴や率直な感想を詳しく解説。 20ツインパワーを1言で言うと、「非常に高い剛性感がありつつ、巻きの質感や軽さのバランスが良い」といった感じで、これまた良いリールが登場して来たなと。 今回私は本流・湖のトラウト、港湾・河川シーバス、エギング、スーパーライトショアジギング用に20ツインパワー3000MHGを購入した。 早速小型のシーバス、ヒラメ、40cm弱程の良型カマスをキャッチする事ができ、使用感のチェックをしてきた。 私自身は普段毎日釣りを行って生活しており、ハイエンドリールから入門機まで様々なタックルを使い比べて実釣を繰り返している。 他社や他のグレードとの使用感の比較などを交えながら率直なインプレッションを紹介していくので、良かったら参考にどうぞ。 前置きはこれくらいに、20ツインパワーのインプレッションを始めていこう!• デザイン:ガンメタがベースだが、ゴールドが入って若干派手になった• 巻き心地:巻き心地は十分滑らか。 それでいて軽快さもある• 重量感:軽いリールではなく、平均的• 剛性感:非常に硬いローター周りで剛性感は流石ツインパワー!• ドラグ性能:シマノらしいドラグの効き方、質感のあるドラグ音は良好• 飛距離:ステラなどと比較しても全く劣る感じはなし• ライントラブル:ライントラブルは無く、ワッシャー調整だけすれば快適に使えるはず 超ザックリインプレするとこんな感じ。 次は20ツインパワーの主な特徴について、私なりに感じたことをピックアップして紹介しておこう。 剛性感とナチュラルな軽い巻き感が両立 20ツインパワーを購入する際、ダイワの19セルテートや20ルビアスと悩む方は多いだろう。 私は実際に20ルビアスや19セルテートも所有しているが、使用感の違いは当然存在する。 超簡単に言うと、ダイワのマグシールド搭載機種との違いは「巻きのねっとり感」になると感じている。 巻きの滑らかさ自体は各メーカーのリールともにかなり進化しており、シマノ・ダイワのどちらが好きかは正直言って好みだと思う。 しかし、マグシールドが入っているリールと入っていないリールでは低負荷時の巻きの重さが違い、「シマノ製リールの方が巻き自体は軽い」と感じる。 マグシールドの粘性のあるオイルのためか、ダイワのリールは巻き感がしっとりしているものの同時に「ねっとり感」がある。 特にハイギアリールを使用したり、アジングやエリアトラウトなど繊細な釣りをする方の中には、マグシールド搭載リールの巻き感が嫌だと感じる方がいるはず。 20ツインパワーの場合は重量自体はそこまで軽くないが、 巻き心地の中に無駄なねっとり感が無くて軽快に巻ける。 自然で軽快な巻き感を求める方に、20ツインパワーはおすすめできると感じている。 負荷を掛けた時の強さが欲しい方に あとで詳しく紹介するが、ツインパワーシリーズは重量の軽さよりも剛性感・重厚感を重視したシリーズ。 20ツインパワーの場合も例外ではなく、 ボディ自体が非常にガッチリとしていてかなり硬いというのが率直なインプレだ。 思いっきり負荷を掛けてラインを巻き取ったり、ローター周りの剛性感などをチェックしてみた。 強い負荷を掛けてもボディのネジレ・たわみが非常に少なく非常にハイパワー。 特にローター周りは非常に硬く、ステラと遜色ないほどの強さだと感じている。 20ツインパワーの主な特徴についてはこんな所で、ここから先はより詳しいインプレッションを進めていこう。 20ツインパワーのデザイン まずは簡単に20ツインパワーの外観やデザインについて。 スプール周り 20ツインパワーのスプール周りはゴールドと黒に近いガンメタカラーが特徴的。 ゴールドの色は結構濃い感じで、オレンジ掛かっていて攻撃的なデザイン。 スプールもロングストローク化されている。 今までのツインパワーはどちらかというと地味系のリールだったので、今回のモデルチェンジで好みが分かれるかもしれない。 ボディ 20ツインパワーのボディはシックなガンメタ系のカラー。 非常に細かいラメが程よく入っており、地味過ぎず派手すぎない色合いになっている。 ステラのような鏡面仕上げとは違い、ツルツル・テカテカした感じではない。 こちらの方が万人受けしそうな印象はある。 ハンドル周り 20ツインパワーのハンドルはブラック系のガンメタカラー。 折り畳み機能を排除したハンドルなので、ガタなどは一切なくて不満は無し。 社外のハンドルに交換すると、場合によっては重量が増加することも。 なので下手にカスタムしない方が良い事も多く、カスタムの際はパーツをしっかり考えてチョイスした方が良い。 20ツインパワーの巻き心地をインプレ! 20ツインパワーの巻き心地について、私なりの率直なインプレッションを紹介。 安定感のある滑らかな巻き感 20ツインパワーの巻き心地は普段ハイエンドリールを使うことも多い私が使っても特に不満はなく、実釣では十分な滑らかさ。 巻きのスムーズさもそうだし、下位機種に見られるような巻き感のムラや変な重たさが気になることも無くて軽快だ。 リトリーブでアタリを取る釣りでも十分集中してリールを巻けるし、安っぽさも無くてしっとり感がある。 このあたりはツインパワーらしい必要な実釣性能をしっかり備えた作りになっており、良い道具を使いたい初心者~上級者まで、誰にでも長く使えるリールという印象だ。 マグシールド非搭載による巻きの軽さ 最初の方でも触れたことだが、20ツインパワーを含めたシマノ製リールとマグシールド搭載のダイワ製リールの差は「巻きの軽さ」が違う。 負荷を掛けた状態でのやりとりではそこまで差が顕著にはならないが、負荷が少ない状態ではマグシールド特有の巻きの重さが少し出やすい。 その点20ツインパワーの巻き心地は軽快さがあり、 しっとりしたシマノらしい質感を確保しつつも軽い巻き感が特徴的だ。 ダイワ製リール特有の粘り気のある巻き心地が嫌だという方には特に20ツインパワーはおすすめできるリールじゃないかと。 ステラ・ヴァンキッシュとの違い 20ツインパワーと上位機種のヴァンキッシュやステラと比較すると、どんな点が違うのか? 超簡単に紹介すると、• ステラとツインパワー:微妙な巻きのザラツキ感がツインパワーにはあり、ステラの方がしっとり・ヌメヌメ• ヴァンキッシュとツインパワー:巻き心地自体は大差ないが、ヴァンキッシュの方が巻き出しが更に軽い 私なりの印象としてはこんな感じ。 20ツインパワーも十分な性能はあるけど、 しっかり使い比べてみると上位機種との差はやっぱり存在している。 ツインパワーの巻きは十分滑らかだけど、ステラと比べたらほんのわずかのカサつき感があるね。 ただし、それで釣果が大きく変わるというレベルではなく、「どこまで細かくこだわりたいか?」ということになってくる。 実釣に必要な性能が欲しければ、「20ツインパワーでも十分すぎる」というのが私の考えかな。 リールの重さ・重量感 20ツインパワーは軽さを重視したリールではないので、重さに関しての大きなメリットは無いかな。 重くはないが、軽さを重視する方には不向き 20ツインパワーの重さ・重量感の率直なインプレとしては、「特に重たくはないが、軽くはない」という感じ。 もともとステラやツインパワーは重量よりも剛性感や質感に重点を置いたリールになるので、 重さを気にする方にはおすすめしない。 超軽量ロッドを使うトラウトやライトゲームであれば、個人的にはツインパワーよりも軽さに重点を置いたリールを購入した方が満足する方は多いはず。 一方でサーフの釣りや青物狙いなど、タックルの重量よりも耐久性・パワーに重点を置くなら 20ツインパワーの方が圧倒的におすすめ。 私はヴァンキッシュやイグジストも所有しているが、これらをサーフの釣りなどに使用しないのはコレが理由で「軽さはぶっちゃけ2の次」で良いから。 使いたい釣り物により、適切にアイテムを選ぶのは非常に重要である。 剛性感 リールの剛性感は負荷を掛けた時のリールの軽快な巻き心地に影響する。 魚をヒットさせた時のやり取りはもちろん、ルアーの操作や仕掛けの回収時にも剛性感の強さが釣りの快適性を左右する。 金属製ローター採用で大きく進化 20ツインパワーの大きな特徴でもある金属製のローター。 ローター素材は樹脂系のものと金属製のものに分類できるが、最近の小型スピニングリールは炭素系樹脂素材のローターを採用しているものも多い。 しかし、実際に使ってみると金属製のローターとの差は存在しており、試しにローターを指で押してみると分かるはず。 私はかれこれステラシリーズを15年以上使い続けているが、ステラは代々金属製のローターを採用している。 これと他のリールを使い比べてみると、負荷を掛けた時の巻きの軽さが違うわけで・・・・・。 今回の20ツインパワーのローターは非常に強く出来ており、 指で押してみるとステラに遜色ない剛性感を誇っている。 私が所有している19セルテートや19ヴァンキッシュと比較しても20ツインパワーの方がローターの剛性感は上で、この強さは負荷を掛ける釣りには間違いなく強い武器になる。 ショアジギングやサーフの釣り、本流のトラウトやシーバスゲームでは強度のある金属製ローターはやはり魅力的。 ドラグ性能 次は20ツインパワーのドラグについて、使用感をインプレッション。 音量は若干大き目 番手にもよると思うが、私の購入した20ツインパワー3000番はドラグ音量としては若干大き目の設定。 音自体は爆音ではなくしっとりとした心地よいシマノらしい音色で悪くはない。 18ステラよりも少し音は大き目で、18ヴァンキッシュと殆ど変わらない感じだ。 しっとりしたドラグの効き具合 ドラグの質自体はいうまでもなく、シマノらしいしっとりとした質感。 カサツキやドラグの効き具合にムラは目立たず、ライトラインでも十分安心してやりとりができるはず。 最近はダイワのリールもシマノっぽいドラグ特性を持つATDを採用しており、目立つ良さは無いけどデメリットもなくて「普通に信頼して使えるドラグ」という印象だ。 20ツインパワーの飛距離・ライントラブル 20ツインパワーの飛距離・ライントラブルの有無について紹介していこう。 ロングストローク化でハイエンド機種と変わらない飛び 20ツインパワーになり、糸巻き部分が前後に伸びてロングストローク化した。 これによってキャスト後半でもスプール径が小さくなり難く、飛距離がワンランク伸びるというもの。 実際にステラなどを使っている私が20ツインパワーを使用しても飛距離が落ちるという印象は全くなく、安定してルアーが飛ぶのでノンストレス。 ルアー・仕掛けの飛距離についての不満は無し。 糸巻き形状・トラブルの有無 シマノ製のリールはダイワ製のリールとはオシュレーション方式が違い、構造的にはシマノの方が優れていると感じている。 最近はそこまで大差ないが、20ツインパワーも他のシマノ製リールと同様で綺麗に糸が巻けて変な偏りはない。 使用するラインの号数によってスプールシャフトのワッシャー枚数を調整すれば、非常に快適に釣りができるはず。 なお、20ツインパワーの場合は上下に偏りが無い平行巻きで巻くように設計されており、ダイワ製リールのような若干の逆テーパーにする必要はなし。 AR-Cスプールは適正な糸巻き量を巻いておけばライントラブルもほぼ皆無で、強い逆風時などを除けばほとんどライントラブルを気にせず使えるはず。 ラインローラー 20ツインパワーに限ったことではないが、シマノ製リールの気になる点は防水構造のラインローラー。 ここには粘度が高いグリスが使用されており、正直言って回転性能はそこまで高くないと感じている。 ある程度負荷を掛ける釣りや潮を被る釣りならまだ良いんだけど、 トラウトやライトゲームではラインローラーの回転が若干重たい。 気になる方は他社製の2BB仕様のラインローラーの交換するのがおすすめで、実際にライトゲームやトラウトで使用している19ヴァンキッシュはラインローラーをカスタムして使用している。 また、純正の防水ラインローラーベアリングはパーツが高価な為、潮ガミするとベアリング交換が高くつく欠点がある。 個人的にラインローラーは普通の2BB仕様でメンテナンス性・パーツ交換が楽にできる構造の方がありがたい。

次の

【2020年シマノ新製品リール】NEWツインパワーは大幅軽量化で高い剛性を狙ってきた……!

ツインパワー

待望の金属ローター 15ツインパワーで使用されていたローター素材は高強度樹脂です。 ところが、今回の20ツインパワーは待望の金属ローターを採用。 ベール素材とラインローラー部の差別化が図られていますが、ローター本体は18ステラと共通の素材です。 たわみや歪みが抑制されることで、巻上げ力やドラグ性能の向上に繋がるため、非常に大きな進化といえます。 従来のスプールよりも糸の放出がスムーズで飛距離が伸びるため、遠投系の釣りで用いられることの多いツインパワーでは、待望の進化と言えるでしょう。 駆動系の刷新 18ステラの系譜通り、駆動系にはマイクロモジュールギア2とサイレントドライブが導入されました。 ステラに近いシルキーな巻き心地とガタの少なさは、釣具店で手に取ればすぐに体感できるはずです。 防水性が向上 15ツインパワーで用いられていたコアプロテクトから、18ステラや19ヴァンキッシュと同じXプロテクトに進化しています。 さらに、18ステラから改良された新設計のラインローラーを搭載するなど、現時点で最新の防水機構が投入されています。 20ツインパワーを100投インプレッション 今回は、シーバス・ショアジギング・フラットフィッシュでの注目度が高い4000XGを用いてインプレッションしてみました。 鉄板バイブレーションやジグヘッドワーム、ミノーを投げ倒した所感をそのままお伝えします。 軽さ まず、ロッドにつけて持った瞬間に体感するのが軽さです。 さすがにヴァンキッシュとまではいきませんが、十分すぎる軽さを感じます。 特に、投げ続け、巻き続け、ロッドをシャクリ続けるショアジギングにおいては絶大なアドバンテージでしょう。 リリース時には、軽くなったことを批判されもしましたが、大半のアングラーが「軽くなって良かったな」と、実感するはずです。 また、従来は重さがネックになってエギングやライトゲームでの人気がイマイチでしたが、軽量化によってこの辺りの釣りとの相性がかなり良くなっているはずです。 今まで通り、ヘビーな釣りをメインとしつつも、ライト(繊細)な方向への汎用性が広がっているのは間違いありません。 巻上げトルク 金属ローターと駆動系の刷新が大きな役割を果たしているからか、大型鉄板バイブやミノーなどを軽々巻ける感覚は病みつきです。 メタルジグに加えて、3フックの鉄板バイブや大型ミノー、ジグミノーの速巻きが定番化しつつある近年のショアジギング事情を踏まえると、かなり評価が高いポイントです。 引き抵抗が大きなルアーを楽に巻けるということは、巻上げトルクが増大しているわけですから、魚とのファイトも楽になるのは言うまでもないでしょう。 楽に釣りができて、楽に魚をキャッチできると言うことは、ビギナーの方にもとても優しいリールだと言うことです。 巻き感 サイレントドライブとマイクロモジュールギア2により大きく変化を遂げており、ギアが噛み合っている感を感じさせず、ハンドルへの入力に対して素直に回る感覚が非常に魅力です。 巻き物の釣りではリールの存在を感じさせず、巻きスピードや流れの変化などに集中できると思います。 キャストフィール 20ツインパワーを購入する人の中には、「重たいルアーを遠投したい」と言う方が多いと思います。 そのことを踏まえると、個人的に、ロングストロークスプールの恩恵を最も感じられるのが20ツインパワーなのではないかと思います。 既存の搭載機種でも実証されている通り、糸抜けが良く、飛距離は間違いなく向上します。 また、キャスト時には糸の初速が速くなったからか、高い音がスプールエッジから奏でられていました。 重たいルアーをキャストしていたので当然ですが、今回の試釣時にはライントラブルは一切発生していません。 20ツインパワーのココが気になる…… 初動の重さ ステラと同等のローターを積んでいるのにもかかわらず、初動の重さを感じます。 そして、その理由は2つあると推測します。 1つはベアリングの数。 18ステラが12個入っている一方で、20ツインパワーは9個。 このうち2個は、ウォームシャフトとローターナット部なので、ベアリングの有無の差が巻きの軽さに直結していると思います。 もう1つの理由が、ギアの表面加工の差。 どちらも超超ジュラルミンのハガネギアを採用しており、ステラには特殊表面処理(ひと昔前でいうバリアギア)が施されていますが、20ツインパワーはされていません。 この2つがステラよりも初動が重く感じる原因として考えられ、同じ理由で巻き感度も劣っていると感じました。 特にエクストラハイギアは初動の重さが顕著なので、巻き重りが気になる方はハイギアかノーマルギアを検討してもいいかもしれません。 メンテナンスの頻度 ツインパワーシリーズに初めて採用されたマイクロモジュールギアですが、ギアの歯面が細かいことにより、グリスの保持量が減ってしまうことがデメリットとして挙げられます。 グリスが切れると特有のコロコロ感が出るため、旧モデルに比べてオーバーホールによるグリスアップの頻度が上がると思います。 17ツインパワーXDとの比較 シリーズの中でも屈指の人気機種となった17ツインパワーと、20ツインパワーを使い比べました。 ローター自体は16ヴァンキッシュと同等のものですが、金属ローターと比較すると軽さは段違いです。 そのため、2機種を比較するとツインパワーXDの方が圧倒的に初動が軽く、ストップ&ゴーやリフト&フォールを繰り返す、レスポンスの良さが求められる釣りではXDに軍配が上がります。 もし、レスポンスの良さを求めるのであれば、次期XDを待った方がいいかもしれません。 巻上げの強さは20ツインパワー ローターの剛性と駆動系の改良の影響からか、同じルアーを巻き比べてみると、20ツインパワーの方がより楽に巻き上げることができました。 巻き上げトルクを比べれば20ツインパワーが優っているので、負荷が大きな釣りや巻き続ける釣り、大型魚とのファイトを優先する方は、間違いなく20ツインパワーがおすすめ。 単純に「少しでも強い方がいい」と言うならば、20ツインパワーを選択することになるでしょう。 信頼の証、ツインパワー 5年越しの進化を果たした20ツインパワー。 まさに32年の歴史に恥じない進化といえるでしょう。 これ以上の強さが必要ならば、ステラかSWシリーズを求めればいいでしょう。 多くのアングラーにとって最適なスペックとなった。 それが20ツインパワーの素晴らしさだと思います。

次の