ヒルロイド ローション 赤ちゃん。 赤ちゃんに使用ヒルドイドについて…

【警告】乳児湿疹にヒルドイドを使ってるあなたへ!!危険ですよ

ヒルロイド ローション 赤ちゃん

・保湿効果 ・血行促進 ・傷の治りを良くする ヒルドイドには、軟膏タイプ、ローションタイプ、クリームタイプがあります。 私が病院で処方されたのはヒルドイドローションでした。 ヒルドイドは非常に高い保湿効果があり、副作用も少ないので、 赤ちゃんの乾燥肌にもオススメされています。 また病院で処方されるものなので、 根拠のない安心感と安価で手に入る点から何も疑うことなく 赤ちゃんに使用しました。 ヒルドイドにも副作用がある? 実は、ヒルドイドにも副作用はあるんです。 実際に乳児湿疹の赤ちゃんが、ヒルドイドを処方されて使っていたけど、 だんだん乾燥がひどくなってきてる気がする、、と感じるママさんも少なくありません。 ヒルドイドは病院で処方されるものなので、 まさか悪化するなんて思いもよらないですよね。 症状としては、 皮膚の赤み、かゆみ、発疹などです。 比較的軽い症状が多いですが、乳児湿疹がひどかった赤ちゃんなら、 さらに悪化してしまうととてもかわいそうですよね。 もしすでにヒルドイドを使用していて悪化したなら、 使用しない方が良いでしょう。 病院にてヒルドイドを使用して乳児湿疹が悪化したことを伝えれば、 違う薬を処方してもらえます。 もし今から使用するのであれば、赤ちゃんの肌の状態をよく観察しましょう。 皮膚が炎症を起こしていると、悪化してしまう心配があるのでやめておいた方が良いです。 ・ヘパリン類似物質 ・グリセリン ・流動パラフィン ・白色ワセリン ・サラシミツロウ ・グリセリン脂肪酸エステル このうちグリセリン脂肪酸エステルは、 界面活性剤です。 界面活性剤は身近なものでは食器用洗剤や石けん、シャンプーなどに入っています。 実はこの界面活性剤が、赤ちゃんの乳児湿疹を悪化させてしまった原因なのです。 赤ちゃんの肌にも個人差があり、肌の弱い赤ちゃんに界面活性剤入りの保湿剤を使用してしまうと、 極端に言えば シャンプーをお肌に塗っているようなものです。 これで保湿なんてできるわけもないし、悪化してしまうのも当然と言えるでしょう。 ちなみにヒルドイドを使用して最初の頃は、肌がきれいになったようなときもあります。 しかし実はヒルドイドを使用して肌が潤ったように感じられるのは、 ヘパリン類似物質とグリセリンの効果で、肌の表面に潤い成分が乗っているだけにすぎません。 肌本来の保湿はできていないのです。 乳児湿疹を治すためには保湿がカギ? 赤ちゃんの乳児湿疹を治すには、実は保湿がとても大切。 あんなにプルプルお肌の赤ちゃんは乾燥肌なのをご存知でしたか? この乾燥肌をほうっておくと、乳児湿疹はますます悪化します。 しっかり保湿してあげることで、肌のバリア機能が回復し 乳児湿疹もキレイに治すことができるのです。 特にお風呂上りはもちろん、朝顔を拭いた時、 母乳を飲んだ後汚れをキレイにしてからの保湿など、 とにかく肌を清潔に保って保湿する これがとても大切なのです。 でも保湿剤ってヒルドイド以外の市販のものはどれを使用したらいいのか分からない、、 そんなあなたにオススメなのが、 です。 アロベビーミルクローションは99%以上が国産天然由来成分で、 無添加なので生まれてすぐの赤ちゃんにも安心して使える保湿剤です。

次の

乾燥肌におすすめ!薬局で出されるヒルドイドローションは赤ちゃんの赤ら顔にも使える!市販でも同じ薬はあるの?|薬や薬局の裏話を公開

ヒルロイド ローション 赤ちゃん

【ヒルドイド(ヘパリン類似物質)の効果】 ・お肌に水分を閉じ込める保湿作用 ・血行をよくする (しもやけにも使われます) ・ケロイドや傷跡を目立たなくする ヒルドイドは、保湿効果が高くて安全性も高いので、赤ちゃんにも保湿剤としてよく使われます。 薬局で買えるヒルドイドの代用となる市販薬もあります。 ヒルドイドを赤ちゃんの顔に使うと赤くなる理由 赤ちゃんにもよく使われる保湿剤のヒルドイドですが、 先日、勤務先の薬局でこんな質問がありました。 「赤ちゃんのよだれかぶれで病院を受診したら、ヒルドイド(油性クリーム)が処方されました。 指示通り、1日2回塗っているけれど、なかなか改善しません。 改善しないどころか、赤ちゃんの顔の赤みが強くなっていきます。 もっと、回数多く塗った方がいいですか?」 ヒルドイドは赤ちゃんから年配の方まで使われるとってもよい保湿剤なんですが・・・ ヒルドイドがあわない人もいますし、あわない症状もあります。 まず第一に、ヒルドイドには、血行をよくする=血管を拡張するはたらきがあります。 このはたらきのために、 顔などの皮膚がうすいところにぬると、 刺激感やかゆみを感じたり、赤みが悪化することがあります。 ヒルドイドがあわない体質の人は、100人に1人くらいしいですが、私自身、数人の方から赤くなったと聞いたことがあります。 次に、今回のケースは、 赤ちゃんのよだれかぶれが炎症レベルになっていた可能性があります。 ヒルドイドは乾燥肌の保湿にはよいのですが、 すでに炎症レベルになっていると、 ヒルドイドの血管をひろげるはたらきが災いして、炎症が悪化することもあります。 ヒルドイドがあわない症状にも関わらず、塗り続けると、治るどころかひどくなっていくというわけです。 病院でもらった薬、しかも保湿剤だったら、 それが赤ちゃんの顔が赤くなる原因とは思わないですよね・・・。 ヒルドイドで赤ちゃんの顔が赤くなった時の対処法 ご質問があったお母さんへの私からのアドバイスは、 ・ヒルドイドを塗る回数を増やさずに、使うのをいったん止める ・他に保湿剤として持っていたワセリンをかわりに使う この2点でした。 すると、次に来局された時には 「すぐに赤みがひいて、かなり肌も改善されました!」とうれしい報告がありました。 かわりに、保湿剤としてワセリンやプロペトを塗って様子をみてください。 体質や肌の症状によって個人差はありますが、 特に顔にヒルドイドを使う時には、気をつけてくださいね。 私は患者さんにヒルドイドが処方されたら、 (顔に使う場合は特に) 「赤くなったり悪化したら、ヒルドイドがあっていない可能性もあります。 その時は使い続けないでくださいね。 」 と必ず説明するようにしています。 知っているか、知っていないかで対処も違いますよね。 改善しない、ひどくなっている、そう感じたら、すぐにやめたら大丈夫です。 さいごに:保湿剤のヒルドイド使用で赤ちゃんの顔が赤くなる場合の原因と対処法 というわけで、 ヒルドイドで赤ちゃんの顔が赤くなる理由とその時の対処法についてお話してきました。 体質や肌の症状によって個人差はありますが、 特に顔にヒルドイドを使う時には、十分に気をつけてくださいね。

次の

肌のトラブルの薬

ヒルロイド ローション 赤ちゃん

赤ちゃんの頃から肌トラブルが治りません。 (ヒルロイドとヒルドイドは同じかと思いますが、違っていたらごめんなさい) お風呂上がりに塗って翌朝にはプルプルになっています。 この時期乾燥していますので、ヒルドイドで保湿してあげるといいのでは? あと、ローションも使ったことありますが、さらさらしていて塗りやすいです。 保湿力は軟膏の方がよいです。 ステロイドは入ってないようです。 クリーム、軟膏、ローションとあります。 成分が少し違うみたいです。 クリームは少しべたつきがあり、軟膏はさらさら感があると思います。 ローションは夏・軟膏は冬…と使い分けてます。 ステロイドではないので心配ないですよ!うちの子は4年使ってますが問題ないです! アレルギーが心配であればアレルギー科・アトピーが心配であれば皮膚科を受診されたらいいと思います。 こんばんは。 同じです。 うちも3ヶ月ぐらいまで顔がガサガサしてて、おまけによく顔をこすったりひっかいたりするんで、ミトンをずっとつけてたんですが、ミトンをしたまま擦るんで、またカサカサになってて、小児科に受診したんです。 そしたら、ステロイドを含む軟膏を処方されました。 やっぱりすぐ効くんですよね~。 アトピーやアレルギーとかはまだ、その月齢では判断できないと先生に言われました。 で1、2ヶ月、その薬を先生の指示通り塗ってたら、今は治ってます。 なので、多分、やっぱり肌荒れだったようです。 今は風呂上りや顔を拭いたときに、一般の乳液をつけてる程度です。 うちの子はローションの方を処方してもらってます。 乾燥を防ぐタイプでかゆみ止めも多少入ってるそうですよ。 ステロイドなどは入っていません。 だから乾燥以外の肌荒れ(病的なもの)には効果がほとんどありません。 ヒルドイドはよく出される保湿効果のある薬です。 他の薬にも、軟膏、ローションとありますよ。 簡単に分けたら、乾燥のひどい時期や冬場は軟膏タイプが肌にとどまりやすく。 夏場など汗をかきやすい時期はローションがさっぱりと… と、かかりつけの先生は季節によってわけてくれます。 気になる時は、お薬を貰う時に薬剤師さんにしっかり聞いたり、先生に聞いた方がいいですよ。 軟膏は試したことないので、どういう使い分けかはわかりませんが、ローションの方が体全体に塗るには塗りやすいです。 ステロイドも入ってないので安心です。 ヒルロイドは、保湿剤のようなものなので、毎日塗っても問題ないですよ。 ストロイドや抗生剤でもないです。 やはり冬は保湿です。 小さい子の肌は乾燥しがちなので、お風呂上りには必ず保湿が必要だそうです。 ヒルロイドは軟膏とローションがあります。 ローションは軟膏よりさらっとしているので、頭の皮膚に塗ったりしています。 軟膏だと髪の毛がべったりしてしまいますから。 安心してお使いくださいね。 化粧品にも使われている成分みたいなので、私も乾燥が酷いときは使ってます。 皮膚科はわりとステロイド入りのお薬を出されることが多いです。 うちはワセリンを小児科でいただき塗ってましたが保湿クリームなので翌朝は綺麗にガサガサが治ってました。 すぐ赤みがひきお肌も綺麗になったのならアトピーではないかもしれませんね。 乾燥肌なんでしょうね。 ただ本当は乾燥肌のひどい方には軟膏をおすすめしてますが、顔なだけにあまり・・・。 私がおすすめしたいのは、行く皮膚科、薬局によってはない場合もありますが・・・ビーソフテンローションとヒルドイドソフトの重ね塗りならそれを下地にお化粧もできます。 ビーソフテンローションは透明の液体で匂いもなく化粧水代わりに使い易く私は働きだしてからやめてももう5年以上それだけです。 ここだけの話、お子さんが乳児医療無料なら、お子さんがかかった時に出してもらえばタダにもなります(笑) 一度試してみる価値はありますよ。 またなければヒルドイドソフトだけでも十分。 ローションはさっぱり感はありますが保湿力は劣ります。 こんなことは本当はしてはいけないのかもしれませんが試してみたければお譲りもいたします。 子供は乾燥肌になりやすいので仕方ないなと思います。 炎症をステロイド剤で抑えて、徐々に保湿剤へ移行しましたよー。 赤ちゃんのほっぺの赤みは大体乾燥によるものらしいので、保湿が一番かと思います。 うちは皮膚科に行ってます。 軟膏よりローションのほうが効く子もいるみたいですよ。 同時に抹消血液を広げ、血液の流れをよくする働きもあります。 ヒルドイド「ソフト」はクリーム状のもので、冬場などの高めの保湿力が必要な時に処方されます。 ヒルドイド「ローション」はドロっとした乳液タイプのもので、春や秋など冬ほどは保湿力が必要でない時に処方されます。 どちらも医療機関から保湿剤として乳児にも処方されるもので安心して使って大丈夫です。 私の意見としては、香料や保存料など余分な成分が入っている市販品よりよほど安心です。 ヒルドイドソフトでも効かないようなガサガサにはより強力な保湿剤としてワセリン もしくはワセリンと成分は同じでより粒子の細かいプロペト が処方されますよ。 ちなみに、よくこわいと勘違いされるステロイド成分は入っていません。 ただ、息子は更に少量のステロイドが入った軟膏も使ってますが…ヒルロイドだけで潤うなら乾燥肌なんじゃないでしょうかね。 冬だけでなく暑くても夏場も保湿は必要ですから、継続して保湿が必要らしいです。 こんにちは。 顔をこすったり、皮膚がカサカサしているので、その話もしました。 生後4ヵ月の時に行ったのですが、「アトピー肌ですか?」と聞いたら、「まだ何ともいえないけれど、肌が弱いですね」と言われました。 まだ、アトピーと言うには幼すぎたみたいです。 体のカサカサについて、ヒルドイドローションを処方され、塗っていました。 あまりしっとりしなかったので、再び診察していただいたら、ヒルドイドソフト軟膏を処方されました。 そしたら、しっとりしてきました。 参考になれば幸いです。 うちも軟膏を処方されていましたよ。 その軟膏は乾燥に効くので、乾燥ではないでしょうか。 よくあちこちの病院で出されます。 うちも乾燥のせいみたいなので、春すぎるとだんだん治ってきます。 ただの乾燥肌ですが市販の物は合わないので皮膚科でいつも処方してもらってます。 赤ちゃんって意外と乾燥肌だから、それだけでアレルギーやアトピーというのは大げさかな。 うちの子はしょっちゅう顔を手や袖で擦っちゃうのでほっぺが可哀相なくらいカピカピです㊦㊦ あたしがアトピ-もちなのでうちの子も多分アトピ-です... 皮膚科で薬をもらったら治りますが 乾燥肌みたいです。 うちでは皮膚科で処方してもらってます。 乾燥の気になる秋から春先までずっと塗り続けてますよ。

次の