四宮別邸。 【かぐや様は告らせたい】早坂愛の可愛い&クール画像まとめ【100枚以上】

早坂愛 (はやさかあい)とは【ピクシブ百科事典】

四宮別邸

実はその正体は、総資産200兆円を誇る巨大財閥四宮グループ幹部の娘で、四宮かぐやに幼いころから仕えてきたヴァレットと呼ばれる近侍。 学年で114位の成績にするなど、目立たないために工夫して学校に通っている人物です。 四宮家に忠誠を使う家系に生まれ育ったことから、彼女を常にサポートする役目を担って小等部から、かぐやと同じ名門校に送り込まれてきました。 かぐやが素の自分を出せる数少ない存在。 高い身体能力と豊富な知識と技能を駆使して進展しないかぐやと白銀の間に業を煮やして、強引に推し進めようとすることもあり、彼らのよきサポーターです。 アニメ作品の声優は花守ゆみりで、実写映画では堀田真由がキャストを務めます。 初登場は第6話「白銀御行」で最後の最後に四宮別邸に登場します。 その後も序盤から何度も登場回数を重ね、本作でも可愛いと人気のヒロインキャラです。 早坂に関する事実1:いろいろな顔を持つ人物!その性格、本性は……? 状況に応じてキャラクターを使い分ける器用さがあります。 ある時は人当たりのよいギャルを、ある時は四宮家でバイトをするフィリス女学院のスミシー・A・ハーサカとなり、髪形を変えてカラーコンタクトを入れ、胸まで増量するという徹底ぶりです。 さらにアイルランド移民の末裔で戦争孤児という設定で登場するハーサカくんという、男の子にもなります。 ハーバード大を飛び級で卒業し、道楽で四宮家執事を務めるという設定です。 四宮家では、何事もそつなくこなすスーパーメイドで、作中最も素が出てこないのが彼女。 幼いころから知っているかぐやにいわせると臆病で泣き虫だとか。 また、母親が大好きな重度のマザコンという顔も持っています。 早坂に関する事実2:なんだかんだいってもかぐやのために尽くす!【ネタバレ注意】 たとえば、なかなか発展しないかぐやと白銀との関係に業を煮やし、特に過激な工作活動に打って出ることも。 心からかぐやの恋が実ることを願って協力しているのですが、あまりの行動派に驚くシーンもあります。 また、冷え切った関係にあるものの、父親に会いに行くためにかぐやが京都へ赴いたことがあります。 楽しみにしていた予定をキャンセルしてまで行った彼女に対し、それでも父親は素っ気ない態度を取りました。 そんな時、落ち込む彼女の代わりに「くたばれ、クソ爺」と吐き捨て、かぐやに寄り添うなど、辛辣な言葉を吐いても、全力でかぐやのために尽くしており、2人の絆が強いことが感じられます。 早坂に関する事実3:母親が大好き?普段からは想像できないマザコンっぷり 3位 「はい、かぐや様。 ご帰宅ですね」 (『かぐや様は告らせたい』2巻より引用) こちらも早坂の近侍たしいセリフ。 初登場シーンでのものです。 近侍でありながら、目は猫のように鋭く、冷徹そうな表情を浮かべてかぐやの帰宅を出迎えるシーンにドキッとしてしまいます。 3位 「私たちにとって、美貌は実弾(ちから)です 社交界で自分を飾れない者に居場所はありません 美しいだけの女に チャンスを奪われたく無いでしょう?」 (『かぐや様は告らせたい』3巻より引用) かぐやにオシャレを進めた際の言葉です。 ちょっとした話のはずが、実弾という言葉が出てくるあたり、彼女がさまざまな場面で戦っていることが感じられます。 1位 「黙れ クソ爺」 (『かぐや様は告らせたい』4巻より引用) やはり早坂の名言といったらこれでしょう。 先ほども少しご紹介しましたが、わざわざ京都の父のもとへ向かったにも関わらず素っ気ない態度を取られて落ち込むかぐやを見て放つ言葉です。 彼女への思いの強さを感じられます。

次の

『かぐや様は告らせたい』第176話 早坂愛の友達⑤ 感想 : そして友になる

四宮別邸

かぐや様は告らせたい 最新169話 ネタバレ! 早坂の朝の儀式 今回は早坂メインのお話。 早坂の一日のスケジュールが順に描かれていく。 毎朝5時に起床。 5時7分にはシャワー。 このシャワーは起きてすぐ無防備の状態から、プロとしてスイッチを入れるための儀式でもある。 5時24分に歯磨き。 5時28分。 ワンデイコンタクト装着。 5時29分。 メイク。 5時47分。 メイド服に袖を通し、6時に出勤。 (住み込みなので部屋を出ればもう職場) 四宮家使用人のルールは厳しく、わずかなミスでも露見すればすぐ誰かの首が飛ぶ。 四宮別邸では上級使用人(執事など)がいないため、最も古株の早坂がまとめ役として、細心の注意を払って監督する。 掃除だけでなく、料理長との打ち合わせや庭師への指示なども早坂が行う。 7時7分には主人(かぐや)の着替えの手伝いとスケジュール確認。 その後かぐやが朝食をとるが、使用人の同席は許されない。 8時17分。 早坂はかぐやの登校を見届けてから、朝食のサンドウィッチを手早くとりつつ、郵便物の確認。 8時20分。 学校に送迎してもらいながら、車内で今朝の郵便に対する返信内容の草案作成。 学校での早坂 秀知院に登校してからは、主人の様子に気を配りつつ、クラスメートから情報収集。 主人の周囲にあるトラブル(対象F)の警戒や、イレギュラー(語りたいの二人)などの影響で、午後3時過ぎには体力がつき始める。 かぐやのいる生徒会はプライベート空間の為、許可なく立ち入りはできない。 5時半にはかぐやの帰宅の送迎に、極力同席。 かぐやにはならい事や来客対応などがあるため、このタイミングでしか打ち合わせができないため。 5時47分にはかぐやの習い事(この日は琴)。 7時11分。 屋敷に戻って来客対応。 かぐやが来客の相手をする傍らで早坂も控え、ワインを出したりプレゼント用のバラを即座に用意するなど動く。 夜の早坂 17歳の少女が行う労働ではなかったが、生まれてからずっと生粋の使用人として生きてきた早坂が疑問を抱くこともなく、それはただの日常(ルーティーン)だった。 午後9時32分。 早坂は毎晩のように主人に呼び出され、どうでもいい話に付き合わされる。 すでに疲れきっていて休みたい時間帯だが、この時間は早坂にとって唯一の特別な時間だった。 11時21分には自室に戻り、最後の仕事として、本家の人間にかぐやの言動を事細かく報告。 報告が終われば明日の準備をしつつネットの動画(スライムを無感情につぶしまくってみた)を見てから就寝。 罪悪感で泣いてしまう早坂 翌日になればまた5時に起床。 いつものようにシャワーを浴びて、身支度を整える早坂だったが…。 メイクやヘアセットをしながら、泣き出してしまう早坂。 早坂はかぐやのおつきになってから、毎日罪悪感を感じていた。 そしてその日は修学旅行。 わくわくしているかぐやに…早坂はついに、この修学旅行でこの仕事を辞めることになったことを告白する。 そして修学旅行の待ち合わせ場所。 早坂と二人で現れたかぐやを見て、周囲は 「仲良かったっけ?」「珍しいツーショット…」と困惑気味。 困った感じの顔をしている早坂のコートを、ギュッとつかんで離さないかぐや。 早坂は、これが自分の最後の仕事だ、と感じていた。 この可愛らしい甘えん坊の手を振り払うことが…。 かぐや様は告らせたい 最新169話 感想と考察レビュー! 今回は全編通して早坂メインのお話でしたね…。 早坂視点で早坂の一日を追ってみてみると、作中で言われている通り、本当に17歳の少女がする労働ではないな、と素直に感じました。 ただ、早坂本人にとっては生まれてからずっと繰り返してきた日常のこと、なのですよね。 そんな早坂が毎日罪悪感を感じていた、ということなのですが、最初に読んだときは「修学旅行で仕事をやめてかぐやの元を離れること」に対して感じているのかな、と思いました。 ただ、読み返してみれば、さらっと書かれていましたが、就寝前に本家に対して、かぐやの言動を「事細かに」報告しており、おそらくこれが早坂の罪悪感の正体なのだろうな、と感じました。 事細かに、とわざわざ書くくらいですから、当然白銀との関係も、早坂が知り得る限りのことを報告しているのでしょうね…そりゃあつらいわ、と思いました。 早坂は毎日こんな重労働をこなしつつ、妹のように慕っている主人を裏切っているという罪悪感まで抱えながら…スライムをつぶす動画を見たり、横浜デートを妄想したりしていたのですね…。

次の

早坂(ハーサカ)が可愛すぎ!意外な7つの事実【かぐや様は告らせたい】

四宮別邸

tg0U. 18 ID:aEnt6YEn0 早坂「そうすると私がかぐや様の命令で会長に告白したことがばれるんじゃないですか?」 かぐや「え?」 早坂「ハーサカがいなくなって、私がここでメイドとして働いてたら流石にバレると思いますが」 かぐや「その時は一生ハーサカとして生きてもらうしかないわね」 早坂「鬼ですか」 かぐや「というか貴女、一生ここでメイドするつもりなの?」 早坂「というと?」 かぐや「大学を卒業したら、貴女にもそれなりの地位に付いてもらうわよ。 うーんちょっと子供っぽいわよね) かぐや(そうするとさん付けかしら、でもそれこそちょっと古いような気も…) かぐや(みゆきさん、かぐやさん、あっ、悪くないかもしれないわね…) ~妄想~ 白銀「今日から改めてよろしくな、四宮」 かぐや「いやですわ、今日から会長も四宮ですよ」 白銀「あ、そうか、そういう四宮こそいい加減会長は勘弁してくれ」 かぐや「あ、ほらまた…」 白銀「そうだなじゃあ…かぐや、さん?」 かぐや「ふふ、なんだか結婚したのにかしこまって、変な感じですね」 白銀「そ、そうか?呼び捨てというのも少し抵抗が…」 かぐや「ふふ、こちらこそよろしくお願いしますね。 70 ID:aEnt6YEn0 かぐや(いいじゃないですか!最初はちょっと丁寧な感じで、子供ができたらお父さんお母さん、晩年になったらあなたとお前、悪くないわね!)??? 「…ぐやさん!、かぐやさん!」 藤原「かぐやさんってば!」 かぐや「え?、あ、すいません。 ちょっとぼーっとしてました。 75 ID:aEnt6YEn0 ガチャ ミコ「何の話をしてるんですか…?」 白銀「ああいま夫婦での…」 ミコ「なんかお互いの下にナニかをつけるとかなんとか…」 白銀「タイミングが悪い!! 76 ID:aEnt6YEn0 伊井野「な、なんだそうだったんですか」 白銀「ま、まあこうやって弁解を聞いてくれる分進歩してるのかもしれないな…」 伊井野「夫婦間ですか…、うちは普通にお父さんお母さんですけど、もちろん外では夫と妻だと思いますが」 藤原「あ~、子供が生まれたらそうですよね。 18 ID:aEnt6YEn0 おわり 早坂さんのマザコンが発覚したり、みんな家族愛に飢えすぎじゃないですかね この漫画は会長とかぐや様のラインが鉄壁過ぎて他のキャラとラブコメさせ辛い かぐや様と早坂さんの関係を壊さないままにラブコメに発展する余地はないのだろうか 一応前作 コメント一覧 17• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2017年11月18日 06:18• ハーサカさんしか知らんわこの漫画• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2017年11月18日 06:29• 脳内で絵が展開できて笑う• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2017年11月18日 07:09• 原作再現が上手い• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2017年11月18日 08:32• お前だったのか 前回に続いての良SSありがとう かぐや様は最近単行本買ったら面白かった• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2017年11月18日 10:41• 石上のお兄ちゃん呼びはキモいな 笑 脳内に浮かんだ映像、応援団の女装verだったし• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2017年11月18日 10:58• 再現がうまい• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2017年11月18日 13:16• 面白かったが、ハーサカさんヒロイン化はまた挫折してしまったか• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2017年11月18日 15:56• ミコちゃんすき はよアニメ化して ラーメンはいらん• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2017年11月18日 18:08• ポンコツかわいいなほんと• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2017年11月18日 18:35• 一生ハーサカね、とかナチュラルに言いそうw• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2017年11月19日 04:04• 早坂はかぐやが花火の時に本家?だかに呼び出された時の、かぐやに寄り添うようにしてたのがすごい好き• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2017年11月19日 21:28• 書記のお母さん属性好き。 会長と一番お似合いだと思う。 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2017年11月19日 22:54• 白銀早坂のコンビは観たいなー早坂が振られた回が大好きなので• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2017年11月20日 12:56• このマンガ好き…。 早坂さんと妹ちゃんとミコちゃんが3トップです。 でもかぐや様も藤原さんもかわいいので作者の見せ方がうまいんだと思う• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2017年11月20日 15:10• 石上くんとかぐやの掛け合いほんとすこ• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2017年11月28日 02:39• この漫画なんでアニメ化しないんだってくらい面白いわ 作中のキャラ全員好きだし、7巻で出てきたミコちゃんも7巻読んだだけで好きになったわ• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2017年12月11日 08:21• この人ホント言い回しが原作再現できてるし書き方上手いと思う.

次の