お手間を取らせてすみません。 「手間をかける」の敬語表現・の使い方と例文・別の敬語表現例

「お手を煩わせて」とは ビジネスで使える例文集

お手間を取らせてすみません

ですが、「手間をおかけして…」という表現を聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。 「手間」に似た言葉として「手数」があります。 手数とは、ある仕事をするための労力そのもののことで、特にその作業が困難だった場合や、面倒であった場合に使用します。 手数は「とる」ではなく「かける」を用いて、「手数をかける」と表現します。 手数の場合は、自分が自分のために行った場合には使用せず、誰かのために作業する時に使用し、特に自分のために誰かが作業してくれた時に使うケースがほとんどです。 「手間をおかけして…」という表現は、「手間を取らせる」と「手数をかける」が混同してしまっている誤用です。 正しくは手間の場合は「お手間を取らせて申し訳ございません」、手数の場合は「手数をおかけして申し訳ございません」と表現します。 丁寧ですが少しくどい印象を与えます。 但し、ビジネスシーンでも口語の場合は使用されることがあります。 類似の表現 「お手間を取らせる」と似たような意味で、相手に迷惑をかけたり苦労をかけてしまった時に使える表現をチェックしてみましょう。 「手数をおかけして申し訳ございません」 前述した通り、困難な作業や面倒な作業を依頼した場合に、謝罪と感謝を伝えるために使います。 「お手を煩わせて申し訳ございません」「迷惑をお掛けして…」「面倒をお掛けして…」「骨を折らせて…」 「お手間」のように時間や労力といった具体性はなく、相手に依頼したことで、面倒をかけてしまった時に使う表現です。 特に「骨を折らせて」を使う場合は、その面倒や苦労の度合いが大きい場合に使用します。 「負担をお掛けして…」 同じように面倒や苦労を掛けた時に使い、ほかに金銭面での援助をお願いした際にも使用できます。 「ご足労をお掛けして…」 こちらも面倒や苦労を掛けた時に使いますが、中でもわざわざ来てもらった時に使う言葉です。 「お手間」と類語の例文集 具体的に「お手間」や類義語を用いたシーンを想定して、使い方をイメージしてみましょう。 少しの時間でも良いのでアポを取りたい時.

次の

「お手を煩わせる」の文例3つ|ビジネス・メール・挨拶

お手間を取らせてすみません

「度々すみません」は面倒をかけたことへの謝罪の意味ですが、同じ相手に対して失礼が重なった場合に「度々」という言葉を用います。 「すみません」に関しては少々砕けた印象を与えるため、敬語を使うような相手に対しては「すみません」に変わる言葉を用いるようにしましょう。 同じ相手へ何度も迷惑をかけるのは避けなくてはいけない行動です。 しかし、不測の事態が生じた場合、こういった謝罪をする必要が出てくるでしょう。 ただでさえ相手に好印象を与えていないのですから、使い方を間違えないようにしなくてはいけません。 まして、電話やメールの場合は相手に会って直接詫びている状況ではないので、くれぐれも誤解のないように気を付けたいものです。 電話で「度々すみません」を使う場合です。 この場合の「度々すみません」の「すみません」は深く謝罪をするという意味だけではない場合もあります。 いちど電話をした相手に対し、「またお時間をとらせます。 すみません」というようにあまり深刻に考えずに使うことも可能です。 ですから、怒らせてしまったということではなく、たんに先の電話で言い足りなかった、あとから思い出したなどで再度電話をする時の使い方になります。 例文としては「度々すみません。 今ほどの電話で言い忘れたことがあります」や、「度々すみません。 先ほどはどうもありがとうございました。 予約が取れましたのでご連絡します」などです。 ただ、謝罪としての「度々すみません」ではないにしても、言い忘れたことは事前に対処ができたはずですから、事前によく考えてから電話することも必要でしょう。 続いてメールでの「度々すみません」の使い方です。 やはり電話の場合と同様に、同じ相手に再度メールをする時に使います。 メールの場合の「度々すみません」も、相手を怒らせたことへの謝罪だけの意味ではありません。 メールで「度々すみません」を使うのは、やはり訂正だけではなく、追加で情報が必要になった場合などがあります。 例文としては「度々すみません。 先ほどの案件について、可視化したものを添付いたします」や「度々すみません。 今ほど確認したところ、詳細が分かりました」などです。 メールで気を付けたいのは、言葉だけのやりとりなので、些細なことで誤解が生じてしまうことがあります。 まして「度々すみません」という状況なのですから、特に注意が必要です。

次の

間違いも多い「お手間を取らせてしまい」の意味と使い方・敬語表現

お手間を取らせてすみません

「度々すみません」は面倒をかけたことへの謝罪の意味ですが、同じ相手に対して失礼が重なった場合に「度々」という言葉を用います。 「すみません」に関しては少々砕けた印象を与えるため、敬語を使うような相手に対しては「すみません」に変わる言葉を用いるようにしましょう。 同じ相手へ何度も迷惑をかけるのは避けなくてはいけない行動です。 しかし、不測の事態が生じた場合、こういった謝罪をする必要が出てくるでしょう。 ただでさえ相手に好印象を与えていないのですから、使い方を間違えないようにしなくてはいけません。 まして、電話やメールの場合は相手に会って直接詫びている状況ではないので、くれぐれも誤解のないように気を付けたいものです。 電話で「度々すみません」を使う場合です。 この場合の「度々すみません」の「すみません」は深く謝罪をするという意味だけではない場合もあります。 いちど電話をした相手に対し、「またお時間をとらせます。 すみません」というようにあまり深刻に考えずに使うことも可能です。 ですから、怒らせてしまったということではなく、たんに先の電話で言い足りなかった、あとから思い出したなどで再度電話をする時の使い方になります。 例文としては「度々すみません。 今ほどの電話で言い忘れたことがあります」や、「度々すみません。 先ほどはどうもありがとうございました。 予約が取れましたのでご連絡します」などです。 ただ、謝罪としての「度々すみません」ではないにしても、言い忘れたことは事前に対処ができたはずですから、事前によく考えてから電話することも必要でしょう。 続いてメールでの「度々すみません」の使い方です。 やはり電話の場合と同様に、同じ相手に再度メールをする時に使います。 メールの場合の「度々すみません」も、相手を怒らせたことへの謝罪だけの意味ではありません。 メールで「度々すみません」を使うのは、やはり訂正だけではなく、追加で情報が必要になった場合などがあります。 例文としては「度々すみません。 先ほどの案件について、可視化したものを添付いたします」や「度々すみません。 今ほど確認したところ、詳細が分かりました」などです。 メールで気を付けたいのは、言葉だけのやりとりなので、些細なことで誤解が生じてしまうことがあります。 まして「度々すみません」という状況なのですから、特に注意が必要です。

次の